友達がいない女性の特徴と心理にせまる【心理学者が伝授】

この記事の情報提供者:BAさん
BAさん
脳科学、心理学、精神学、その他法律などを独学し、現在メンタルアドバイザーをしております。得意分野は性格分析です。

友達がいない女性の特徴や理由はなんなのでしょうか?友達がいないとどんなことが起こるのでしょうか。また友達がほしいと思ってもできない人もいますよね。友達を作るにはどうしたらいいのでしょうか。メンタルアドバイザーのBAさんの情報から今回は、

  • 友達がいない女性の特徴と理由
  • 友達がいない女性の心理
  • 友達がいない女性が友達を作るために努力するべき行動
  • 男性から見た友達がいない女性の印象

をご紹介します。

友達がいない女性の特徴と理由

友達がいなくて寂しいとふと思うことがありますよね。友達がいない女性には特徴や理由があります。コミュニケーションがうまくとれないというのが大きな理由ですが、具体的に特徴と理由を確認しておきましょう。

引っ込み思案である人

友達がいない女性の特徴として引っ込み思案であるということがあげられます。引っ込み思案な人は、恥ずかしがり屋で人見知りをしてしまうことが多いのでコミュニケーションをとることが苦手です。そのため会話をうまくすることができません。

また自分に自信がなくネガティブなので、自分のことを話そうとしません。人の目を見て話すことも苦手な傾向があるので『ちゃんと話聞いているのかな?』、『つまらないのかな?』と相手に誤解を与えることがあります。

このように内気で積極的なタイプではないため、自己主張や自己表現ができず、我慢してしまうことが多く、疲れてしまい、友達なんて疲れるだけという理由から作らなくなってしまうパターンです。

マシンガントークが止まらない人


『私が!私が!』と自己主張が強く、マシンガントークが止まらない人は、相手に話すスキを与えず、自分が気持ち良いままに話してしまうため、相手から距離を置かれてしまいます。

相手が相槌すら打つ暇もなく、話についていけていないのに気がつかなかった、興味のない話を一方的に聞かせてしまった、なんて理由から距離を置かれてしまい友達がいなくなるパターンです。友達と会ったあと、自分の話をした記憶しかない人は要注意です。

相手の意見を受け入れられない人

確固たる自分の考えがあり、かつそれは文字通り固く柔軟性がないため周りの意見なんて聞きたくないと友達を煩わしく思ってしまうタイプです。

自分とまったく同じ考えの人を探すのは大変です。そのため一人の方がずっと楽だ、自分が正しいんだ、否定されたくないと思っている相手の意見を受け入れられない人も友達がいない傾向にあります。

友達がいない女性の心理

友達がいないと、どのような影響があるのでしょうか。友達がいない女性の心理を見ていきましょう。

悲観的になる

友達がいないと悲観的な考えになります。友達がいないと情報も入ってきませんし、逆に悩みを相談することもできません。

とある実験では、友達がいるかいないかによって、またその友達とどういう関係であるかによって、自身の成長度合いが変わったり、心の支えになったりなど、様々な影響を及ぼします。友達がいないというのは、そういった心のサポートがないということになりますから、どうせこんなことしたって意味がないとか、悩んでも相談する相手がいないことから悪い方向ばかりを考えてしまい未来に対して悲観的になりやすくなってしまいます。

心が停滞しやすくなる

友達がいればいるほどその分人間関係の煩わしさも伴いますし、喧嘩などの問題も起こるでしょう。しかしそのたびに逃げずに向き合う機会が多くなると、その分自分の心の成長に繋がります。友達がいないとそういった煩わしさはないですが、同時に問題を乗り越えていく力も養われません。安全で守られた状態かもしれませんが、心としては停滞してしまい、感情が表れにくくなってしまうかもしれません。

失敗から学ぶこともたくさんあるのですが、面倒くさいことから逃れてばかりでは心が成長しません。人と関わることで生まれる問題解決能力がなくなるのは仕事にも影響を与えてしまうかもしれません。

友達がいない女性が友達を作るために努力するべき行動

友達の作り方がわからないという人はまずは勇気を出してみること!友達を作りたいのであれば、待っているのではなく自分から行動を起こすことが大切です。挨拶でもなんでも、その一言から始まります。例えば挨拶をするときに名前を呼ぶのも効果的です。『〇〇さん、おはよう。』というだけでも印象は変わります。

昔の友達と連絡を取ってみたり、同窓会に参加してみたり、自ら行動することも大切です。新しい友達がほしいというときは、習い事を始めてみたり、イベントに参加してみたりするのもいいでしょう。友達の紹介で彼氏ができた人は3割と言われていますから、友達がいないと出会いの場も狭まり彼氏もできないなんてこともあります。

とにかく待っているだけではなく、動かなければ何も始まりません

友達がいない女性が友達を作るために努力する心理行動

最初に自分を客観的に見てみましょう。まず自分がどういう理由で本当は友達を作らないのかということを理解することが大切です。自分をうまく表現できないからなのか、逆に相手が話すスキを与えなさ過ぎて相手から離れていってしまうのか、それとも自分が他の人の意見をあまり受け入れられない考え方をしているのか…といったことです。タイプによって対処方法が違います。

引っ込み思案のタイプの場合

引っ込み思案のタイプは、笑顔で相手の顔を見ながら話を聞くようにすることから始めてみましょう。また相槌だけではなく、会話を広げる努力をしましょう。相手からされた質問をそのまま返すのもおすすめです。例えば『休日は何をしているの?』と聞かれたら、自分のことを答えた後、相手にも同じ質問をしてみましょう。

マシンガントークタイプの場合

マシンガントークタイプは、まずは相手の話も聞きましょう。自分が思っているとおりにストーリーを語りたいと思っているのかもしれませんが、友達はあなたの講演会を聞きにきているわけではありません。会話のキャッチボールが大切です。

相手の意見を受け入れられないタイプの場合

相手の意見を受け入れられないタイプは、まずは自分と違う意見がでてきて当たり前と思うようにしましょう。共感してほしいだけの話をするのはやめましょう。柔軟な考え方が大切です。また自分とは違う意見から気づかされることもたくさんあります。決して悪いことではありません。

自分はどんなタイプなのか案外掘り下げないとわからないものです。自分のことが一番よくわからないのが人間です。じっくりと自分と向き合ってみて友達がいない理由を考えましょう。

男性から見た友達がいない女性の印象

友達がいない女性は男性から見るとどのようにうつるのでしょうか?女性からどう思われてもいいけど、男性からの印象は気になるという人もいるのではないでしょうか。メリットとデメリットにわけてご紹介します。

浮気の心配がない

肯定的に見るのであれば、男友達がいないのであれば、浮気の心配がないでしょう。また1人でも十分なほど自立していて頼もしいです。一途な女性が好きな人や、かっこいい女性が好きな男性にとってはとても魅力的ですね。そのような女性に少し甘えられるとギャップもあり、男性にはたまらないかもしれません。

男性に見せる顔と女性に見せる顔が異なるのではと疑われる

否定的に見た場合、男友達がいて女友達がいないのであれば、男性に見せる顔と女性に見せる顔は異なるのではと疑ってしまうかもしれません。そして、友達そのものがいない場合は人間関係を構築する上でマイナスに働く、決定的な何かがあるのではないかと思えてしまいます。

お付き合いしている間はいいですが、結婚を考えると2人だけの問題ではありませんから、自分の両親や親族とうまくやっていけるのか、職場の人間関係や近所付き合いは大丈夫なのかと不安にさせる要因になる可能性があります。

友達がいないことは悪いことではない

友達がいないからといっていけないわけではありません。人生には一時的に自ら孤独を選ばなくてはいけないことも訪れます。

例えば大事な受験がある、資格を取得しようとしているなど勉強の時間を取る場合や、仕事に集中したい、家族との時間をとりたい、自分と向き合う時間をとる必要がある場合もあります。

しかし長期的に孤独となると、狭いところに閉じこもることになりますから、先ほどご紹介したとおり悲観的になったり、心の成長が止まってしまったりします。

まとめ

友達がいない女性は一見たくましくも見えますが、成長の機会を逃す可能性があります。今は友達がいらないと考えている人もいるかもしれませんが、友達がほしいのにできないという人はまず自分がどのようなタイプで友達ができないのかを把握して、自ら行動を起こしてみましょう!勇気のある行動が友達を作る第一歩です。