これでさっぱり解決!顎にできたニキビの原因から対処法まで徹底把握

ニキビができるのは顔、背中、首など色々な場所がありますが、中でも顔に出来るニキビは目立ちますし、ニキビができやすい人は数も多く多くの方が悩んでいます。思春期のニキビの場合はホルモンバランスが大きく乱れる事や、ほこりなどが影響してできやすいニキビで、その時期を過ぎればよくなっていく人の方が多いです。

大人ニキビは思春期時期のニキビではなく色々な原因から出来るものですし、中でも顎ニキビについては、直りにくく、ふと触ってしまう事も多く治りにくいニキビといわれています。顎にニキビがあるとお化粧してもかなり目立ち、繰り返し出やすいともいわれています。厄介な顎ニキビの原因は何か、その対処方法やケアについて理解を深めていきましょう。

顎にできるニキビの原因


ニキビができる原因は様々ですが、顎は場所的に特有な理由をもっているといわれています。ニキビはホルモンバランスや食生活、生活習慣によって出来るといわれていますが、顎ニキビもそういった様々な事が原因となって起る事が多いようです。

治りにくく繰り返しやすいといわれる顎ニキビの原因について深く理解しておけば、その原因となることを避ける事が出来、また予防にも役立ちます。顎の周囲というのは他の部位と違い汗を多くかく場所ではありませんが、皮脂線が多い場所で、皮脂腺が多い事で皮脂分泌が過剰になるとすぐに毛穴がつまりますし、菌類が繁殖しやすいといわれています。

またふと手で触れてしまう場所なので、指先についている雑菌がニキビについて炎症を起こし、大きなニキビになることも多く、炎症が繰り返し起こりやすい場所ともいわれています。

顎ニキビが治らない原因って?重要なのはホルモンバランスだった!

人間の皮膚の中で、あごの部分は比較的皮膚が肉厚で、ニキビができた場合重症になることが多いといわれています。これはニキビが皮膚の…

ホルモンバランスの乱れが影響している


思春期は女子も男子も身体が大きく変化する時期で、女子は女性らしい体つきになり初潮も始まりますし、男子は男性らしくたくましい体つきになり、声変りなども起ります。

その時にホルモンバランスがどうしても乱れてしまうのでニキビなども出来やすくなるのですが、大人になってからできるニキビについても、ホルモンバランスの乱れによって起こる事が多いといわれています。

女性は生理の前になると頭痛や気持ちが落ち込みやすいなどの月経前症候群になる人がいますが、ニキビなども出来やすくなり、肌トラブルも生理前に多いという声を聞くことが多いです。

女性ホルモンはエストロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンとプロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンがあり、排卵に向かった子宮の壁を厚くする目的で分泌が多くなるのがエストロゲン、排卵が終わってから妊娠の維持させるために分泌が多くなるのがプロゲステロンといわれています。このプロゲステロンは皮脂分泌を活発にするという働きがあり、生理の前になるとニキビができやすくなるといわれているのです。

皮脂腺が多い顎の周囲は元々毛穴が詰まりやすく汚れやすい箇所なので、お肌を常に清潔に保つ必要がりますが、女性は生理前など、いつもよりも気を使って清潔を保つことが必要でしょう。また男性も女性もホルモンのバランスがストレスや何らかの要因によって崩れてしまうと、肌の新陳代謝が鈍くなりニキビについても治りにくくなるといわれています。

大人ニキビの原因!乾燥やホルモンバランス等!原因を把握して対策!

大人ニキビの原因は本当にいろいろありますが、例えばホルモンバランスが乱れたときに発症しやすいと言われています。この場合はホルモ…

ストレスがかかりすぎるとニキビができやすい

現代はストレス社会と呼ばれていますが、プライベートでもビジネスシーンでもストレスを受ける事が多くなっているといわれており、小学生でもストレスを受けている時代とされていますので、大人になってからストレスにより体調を崩す、お肌の状態が悪くなるという事も十分考えられます。

ストレスを受けると自律神経に乱れが生じますが、自律神経が乱れるとホルモンのバランスにも影響しホルモンバランスが乱れます。ストレスを受けると副腎皮質ホルモンのコルチゾールという成分が分泌され、身体をストレスから守ろうとします。

このホルモンは女性ホルモンのプロゲステロンと同じように皮脂分泌を活発にする作用をもっているので、これによっても、お肌トラブルが多くなるのです。女性も男性も女性ホルモン、男性ホルモンの両方を持っていますが、男性ホルモンが優位になると次第にニキビなどができやすくなります。

女性よりも男性の方が思春期ニキビに関してもひどくなりやすい、炎症なども起こしやすいといいますが、男性ホルモンが優位になるとニキビができやすくなることが原因となっています。男性ホルモンが優位になると、顔側面、口の周囲、鼻の下、それに顎の周りにニキビができやすくなるのです。

睡眠不足で疲れ気味だとニキビができやすくなる


睡眠不足が継続することでもホルモンバランスが乱れてニキビができやすくなります。午後10時くらいから午前2時くらいの間、成長期にあるお子さんに対して身長が伸びなくなるから早く寝なさいと注意する親御さんも多いと思いますが、この午後10時から午前2時くらいの時間帯、睡眠している間に分泌されるのが成長ホルモンです。

成長ホルモンは成長期のお子さんだけにみられるホルモンではなく、皮膚の代謝や髪の毛の代謝を促すために大人にも日々分泌されているもので、この間に睡眠をしっかりとっていないと、皮膚の代謝が悪くなり、結果、ニキビができやすく治りにくい、肌の防御反応なども鈍くなり、肌を守ろうとして皮脂分泌が過剰になりニキビの原因となるのです。

顎にできたニキビの治し方


顎に出来るニキビはとにかく治りにくく、それに繰り返し起こりやすいといいますし、女性の場合、お化粧でカバーしようと思っても、皮膚が薄い部分にできる顎ニキビはぼこっと目立ちやすく、頬のニキビよりもお化粧でカバーしにくいという特徴も持っています。ストレスがあるとニキビができやすいため、初デートで緊張しているとデートの当日に顎ニキビがぽつっと出来るなどという事もあります。

皮膚が頬とは違い薄い部分なので痛みを感じやすいですし、つい触れてしまう事も多いので顎ニキビは治りにくいといわれているのですが、顎ニキビが出来てしまった場合、ケアする方法や利用出来る市販薬などを理解しておくと炎症を広げず小さいうちに治療できると思います。

市販薬やサプリを使用して肌の状態を良くする


以前はステロイドなどが利用されている市販薬は全くなかったのですが、現在は極弱いステロイドを利用した市販薬も登場し、炎症を起こしている赤ニキビにも対応できるものがあります。

もちろん、ニキビをしっかり根本的に治療したいという場合には、皮膚の専門家の医師のところで治療してもらうことが望ましいのですが、忙しく働く現代の方々にとって、皮膚のトラブルで医師にかかることが出来ないという場合もあるかと思いますので、この場合、ニキビの状態にあった市販薬を利用してみましょう。

今はドラッグストアなどに薬剤師の方が常駐されていることが多いので、ニキビの状態を確認してもらって、その上でニキビに効果的なお薬や炎症を抑制してくれるお薬などを選んでもらってもいいと思います。

食生活が乱れて肌の新陳代謝に必要な栄養素を補給できていない人もいると思いますが、この場合、サプリメントなどを利用して食事に足りない栄養素を補ってもいいと思いますし、ニキビの抑制やニキビを予防する時に必要となるビタミン類などのサプリを予防的に利用してもいいと思います。

ニキビを予防するためには食生活を整える必要がありますが、それにプラスして、腸内環境を整えて便秘などのトラブルを極力少なくするという事も考える必要があります。便秘が継続すると腸内に悪玉菌が増加し、日和見菌も悪玉菌の影響を受けてしまうので、腸内環境がひどく悪化します。

食物繊維と乳酸菌などを食生活の中に積極的に取り入れる必要がありますし、乳酸菌、善玉菌類の餌となるオリゴ糖なども適切に取り入れていくと、腸内が善玉菌優位となり、日和見菌も善玉菌よりとなるので、摂取してみるといいでしょう。

食物繊維を取り入れる時に注意しておきたいことが、不溶性と水溶性の食物繊維があるので、水溶性を1、不溶性を2という割合で摂取することが腸内のよい環境に適切といわれています。不溶性食物繊維には、玄米やゴボウ、シリアルやココア、キノコ類などに含まれ、水溶性食物繊維を豊富に含むのはかんきつ類、リンゴ、海藻類、オクラなどです。

洗顔をした後には必ず保湿をして肌に潤いを保つ


男性も女性も、朝晩、洗顔をしっかり行っていると思いますが、正しい洗顔が出来ていない人も多いので、まずは正しい洗顔を覚えることが先決です。

洗顔フォームや石鹸の泡を丁寧に泡立てて生クリームのような弾力になったら、お顔にのせて指の腹を利用し、泡を皮膚の上で転がすように優しく、時間をかけて丁寧に洗います。
ごしごし洗ってしまうと刺激となってニキビを悪化させることになりますし、お肌は摩擦に弱いのでニキビができやすい土壌にしてしまう可能性もあります。

丁寧に洗顔が終わったらぬるま湯で泡が無くなるまでしっかりすすぎ、タオルで皮膚を抑えるようにこすらず水分を吸収させて洗顔終了です。洗顔の後には化粧水などで水分を補給する事が必要ですが、化粧水はたっぷり、コットンなどを利用する場合にはコットンで肌をこする事をせず、柔らかく敲くようなイメージでこすらずに水分を補給してください。

水分を化粧水で補給したら、その水分が肌から蒸発しない様に、乳液や美容クリーム、保湿クリームなどを塗ってしっかりとお肌に蓋をします。これによって水分が蒸発してしまう事もありませんし、美容成分もしっかり水分と共にお肌の奥に吸収されることになります。

水分を肌に入れておくことで、余計な皮脂分泌を抑制でき、お肌にニキビができる要素を減らすことができます。

皮膚科を受診してニキビの原因に合った処置をする

ニキビが元々できやすい人や、顎ニキビが繰り返しできている人、またニキビ跡を残すことなくきれいに治したいという人は、皮膚科を受診し皮膚の専門医師に診てもらい、ニキビの状態にあった治療をしてもらう事、お薬を処方してもらう事が大切です。

ニキビの状態によっては炎症剤や抗生物質などを利用しないと治らなくなっている悪化した状態もあり、この場合、市販薬を利用することで間違ったケアとなり、炎症がさらにひどくなりクレーターのようなニキビ跡になってしまう事もあります。

皮膚の専門家である医師は、受信された患者さんの肌質を確認し、その肌に出来ているニキビの状態にあったお薬を処方してくれると思います。

ニキビ跡がひどく残ってしまうと、皮膚科医師による医療用レーザーなどを利用した治療が必要となったり、色素沈着が深くなるとかなり治療にも時間を要することになります。悪化あせずきれいに治すためにも、できれば軽いニキビでも医師にみせて適切な治療を行う事がもとめられるのです。

ニキビと皮膚科!受診する理由や治療方法等の内容を細かく分析!

思春期の頃にできるニキビと、大人になってからできるニキビは、同じようで全く異なっています。思春期の頃にできるニキビというのは、…

顎のニキビを繰り返す原因


顎ニキビは他の部分に出来るニキビよりも繰り返しやすく、非常に治りにくいニキビといわれていますが、同じニキビなのにどうして治りにくく繰り返してしまうのか、その原因を理解しておくことも大切な事です。

皮脂腺がほかの部分よりも多くニキビができやすいという事、また皮脂線が多いことで皮脂が詰まりやすく、毛穴の状態が悪化することも多いという事を踏まえて、顎ニキビが繰り返すという方は、どうして繰り返してしまうのかよく考えてみましょう。

食生活や不規則な生活により生活バランスが崩れている


毎日規則正しく生活することが健康にも美容にもいいという事を、みなさん理解されていると思いますが、規則正しく生活するという事はなかなか難しく、特に社会人になると付き合いなどもあり、決まった時間に帰宅できない、食事のバランス、タイミングなどがずれてしまう事も多いと思います。

特に現代は欧米食が多くなり、和食よりもずっと脂分が多い食事になっていますし、忙しい方はランチもファストフードやコンビニ、お店に入ってもスパゲティなどの単体の食事が多くなります。お弁当を用意したり、定食でバランスよく食べるという事が望ましいとわかっていても、それが実行できないのが現代人です。

夜お付き合いで女性も遅くまで飲みに行く機会が多くなり、睡眠時間がかなり遅くなってしまい肌の代謝が鈍くなっているという事、また遅くに食事することで消化も悪く便秘になりやすい、それによって腸内環境が乱れて便秘になる・・・という悪循環を繰り返している方も、顎ニキビができやすく治りにくい要因となっています。

傷などをそのまま放置してそこに細菌が入る


男性の場合、髭を剃る時に傷がついてその傷をそのままにしておくことで、そこから雑菌が繁殖し顎ニキビができ、ビジネスシーンの上では髭を毎日剃る事もマナーとされるので、繰り返し髭を剃り、傷が出来・・・という事が起きて、顎ニキビがなかなか治らない、繰り返すという事も多いようです。

女性の場合も何らかのことが原因で傷が出来てしまって菌類が繁殖したり、小さいニキビがあり、そこに菌類が繁殖し、お化粧に利用するファンデーションのパフを清潔にしていないことで、菌類がパフに多くなり、それがお化粧する時ニキビについて炎症がひどくなったり、繰り返すという事もあるようです。

パフは定期的に洗い、清潔にしておくこと、また顎ニキビを繰り返すという場合には、男性の場合、髭剃りで傷がついていないかどうかを確認し、傷があるようならお薬を塗るなどの対処が必要です。

繰り返し起こる顎ニキビはクレーターのような跡になるというよりも色素沈着を残すことが多いといわれています。頬などの柔らかい部分はクレーター上にニキビ跡が残ってしまう事もありますが、顎などの比較的皮膚が薄い部分はニキビの炎症がひどい場合、色素沈着で黒ずんだり紫色に色が残ってしまったり、これもまた、クレーターと同じようにお肌の深い悩みになりますし、治りにくい厄介なものです。

そうならない様に顎ニキビが繰り返し起こり原因を理解していてもなかなか治らないという場合、専門医の治療を受けて改善できるように長いスパンで対応していくことが求められます。

紫外線やストレスなど体の外と内に対してダメージを与えている


ストレスは自律神経を見出し、自律神経が乱れる事でホルモンバランスが乱れるので代謝も悪くなりニキビができやすくなる、という事はよく言われていますが、実は紫外線もニキビを繰り返す要因となることをご存知でしょうか。

紫外線とニキビが関係しているなんて聞いたことがないという人が多いと思いますが、紫外線には肌の中に住むアクネ菌を生成するポルフィリンという物質を刺激する要素を持っています。

肌にダメージを与えてしまう活性酸素がポルフィリンにより刺激され発生することで、ニキビができやすく繰り返しやすくなります。紫外線を浴びるとお肌はダメージを受けて、バリア機能なども低下するため、ニキビにも肌そのものにもよくないのです。

現代は紫外線が肌に悪いという事を理解されている方が多いのですが、ニキビに影響するという事を理解されている方は少ないので、ニキビを悪化させずに予防するという事も含めて、紫外線をむやみに浴びないことがとても大切なことになるのです。

まとめ


顔にできるニキビについても、背中に出来るニキビについても、治らなくて悩んでいるという人は多いと思いますが、顎、おでこ、頬などの顔の部位にできるニキビは、目立ちますし、特に顎ニキビは繰り返しやすい個所として知られています。

ニキビを根本的に治す、予防するという事を考えると、食生活、生活習慣などをしっかり考え直すことが必要となりますが、ニキビについて深い知識を持ち、炎症などがひどい場合や、ひどくなりそうなときには放置せず、専門医にみせる事をしっかり考える必要があります。

女性は生理前等、ホルモンバランスが狂い安くなりますので、お肌についてふだんよりも気を使い、清潔にするという事も必要ですし、男性は髭剃りを行う時傷をつけない配慮、また傷が付いたらすぐに対応することも必要でしょう。

食生活についてはなかなか対応できないという方も多いと思いますが、ニキビ予防になるサプリを食事にプラスして利用することや、便秘解消にもなるヨーグルトなどを朝食に一つプラスしてみるなど、少し努力されるとニキビ予防につながります。

ストレスをすべてなくすという生活は無理だと思いますが、お風呂にゆったりつかったり、時に友人とスポーツ、カラオケなどを楽しみ、ストレスをうまく解消する何かをもっていると、ストレスを受けてもニキビの原因となるホルモンバランスの乱れにつなげてしまう事が少なくなると思います。

食生活に生活習慣、さらに洗顔やケア、炎症がないニキビなどが出来たとき即利用出来る市販薬などをもっていることも、顎ニキビ予防、炎症の食い止めに活用できる方法となります。