危険日・安全日っていつなの?知っておきたい自分のカラダの事

女性は思春期を迎えると初潮がありそれによって子供を産むことができる身体になり、将来、愛する人と結婚して子供が生まれ、幸せな家庭を築くのだ・・・と何となく夢をもっている人もいると思います。思春期を迎えて初潮があり大人の身体になってから、好きな人が出来てその人と深い関係になると心配しなければならないのは妊娠です。

結婚する予定がある上体、年齢でご両親もおめでた婚として認めてくれる状況にあれば問題ありませんが、まだ学生さんだったり、結婚できる状態になければ喜ばれる妊娠とはなりません。堕胎となると女性の身体の大きな負担をかける事にもなるので、避妊をしっかり行う事と、危険日、安全日をよく理解することが必要です。

危険日・安全日って何?


妊娠する可能性がある日を危険日、妊娠する可能性が低い日を安全日といいますが、安全日であっても100%妊娠しないとはいえず、安全日でもしっかりと避妊する事が必要です。

安全日だからといって避妊せず性行為をした場合、のぞまない妊娠となってしまう事もあるので、危険日や安全日を理解することと、妊娠を望まない場合には必ず避妊をすることが必要となるのです。

卵子が卵巣から出てくる排卵の時期を計算することで排卵日を基準とした危険日や安全日を予測できますが、あくまでも予測です。この計算によって完全に妊娠しないとは限らないと女性、また男性も深く理解しなければなりません。

もっとも妊娠しやすい期間

危険日というのは妊娠しやすい期間を指し、一般的には排卵が始まる3日前から排卵が起こった翌日までを言います。

排卵期であり排卵が起こるその日だけが危険日という事ではなく、その周辺が妊娠の可能性が高い期間となりますので、妊娠を望む場合、この期間中に性行為を行う事がのぞまれますが、妊娠を望まない場合には、この期間に性行為をすることが危険とされ、危険日というのです。

排卵日の前後数日

排卵日の前後数日、この期間は一般的に危険日とされるため、妊娠を望まない場合、性行為をしないほうが安全といえます。

避妊をすれば大丈夫という方もいますが、万が一コンドームに破損があったり、つける時に傷つけていてその穴から漏れ出すという事もありますので、完全に安全という事になりません。リスクを軽減させるためには、自分の排卵がいつ起こるかという事を把握しておくことが必要です。

排卵して約12時間~36時間の間

生理が開始されてその後14日で排卵が起こるという方の場合、通常その14日目の朝排卵が起こるとして、その後、12時間から36時間の間、卵子が生きている期間と考え、最長14日目の朝から16日目までは妊娠の可能性が高くなると考えたら、この期間が危険日です。

安全日は17日目あたりに卵子の寿命が終了したと考えてそこから安全日になると計算します。ただ女性の体の状態により排卵がずれたり、生理日がずれるという事もあるので、この安全日、危険日というのは完全な事ではなく、あくまでも予測という事になり、安全日だからと安心して性行為を行い妊娠したという例もあるので、避妊、また性行為を避けることが大切です。

危険日・安全日を知る方法


危険日や安全日を自分で理解しておくことで、のぞまない妊娠のリスクを軽減することはできますが、女性の体のことなので、完全に安心という事はありません。あくまでも理論上、安全、危険という計算ができるという事なので、リスクの回避のために必要な知識だとしても、避妊を必ず行う事、確実にするためにはその間性行為をしないことがもっとも危険を回避する方法となることは忘れないようにしてください。

基礎体温を付ける

生理も排卵のタイミングも必ず一定になるとは限らず、周期によりずれることもありますし、その女性の体調によって大きく変わることもあります。そのため、より正確に排卵日を計測していきたいという場合、基礎体温を記録する事がのぞまれますし、プラス、排卵検査薬、排卵チェッカーなどを利用することがのぞまれます。

基礎体温は毎朝、起きてから体を起こす前に婦人体温計によって図る事が必要で、通常の体温計の場合、微妙な体温の変化を理解することが出来ないので、婦人用の体温計を準備し計測するようにします。

データをみてみると、低温期、高温期があり大きく二相に分かれることが理解できるともいます。低温期の終わりくらいになるとガクッと体温が落ちる日があり、この日が排卵日とみる事が出来、この体温がガクッと落ちる日に排卵があったとして、その日から2~3日くらいが危険日となります。

生理周期で計算する

生理の周期によって危険日、安是日を計算することもでき、この生理周期というのは、生理が開始された日から次回の生理開始予定日の前日までの日数の事を指しています。生理周期は人によって違いがあり、27日くらいから30日くらいと開きがありますので、まずこの周期の感覚を理解することが必要です。

生理周期が27日という人の場合には、次回生理開始予定日の「およそ14日前」くらいが排卵日と予測でき、その日から2日、3日程度、排卵日の翌日位までが危険日と計測できます。この場合、排卵日は前回の生理が始まった日からおよそ13日くらいとなりますので、危険日は前回の生理が開始された日の10日から15日後あたりと予測できます。

しかし忘れてはならないことが、生理についても排卵についても、このタイミングが女性の体調等によって大きくずれ込むことがあり、計算しておよその予測をつける事が出来ても、自分の計算で正確な予測は無理という事です。正確に排卵のタイミングなどを理解したい場合には、排卵チェッカーを利用し正しく計測することが必要です。

この計測によって安全日や危険日がわかっても、避妊は必ず行う事が必要ですし、避妊については男性にも真剣に向き合って確実に行ってほしい事をカップルで話会っておくことが重要です。

排卵チェッカーを使う

排卵チェッカーというのは排卵日を計測できるもので、尿で調べるものと唾液で調べるものがあります。排卵の直前、女性の体からは卵胞を刺激し排卵を促すホルモン、黄体化ホルモン(LH)の分泌量がかなり多くなります。

尿によってチェックする種類の場合、分泌量が急激に増加する黄体化ホルモンの濃度の濃さを確認し、排卵日を予測するというものです。唾液で調べるタイプのチェッカーはガラスに唾液を塗り付属の顕微鏡によって観察し、唾液の中に排卵日近くに出てくるシダ状の結晶を確認するというタイプです。

結晶が出来ているかどうかを確認して排卵日を予測するものですが、見方にコツが必要で慣れるまでちょっと時間がかかります。尿によってチェックするタイプは使い捨てですが、唾液内の結晶を調べる唾液によるチェッカーは、電池を交換することで何度も繰り返し利用出来るタイプです。

はっきりと誰でも見やすいとなれば尿の方のチェッカーですが、利用するたびに費用がかかるというデメリットがあり、唾液の方は何度も繰り返し利用出来るけれど、結晶を確認することにコツが必要というデメリットがあります。

危険日・安全日を知るおすすめ計算アプリ


最近は色々なアプリが登場し、便利に利用されている方も多いと思いますが、妊娠について危険日、案前非を計算できるアプリも登場し、利用されている女性も増えています。ルナルナやラルーン等、色々なアプリがりますが、それぞれに特徴を持っているので、自分が使いやすくわかりやすい物を選択してのぞまない妊娠の回避、また結婚されてお子さんを臨む方の排卵日計測などに役立ててほしいです。

ルナルナ

ルナルナは女性の身体について管理できるアプリで多くの女性が利用している知名度の高いアプリです。生理予定日、排卵日予測など体の事、また心の状態を知ることのできるアプリで、のぞまない妊娠を避けるという事に利用される方もいますし、生理周期に合わせて美容面を考えたり、ダイエットについて理解するなど、様々な情報を得ることもできる有能なアプリです。

カレンダーで確認でき、3ヵ月先まで生理日の予測、スケジュールを理解でき、365日、今あなたの心や体がどのような状態なのか理解できるというものです。

ラルーン

生理日を予測したいという人や生理の管理を簡単にアプリで確認したいという人、体調管理や妊活に利用する人、のぞまない妊娠を避けるという目的で利用されている方が多いのがラルーンというアプリです。

次の生理日の予測、排卵日の予測、また妊娠しやすい危険日や妊娠しにくい安全日を理解できるとして人気があります。妊娠を希望されている方、妊娠を望まない方にも利用出来ますし、妊娠中の赤ちゃんの事をチェックしたいという場合にも、様々な情報を教えてくれるアプリで、基礎体温管理や排卵日予測によって女性の妊娠に対する管理ができます。

妊娠・生理・排卵日予測のグラフアプリ~基礎体温ツール~

多くの女性が利用している大人気グラフアプリ「~基礎体温ツール~」は簡単な操作で女性の基礎体温グラフを作成したり、生理、排卵日の予測ができ、妊娠したい人にも避妊したい人にも人気となっているアプリです。

グラフを作ることで体温の変化などを目で見て確認することができますが、この基礎体温グラフを作りたいけれどどうすればいいかわからないという人でも簡単にグラフ化できます。数字入力なしでグラフをタッチすることで記録できるという簡単操作が人気で、入力が面倒で継続できなかったという人でもずっと継続できるアプリとして認知度が高まっています。

コウノトリ

避妊についても妊娠についても彼、パートナーに理解してほしいという女性は多いのですが、彼に女性の身体についてしっかり理解できるアプリとして人気となっているのが、コウノトリというアプリです。

生理日や排卵日を予測でき、基礎体温の管理やグラフを簡単に確認でき、妊娠しやすい日をカップルに知らせてくれるという機能を持っています。排卵日や妊娠しやすい日、生理予定日を予測し、基礎体温やグラフ管理についても無料で利用できます。

生理日や生理周期を入力するだけという簡単な操作で、体調管理に利用する女性も多く、メッセージ機能を利用することで彼、夫にも大切な日を知らせる事が出来ます。妊娠を希望されている方は排卵日に彼に知らせて性行為のタイミングを確認できますし、妊娠しやすい日、性行為を避けたいという場合にも、パートナーにメッセージとして知らせてくれるので、彼にいいにくいという方も便利に活用されています。

Clue

生理サイクル予測アプリ「Clue」は月経トラッカーというアプリで、女性の健康管理に一役買ってくれるアプリとして人気があります。科学的なデータに基づき、月経周期の傾向を理解したいという女性の見方になってくれます。

次の生理日の予測、月経症候群「PMS」の日や妊娠しやすい日をリマインダーの通知によって知らせてくれるので忘れていた・・・という人にも安心です。また性行為の記録、痛みや気持ちなどの記録も簡単で、パートナーとつながる事で、妊娠や月経についてお互いに理解できるというアプリです。

「危険日」「安全日」の間違いやすいポイント


危険日や安全日を知る事は、女性が自分の生理周期を理解すること、また排卵日がいつなのかを予測し、気持ちのコントロールなどにもつながります。

生理前になると気持ちが不安定になったり、頭痛などの身体的症状が起る月経症候群についても、アプリなどを利用し予測することで、今日は気持ちが落ち込みやすい日、頭痛が起るかもしれない等予測できます。

危険日や安全日を理解することが女性の体、健康にとって重要な事となりますが、危険日や安全日について間違った知識を持っていると、のぞまない妊娠となってしまう事もあります。危険日や安全日について女性も男性も間違いやすいポイントを理解し、のぞまない哀しい妊娠を避けるためにもしっかりと考える事が必要でしょう。

安全日=絶対妊娠しない日ではない

安全日というと女性によっては性行為を行っても絶対妊娠しない日と考えている人もいますし、今までこの安全日に妊娠したことがないから避妊しなくても大丈夫と思っている人がいます。

これは大きな間違いで、安全日であっても確実に妊娠しない時期にはなりませんし、今まで安全日に性行為をして妊娠しなかったとしても体調の変化などで排卵日がずれることもあるので、確実に妊娠しない事はないと考えなければなりません。

人によって違いが大きい

生理がかなりずれてしまう人もいますし、排卵が周期によって必ず起こる人と起らない人など、人によって生理、排卵等はかなり違ってきます。またストレスを感じていることが多く仕事が忙しい、食事が安定していない、またダイエットなどを行っていることで生理が止まる人、周期がおかしくなる人もいて、この場合、排卵日も大きくずれるので、人によってこの時期がずれることもあるという事を認識しておくべきでしょう。

ストレスなどで大幅にずれることもある

生理についても生活環境が大きく変わりストレスを感じることが多かったり、仕事、またプライベートの中で大きなストレスを受けることでホルモンバランスが狂い、生理が大幅にずれることもあります。ストレスなどの精神的要素によっても女性の身体はズレが生じる事があるという事も、男性、女性共に認識しておいてほしい事です。

生理周期を知ることのメリット


生理周期を理解することは望まない妊娠を回避する方法ともなりますし、逆に妊娠したいと熱望している方にとって、妊娠しやすい時期を探る手段として必要な事です。生理周期を理解しその周期を彼と共有することで女性の身体の状態を考慮した毎日を送る事が出きますし、不調の原因がわかったり、生理周期によってダイエットの計画を考える事も出来ます。

彼氏と避妊について話し合える

彼と避妊のことについて話し合うなんて恥ずかしいと思っている女性もいますし、話しにくいと思っている方もいますが、妊娠してもいい状態ならまだしも、妊娠を望まない状況にある場合、彼にとっても重要な話し合いになることは間違いありません。

生理周期を女性がしっかり把握し、アプリなどを利用することで彼にメッセージとして生理について知らせる事が出来るので、こうしたアプリを利用する時に、妊娠、避妊等についてしっかり話し合っておくことも必要です。

お泊りデートの日を決めやすい

お泊りデートの約束をして楽しみにしていたのにその日に生理がぶつかったとなると、カップル共に気分がガタ落ちです。女性は生理で体調が悪くなりますし、男性としても甘い時間が過ごせないという残念な気持ちになるかもしれません。

生理周期を把握しておけば、お泊りデートにぶつからない様にスケジュール調整が出来ますし、体調が悪い時に無理をすることも無くなります。

不調の原因がわかる

どうして不調なんだろう?風邪を引いていることもないし・・・と体の不調が気になる時でも、病院にいって全く問題ないという場合、生理前で月経症候群が発生しているという事もあります。生理周期を理解していれば、そろそろ体調が悪くなるなと予測でき、彼とのデートをずらすとか疲労する行動を避けるなど対処できます。

ダイエット計画が立てやすくなる

生理中はダイエットしても成果が出ることがなく、ダイエットしたいなら生理周期を考慮した計画を立てる方が痩せやすいし、本人も苦労が少ないといいます。生理が終わって身体が落ち着いてからダイエットを開始、生理が近づいたら体調を考慮しながらダイエットの方法を変えるという事も出来るでしょう。

まとめ


避妊ということについて以前よりもずっと、男女で考えるようになっていますが、それでもまだ、避妊をしっかり行ってくれない男性もいます。

でものぞまない妊娠をして身体に負担を掛けるようなことがないようにするためにも、危険日、安全日の正確な把握、それを彼、パートナーにも理解してもらうことが重要です。妊娠を考える時期になっても、この知識を持っていることで妊娠しやすい時期を選び性行為を行い計画的に子育てを考えていくことができるでしょう。