ドS男子の特徴とは?ドS男子に好かれる女性の”ある”共通点

ドSとかドMなんて言葉をよく聞くようになりました。周囲の会話の中でも、「すっごいドSだよね」とか「もしかしてドM?」という言葉が出てくるかもしれませんが、ドSの意味が解っていない人もいるかと思います。

今回は、ドSの意味や、どんな特徴があるのか、ドS男子の恋愛の傾向などを解説します。

ドS男子ってどんな男子?

ドSのSは「サディスティック」「サディズム」の略語、ドMのMはマゾヒズムの略です。

サディスティックというのは攻撃的、残酷な事が好きで、人が痛がっている姿、苦しんでいる姿を見ることを好むこと。そういう人のことをサディスト、S、ドSと言います。

反対に、マゾヒズムは残酷な事や攻撃的な事をされるのを好むことで、そういう人のことはマゾヒスト、M、ドMと言います。

サディズムとは

ドSの「S」の語源となった「サディズム」は性的嗜好の1つ。言葉のルーツとなったのはフランス革命時代の貴族・小説家のマルキ・ド・サドです。

悪徳の栄え〈上〉 (河出文庫)

『悪徳の栄え』『ソドム百二十日』など、悪徳を美や勝利の象徴とした描く作品を多数残したことで知られます。作中の過激な描写と、随所に見られる哲学的な問答が、彼の小説の人気の秘訣。

生前のマルキ・ド・サドは、度々性的スキャンダルを引き起こします。

娼婦たちとの乱交や鞭打ち、媚薬の使用。男性との性行為。サドに死刑判決が下るマルセイユ事件の際には、娼婦の一人に無理やり怪しげな飴を食べさせ、その女性は激しい腹痛と吐き気に襲われたという報告も残っています。

こうしたモラルを逸脱した過激な性行為や、快楽を追求する様。体を痛めつけることで、性的満足を得ようとすることを、生前のサドになぞらえて「サディズム」と言います。

マゾヒズムとは

サディズムの逆の概念が、マゾヒズム。異性に鞭で打たれたり、虐待を受けることで快楽を感じる性的倒錯を意味します。

マゾヒズムの語源は、オーストリアの小説家・マゾッホ。マゾッホは『毛皮を着たヴィーナス』などの自伝的小説で、こうした性的倒錯を多く扱ったことで知られます。

ドS男子は意外と多い?6割の男性がS

参考:DOKUJO グラフは編集部で作成

DOKUJOが20代から40代の男性200人に行ったアンケートによると、6割の男性が「自分はSである」と考えているそうです。

「相手に合わせられる」と答えた人は、全体の8%。かなり多くの割合の男性が、相手の性的嗜好に関わらず「自分はSだ」と自認していることになります。

男子はMな女性が好き

参考:DOKUJO グラフは編集部で作成

男性はM(マゾ)の女性を好む傾向にあります。アンケートによると「Mの女性をどう思う?」という質問に対し「良いと思う・好き」と答えた男性は全体のおよそ7割。

全体の6割の男性は、S(サディスト)と自認。

7割の男性はMの女性が好き。

こうした結果を踏まえて考えると、意外と世の中にはMが好きなドS男子が多いと言えるでしょう。

ドS男子の特徴・共通点

この人ドSだな…と感じる男子の特徴は一見、ドSではないように見えることも。むしろ面倒見がよく、人の世話を焼くのが好きな優しい人に感じられるケースさえあります。

でも実際には付き合うようになって二人きりになると一気にドS性格が出てくる・・・という事があります。

無口・クール

男性

ドSの男子の多くが無口です。

クールで感情が顔にあまり出ないタイプが多く、人に対して感情的にならないという特徴があります。気になっている相手から好きと告白されたとしても、感情が表に出ず、態度的にはどうでもいい・・・という感じを見せます。心の中では「やったー」と思っていたとしても、あくまでクールに振る舞うことで、女性が困るのを楽しんだりしているのです。

こうした態度の裏側にあるのは、自分への自信。自分の振る舞いや容姿が相手から好かれることがわかっているからこそ、余裕がある男性。これこそドSの特徴でしょう。

面倒見がいい・世話焼き

面倒見がよくて世話焼きな一面も。

ドS男子の近くにいる人からすると、最初は相手が「ドS」という事が見えないかもしれません。付き合ってみて初めてドSだったという事がわかる事もあります。

ドSでも、好きになった人に対する愛情は実は深いです。ドS男子は度々、きついことを口にします。しかし、その厳しい言葉遣いは相手の愛情を確かめているにすぎません。傷つけるようなことを言っても相手の女性は、自分を好きでいてくれるのか確かめています。

面倒を見ることも世話を焼くことも。その代り二人になった時にはわがままで、何でも従えといわんばかり。この「愛情の深さ」と「わがままぶり」のギャップにやられるのかもしれません。

神経質でプライドが高い

ドS男子はかなり神経質で、自分のものを他人に触れられるのを嫌がったりします。ですが自分が好きな女性、信頼している人に対してはあまり神経質な面を見せないという特徴もあります。

プライドがものすごく高いという事もドS男子の特徴で、たとえものすごく好きだった彼女が別れたいといってきても、本当はショックで心が動揺しているのに「ああそう、わかった」とクールな姿勢を崩しません。

ドS男子の恋愛傾向

ドS男子はどのような恋愛傾向をもっているのでしょう。

今までドS男子とお付き合いをしたことがないという人には、ちょっとどういう恋愛傾向なのかわかりにくいと思いますが、恋愛の特徴をみても、なるほど・・・と思う事ばかりです。いじめたいしいじり倒したい、恋愛でも常にプライドをもち、優位であることに満足します。

いじめる・いじる

相手が困っている姿、ちょっと苦しいと思う姿を見ることが大好きなので、付き合った相手を困らせるようなこともします。

恥ずかしがり屋の女性に対して人前でキスをしてみたり、嫌いと言っているのに怖がっている姿をみたくてお化け屋敷に無理やり連れて行ったり。

お付き合いしている女性は時に疲労することもあるかと思いますが、たいてい女性の方はドMという事が多いようです。

常に優勢でいる

彼女が優位で恋愛を進めるということは好みません。

どんな時でも自分が優勢でありたいので、あせったり、自分が困ったと思う気持ちも、好きな相手にみせる事はありません。

困ったことがあったり、女性から困らせるような行動を取られれば、そこはクールに乗り切ります。そして後に、二人きりになった時、とことん攻めたおすのです。

弱みを見せない

友人にも弱みを見せる事を嫌うドS男子は、付き合っている彼女にも弱みを見せる事がありませんし、自分がどんなに辛い時でも相手に助けを求めるという事もありません。

どういう事でも一人で乗り越えてきたという自信を持っているので、ドS男子は器用で何でもできる万能な人が多いというのも特徴的な部分です。

ドS男子に好まれる女になるためには

ドM女性からすれば、ドS男子は理想中の理想かもしれません。とはいえ、ドS男子と付き合うのは様々な点で大変です。

まずクールで感情を見せないドS男子の多くが、見た目にも妥協しません。よってドS男子はファッショナブルで、得てしてイケメンです。

よって女性からの競争率も高いです。

そのため、ドS男子と付き合うためには「ドS男子が好む女性の傾向」を知った上で自分自身を磨くことが大事です。

ドS男子は天然が大好物

困っている所、あせっているところをみているのが大好きなので、ドS男子にとって天然系女子は最高の獲物・大好物です。人とはちょっと違う価値観を持っていて、社会生活になかなかなじめない子、グループの中でちょっと天然ちゃんだよねといつも笑われてしまうような女の子が大好きです。

その行動がいつも笑われていたり、こいついじめがいがありそうと思うとドンドン気になっていつの間にか好きになっているという事も多いようです。私なんて無理・・と思っている子ほど、案外ドS男子好みってこともあるのです。

ドS男子は負けず嫌いで気の強い女が好き

天然でもいつも困っているような子なら、なんでもいいというわけではありません。

ドS男子としては天然な点を指摘されると、困って泣いてしまうような子では張り合いがないです。

ドS男子が好きな女子はほぼ、気が強いです。ドS男子に何とかはむかっていこうと思う強さを持っていたり、苦しいことがあっても乗り越えていこうと考える事が出来る強さを持った女性が好きです。

何をしてもめげることなく立ち向かってくることを、ドS男子は楽しみます。立ち向かってきてくれたらどんどんまた輪をかけたいじわるができると考えます。いじわるされ過ぎて精神的に参ってしまうようでは困るのです。

ドS男子が登場するドラマ

ドS男子の特徴や恋愛の価値観、振る舞いを理解するためには、ドS男子が登場するドラマを見るのもおすすめです。単にサディスティックなだけでなく、優しさも持ち合わせるドS男子の魅力が詰まった作品を紹介します。

花より男子

花より男子DVD-BOX

『花より男子』は2005年10月期のTBS系ドラマ。

名門・英徳学園高校に入学した一般庶民のつくし(井上真央)は、学校を牛耳る富裕層のグループ「F4」の横暴な態度が受け入れられず、度々彼等に反発。学園中のいじめの対象に。

しかし、それでもめげないつくしとF4の面々の間には次第に絆が生まれていきます。F4のリーダー・道明寺司(松本潤)は次第につくしに対して天然な一面や、優しい姿を見せるようになります。

2007年1月期には『花より男子2(リターンズ)』、2008年には映画『花より男子F』が制作されるなど、同作はTBS系ドラマを代表する大ヒット作となりました。

嵐が魚に食べられる!?パズドラと嵐の”ファンタジー×カッコいい”新CMに注目!

大人気の「パズドラ」が4周年!

出典:パズドラ4周年記念スペシャルサイト
パズドラ4周年記念のCMは嵐とコラボ!
パ…

リッチマン、プアウーマン

リッチマン,プアウーマン DVD-BOX

『リッチマン、プアウーマン』は2012年7月期のフジテレビ系ドラマ。月9枠で放送されました。

小栗旬演じる日向は、若くして時価総額3000億円のITベンチャーを築き上げた経営者。経営の腕は天才とされながらプライドが高く、傍若無人な振る舞いが目立ちます。

石原さとみ演じる夏井は就職難民女子。日向が経営する会社の説明会に参加したことがきっかけで、インターンとして採用。プロジェクトに参加し、日向と親交を重ねます。

自信家で常に経営上シビアなジャッジを重ねてきた日向は、夏井との出会いで性格に変化が。穏やかで、周囲から厚い信頼を集める人材に変わっていきます。一方で以前の日向を高く評価する層からは、日向の変化は好ましくないものとされ、会社にトラブルが勃発します。

堂々とした振る舞いをし、仕事が窮地に陥っても動揺することのない日向は、まさしく「自信」と「優しさ」を併せ持つドS男子です。

小栗旬、歌声を披露!「ハスキーで優しい声たまりません」

俳優の小栗旬さんが8月15日放送の『火曜サプライズ』(日本テレビ系)にて披露した歌声が反響を呼びました。

小栗さんは「ア…

まとめ

ドS男子はクールなのにちょっとしたところが優しくて、実はものすごく気配りをしている男性が多いです。周りの事をよく見ているからこそ、上に立つことができ、プライドをもって行動できます。ドS男子は頭がよく、行動力があるという人も多いです。

付き合っていく中で「もう・・・」と思う事もあると思いますが、苛め抜いておいて最後にものすごくやさしいという恋愛の中でのギャップを見せられると、相手の魅力に夢中になるでしょう。いじめられることが快感となる方もいます。

特に自分がドMだと理解されている方はこういう彼から離れることが難しくなるでしょう。