女の嫉妬から身を守るためのテクニック9選

女の嫉妬は、怖いものです。できれば嫉妬されずに生きていきたいけれど、自分ではそのつもりがないのになぜか嫉妬されているということはありませんか?

嫉妬される女性には、特徴があります。ここでは、嫉妬される女性の特徴と女性の嫉妬から身を守るテクニックをまとめてみました。

嫉妬される女の特徴4選

同性から嫉妬される女性の特徴は、大体決まっています。何の理由もなく、嫉妬される女性などいないのです。もしかして嫉妬されているかもしれないと感じたら、自分を振り返ってみると納得できる理由が見つかるでしょう。嫉妬される女性の特徴を4選、見ていきましょう。

外見が整っている

女性からの嫉妬の最たるものは、容姿がいいということです。人間は見た目ではないなどといいますが、女性に限っては容姿が命。気心が美しいことも大切ではありますが、やはり容姿が整っている女性には誰もがなりたいと思っています。

外見が整っている女性は、良い目を見やすいというのも同性の嫉妬心をあおります。自分はこんなに内面で勝負しようと頑張っているのに、あるいは外見を磨こうとしているのに、生まれつき容姿がいいだけで一足飛びにひいきされているというような女性がいると、集中的に嫉妬の的となってしまいます。

彼氏・旦那さんが素敵

本人の外見はともかくとして、彼氏や配偶者が素敵な場合、確実に嫉妬されます。あの女性がいなければ、自分が素敵な男性の相手になれたかもしれないなどと思い込み、不倫や略奪に走る女性もいるほどです。

容姿はメイクやファッションでカバーできるとしても、素敵な彼氏や配偶者は誰もが見つけられるものではありません。そのため、余計にやきもきされるのです。

男性から人気がある

彼氏や配偶者がどうとかより、とにかく男性から人気がある女性も同性からの嫉妬にあいます。この嫉妬心を鎮めるには、同性からの人気も獲得する以外に手はありません。そのために払う犠牲は、大きなものとなるでしょう。他の女性がどうにも太刀打ちできないほどの人物になるか、とにかく下手に出て女性の怒りを静めるしかないのです。

毎日が充実してキラキラしている

毎日が充実してキラキラしている、つまりリア充の女性は同性から嫉妬されます。そんな理不尽なと思うかもしれませんが、現状に満足していない女性は他の女性が幸せな姿を見るのが無性に嫌なのです。幸せオーラは、控えめにしておいたほうが女性からの嫉妬を受けずに済むでしょう。

ここに注意!女が嫉妬しているときの言動

女性が同性に嫉妬し始めると、言動にもハッキリ出るのが特徴です。わかりやすい反面、傷つけられることも多いもの。中には地味なスタイルで嫉妬する人もいるので、早めに嫉妬心を回避できるように、常に周囲の女性の言動には注意しておいたほうがよいでしょう。女性が嫉妬しているときの言動について、紹介します。

イライラを言葉にする

女性が同性に嫉妬しているときは、イライラを言葉に出す人が多いです。大人しい女性でも、何かのはずみでイライラが表に出てしまうことがあります。嫉妬している相手に直接イライラをぶつけるケースより、他の人と悪口を言い合うような形で表現する女性もいます。とにかく、嫉妬からイライラしている気持ちを発散せずにいられないのです。

やたらと落ち込む

嫉妬心から、激しく落ち込む女性もいます。嫉妬している相手の女性と自分を比べて、自分を必要以上に卑下してしまうのです。その落ち込みが解消するのは、嫉妬している女性の落ち度が見つかったときのみです。そんなときは、気持ちが晴れ晴れして自分もまんざらではないと思えるようになるでしょう。

自慢が増える

自慢話が増えてきた女性は、ライバル視している女性がいる可能性が高いです。嫉妬している相手がいるからこそ、自分のほうが上だとアピールしたくなります。自慢が認められても、嫉妬している相手の女性が悔しがらないと、気が晴れません。

なぜ?女性が嫉妬する理由

女性の嫉妬心は、概ね激しいものです。なぜ女性が同性に嫉妬するのかには、様々な理由があります。その理由の中には、男性からしたら耳を疑うような内容でもあるかもしれません。しかし、女性にとっては大事なことで、十分に嫉妬する理由になるのです。女性が同性に嫉妬する理由について、あげてみましょう。

自分が一番でいたい

自分が一番でいたいのに、他にチヤホヤされている女性がいる、明らかに自分を抜いている女性がいるという場合、女性は嫉妬心を覚えます。そのレベルは、トップレベルとは限らず、低レベルで争っている女性同士もいます。とにかく、自分のレベルの下に誰かしらいてほしいと思っていることから嫉妬心が湧いてきます。

自分よりも幸せで楽しそうなのが許せない

自分の人生はそれほど満たされていないのに、自分より幸せで楽しそうな女性がいると許せないと思う嫉妬心があります。実は平凡なことに幸せを感じていたとしても、その幸せそうなオーラ自体が許せないのです。あるいはもっと単純に、経済的に恵まれていたりすることに嫉妬心を覚えるケースもあります。

単純に相手が嫌い

人には、わけもなく嫌いな相手という存在がいます。理由があって嫌いな人がいるという場合もありますが、無性に嫌いということもあるのです。いずれにしても、嫌いな女性が自分よりいい目を見ているとわかると嫉妬心がメラメラと燃え上がります。嫉妬された相手にしてみれば、わけがわからず嫉妬されていると混乱するかもしれません。

女に嫉妬されないためのテクニック7選

女性の嫉妬は恐ろしいので、できれば誰でも女性の嫉妬を受けたくないでしょう。とはいえ、自分では気づかないうちに嫉妬されているときもあります。どうしたら女性からの嫉妬を受けないようにできるのか、おすすめのテクニックを7選、紹介します。

職場の男性と必要以上に仲良くしない

男性にチヤホヤされるとまでいかなくても、男性と仲良くしているだけで女性から嫉妬されることもあります。気付かずに放っておくと、尻軽女などと悪い噂を立てられてしまう恐れがあるので気を付けたいところです。職場の男性とはいくら気が合っても必要以上に仲良くしないのが、嫉妬から身を守るコツです。

あえてメイクに力を入れない

あまり力を入れてメイクをしていると、男性の目線を引こうとしていると嫉妬されかねません。嫉妬から批難につながる可能性は大きいため、派手に見えるメイク、男性目線が変わるようなメイクは控えるようにしておいたほうがよいでしょう。メイクぐらい自由にさせてほしいと思うかもしれませんが、女性の嫉妬を浴びると思わぬ事態になりかねません。

自分の手柄は人に譲る

もしも自分が手柄を上げたとしても、それは人に譲ったほうが身のためです。自分が成果を上げたことを褒められたりすれば、女性からの嫉妬を一身に浴びてしまいます。

他の人の協力のおかげ、他の人の手柄そのものというように、自分一人の力で手柄を上げたようには見せないことをおすすめします。

嫉妬する人には安心感を与える

自分を嫉妬してくる女性には、安心感を与えるようにするのも一つの方法です。嫉妬してくる女性が安心するのは、あなたがその女性より出来が悪いと知る瞬間です。配偶者や彼氏には悪いけれど駄目なパートナーなのだと知ってもらったり、自分の駄目なところを見せるのもよいでしょう。

ただ、容姿の面で安心感を与えてしまうと、あなたが落ち込んでしまう可能性もあるので気を付けてください。

チヤホヤされたがる人とは深く付き合わない

女性に嫉妬する人は、自分がチヤホヤされたがる人です。そんな人とは距離を置き、視線を気にしないようにするのも嫉妬心から身を守る方法です。

とはいえ、この方法は強気でないと上手くいきません。全く嫉妬心を抱かないという女性はまれですから、完全に孤立してしまう恐れもあります。その覚悟で、嫉妬する女性達と距離を置くようにすることも考えてみてください。

嫉妬する人を適度に褒める

嫉妬してくる女性のことを適度に褒めてみるのも、効果的です。嫉妬してくる女性は、人から褒められたいのです。しかし、褒めてくれる人がいないため満たされず、褒められている女性に嫉妬してしまいます。そこで、相手を自分から褒めてあげれば、一気に問題が解決する可能性があります。

嫉妬する人について話題にしない


嫉妬しがちな女性のことは、もう一切相手にしない、他の人といるときにも話題にしないことで、段々と気にならなくなってきます。初めは難しいかもしれませんが、気にしてばかりいると自分のほうが相手に嫉妬しているような状態になりかねません。それもストレスですから、いっそ嫉妬という概念を忘れてみてください。

まとめ

女性の嫉妬とは、つきあいたくないものです。自分が嫉妬することも、誰かから嫉妬することも避けるようにしていれば、嫉妬という概念を忘れて生活することも可能です。自分が楽しくいることをまずは優先させて、誰かに嫉妬するような気持ちは持たないようにすれば、もっと楽に生きられるでしょう。