女の幸せってなに?女の幸せの条件と女の幸せを掴みとる方法

女の幸せは結婚と出産と、かつては言われていました。現在でもそのように考える方はいるかもしれませんが、時代と共にこうした考え方は変わりつつあります。

そこで、

  • 「女の幸せの定義」は変わりつつある
  • 今の「女の幸せの定義」はなに?
  • 女の幸せを掴みとるためには

と、ここでは女の幸せとはいったい何なのか、幸せを掴み取るために何が必要なのかについてご紹介します。女性として幸せになりたい、という方はぜひご覧くださいね。

変わりつつある女の幸せの定義

女の幸せと聞いてまず思い浮かぶのは、結婚や出産ではないでしょうか。

古い世代の方々は、今でも女の幸せは結婚と出産だと口にするでしょう。しかし女の幸せの定義は、時代とともに移り変わっているのが現実です。

一昔前は「結婚・出産」こそが幸せだと言われてきた

素敵な男性と結婚して、子どもを産むことこそが女性の幸せだと言われてきました。それが当時は当たり前だと考えられていた時代ですし、それに対して異を唱えるような人も少なかったでしょう。

そのため結婚せずに出産もしないという女性は、周りから白い目で見られることも少なくありませんでした。若い方には信じられないかもしれませんが、事実このような時代があったのです。

経済的に自立した女性が増え仕事に幸せを見出す傾向が出てきた

昔は男性が外で働き女性は家庭を守る、というのが一般的な考え方でした。しかし現在では女性の社会進出も進み、外で働く女性が増えています経済的に自立し、仕事に幸せを見出す女性も増えたのです。

女性は家庭を守るものという考えが一般的だったため、昔は経済的に自立できない女性が多くを占めていました。これも結婚と出産が女の幸せだと言われてきた理由でしょう。

未婚率や離婚率が増え、結婚=女の幸せではない世の中になってきた

かつて離婚することは大変なことでした。どちらの家にとっても不名誉なことと考えられていましたし、よほどの覚悟がないと離婚などできなかったのです。

今は時代も変わり、そのようなこともなくなりました。未婚率と離婚率が高くなり、結婚が女の幸せだと大きな声で言えるような時代ではなくなったのです。

その幸せに向かって努力するのが楽しいと思えるかどうかが重要である

幸せの定義は人によってまちまちですね。ただそこに到達するまでの努力を苦と思わないか、楽しいと思えるかどうかが重要なポイントとなります。

心から楽しいと思えるのであれば、その幸せはアナタにとって必要なものなのでしょう。逆に楽しいと思えないのであれば、アナタにとって幸せなことではないのかもしれませんね。

一人一人幸せの定義が違っていて認め合うことが大切

幸せの定義は人によって違いますし必ずこうでないといけない、ということはありません。未だに女性の幸せは結婚・出産であると考える方もいますが、それはそれでその人の価値観ですから間違いではないのです。

いろいろな考え方や価値観があり、それを否定することはできません。女性の幸せが何かというのも、一人一人違いますからそれを認め合うことはとても大切なことです。

今の女の幸せはなに?

かつては結婚や出産が女の幸せだと言われてきましたが、現代に生きる女性の幸せとは何なのでしょうか。やはり結婚や出産に憧れる女性は多いですし、キャリアウーマンとして働くことが幸せだと考える方もいます。

結婚・出産

女性として素敵な男性と結ばれたい、子どもを産みたいという憧れを持つ女性はやはり多いですね。どんなに時代が変わっても、女性の結婚・出産への憧れはいまだに強くあります

結婚して素敵な家庭を築きたい、子宝に恵まれ幸せな家族を作りたいと考える女性もたくさんいるでしょう。一度でいいから綺麗なウエディングドレスに身を包んで祝福されたい、と願う方も少なくありません。

キャリアウーマンとしてバリバリ働く

女性の社会進出は著しいものがありますし、キャリアウーマンとして男性以上に働いている女性もいます。このような生き方に幸せを感じている方も少なくありません。

女性がたくさん活躍している会社もたくさんありますし、重要なポジションを任されている方も大勢います。間違いなく以前に比べると女性が活躍できる環境が整っていますから、働くことに幸せを感じる人も増えているのです。

高層マンションなどステータスのある暮らし

ステータスのある暮らしに憧れを持つ方も少なくありません。タワーマンションに住むにはそれなりの収入が必要となります。また入居審査も厳しいため、限られた人しか住むことができないのです。

ステータスのある暮らしを手に入れることで、優越感を覚えられます。人に対して自慢もできますし、そのような暮らしを求める方も増えているようです。

有名になって名誉や肩書きをもつ

名誉や肩書を持つことが幸せである、と考えている女性もいます。名誉や肩書を持つということは、人から認められるということですし、社会的な地位を得ることにつながるのです。

名誉や肩書を持つには、それなりの苦労も伴います。しかし、その苦労が報われたときの喜びは相当なものでしょう。人や社会から認められたという強烈な喜びを得ることができるはずです

自分の意思のまま自由に生きられる人生

結婚してしまうと自由な生き方ができなくなります。家庭のことを考えないといけませんし、独身時代のような生き方は到底できないでしょう。自由に生きられる人生を幸せだと感じ、結婚をしない方もいます。

自分の意志で自由に生きられる人生なら、やりたいことにどんどんチャレンジできるでしょう。失敗もすべて自己責任ですし、周りに迷惑をかけることもありません。

いつまでも美しくいる

女性としていつまでも美しくありたいと考えるのは、当然のことでしょう。また美しくあり続けることに幸せを見出している方もいます。ストイックに美を追求することこそ、最大の幸せだと考えているのです。

いつまでも美しさを保ち続けることは、多くの女性にとっての憧れです。女性から羨望のまなざしで見られるようになるでしょうし、いくつになっても男性に言い寄られるかもしれません。

女の幸せを掴みとるためには

女性が幸せを掴みとるためには、どうすればいいのでしょうか。

幸せは待っていてもやってきませんから、こちらから取りにいく必要があります。ここでは女の幸せを掴みとるために、大切なことをお伝えしましょう。

自分にとって何が一番幸せなのかを考える

人によって幸せの定義や形はまちまちです。ほかの女性が幸せだと感じることが、必ずしも自分の幸せと同じとは限りません。まずは自分にとっての幸せが何かを考えてみることです。

未だに結婚や出産を女性の幸せだと言い張る人もいますし、働いて自立することが幸せだという方もいます。しかし、これはあくまでその人達の幸せです。周りに流されることなく、自分の幸せを明確にしてください。

他人と比べないようにする

他人と比べるのはNGです。あの人は結婚して幸せになったのに私は結婚もできない、などと考えるとネガティブな思考になってしまうでしょう。ネガティブな思考になると、さまざまな弊害を引き寄せる可能性があります。

あくまで人の幸せはその人だけのものです。そこを他人と比べてもどうしようもありません。他人は他人、自分は自分だと割り切ることが大切ですよ。

夢を叶えるための努力を怠らない

もし夢があるのでしたら、それを叶えるための努力は必要です。どのような夢なのかにもよりますが、努力もせずに夢が叶うことはないでしょう。地道な努力があってこそ初めて夢は叶います。

努力を積み重ねて叶った夢であれば、喜びもひとしおでしょう。自分にとっての幸せを手に入れたことになりますし、やってきたことが報われた喜びに打ち震えるはずです。

成功しても失敗しても自分の選択だと納得できるようにする

自分の人生の責任をとるのは自分だけです。決して他人ではありませんし、自分しか人生の責任をとることはできません。例え成功しても失敗したとしても、自分で決めた道だと納得するようにしましょう。

そのためには周りに流されず、大切な決断はすべて自分ですることが大事です。ほかの人に決めてもらうと、失敗したときに後悔するかもしれません。大切なことほど自分で決める必要があります

まとめ

かつては結婚と出産こそが女性の幸せだと言われてきましたが、今ではそれもすっかり変わりましたね。

何を幸せだと感じるかは人によりますが、いずれにしてもその幸せのために努力できるか、喜びを感じられるかが大切です。またここでは女性が幸せを手に入れるために大切なこともご紹介しましたから、ぜひ参考にしてください。