猫系男子にキュンキュンする女子増加中!正しい落とし方と扱い方とは

猫のような女の子という事なら想像がつきやすいのですが、猫系男子という言葉も生まれています。猫系男子といってもピンとこない人が多いと思いますが、猫系女子と同じように気まぐれでちょっとわがまま、猫の様にクール化と思うといきなり甘えてくるなど、愛すべき存在のようです。

こんな猫系男子とつきあってしまうとその魅力にはまり、この人じゃないとダメというくらいに大好きになってしまうといわれています。そんな猫系男子の魅力とはどういう部分なのか、特長的な部分や愛すべき部分を紹介しましょう。

猫系男子って?


猫のように気まぐれ、自分の時間をこよなく愛しているかと思えば、いきなり甘えてくる、そんな冷たくて甘くてギャップが可愛い男子が猫系男子です。束縛を嫌ったりわがままだし、よくわからないことも多いけれど、だからこそ愛してしまう存在となるのが猫系男子です。

見た目にとにかくかわいい、魅力的な要素をもっている男子が多く、女性的な印象もあるので女子の中にいても違和感がないなど、かなり特徴が強いです。

気まぐれ

今日は一人でいたいといっていたのに、いきなりやっぱり会いに来てといってみたり・・・もう、本当にわがままなんだから・・と怒りながらも可愛く思ってしまう・・・猫系男子は本当に気まぐれです。食べたいものが急に変わったり、映画に行こうといっていたのにいく気が無くなるなど頭に来ることがあっても許してしまうのです。

ものすごく不機嫌と思っていたのにいきなり愛らしい顔でにっこりしてみたり・・・このギャップに女子はキュンキュンしてしまいますし、大好きがもっと強くなっていきます。わがままな人という事がわかれば付き合い方もわかってくるので、周囲に誤解されやすいのですが、認識されると友人からも愛すべき要素をもっている人になります。

SかMかで言ったらドS

SなのかMなのかという事でいえば好き嫌いがはっきりしていて、したいことはする、したくないことはしない・・・というドSといっていいでしょう。こうしたいと思ったらしなければ嫌だし、相手には無理な事を言って楽しんだりすることもあります。

嫌いと思う事は絶対にしないし、嫌いになった人には近寄りもしない、わかり合おうとする気持ちも持たない、好き嫌いがかなりはっきりしているのが猫系です。

ドS男子の特徴とは?ドS男子に好かれる女性の”ある”共通点

何を考えているかわからない

嫌だなと思う事があっても基本的に感情を表に出す事がないので、怒っているのか?気にしていないのか?わからないのも猫系男子の特徴です。人前で笑っていたのに、二人になったらいきなり無口になり、やっぱり怒ってる?と聞いてみるとむっつり・・・機嫌が極端に悪くなったりすることもあります。

でも心を許している人がだから感情を見せる事があるという事で、感情を見せてくれるようになった場合、彼女に対して信頼し、自分の感情を見せる相手として認識しているのだと思います。

友人たちの前ではクールで感情を見せない事から何を考えているのかわかりにくい変な奴というイメージがあるかもしれませんが、親友になると彼女と同じように、今こうしてほしいんだなとか、今一緒にいない方がいいのかなと察するようになります。

ただ猫系男子が思っていることをしない場合でも、それを気にしない、つまり他人の眼とか人がどう思うかを気にしていないのも猫系男子です。人がどう思うか?よりも、自分の感情を表に出すことなく自分は自分でいればいいと思っていることもあり、何を考えているかわからない、ワガママという事で人といさかいが起るようなこともありません。

今自分がいる状況が自分にとって心地よくあることが最も望むことなので、自分がこの空間がいやだと感じたり、この人無理という場合には、その人に何か攻撃するという事もありませんし、自分が心地いい空間にしようと頑張るのではなく、気持ちいい空間、自分の気持ちを理解してくれる人のところに自ら移動します。

いさかいも少ないし、トラブルになることも少ない、人へ求めることが少ないため、極端に怒るという事も少ないです。

相手の気持ちが分からない人の特徴・原因と対処方法

猫系男子の特徴

男性
猫系男子は女性から見て最初はとっつきにくく、扱いにくい・・・という男子なので、好きになるのに時間がかかるかも知れません。ただ見た目にファッション的にも女性っぽさがあったり、女性が可愛いというものを好きだったりするので、恋愛対象というよりも最初は男子でも女子の中にいて違和感がない存在から中身を知っていくうちにだんだんと好きになる・・・というタイプかもしれません。

見た目は女性的でかわいい系

ファッションセンスがよく男性がちょっと無理かなと思うようなファッションでもさりげなく着こなしてしまいます。女性的なイメージをもっている人もいて、見た目が可愛い、個性的という男性も多く、女性グループと一緒に一人で入り、スイーツを食べに行ったり、ショッピングを楽しめるなど、とても不思議な印象を持つかもしれません。

男性とつるまず女性の友達が多いという男子もいて、センスもいいし最初は仲間というイメージから、ワガママな面や可愛い面などをみて好きになっていくパターンでしょう。

甘えん坊だけど一人も好き

ものすごく甘えん坊ですが、大勢でいる事を嫌い、集団行動は苦手で、でも一人になると寂しくなり彼女に今からきてといってみたり、いきなり一人でマンガを読みだして相手にしないという事もあり、彼女にとってはイラッとすることもありますが、またこれが魅力になっています。

甘えたい時にはとことん甘えてきて、人目を気にせず甘えてきますが、一人でいたい時もあり、休日なのに今日はデートなし・・という事も多々あるので、振り回される感覚もあると思います。

インドア派

基本的に海、山に繰り出しキャンプを楽しんだり、アウトドアを楽しむなどの性質はもっておらず、部屋の中でまったりするのが好きだし、ゲーム等集中して一人で勝手にできる遊びが好きです。また猫系男子は読書が好きだったり、パソコンに詳しいという面をもっているなど、好きな物にのめり込む極端な面も持っています。

アウトドア系の女子が猫系男子を好きになると、一緒にキャンプに行こうとか、今日は遊園地に行こうと誘っても「無理、友達といってきたら?」とクールに断られることもあり、私と一緒にいたくないのかなと感じることもありますが、部屋ではこれでもかというくらいに甘えて来たり、友達とキャンプに行って来れば?と言っていたのに本当にいくとすねてみたり・・・面倒なのですがきゅんとしてしまう言葉をすんなり言ってくるので、ゆるしてしまうのです。

好奇心旺盛ってどんな人?付き合い方を知ろう!

猫系男子の恋愛のパターン


猫系男子の恋愛パターンを理解するのはちょっと難しいかもしれないし、女子によっては理解不能、付き合うのは無理・・と思う事もあるでしょう。というのも甘える事が好きでもいつもべたべたするのが苦手、放っておいてほしい時には一人にしてほしいし、寂しい時にはべったりくっついていてほしい、つまり、基本わがまま、世界は自分を中心に回っている感覚の持ち主なんです。

でもそのわがままは人に迷惑をかけるものではなく、本当に信頼した人にしかわがままな一面を見せることもないし、ある一定のラインから踏み込ませないような雰囲気をもっているので、ただクールで近寄りがたい人というイメージの猫系男子もいるようです。こういう猫系男子とは「こういう人」という認識を持っていないと、付き合っていくことが難しいのかもしれません。

べたべたするのは苦手

犬系男子の場合、好きになったらとことん一緒にいたいし、彼女がいるところにしっぽを振ってついていく!という忠誠心がバリバリのイメージがありますし、常にくっついていたい、ふれていたいという感覚を持っています。でも猫系男子は自分がべたべたしたくないと思う時、ラブラブな状態でもべたつくことがありませんし、基本的に自分を放っておいてというスタンスを持っています。

甘えたいモードになるととことん甘えてくるし、そうではない時には突き放す・・・男性版ツンデレ状態がまた、好きになってしまうとたまらないのです。社交的な人ではないので友達と一緒に飲んでいる時に「出てこない?」といっても出てくる事はほとんどないと思います。

人見知りで今日あったばかりの人と身体がちょっとくっつくという事も苦手、神経質なタイプの方もいますし、彼女としては私がいないと彼は社会的に生きていくのが無理かも?なんて思わせることもあります。

マイペース

超が付くほどのマイペース、人があせっていても「まあ、あせっても仕方ないでしょ、とにかく落ち着いて」と諭すようなところも持っています。デートの時間に遅れると思っていてもあせらない、周囲の人が受験でせっぱつまっていても、なるようにしかならないでしょとあせらずでも結果を出すタイプです。

デートしている時も映画の時間が迫っているのにちょっとお茶したいとカフェに入ってしまったり、予定があっても予定通りに進まなくていい人です。マイペースはわがままと取られることが多いのですが、こういう人と一緒に時間を過ごしていると、せかせかしても仕方ない、のんびりいこうと気持ちに余裕をもてるようになりますし、その落ち着いた姿が癒しになるという女性も少なくありません。

冷たくするけどハートは熱い

猫を飼っている人ならわかると思いますが、本当は気になっていることがあっても、わざとそっちを見ず、まず落ち着いて・・その後、そっと行動に出るという事があります。あれ?わかっていたんだ、気になっていたんだ・・と後から思う事もあり、自分の感情を表に出すことが基本的に苦手なので、気になっていることも表情として気になっていると表すことも苦手なのです。

猫系男子と付き合っている彼女はほかの男子の様にべたべたしてこないし、もしかして私に興味ないんじゃない?と不安になってしまう事もあります。でも実は他の子と話をしている彼女の事がすごく気になっていて、心の中で嫉妬していることも少なくありません。

猫は家に新しい猫がきて飼い主が可愛がっているのを見ると、新しくきた猫を攻撃する事があります。それと同じように、嫉妬しているのにそれを彼女に表現できず、別の態度をとってしまう事もあるので、意味が解らない、気持ちがわからない・・・となってしまうのです。

ただこういう行動をとる人なんだ、今はきっと嫉妬しているしイラッときていると理解できるようになれば、嫉妬してくれていること、それを出せない事が本当に可愛く感じて、愛おしい存在になります。

猫系男子の取り扱い


取扱が非常に難しい猫系男子ですが、取扱いマニュアルをしっかり理解することで、逆に扱いやすい人になります。

猫系男子が自然に作っている生活のルールを理解し、彼の生活パターンや表情の出し方を少しずつ理解していくと、今何をしたいか、これからどうしたいのか、今何を考えているのか、理解できるようになり、彼女の気持ちも安定してきます。

ひとりの時間も必要です

いつでも一緒にいたい、好きな気持ちをもっていればそう思うのが当然ですが、常に一緒にいる事を臨むのではなく、一人の時間も生活も大切にしています。

読書したり、映画を見るという時にも、彼女がいない方がいいという彼もいますし、一人で何かに没頭する時間を他の人、たとえ彼女でも邪魔されたくないという思いを持っています。

彼が家にいるのにLINEが既読にならなかったり、電話しても出ない時がありますが、そんな時は、一人の時間を謳歌している時なので、「後から連絡来るでしょ」くらいに思っていればいいのです。いきなり寂しくなることも多い甘えっ子の猫系男子は、彼女がいきなり恋しくなって「遊びに来て」と連絡が来ることも多いので、それを待つ気長な気持ちも持っておきましょう。

一人が好きな人の特徴!一生独身を避けるための対処方法

干渉のしすぎはNGです

とにかく干渉されること、束縛されることを嫌う猫系男子に、たとえ彼女でも豆に連絡が欲しいとか今どこにいるの?とか、どうして連絡くれないの等攻められると、いきなり嫌いになることもあります。干渉しすぎると窮屈になり、彼女という立場でも無理と思ってしまう事がありますし、友人でも干渉する人はあまり連絡を取らなくなるなど、とにかく干渉、束縛が嫌いです。

彼女としては寂しい思いをすることも多いですし、不安になったりすることもありますが、慣れてくると、必要な時には連絡が来るし、わかっていないわけではないので、後から連絡がきて楽しくデートする時間も作ってくれます。

猫系男子は猫の様に放っておかれることもこのみますし、自分が触ってほしい、寂しいと思う時には今いてくれないと困る・・という表情を見せるので、そのギャップが何とも言えないくらいに愛おしくなってしまうのです。

感情表現が苦手なので察してあげよう

感情を思いきり外に出す事が出来ない猫系男子は、ちょっと嫌な事があっても嫌だなと思う顔を見せませんし、楽しい事でも心から楽しんでいるという態度を見せないこともあります。でも実際には彼女と友人の仲の良さに心の中でかなり嫉妬しイライラしていることもあります。

またものすごくうれしくて心の中では叫びたいくらいに喜んでいるのに、嬉しい!と感情を爆発させることもしません。

あくまでもクールで冷静、しかし心の中には熱い物を秘めているのです。彼と付き合いが長くなると、他の人にわからないイラッとしたときの癖やしぐさ、嬉しい時の目の表情などから、彼の感情を理解できるようになっていきます。

こうなると彼は彼女に対して絶大な信頼を持ちますし、彼女への好きという気持ちがますます高まり、彼女にしか見せない表情や言動を見せてくれるようになるはずです。好きな人が自分にそういう姿を見せてくれるのはとてもうれしい事ですが、クールだったり、気まぐれだったり・・・猫系男子は女性を困られることも多いです。

まとめ


猫系男子を好きになってしまうと、本当に好きで好きで、たまらない存在になってしまうくらい魅力的な男子です。わがまま、人付き合いが苦手、一人が好きなどの面だけを見ると、付き合いにくいと思う人も多いのですが、ちょっとしたしぐさや普段のファッション、それに不意に見せる笑顔など、魅力的な部分がとても多いという特徴も持っています。

自分から人の輪に加わる事がなくても、存在感がある猫系男子は周囲が放っておかないような空気感を持っていて、結局最初は嫌い、わがままと思っていても、結局彼の事が大好きになっていたり、男性から見ても魅力ある人だと感じる要素を持っています。猫系男子は愛すべき存在で、好きになってしまう人はとことん好きになってしまうでしょう。