女は顔!?男性は女性を顔で選ぶのか

男性は恋愛をする時、女性を顔で選ぶ傾向が強いです。ただ、すべての男性がそうとは限りません。実際に多くの男性は性格を見ているものですし、性格が悪い女性とは恋愛もできません。

今回は、

  • 女性は顔であると感じる瞬間
  • 男性が見ている女性のポイント
  • 雰囲気美人になる方法

などをご紹介します!

「女は顔だな」と思う瞬間は?

女性の中にも「女は顔だな」と思う人もいます。ただ、人によっては一瞬の時間だけそう思うこともあるのです。そこで、ここからは女性が「やっぱり女は顔でしょ」と思ってしまう瞬間について紹介しますので、参考にしてみてください。

顔が美しい女性が自然と中心的な存在になる

顔が美しい女性は、やはりどのようなグループにいても中心的な存在になります。学校はもちろん、会社や企業でもそうです。人は綺麗なものに集まるようになっていて、男性は特に女性が綺麗であればあるほど、集まりやすいです。そんな時、女性自身が「女は顔なのだ」と思ってしまうことでしょう。

他の人より視線を集める

他人よりも視線を集めている女性がいると、「女は顔だな」と思ってしまいますよね。女性の多くは、見た目で判断されてしまうことが多いです。当然、美しい女性というのは視線を集めていて、自分自身はまったく見向きもされないということもあるでしょう。そういう時には、心の底から女性は顔で選ばれていると思ってしまうのです。

発言が注目される

ちょっとした発言であっても注目されるのが美人や美女の特権です。どうでも良いことをSNSで発信しても、顔が綺麗だとその分影響力も強いと言えます。逆に言えば、そうではない人が適当な発言をしても、誰にも響きません。顔というのは人の印象を大きく左右するため、より綺麗な人の意見の方が拡散されやすいですし、影響力もあります。

仕事でミスをしても優しくされる

仕事でミスをしても、綺麗な顔の女性は優しくされることが多いです。男性も自然と美人や美女には「良く思われたい」という感情が働きます。そのため、無意識であっても優しくしてしまっていることが多いのです。

同じように綺麗ではない女性が仕事でミスをしても、カバーしてくれる人はなかなかいないかもしれません。そうなると、さすがに心も歪みます。

顔採用の職種がある

男女平等はもちろん、容姿で左右することのない社会という風潮ですが、実際には顔採用の職種も多いです。代表的な職業としては、やはりキャビンアテンダントやアナウンサーなど、女性の花形的職業だと言えるでしょう。その他、最近では接客職の多くも顔で選ばれたり、OLなどの事務職であっても顔で選ばれたりすることは多くなっています。

男性は顔で選んでいるようで実は内面も見ている!

男性は顔で選んでいると思うかもしれませんが、実は内面をしっかり見ています。もちろん、外面だけを見て判断するような男性もいますが、逆にそういう男性から好かれたい女性はいませんよね。しっかりと中身を見てくれる男性を選ぶために、ここからはそういう男性が見ているポイントを解説します。

美人じゃなくても性格の良さは顔に出る

美人じゃなくても、実際には性格の良さが顔に出るというのはよく言われることです。また、どれだけ絶世の美女であっても、性格の悪さが逆に滲み出ているということもあります。男性は特に女性のそういう性格には敏感ということもあって、むしろ性格を重視している人の方が多くなってきていると言えるでしょう。性格は顔に出るので、女性は注意です。

気づかいや優しさは表情に出る

気遣いをしてくれる女性や優しくしてくれる女性は、表情からして違ってきます。男性もそういう女性には心を開きやすいです。他人のことなど気にしない人であれば、男性は良い印象も受けません。

ちょっとした気遣いや優しさがあれば、男性にとっては見た目などあまり関係ないという人もいるくらいです。重要なのは他人にどう接することができるかです。

陰口や悪口を言っている時は美人も醜い

陰口や悪口を言っている時は、やはりどんなに美人であっても醜いです。人は人の悪口や陰口を言う時、顔がとても醜くなります。これは美女であっても同じです。

自分の発言は、同時に自分自身も聞いているわけで、それが顔に影響を与えることも珍しくありません。そのため、毎日愚痴をこぼしている人は、それ自体がその人の顔に沈着してしまうのです。

顔が美しい人は自分を磨く努力をしている

美しい人は最初から美しかったわけではありません。どんな状況でも自分を美しく見せるために努力しているものです。男性は、実はそういう顔よりも、努力したという行動を見ていることが多いです。結果的にあまり綺麗にならなくても、一生懸命頑張って努力している女性を見ると、思わずキュンとしてしまいます

顔のケアをしていない人よりしている人を選ぶ

顔のケアをまったくしていない人と、頑張ってケアしている人とでは、やはりケアしている人を選びます。それは単純に美しいからという理由ではなく、自分の顔にも気遣いができるという性格を見ているのです。人から見られているという自覚を持っているかどうかによって、努力の方向性も違ってきますよね。男性はそういう女性の頑張りを見ています。

「女は顔」が通用するのは20代まで?

「女は顔」とよく言いますが、これが通用するのは20代までです。そこから上の女性が「女は顔だよ」と言っているのは痛過ぎます。事実、年齢を重ねるごとに通用しなくなってくるでしょう。ここからはそういう「女は顔」が本当なのかどうかについて解説します。

30代の大人の女性は性格を評価されることが多い

30代の女性はもう大人の女性ということもあって、性格を重視されることが多くなります。どんなに美人で若く見えても、性格が悪ければやはり評価できません。逆に誰もが羨む美女じゃなくても、性格が良ければ男性は評価するのです。

「一緒にいて落ち着く」「頼りになる」という要素も組み合わさって、より大人の魅力的な女性として認めてくれるわけです。

大人の女性は顔が良くても許されないことが増える

大人の女性は顔が良くても許されないことが多いです。今まではわがままが通ったかもしれませんが、そのわがままも通用しなくなります。それは大人として見られるためです。若くて美人として見られてきた人も、大人として見られるわけです。そうなると、大前提として美女かどうかよりも「人として」「大人として」という面が重視されます。

「顔がいいだけの女」にならないように注意する

顔が良い女性は、それ以外の努力を怠ることもあります。ただ、大人の女性になると顔が良いだけでは魅力的とは言えません。所作に育ちの悪さが見えたり、言葉遣いが下品だったりすると、顔が良くても男性は引きます。大人になるのなら、それ相応の努力をして、大人として振舞えるようになっていくことも必要なのではないでしょうか。

顔は変えられないなら……振る舞いで雰囲気美人になる!

顔は変えられないことも多いので、立ち振る舞いで雰囲気美人になると良いのではないでしょうか。事実、ちょっとしたところに気をつけるだけで、雰囲気がとても美女のオーラになっていきます。ここからはそんな普段気をつけるべきポイントを解説します。

姿勢をよくする

姿勢が悪い女性は、美しさも半減してしまいます。猫背だったり蟹股だったりするだけで、男性の中には「普段からこうなのかな」と幻滅してしまうこともあります。背筋をしっかり伸ばし、胸を張って顎を引く意識をするだけで、女性らしい所作に磨きがかかるでしょう。まずは姿勢を綺麗にして、スタイルの良さを磨いていくのも良いです。

優しく丁寧に話す

優しく丁寧に話すことを心がけるだけで、男性は魅力を感じます。ツンツンした棘のある話し方をすると、年相応とは言えずに嫌われてしまいます。よく高圧的に話す大人の女性を見ることもあるでしょう。そういう女性はやはり男性からも評価されません。言葉はオブラートに包み、気を遣って大人の会話ができるようになることが重要です。

自虐ネタはしない

自分を蔑む発言は、同時に周りを蔑む発言になってしまいます。特に自虐ネタで「私もうおばさんだから」と自虐していると、自分よりも年齢を重ねている人を「おばさん」と言っているのと同義です。

自虐ネタは軽いものなら良いですが、常に自虐しているとただ痛いだけの人になってしまうので、等身大の自分を認めてあげるだけの余裕を見せましょう

笑顔や表情に気を配る

笑顔や表情を意識するだけで、大人の所作ができます。大人の女性であれば、感情に左右されることなく、時には笑顔や表情を作ることもできます。上手に立ち振る舞える女性ほど、実は作り笑顔が上手だったりするのです。怒っている時や悲しい時でも、ふっとにこやかな笑顔できる女性は、たくましいですし男性から見ても素敵です。

まとめ

女性は顔で選ばれることもありますが、それは若い時だけです。年齢を重ねてくれば、男性も顔だけではなく性格で見てくれるようになります。そうなった時、女性の評価は逆転するかもしれません。こちらで紹介した情報を参考に、外も中も輝ける女性になりましょう。