彼氏がかまってくれない時の心理。でも実はいい彼氏のサイン?

彼氏がかまってくれなくてさみしい…。どうして彼氏は自分に構ってくれないのか、悲しくなってしまう彼女も多いですよね。彼氏が構ってくれない理由は、こんな所にあるかもしれません。

かまってくれない彼氏にありがちなエピソード

彼女よりも仕事を最優先

彼女とデートをするよりも仕事を優先してしまう系彼氏は、構ってくれない傾向があります。仕事仕事、とにかく仕事で、デートの約束をしていても、休日出勤のお誘いなどがあれば、すぐに仕事に出かけてしまいます。

LINEの既読無視は当たり前

色々と忙しく、後からLINEを返そうとした結果、既読スルーをしてしまう系男子は少なくありません。基本的に既読無視がデフォルトな傾向がありますので、やきもきしても仕方がありません。LINEの既読無視をしていても、別にあなたの事が嫌いという訳でなく、しっかりと文章自体は読んでいるので、あまりネガティブにならない方が良いでしょう。

デートは家で寝てばかり

日々の忙しさで疲れてしまい、デートをするときは外に出るのでは無く、家で寝てばかりという彼氏は少なくありません。かまってくれない系彼氏の典型的エピソードで、彼女とデートをしつつも自分もゆっくり出来ると考えているので、基本的に本人は、充実したデートをしたと勘違いしています。

彼氏がかまってくれない場合の対処法

ストレートに気持ち伝える

彼氏が構ってくれないときには、素直に自分の気持ちを伝えるのも1つの手です。さみしい気持ちや、もっと一緒に居たい、もっと連絡を取って欲しいという気持ちをはっきりと伝える事で、関係性が変わって来る場合もあるでしょう。

ただし、感情的になるのではなく、あくまで冷静に話をすることが大切です。責めるように話をしてしまうと、相手も嫌になってしまうので、甘えるように伝えると、上手く伝わる傾向があるでしょう。

連絡を絶ってみる

かまってくれない男子は、どんなに自分が放置しておいても、自分の事を愛してくれると勘違いしている傾向があります。連絡を絶ってみるというのも1つの方法で、普段連絡をしてきてくれた彼女から連絡が来なくなり、やきもきして自分から連絡をしてくる男性も多いでしょう。

連絡をしない分、自分は自分で新しい事にチャレンジしてみると、楽しい時間を過ごすことが出来ます。自分と連絡を取ってくれないことに、彼氏が嫉妬してくれることも!

気遣いを見せてみる

かまってくれないことを直接責めるのでは無く、相手の立場に寄り添うようにした言動を心がけると、彼氏の考え方や気持ちを変えることが出来ます。例えばLINEを送る際にも、「仕事忙しそうだね」「体は大丈夫?」というように、ちょっとした気遣いを込めて連絡をすることで、彼氏も胸キュンする可能性があるでしょう。

彼氏がかまってくれない時の心理状況って?

純粋に仕事に追われている

彼氏の仕事があまりにも忙しいと言うとき、男性は基本的に器用な生き物では無いので、仕事は仕事と一直線になってしまうと、彼女への連絡を忘れてしまう傾向があります。彼氏自身はあなたの事を好きと思って居ても、心と時間の余裕が無いため、連絡1つ入れる事が出来なくなってしまうのです。

何かの悩みを抱えている

何か深刻な悩みを抱えていて、色々と考える時間が欲しいため、彼女に連絡を取っている余裕がなくなってしまい、かまってくれない男子が出来上がることもあります。悩みの内容は人それぞれですが、例えば、家庭の問題や仕事の問題、もしかすると二人の問題であることもありますので、時間が有るときに直接話をしてみると良いでしょう。

無理に悩みを話したくないという男性もいますので、無理強いする事はありません。悩みがあるのかどうか直接聞いてみて、何でも無いと隠すようであれば、そっと側に居てあげるだけでも、彼の力になれるでしょう。

趣味や遊びに没頭している

趣味や遊びに没頭するあまり時間が取れず、気がついたら彼女を放置している系の男性も少なくありません。趣味や遊びを最優先にしている為、彼女がおろそかになって居る場合は、自分も彼の趣味や遊びに参加してみると、彼氏との時間を過ごしやすくなるでしょう。彼氏によっては、趣味や遊びの領域に入ってきて欲しくないというタイプの人も居ますので、何と無くお伺いを立てるようにすることが大切です。

かまってくれない彼氏は実は「いい男」の証拠

甘えさせるだけの彼氏は危険

かまってくれない男子とは違って、何でもかんでも甘えさせてくれる系の男子に憧れる女性も多いと思いますが、実は、甘えさせるだけの彼氏こそ危険なものはありません。なんでも自分の言う事を聞いてくれて、どんどんわがままを聞いてくれますので、女性として、人としてダメな人間になってしまう可能性があるでしょう。

甘えさせるだけの彼氏は自分自身をダメにしてしまう可能性が有るため、余程自分を持って居る人で無いと、自分がダメになります。また裏を返せば自分を持って居ないという証拠で、優柔不断な傾向があるのが、甘えさせるだけの彼氏の特徴です。

彼女の気持ちに合わせすぎる男性は危険

自分の事を優先させがちのかまってくれない彼氏とは違って、彼女の気持ちに寄り添ってくれる男子に憧れを持つ彼女もいるかもしれませんが、それも間違い。彼女の気持ちに合わせすぎる男性は、非常に束縛が強く、自由な時間をもらえなくなる傾向があるでしょう。

彼女のことが一番、彼女が幸せになるために出来るだけ合わせるというようにするので、何をしだすかわからないような危うさをもっているのも、少し怖く感じるポイントです。

かまってくれて優しいだけの男は結局破局しがち

かまってくれて優しいだけの男だと、結局上手くいかずに、破局してしまう事も少なくありません。その理由は、あまりにも彼氏が自分を出さずに、彼女の言う事ばかり決めるため魅力が半減してしまうという点が大きな理由と言えるでしょう。

かまってくれて甘やかしてくれるような男性ほど、実は束縛も非常に強い傾向にありますので、かまってくれない彼氏の方が、何かと楽しく過ごす事が出来る傾向にあります。

まとめ


かまってくれない彼氏に不満を持っているという彼女は少なくありません。ですが、自分をしっかりと持って居たり、自分がやるべき事に一生賢明になっているだけと言っても過言ではありませんので、出来るだけ彼の負担にならないようにしてあげましょう。

また、構いたくても構えないほど仕事が忙しくてしょうがないというタイプの彼氏もいますので、何でもかんでも責めるような事をしてはいけません。かまってくれない彼氏と付き合う際には、自分の考え方を変えることで、自分自身も成長することが出来ますので、まずは彼に寄り添う所から始めて見ると良いでしょう。

ただ優しいだけの彼氏も、それはそれでつまらないと言えますので、色々と考える事が大切です。