意外と知らない?キスマークの場所でわかる男性の心理

彼氏にキスマークをつけられたことがある、という人は少なくないでしょう。

男性によってはキスマークを一生懸命つけようとしてくるような人もいますし、女性でも同じようにキスマークをつけることにこだわる人はいます。

  • キスマークの場所ごとの意味
  • キスマークを付けるコツ
  • キスマークを付けるシチュエーション
  • キスマークを付ける人の心理
  • キスマークを付けるのにおすすめの場所
  • キスマークの消し方

などについてお話したいと思います。

キスマークは場所によって意味が変わる?

実は、キスマークをつける場所によってそれぞれ意味があるのです。詳しく見ていきましょう。

首筋や胸は独占欲の表れ

好きな相手のことを独占したいという気持ちは誰にでもあるはずです。好きな人は自分のものだけでいてほしいですし、ほかの人と関係を持つようなことは何としても避けたいですよね。もしこのように強烈な独占欲を持っている人の場合だと首筋につけることが多いです。

また、胸にキスマークをつけるのも独占欲の表れです。これは男性に多く、彼女が自分のものであることをアピールするために女性のシンボルでもある胸にキスマークをつけるのです。独占欲だけでなく征服欲も強いでしょう。

首筋は「相手を困らせたい」という気持ちも

好きな人だからこそ困らせたいという気持ちになることもありますよね。不倫のような関係の場合だと特にそうではないでしょうか。

このような場合だと首筋につけることが多いですし、首筋より少し下の部分につけることもあります。

鎖骨は欲求不満かも

鎖骨にキスマークをつけるということは、求不満を表していると考えられます。鎖骨周辺は骨があるため首に比べてキスマークを付けにくいところなので、キスマークをつけるのに時間がかかってしまう部位でもあります。

そんな鎖骨にキスマークをつけられたら、もっと相手にくっついていたい、密着していたいという気持ちの表れととってよいでしょう。

肩はフェチ的要素あり

女性の華奢な肩が好きな男性は意外と多くいます。男性は自然と自分の好きな女性の体の部位を攻めるもの。肩にキスマークをつけた場合は、男性のしっかりした骨太の肩とは違った女性らしい華奢な肩に魅力を感じているのでしょう。

また、気持ちが盛り上がっているときに自然とついてしまうことも多いようです。肩を吸うというだけでなく軽く噛むようなこともあるのではないでしょうか。肩のキスマークの意味はそれほど深読みする必要はないかもしれませんね。

腕は練習かも

腕につける場合は体のほかの部位にキスマークをつける前の練習と考えられます。首につけるのは明らかに独占欲を表していますが、腕というのはキスマークをつける練習をしやすい場所でもあります。どの程度の強さで吸うとこれくらいのキスマークがつくというのがわかるためです。

また、腕というのは隠しやすい部位でもあります。あえて腕につけるということは、相手を困らせないための気遣いということも考えられます。

胸・お尻・太ももは性的な興奮の表れ

性的な興奮の表れの場合だと胸につけるケースが多いと言われていますが、お尻につけるような男性も少なくありません。また、お互いが愛し合った証拠として太ももにつけるようなケースもありますね。

背中は相手の気持ちを確認するもの

好きな人の気持ちは常に確認したいものですよね。このような場合だと背中にキスマークをつけることが多いです。ただこの場合は自分自身への確認という意味あいが強く、相手のことを愛しているという幸せに没頭していることがほとんど。

また、相手の浮気を疑って背中にキスマークをつけることもあります。背中は本人から確認することはできませんし、ほかに肉体関係を持った人だけが見ることができます。それを狙ってつけていることもあるんですね。

おすすめのキスマークの場所♡

キスマークは体のどの場所につけるのがよいのでしょうか。つける場所のオススメとその理由を、キスマークをつけてもらった女性の口コミと一緒に紹介しましょう。

鎖骨

キスマークをつけるなら鎖骨につけるのがオススメです。ここは首筋のように丸見えにならず、襟ぐりの浅い服を着れば隠すことができる場所です。首筋の延長なので、独占欲も感じられつつ、見えそうで見えないドキドキ感がありますね。ドキドキしながら過ごす時間があるというのは、キスマークをつけた相手への想いが深まりそうですね。

20代・事務職
鎖骨につけられたときはすごくうれしかった!周りから見えそうで見えない場所でドキドキした。鏡で自分で見ては彼のことを思い出してニヤけちゃう。

胸元

胸元も定番の場所ではありますが、ここもオススメの場所です。胸元は誰にも見えないところではありますが、だからこそここにキスマークをつけるというのは、ちょっと特別な意味があるようでうれしい気持ちになるものです。

20代・販売
胸のキスマークは普段は見えない場所だけど、夜お風呂で見えるときにドキドキする。彼と私しか知らない秘密みたいな感じでうれしい。

二の腕

二の腕にキスマークをつけるのもオススメです。特に夏場だったら半袖の袖口から見えそうで見えない場所なので、もしかしたら人に見られてしまうかもというドキドキ感がたまらないでしょう。女性の体の中でもともて柔らかくて、女性的な魅力を感じる場所でもあるので、つける方もドキドキするのではないでしょうか。

二の腕ってすごくくすぐったいしつけられたときはくすぐったいのと恥ずかしいのでドキドキした。半袖からチラっと見えるときがあって思いだしちゃってまたドキドキしちゃった。

キスマークを付けるコツ

 

キスマークをつけるコツ
・ 口をすぼめてしっかりとしっかり吸う
・ 先にしっかり息を吸ってからつける
・ 何度かに分けてつける
・ 場所を分散させてつける

キスマークをつけるコツは、口をできるだけ開かないようにしてしっかりと吸うことです。あまり口を開き過ぎてしまうと上手につけられないので、基本は口の先をすぼめてしっかりと息を吸ってつけます。

また、一気につけようとすると頭がクラクラしてしまうので、何度かに分けてつけたほうが良いでしょう。30秒くらい吸ったら少し休み、また30秒くらい吸うという感じでやるとうまくいくのではないでしょうか。

ただし、キスマークはあざの一種のため、一度マークをつけたところを繰り返し吸うと相手は痛みを感じます。「キスマークが一度ではうまくつかなかった」「何度もキスマークをつけたい」という場合は太ももや二の腕など、場所を分散するようにしてつけましょう。

どういう時にキスマークを付ける?

男性はどのような時に相手にキスマークを付けるのでしょうか。その心理やシチュエーションを解説します。

デートの終わり際

デートの終わり際にキスをするのは、カップルであればごく普通のことです。キスの延長として、相手の首筋や二の腕の位置にマークをつける人もいます。

デートが終わるのが寂しい。相手と離れたくないという心理状態から、相手にキスマークを残します。純粋な恋愛感情と支配欲が入り混じった行動と言えるでしょう。

エッチの時

エッチの時にキスマークを付けるのは、相手への支配欲とフェチ、性欲の発散など様々な理由があります。

エッチの時は互いに気分が高揚し、興奮状態にあるため、相手をより求めようとする執着心のあまり、キスマークを様々な部位に付けるということもあるでしょう。

キスマークを付ける人の心理

キスマークをつける心理は男女で異なります。

男性がキスマークをつける心理:独占欲や征服欲の表れ

まず、男性がキスマークをつける心理としては独占欲や征服欲の表れが多いでしょう。彼女は自分だけのもの、という気持ちでつけていることがほとんどです。

また、彼女が浮気をしないようにキスマークをつけるという男性も少なくありません。キスマークが残っているあいだはほかの男性と浮気をしないと考えてキスマークをつけるということです。実際のところ効果があるかどうかは分かりませんが、浮気防止になると信じている男性は少なくありません。

女性がキスマークをつける心理

女性の場合も男性と同じように独占欲がキスマークという形で表れることが多いと言われています。

この男性は彼女がいますよ、ということをアピールするためにつける女性も多いようですね。また、自分のことを思い出してほしいという気持ちからつける女性もいますし、相手を困らせたいという気持ちからつけようとする女性もいます。

特に男性がほかにパートナーがいるような場合だとこうした心理が働く女性は少なくないようです。このように、男女ではキスマークをつける心理も微妙に変わってきます。

キスマークは女性だけのもの?

これは先ほど話した通り、キスマークは女性だけのものではありません。男性でもキスマークをつける人はたくさんいますし、むしろ男性のほうが女性よりも多いのではないでしょうか。詳しいデータがあるわけではありませんから分かりませんが、女性だけのものではないことは確かです。

キスマークの消し方

彼氏からキスマークをつけられて喜ぶ人もいれば、困るという人もいるでしょう。特に首筋など目立つところにつけられてしまうと恥ずかしいですし、仕事に差し障ることもあります。キスマークを消す方法を知っていれば、つけられたとしても安心ですね。ぜひここでマスターしてください。

ファンデーションで消す

ファンデーションで消すのはポピュラーな方法です。女性なら日頃からメイクもしていますし、首筋をファンデーションで塗ってもそこまで違和感はありません。

緑系のコンシーラー(肌のトーンより少し明るめのもの)を使うとより効果的に消すことができるようなので試してみましょう。

 

コンシーラーでキスマークの外側を塗り、周りにファンデーションを塗っていきます。

ファンデーションはグラデーションをかけるようにぼかして塗ると違和感が少なくなります。

 

キスマークの場所を冷やす

キスマークはうっ血している状態なので、それを治すには冷やすのが効果的です。氷をあてたり冷たい金属で冷やすなどとにかくその部分を冷やすことです。

時間が経ちすぎていると効果が半減するようなので、できるだけ早い段階に対処したほうが良いでしょう。

ただし、直接氷などをあてて冷やすと低温ヤケドを起こすような可能性もあるので注意してください。

歯ブラシを使ったテクニック

歯ブラシを使って消すテクニックもあります。できるだけ固めの歯ブラシで、キスマークとその周りを軽くこすってあげると血行がよくなります。この方法を使うと擦った部分が赤くなってしまいますが、10分程度で治まります。

強く跡が残ってしまったときは温める

キスマークによってはかなり強く痕が残ることもあります。このような頑固なキスマークを消すときに、もっともよく用いられるのは温めるという方法です。

熱いお湯をくぐらせた手ぬぐいやタオルなどをしぼってキスマークにあてます。これを繰り返すだけでだいぶ薄れてきます。

まとめ

キスマークをつける人の心理やつける場所によっての意味の違いなどについてお話しました。

また、キスマークの消し方もレクチャーしたので、今後どうしても消さなくてはならなくなったというときにはここでご紹介した方法を試してくださいね。