どんなタイプがいる?年の差カップルのメリット・デメリットとは

近頃は年の差のあるカップルも珍しくなくなり、年が上の方と結婚することにメリットを感じている方が多くなっているようです。

ただ年齢がかなり開くとなると、老後・・・という事も考えなければなりませんし、ギャップが大きいという事もあります。年の差のあるカップルにはどんなタイプがいるのか?これから年の差婚となる可能性のある方は理解しておくと安心でしょう。

年の差カップルのメリット


年の差がある事でお付き合いしている段階でも、また結婚されてからもメリットを感じている方は多いです。年齢が違うと頼りがいもありますし、もちろん経済力は年齢が上になればなるほど大きくなることも考えられますので、結婚してから安定した生活を送る事が出来るというメリットもあるでしょう。

頼りがいがある

年齢が上の方と結婚すると経験値が大きく違い、何事においても安心して任せることができ、また困ったことが起っても相談しながら解決していくことができる事が多く、頼りがいがあるという事にメリットを感じている方も多いです。

仕事の事で相談できることもあると思いますし、お子さんの教育という面でも頼りになるのではないかと思います。旅行に行くにしても計画をしっかり立ててくれたり、生活するに当たり頼りになることが多い事はパートナーとして安心していられる要素になります。

経済力


年齢を重ねていればそれなりにお給料にも違いがあり、20代男性と40代男性では年収も大きく違います。企業によっては年齢によるものではなく、出来高制や能力給という給料形態をもっているところがありますが、通常日本の企業は年齢によって昇格していくことが多いので、年齢を重ねれば重ねるほど、経済力が安定します。

20代での結婚はやはり共働きしないと毎日の生活が安定しませんし、お子さんを育てるという場合でも、奥様が働いているうちにしっかり貯蓄しそれから計画的に子供を作るという夫婦も少なくありません。

男性の年齢が40代で女性が年下という場合、こうした計画的な事を考えて貯蓄してから出産を考えるという事ではなく、経済的に余裕があるのでお子さんを生むという時にも安心していつでも出産に備える事が出来ると思います。

人によって40代でもお給料が低いという場合がありますが、一般的には20代よりも40代以降になるとお給料がかなり違ってくるため、20代女性が40代男性を狙うということもよくあることです。

がつがつしていない


若い男性はやはり女性に関して性的欲求を満たすという目的をもっていることも多く、ちょっとがつがつした印象を受ける方も少なくありません。でも年齢を重ねた男性は体の関係についても余裕をもってがつがつせず優しく対応してくれるので、その包容力が何とも魅力的という女性も多いです。

お付き合いするようになってすぐにホテルに誘うような若い男性よりも、食事をしてお互いにゆっくりと愛情を深めてから肉体関係を持つなど、女性の気持ちをよく考えて行動してくれることも、年上の男性の魅力戸いってもいいでしょう。女性が年上という場合でも、包み込むような優しさをもっているので、経験が少ない男性でも安心して任せる事ができ、そういう所に魅力を感じる方も多いようです。

年の差カップルのデメリット


年の差があるとやはりジェネレーションギャップも出てきますし、一緒にいてラブラブしているのに、親子、愛人?とみられてしまったり、色々と一般のカップルとは違う悩みもあるようです。会話が成り立たないとか、自分が好きな芸能人の事をあまり知らないとか、寂しいと思う事もあるようですし、体力の違いから老後の事を深く考えてしまうという方も多いです。

親子に見られる

二人で食事をしたり、買い物をしたり、街を仲良くデートしているのに、お店に入ると「親子の仲がよくてうらやましい」といわれてしまったり、こそこそとあのカップル絶対に不倫か愛人系でしょ?なんていわれてしまい悔しい思いをしたというカップルもいます。

年齢がかなり離れていると親子に思われてしまうのも仕方ありませんが、周囲の目を気にせず、堂々と二人の世界でいればいいと思います。最近は年の差があるカップルがかなり多くなっているので、親子にみられるという事も少なくなっているようですし、店員さんの方が気を使い、親子なのかどうか?と思っても聞いてこないという事も多くなっています。

ジェネレーションギャップがある

ジェネレーションギャップ・・・これはもう、生きてきた年数、自分たちが経験してきたことがお互いに違いすぎるので、ギャップがあるな・・という事をしっかり受け止めるほかはないと思います。

好きなタレント、小さい頃に流行ったおもちゃ、マンガ、それに見た映画等も全く違いますし、青春を謳歌してきた思い出にも違いがありますので、年齢の差が大きいほど、ギャップも大きくなるでしょう。

お互いに、相手の方の好きな事、生きてきた時代の事等を学んでみると、会話も弾むようになりますし、カラオケ等も、パートナーがよく歌ってきた歌を研究する、その年代の歌を覚えるなどして楽しんでいるカップルも多いです。

体力が違いすぎる

年齢を重ねるとどうしても体力が落ちてきますし、年齢の差が大きいと、体力の差も大きくなり、これは肉体関係に関しても感じることのようです。50代と20代のカップル等もいますが、この場合、セックスの回数等も女性がもっとしたいと思ってもそういかないこともありますし、中には男性としての機能が弱くなっている方もいますので、つまらないとか物足りないと感じている女性も多いようです。

遊びに行ったり旅行にいったりするときにも、もっと遅くまで遊んだり、色々なところに行きたいと思っているのに、パートナーの体力が限界となり、早い時間にホテルヘ帰るという事もあります。

また体力もそうですが、老後のことについても年下のパートナーが心配をしたり、体のことについても生活習慣病など、若い年齢のパートナーよりも心配しておかなければならないという事もあります。

年上男性と付き合う女性の特徴


年上男性と付き合いたいという女性は、今とても多くなっていて、婚活の中でも自分の理想条件として20代の女性が40代男性を条件とすることも多いようです。

包容力があり、経済力もある、若い男性にはない魅力を沢山持っている年上の男性は、生活力も高いですし、結婚する相手として安心できる対象となっています。今年上男性と結婚したい、付き合いたいと思う女性の特徴とはどんな特徴があるのでしょうか。

甘えたがり

かなり年上の男性にひかれる、そういう男性が好きという女性は基本的に甘えたいという思いの強い人で、ファザコンの方も多いといわれています。小さい時にお父様を亡くされた方、小さい時にご両親が離婚されたという経験をお持ちの方は、お父様に甘えたという記憶も少なく、それを自然と自分の恋愛対象の男性に求めているようです。

年上の男性は仕事でもプライベートでも沢山の事を経験されているので、どんな時でも甘えられて安心できるという意見が多く、疲れている時でも彼に甘えられると思えば頑張れるので、彼と付き合いだしてから精神的に安定したという意見も多いです。

か弱い印象


年上の男性を好きな女性のイメージとしては、か弱く、同年齢の男性とはあまりうまく付き合えないようなおとなしいイメージの方も多いです。

恋愛経験もあまり多くない、また若い男性と付き合うほど体力的に自信がなく、どちらかといえば室内で本を読むことが好き・・というような性格の方が多いようです。年上の男性から見ても、元気はつらつで若い女性も魅力的ですが、おとなしくてか弱そうな女性に惹かれるという事もあるようです。

天真爛漫

逆に天真爛漫で年上男性の同世代には見られないようないつでも元気で何でも挑戦する若々しい女性に魅力に魅力を感じる年配の男性も多いです。付き合う事で自分も若くなったような気持ちになり、付き合っていくうちにファッションや食事の好みなども変わっていき、自分が生まれ変わったような気持ちになるといいます。

年上女性と付き合う男性の特徴


年上の女性が好きという若い男性も最近特に多くなっていて、若い女性の様に何もかも男性に依存していない、自立した魅力をもっているといいます。包み込むような優しさがあり、人生経験が豊富でちょっとしたことでは怒らず許してくれるというイメージもあるようです。

母親・姉と仲が良い

年上の女性が好きという男性を見てみると、母親ととても仲が良く、またお姉さんがいる場合、シスコン?と思うくらいにお姉さんと仲良しな場合が多いようです。お母さんの様になんでも理解してくれる、お姉さんの様になんでも相談に乗ってくれるような人がいいと思う年下男性は、年上の女性を選ぶことが多いようです。

結婚願望が強い

年上の女性と付き合いたいと考えている若い男性の中には、結婚願望が強く、温かい家庭を早く作りたいと思っている人が多いという特徴もあります。家庭という事を考えると若い女性よりもしっかりした年上の奥さんを持つ方がいい、そう考えて、年上の女性を探すという方も多いようです。

優柔不断なところがある

何事も一人で決める事が出来ない、優柔不断な性格の男性は年上の女性と結婚したり、付き合うという事が多いですし、年上の方が楽なのではないか?と思います。年上の女性なら困った時でもすぐに動いてくれると思いますし、決め事が決まらない時でも、じゃ、こうしようと率先して計画くれます。

何か決める時にいつも悩み、一人で決める事が出来ないという優柔不断な男性は、年上の奥さんをもらう方が家庭も円満になるかもしれません。

年の差カップルとなったきっかけ


かなり年の差があるカップルが多くなっていますが、みなさん気になるのはどこで出会ったの?どこで付き合うようになったの?という事ではないでしょうか。年の差があっても知り合う機会、また場所など多数あるのです。

年の差カップルがどこで出会い、どういう関係からお付き合いすることになってたのか、そのカップルのきっかけを探ってみました。

上司と部下

一緒に働く上司で離婚されている方、また未婚の男性もかなり多くなっていますが、上司と部下という関係から付き合うようになった、結婚することになったというカップルもいます。離婚されている経験から女性に対してとても優しく、気を使ってくれることが魅力的だった、また今までずっと結婚してこなかった男性はシャイな方も多く、若い女性のアタックから結婚になったという事もあるようです。

教師・講師と教え子

結構よくあるのが教師と教え子、講師とその教室に通っていた生徒というパターンです。学校に通っている時に周囲の人にばれないようにお付き合いし、教え子が卒業して少ししてから結婚になったという方もいますし、同窓会で先生にあってそこでお付き合いに発展したという事もあります。

また教室の講師と生徒という関係では、生徒の方がアタックした、講師の方がアタックした等色々なパターンがあります。

趣味のサークル

ある程度の年齢になってから仕事も落ち着き、趣味でも楽しもうかな?と思って通った所で若い女性、男性に出会い、恋に落ちるという事もあります。趣味が一緒で時間を共有すること多くなるので、趣味のサークルなどで知り合うと結婚に進むスピードも速い事が多いようです。

結婚してからも同じ趣味を楽しむことができるので、こうした趣味の場所での出会いも素敵です。

まとめ


年の差と愛情は関係ない、まさしくその通りで、好きになった人の年齢がかなり上でも、お互いに納得し歩み寄って生活する気持ちがあれば、結婚してもきっとうまくいくと思います。

年齢が上の人は相手を気遣う気持ちをもっていますし包容力も大きく、パートナーは安心して暮らすことができますし、年下のパートナーの行動力やその若い力をみて、自分ももっと頑張ろうと年上の方も若い気持ちを持つことができます。

ギャップなどのデメリットもありますが、年の差のあるカップルはうまくいくと本当に仲がよくうらやましい位のカップルになれます。