彼氏とうまくいかない女性必見!うまくいかない原因と対処法

目当ての男性と気持ちが繋がり、見事カップルになれた、とはいえ、常に円満な関係を続けられるとは限りません。むしろ、ケンカやすれ違い、嫉妬などが日常的に巻き起こるのが当たりまえでもあります。そうした困難を乗り越えてこそ、初めて長続きするカップルになれるというものです。

そこで今回は、

  • 彼氏とうまくいかないと感じるとき
  • 彼氏とうまくいかない原因
  • 彼氏とうまくいかないときにやりがちなNG行動
  • 彼氏とうまくいかないと思ったときの対処法

と、彼氏とうまくいかないとき、どのようにすれば良好な関係に近づけるのかを特集しました。

喧嘩が絶えず精神的に参っている、仲が良かった付き合いたての頃のような関係に戻りたい、そんな人が参考にできる情報となっているでしょう。彼女が彼氏とうまくいかない原因例と対処法について、まとめました。

彼氏とうまくいかないと感じるのはどんなとき?

常に順調な関係で彼氏と付き合い続けるのは、難しいことです。

さまざまな要素が伴うことで、距離が生じてしまうためです。主には、以下のようなケースが挙げられるでしょう。

喧嘩が増えたり長引いたりしたとき

やはり代表的なうまくいかないケースとしては、喧嘩が挙げられます。些細なことで腹を立てたり、浮気問題が起こったり、だらしなさが気に食わなかったりと、男女で付き合う上では、喧嘩の原因になる要素も少なくありません。

最初は気にならなくても、長く一緒に居続けることでほんの些細なことまで気になりやすくなってしまいます。さらには、そんな喧嘩が長引こうものなら、お互いの相性さえも疑うようになってしまうでしょう。

すれ違いが増えたとき

付き合い始めの頃は、お互い気持ちも高まっており、デートも頻繁におこなっていたでしょう。ですが、立派な大人ともなれば、常に男女関係に力を注ぐわけにはいきません。仕事であったり人間関係であったりと、お付き合い以外の面にも目を向ける必要があります。

そんなせわしなさから、徐々にデートをする回数が減ってきてしまうかもしれません。すれ違いが起こると、日に日に距離が離れて、カップルとしてうまくいっていないような気持ちになるでしょう

気まずい沈黙が増えたとき

会話が弾まなくなったときも、関係性の不調を感じる瞬間です。お互い気の知れた仲ですから、普通に考えればリズムよく会話が弾みそうなものです。

ですが、お互いへの興味の薄れや、マンネリ、勘違いの積み重ねなどにより、スムーズなコミュニケーションが取れなくなることもあります。結果、二人きりでいるときも気まずい沈黙が増えてくるのです。

一緒にいて楽しいと思えないとき

一緒にいて楽しい、相性の良さを感じられた、支え合いながら生きていけそう、そんな風に思ったからこそ、お付き合いを始めたはずです。

にもかかわらず、一緒にいて楽しいと思えなくなった場合、自分にはもっと理想的な別の相手がいるかもしれないと思えてくるかもしれません。これもまた、マンネリ関係の一つに挙げられる例でしょう。

会話がかみ合わず分かり合えないとき

お互い同じ熱量で愛し合っていれば、自然とスムーズな会話が成立します。ところが、仕事やプライベート、別の異性など、他のことに気持ちが向いている場合には、会話が噛み合わなくなってしまうこともあります。

そんな状況が起こると、相手が言葉にしなくても、あまり自分は大事にされていないのではないのだろうか、そんな風に思えてくるでしょう。最終的には、会話が噛み合わないどころか、お互いの気持ちさえ分かり合えなくなってきます。

異性としてときめかないとき

長く付き合いを続けていると、徐々に慣れが生じてきます。それはある意味、二人でいるときの居心地の良さが高まっているともいいかえられるでしょう。ですが、その度合いが過ぎてしまうと、相手を異性として見られなくなる場合があります。

お互い分かり合えている中とはいえ、異性として魅力を感じなければ、カップルのモチベーションを維持することは難しくなってきます。この場合も、やはりうまくいってないように思えてくることでしょう 。

彼氏とうまくいかない原因

上記のように、彼氏とうまくいかなくなるのはどういった理由が伴っているからなのでしょうか。主には、以下の理由が考えられるでしょう。

コミュニケーション不足

彼氏彼女という関係にあったとしても、コミュニケーションが希薄だと徐々に心の距離が開いていきます。

仕事で忙しかったり、会話をないがしろにしていたり、スキンシップが足りなかったりすると、そういった状況に陥りやすいです。普段から、お互いを思いやる気持ちを持ち続けることが大切です。

そばにいて当たり前というマンネリ感

前述まででも何度か触れていますが、カップルがうまくいかなくなることにおいて、マンネリが影響してくることが少なくありません。

一緒にいることが当たり前になる、毎回同じようなデート内容に飽きを感じる、関係性に変化がない、そんな状況が影響して生じる感覚です。

愛情表現のずれ

同じ愛情表現であっても、やり方や想いのレベル、方向性などによってはすれ違いが生じる場合もあります。

例えば、片方は心の関係を重視している一方、もう片方は体の相性に力を注いでいる、自分は明るく楽しい会話を良しとしているけど、彼氏は落ち着いた大人なコミュニケーションに期待している、そんなずれが挙げられます。

価値観のずれ

カップルが別れに至る原因として、価値観のずれや違いがよく挙げられるでしょう。同じものや事柄でも、人によって感じ方はさまざまです。

その感覚の差が大きいと、一緒にいて居心地が悪く感じられてきます。愛や家族、夢など、重要な意味を持つものの価値観にずれがあると、特に問題化しやすいです。

彼氏とうまくいかないときにやりがちなNG行動

彼氏とうまくいっていないと感じたら、何とか状況を改善しよう、そんなふうに意気込むことでしょう。ですが関係修復において、やってはいけないことも存在します。

良好な関係に戻りたいからといって、ただがむしゃらに頑張ればいいというわけでもないのです。

相手を自分の価値観にはめようとする

価値観の違いによって会話やコミュニケーションがスムーズにいっていない、そんな状況を改善したいからといって、相手を自分の価値観にハメこもうとするのはおすすめできません。

考え方を強制されることで、彼氏は窮屈に感じるでしょう。さらに心の距離を広げる原因となるかもしれません。

うまくいかないことの責任を一方的に責める

付き合い始めの頃は、きっとお互い愛し合っていたことでしょう。にもかかわらずうまくいかなくなるということは、何らかの原因があったからに違いありません。

ですがその時、一方的に彼氏の側に責任を押し付けるのはNGです。取り返しのつかないような、大喧嘩の原因となってしまうかもしれません。

しつこく連絡をとろうとする

デートの回数が減った、会話が少ない、スキンシップが物足りない、そんな状況を改善したいからといって、しつこく連絡を取ろうとはしないようにしてください。

相手はしつこさから、あなたに対して重たい、面倒くさいといった感覚を覚えるかもしれません急にではなく、徐々に距離を修正していくことが大切です。

他の人に逃げる・浮気する

特にやってはいけないない方法として、これらが挙げられるでしょう。うまくいっていないカップル関係に、不安や寂しさを感じると、他の人に逃げたいという思いも強くなるはずです。

ですがそれでは、何の改善にもなりません。お互いが向き合って、しっかり話し合ったり距離を縮める努力をするようにしましょう。

彼氏とうまくいかないと思ったときの対処法

うまくいかなくなった彼氏との関係は、どうやって対処すべきでしょうか。

前述で紹介したNGのやり方を避けつつ、以下のものを実践してみてください。

とことん話し合う

シンプルですが、とことん話し合うという方法が効果的です。話によって原因を見つけ、そして対処方法を相談できるでしょう。

また話し合い自体も、希薄になっていたコミュニケーションを解消する有効な手段になるため、うまくいくきっかけとなるかもしれません。

第三者に相談してみる

一度カップルとしてうまくいかなくなってしまうと、なかなか面と向かって話す機会を作りにくいでしょう。そこで、信頼できる第三者に相談してみてください。

共通の知人や親戚、また職場の上司や学業における恩師などの自分たちより人生経験豊富な人に頼るのも良いでしょう。第三者が加わることで、話し合いを円滑化させられるかもしれません。

2人で新しいことに挑戦してみる

これは特に、マンネリ関係が原因となっているときに効果的でしょう。会うたび、同じようなデートコースや会話になることにうんざりしている、そんな場合、新しいことへの挑戦がおすすめです

このとき、二人で共通のことに挑戦するというのがポイントです。同じ目標に向かって二人で一から頑張ることで、新鮮な感覚を得られます。

思い切って距離をおいて冷静に考えてみる

うまくいっていないときは、もがけばもがくほどより一層悪い方向に進んでしまうことも少なくありません。良かれと思っておこなったことが相手を怒らせたり、相手の何気ない仕草にいら立ちを覚えるなど、自然なコミュニケーションができない状況になっているためです。

そのため、思い切って一度距離を置くというのも一つの方法です。しばらく会わない、メールやSNSで連絡を取らないなどして、気持ちを入れ替えましょう。

辛くても別れる選択をとるのが前向きな場合もあり

うまくいっていない関係性に対する解決策は、必ずしも改善するとは限りません。うまくいかない状況が深刻である、一緒にいて辛い、時間がかかりそうといったときは、別れるという選択肢が理想的になるかもしれません

窮屈な関係性から離れ、お互い別々の道を進むことによって、それぞれが今以上に幸せになれる場合もあります。

まとめ

うまくいってないカップル同士で付き合い続けるのは、精神的に大変でしょう。今回記事内で紹介したコツを使って、理想の関係に戻れるよう工夫してみてください。

自分たちだけで解決しようとすると、意思疎通がうまくいかずなかなか改善に繋がらないかもしれません。ですがこれらのおすすめ方法を活用すれば、比較的スムーズにいくでしょう。