彼氏とうまくいかない・・・ついついとってしまう行動と打開策まとめ

彼氏とうまくいかないという時期はどのカップルにもあることですし、それを乗り越えて強く結びついていくのですからむやみに怖がる必要はありません。でも、彼氏とうまくいかない状態が継続するとなると、それが別れにつながる可能性も出てきます。彼とうまくいかないという時に打開策となる方法、またうまくいくための方法を探ってみます。

彼氏とうまくいかない時のあるあるエピソード


なんだか最近うまくいっていないと思う彼氏とうまくいかない時のあるあるエピソード、みなさんもきっとあるあると思う事があると思います。いつもうまくいっているという状態はどちらかが無理をしているのでは?と思ってしましますが、いつもうまくいっていないというのも問題です。

顔を合わせるたびに口喧嘩

彼が好きなのにどうしても顔を合わせて会話するごとにケンカになってしまう…そんなつもりは全くないのにと思っている彼女も多いでしょう。いつも口喧嘩となっているといつか爆発して、大きな喧嘩になることもあるので、小さいうちにその先に進まない努力が必要かもしれません。

彼が無関心、または異様に束縛してくる

大好きな彼が自分に無関心で、友達と飲みに行くといっても同僚と飲みに行くといっても全く心配もしてくれない、逆に、同僚で女性だけの飲み会なのに束縛が激しく参加させてくれないという彼もいるようです。こうなると自由な事が何もできないという事になるので付き合っていても楽しくありませんし、お互いにつかれてしまいます。

SNSでネガティブ発言連発

SNSでお互いに相手についてネガティブ発言をしている状態になると、周囲も心配しますし、今に大きな喧嘩になるか、そんなことをいうやつとは付き合っていられないと別れることになります。ただ何となく「あいつといてもつまんないし」とか「どうでもいいってどういうこと?」とつぶやいただけ・・と思っていても相手からすると、どうしてこんなことを書くのか?意味が解らないと怒ってしまう事もあります。

彼氏とうまくいってない人がよくやる行動


彼氏とうまくいっていないと、彼が何か悪い事をしているから不機嫌になるんじゃない科とか、妙に勘ぐってしまい浮気しているのかも?なんて妄想してしまう事もあります。彼氏とうまくいっていない彼女がしてしまう行動は、時にこれが別れになってしまう事もあるので、行動は慎重にすべきです。

彼氏の粗探し

彼の事が好きなのに、喧嘩ばかりしているとどうしても彼の悪いところばかりが頭に浮かんできます。こういう時に優しくしてほしいのにまったく優しくしてくれなかった、誕生日を覚えていなかったし、記念日も全く覚えていない、デリカシーがないし・・・と悪いところばかりを探しても気持ちが晴れることもありません。

こういう時にはこういう事があるけれど、こういう優しい面ももっているんだよねと、彼のいいところを頭に思い浮かべる、優しくされたこと、嬉しかったことなどを思い浮かべてみると怒りも消えていくものです。

過去の彼氏と比べて非難

これは絶対にしてはならないことだとお澪いますが、元彼と比較してもっと優しかったとか自分を大切にしてくれたり、どんなに遅く手も迎えにきてくれたなんて言ってしまう事もあります。

元彼の話題は彼にとってとても嫌な事で、もし逆に元カノはこうだったんだよねといわれたら、かなりショックを受けることになると思います。昔の事は昔の事、別れた相手の事を持ち出して今の彼を非難するのは絶対によくないことです。

自分中心で彼の考え方や行動を非難

自分だって勝手な事をしたし、彼に内緒で合コンに行ったなどもあるのに、それをさておき、彼の事だけを非難する、自分勝手な考え方はいつか意思が通じなくなります。自己中心的な考え方で彼の行動を非難したり、それはよくないと否定するという事は彼にとって、こいつ最悪だと思わせることにつながります。

なぜ彼氏とうまくいかないのか?その原因は?


どうしてあんなにラブラブだったのに今こんなに喧嘩が多くなってうまくいかなくなったんだろう?と考えていても仕方ありません。彼と喧嘩ばかりになった原因、上手くいっていない原因がどこにあるのか?今までの自分の事、彼とのことを思い出して考えてみることも必要な事です。

本音でコミュニケーションできてない

彼の事が好きという気持ちが強いあまり、本音で話をすることが出来ず思っていることを心に秘めたままにしてしまうので、ある時それが我慢できなくなりいらぬこともいってしまうという事もあると思います。

いつも彼を信頼し、こういう事を言ってもきっと受け止めてくれる、わかってくれると思っていれば、本音で常にコミュニケーションができ、我慢の限界になったり、気持ちが爆発して止められなくなるという事もないでしょう。

単純にマンネリになっている

お付き合いも長くなっていくと次第にマンネリ化するというのも付き合っていく上で問題になることですが、長く付き合っているカップルというのは、常に新鮮な事を行う努力をしています。映画デートの次はスポーツ観戦もいいね、たまには彼女が好きなこういう事もしてみよう、これも楽しそうと一緒に過ごす時間を無駄にしない努力をしているのです。

カップルは最初こそ好きな相手と付き合えたことで幸せいっぱいになりますが、次第にお互いに自分のものとして認識し始めると思いやりをなくし、一緒にいる時間が尊いものだという事を忘れてしまうのです。

そもそも性格や価値観が一致していない

元々家族ではないので一緒に過ごしてきた時間が少なく、家族の様に同じ物が好きだったり、同じ傾向をもっているという事もありません。同じ趣味を持っていてそれでカップルになったという場合には、価値観等も近い事がありますが、それでも全く同じ価値観という人間は少ないでしょう。

価値観も性格も生きてきた過程も違うという事を認識しておかないと、その考え方は違うと思う事が多くなり衝突回数も増えるのです。衝突回数が多くなるとそのうち、本当に好きなのか?と疑問も多くなり、別れにつながる事もあります。

彼氏とうまくいかない時にチェックしておきたいこと


彼とうまくいかない時、それがどうしてなのかわからないという時、チェックしておきたいことがあります。彼の事をしっかりと考えて、自分の今までしてきたこと、言動などもチェックしてみると悪いこと、良くなかったことなどが客観的に見えてきます。

彼の立場に立って考えられていますか?

彼もそうですが、上手くいかなくなったカップルはたいてい、相手の事を思って物事を考える力を失っています。長く付き合う事で相手に遠慮することも少なくなり、相手がこういう事をされたら悲しむ、こういう事をされたらいやだろうなという事を考えられなくなっているのです。相手の立場になって一歩踏みとどまり考えてみる事が必要でしょう。

彼に依存、執着しすぎていませんか?

彼に依存しすぎていると、あれをしてくれないこれもしてくれない、私がこんなに尽くしているのにという気持になります。彼の方も依存されて疲労し、何でも俺に依存して一人で何もできないの?とあなたとのお付き合いを見直した方がいいかもしれないと考えているかもしれません。相手に執着しすぎているとどうしても文句が多くなります。

理想の彼と現在の彼とのギャップが激しくないですか?

理想の彼氏というのは誰にでもいると思いますが、その理想の彼と今付き合っている彼があまりにも違い過ぎて、私の理想の彼ならこういってくれるはず、理想の彼ならこういう事をしてくれるのに・・と夢見る夢子ちゃんになっていることもあります。理想の彼と今の彼とのギャップが激しいと、不満が多くなり、理想の彼なんていないのに、その人がいたらこういう風にしてくれるのにと彼に対する不満が大きくなってしまうのです。

彼氏とうまくいかない時に有効な対処法


彼が好き、この気持ちには嘘がありませんし、ずっと付き合っていきたいと思っている、でもこのところ全くうまくいっていないし、デートしても喧嘩別れになることが多いという場合、彼とうまくいかない原因をしっかり考えて、二人で対処していくことが重要です。

片方が修復したいと思っていても、相手が全くこころみないこともありますが、その場合でも、あなたの本音をしっかり話し、これからも仲良く付き合っていきたいと会話してみることが大切です。

まずは率直に本音で話しあってみる

コミュニケーションをしっかり取っているようでも、実は本音で話が出来ていないことも多くこれは、カップルだけじゃなく、夫婦にもいえる事です。本音で話をする、その上で彼がどう思っているか話をしてくれることで、誤解していたこと、思い込んでいたことなどを自分で知ることになるかもしれません。

クールダウンも大事

彼と本音で話し合っても結局ケンカ状態になり、お互いにこのままでは嫌いになってしまう、好きな部分が見いだせなくなる・・と思う時、思い切って連絡をちょっと控える時間を作るとか、少しの間距離を置いて、二人の事を改めて見直してみることも必要です。

いつもある連絡がない、距離を置くことで相手が必要だったという事もわかりますし、一人でいるさみしさなども感じ、お互いに大切な存在であると認識できることもあります。これで別れになることもあるかもしれませんが、ずっといさかい続き、上手くいっていないうやむやな状態が継続するよりスッキリするという人は多いと思います。

残念ですけれど…さよならが最終手段です

こうした冷却期間などを置いてもお互いに気持ちがすれ違い、相手の事を思いやる行動や言動が取れそうにないという場合、長い付き合いだから別れにくくなっている、また気持ちが離れていることに気が付いていながら執着してきたという状態です。

思い切ってさよならすることが二人の将来の為にもいいことだと判断するカップルもいるでしょう。ただお互いに腹を割って話をして、思い切り言い合って思っていることを理解したうえで、二人で別れという結果を出せたなら、次の恋に進むこともできると思います。

まとめ


上手くいっていないから別れると簡単にいけばいいのですが、お互いに好きなのにうまくいかない状態では、別れるのは無理、でも今の状態に納得できないと、心の中がスッキリしない状態が継続し、お互いに苦しいと思います。

相手の事を思いやり、相手の考えていることを逆だったら?と考えてみると、言い方が悪かったと反省出来たり、もっと歩み寄れたのにと後悔することもできると思います。反省、後悔が出来たなら、彼の事を思いやる気持ちをもって対応して行くことで、少しずつ状況が変わっていくでしょう。