おでこに出来る痒いニキビ!治療方法や予防方法をまとめてみた!

しっかり毎日洗顔しているのに、ニキビが出来ない様にほこりなども気にしているのに、なぜかできてしまうニキビ、特におでこのニキビは痛い・・かゆい・・という事も多く、髪の毛で隠すと余計にひどくなるし、多くの方が悩んでいます。

おでこのニキビがあるから、おでこを露出するヘアスタイルをしてみたくても出来ない、これ以上どんなケアをおこなえばいいのかわからない・・・という方も多く、ケアや予防、対処方法なども理解しておきたいところです。なぜおでこにニキビができるのか、対策を考える前に、予防や原因についてもしっかり理解し、ここでおでこニキビとさよならする気持ちで解決するための知識を養いましょう。

おでこニキビの原因を分析


ニキビ、吹き出物、肌の悩みを聞いてみると多くの方がこの顔にできるぶつぶつ・・・に悩んでいることがわかります。シミ、そばかすなどのエイジング世代に多い悩みの場合、お化粧で隠すこともできますが、ニキビはぶつっと大きくできてしまう事が多いですし、おでこの場合、皮膚が頬の様に厚みを持っている部分ではなく、薄い部分にできてしまうニキビなので、目立ちやすく厄介です。

おでこにできるニキビは髪の毛がかかりやすく、髪の毛には雑菌類がかなり多く付着しているので、ニキビや吹き出物に菌類が繁殖しやすくなりますし、刺激を受けてひどくなることもあります。

髪の毛の生え際などは、洗顔によって残った泡が毛穴のつまりをおこして、炎症することもありますし、ニキビになってしまう事も少なくないようです。またホルモンバランスなども影響し、皮膚の状態がホルモンバランスの乱れによって悪くなることも多いので、ニキビが出来やすいともいわれています。

ホルモンバランスの乱れが影響している

ホルモンバランスの乱れは女性の場合、生理の前後に大きく乱れることがありますし、男性女性共に、ストレスを受けることでバランスが大きく崩れます。ストレスを受けると自律神経が乱れて、それによってホルモンバランスも乱れ、皮脂線の機能が低下するといわれており、この皮脂線が低下する要因となっているのが男性ホルモンの働きなのです。

男性ホルモンが多くなると過剰な皮脂分泌が起り、毛穴に詰まりやすくなりますが、毛穴に皮脂汚れや古くなった角質などがたまり酸化してしまうと、ニキビの原因ともなるアクネ菌が大好きな状態となり、アクネ菌が過剰繁殖しニキビでできるのです。

ホルモンバランスの乱れをよくする事がもとめられますが、女性の場合、生理の時にホルモンバランスが乱れて、ニキビや吹き出物が多くなる傾向が見られますので、生理の時、またその前と後は、皮膚の状態が不安定になっていると理解し、食生活に気を使ったり、無理をしない、睡眠をしっかりとって皮膚に余計なストレスをかけないようにすることが求められます。

男性の場合、通常から男性ホルモンが優位な状態ですが、ストレスを受けることでより一層男性ホルモンが優位になり、日頃の食生活で皮脂分泌が多くなる要素の脂質の多い食事をしていると、余計にニキビができやすい状態にしてしまいます。

食事等もしっかり考える必要がありますが、精神的安定や自分の体調によってホルモンバランスが崩れているかもしれないと予想し、暴飲暴食を避けたり、睡眠時間をしっかり取るという事も大切です。

大人ニキビの原因!乾燥やホルモンバランス等!原因を把握して対策!

大人ニキビの原因は本当にいろいろありますが、例えばホルモンバランスが乱れたときに発症しやすいと言われています。この場合はホルモ…

ストレスや偏った食事等、日常生活も影響

ストレス、バランスの悪い食事などの、日常生活の影響を色濃く受けてしまうのも、ニキビ発生の特徴的な事です。

ストレスは特にニキビに悪影響を与えるもので、仕事が忙しく余裕がないという人は、ニキビができやすくなりますし、ビジネスシーン以外、プライベートな問題などを抱えていると、今までできたことがなかったおでこのニキビがいつの間にかできていたという事もあるようです。

ストレスを感じると知らないうちに自律神経が乱れて、これが継続し慢性化するとめまいなどを引き起こす肉体的な症状も出てきますし、ホルモンバランスにも影響を及ぼし、バランスが崩れると女性の場合、生理の周期が乱れたりしますし、男性も女性もニキビなどができやすくなります。

ホルモンバランスが乱れると女性でも男性ホルモンが優位になり皮脂分泌が過剰になることでおでこにもニキビができやすくなりますし、男性はより一層、男性ホルモンが強くなってしまう事でニキビができやすくなったり、髪の毛にも影響する事があります。

おでこのニキビを改善したいという場合には、食事の内容に気を使う事、また日常生活についても気を使い、睡眠をしっかりとりストレスを解消する事が必要です。

食事については便秘などニキビの原因となる状態にならない様に、食物繊維をたくさん取るようにし、栄養バランスのいい食事にすることが必要です。毎日外食という方も多いと思いますが、コンビニでも最近は栄養バランスをよく考えた野菜中心のお弁当がありますし、そういうお弁当がない場合でも、サラダを購入して栄養バランスを考える事も出来ます。

お店で食事する場合には出来るだけ定食メニューを選び、スパゲティやカレーなどの単体メニューを避けるようにすると、バラナスのいい食事になります。お付き合いなどもありますが、夜はなるべく自宅で野菜中心の食事をとり、午後10時くらいに床につけるようにすると、成長ホルモンがしっかり分泌され、皮膚の新陳代謝も向上するのでニキビができにくい体になりますし、改善にもつながると思います。

洗髪料や整髪料をしっかり洗い流してないことも関係ある

おでこは顔を洗う時にも泡をつける場所ですし、また髪の毛を洗う時にもシャンプー、リンスなどが付く場所で、男性の場合には整髪料をつけることもありますので、こうした成分が落ちていないことが原因でおでこニキビができやすくなるという事もあるようです。

整髪料には髪の毛にいい成分が含まれているものもありますが、ヘアスタイルを整える成分などが含まれていますので、皮膚にとってはいい成分にならないことがあります。皮膚に汚れが残ると、毛穴の中に入り込みその汚れが古い角質や皮脂汚れと一緒になってニキビの温床となる可能性も高いですし、リンスなどが残り皮膚の部分をしっかり洗い流せていないことで、ニキビがさらに炎症することもあります。

おでこにニキビができると前髪を伸ばして隠そうとする人が多いのですが、髪の毛には沢山の雑菌が付着しているので、ニキビを悪化させる要因となります。また整髪料などが付いた状態でニキビに触れることになるので、刺激が強く炎症がひどくなることもありますし、ニキビの炎症が広がったり、新たにニキビを作る要因にもなるのです。

おでこニキビを防止する方法


おでこニキビを作らないためにどのような事が出来るのか、生活の中で注意できることがたくさんあるので、理解しておくとニキビをかなり減らすことができると思いますし、ニキビの予防にもつながると思います。ただ、こうしたニキビの予防には食生活の改善や生活習慣の見直しなどが不可欠となりますので、併せて、予防できる方法として考えていく必要があるでしょう。

おでこを出した髪型にチェンジする

おでこニキビがあると特に女性はお化粧でも隠すことが出来ず、見た目に清潔感が無くなると考えて前髪で隠すという対応をする方も多いです。

でも髪の毛は、頭皮を守るためにあるモノで雑菌類なども沢山付着しているので、前髪が長い事でおでこの皮膚が刺激されるのと同時に、ニキビができやすくなっていると菌類に反応してニキビが発生してしまう事もあります。刺激となっていないように感じますが、前髪がおでこにくっつくと気になって集中できないという事もあります。

それだけ、おでこの皮膚を摩擦していることですし、髪型によってはかなり刺激してしまう事もありますので、ヘアスタイルについても考えてみる必要がありそうです。

おでこをしっかり出すヘアスタイルにすると最初はニキビが気になると思いますが、摩擦、刺激、また菌の付着が少なくなるので、自然とニキビも減っていくと思います。ヘアスタイルを変えることでおでこニキビが気になり、しっかりケアして治そうという気持になりますし、治療についても深く考えるきっかけになるでしょう。

おでこをスッキリ出すことでイメージチェンジになりますし、特に男性は紙の毛が長いと不潔な印象がありますが、出すことでかなりさわやかな印象になり全く違うイメージが作れます。女性はおでこを出すという事に抵抗がある方もいますが、おでこを出して目のメイクを工夫するとおでこに目が行くことが少なくなります。

おでこ部分のメイクはなるべく薄くしておき、自宅に帰ったら即クレンジングでお化粧を落として肌ストレスを軽減することも忘れないようにしましょう。

スキンケアをしっかり行う

おでこのニキビについても原因はストレスやホルモンバランスの乱れ、さらに食生活や生活習慣が深く関わっていることがわかりますが、毎日のケアについてもしっかり考えておくことが必要です。洗顔と化粧水、乳液やクリームなどを利用して毎日のケアを行う事、特に洗顔は丁寧にしっかりと正しい方法で行うことが重要です。

洗顔はごしごしこする摩擦の多い方法ではなく、石鹸や洗顔フォームを泡立ててたっぷりの泡を作ってから顔に泡をのせて、指の腹を利用しこすらずに泡をくるくる動かすようにして丁寧に時間をかけて行うのがコツです。

泡を指の腹でくるくると動かすことで毛穴の中の汚れを浮き立たせて除去する事が出来ますし、指でこする事もないので刺激が少なく、安心の洗顔方法となります。

泡が残ってしまうと毛穴のつまりにつながるので、毛穴の汚れにならない様に石鹸の泡を丁寧にぬるま湯で洗い流すという事も大切な事です。ぬるま湯を顔にパシャパシャと何度もかけてこの時にもこすらない様に泡を落とし、タオルでふく時にも水分を取ることだけを目的として、タオルで顔を抑えるようにして水分だけを取り、摩擦しないようにします。

洗顔が終わったら、水分を補給するために化粧水、ローションなどを顔全体にたっぷり補給し、その後、水分が逃げないように、乳液や保湿クリームなどを塗ってケア完了です。

オールインワンケア商品の場合、こうした成分がすべて入っていますが、夜利用する時には、下地や紫外線防止成分が含まれていない物を利用する事が大切です。下地や紫外線防止成分は夜寝る前に必要ない成分なので、オールインワンケア商品も夜用と朝用に分けて利用する方がいいと思います。

肌をつるつるにする方法。イケてるスキンケアやメイク法を徹底解説!

おはだをつるんつるんに、肌荒れも無いきめ細やかな素肌にして綺麗にするためには、それなりの努力をすることが大切です。具体的にはこ…

シャンプーの後に必ず顔も綺麗に洗う

顎ニキビやほほ、首、背中ニキビの場合には、洗顔や体を洗ってから泡をきれいに除去しケアすればいいのですがおでこニキビの場合には、頭皮を洗うシャンプー、リンスなどもかかわってきますので、注意が必要です。

シャンプーの後にはリンスやコンディショナーを行いますが、この成分がおでこに残ってしまう事も多く、これがもとになっておでこニキビがひどくなったり、生え際にぶつぶつと細かいおでこニキビができる要因となることがあるのです。

リンスやコンディショナーは頭皮、髪の毛にいい成分でも、顔の皮膚にはよくない場合も多く、この成分が残った場合、皮脂汚れと共に毛穴に詰まってニキビを作りやすくしてしまうのです。

シャンプーにしても洗顔料にしても、身体や頭皮、髪の毛をきれいにするために利用する商品は、かならずきれいに洗い流すようにしないと、ニキビや頭皮のできものなどの原因になることが多いので、ぬるま湯できれいに洗い流すことを忘れないようにしましょう。

おでこニキビを治療する方法


おでこニキビを治療する場合には、やはり炎症を起こしているなどのひどくなっている時には必ず医療機関で、専門医の治療を受ける事を基本としてください。おでこにニキビ跡が残りクレーター状態になるととても目立ちますし、お化粧をしても隠しきれませんし、将来治療を行いたいという場合でも、クレーター状態がかなり深いとなれば、治療できないこともあるようです。

おでこニキビの治療は炎症などひどい場合医療機関を受診し、それほどひどくない時には、日頃の生活や、食事、ストレスの軽減、洗顔などでしっかりケアすることなどを心がけていくべきです。

おでこ周りの清潔さを常に保つ

おでこは特に髪の毛が触れやすい部分なので、清潔にしておかないとニキビができやすいと考えておくべきで、思春期世代におでこニキビが多かったという場合、社会人になってからストレスやそのほかの要因で、おでこにまたニキビができやすいかもしれないと予測しておくことも重要です。

日頃から、お化粧も帰宅してすぐにクレンジングで落とし肌のストレスをなくすこと、またローションで水分を補い、乳液、クリーム等で蓋をして水分を逃がさないようにするなどを心がけます。

ニキビが多い場合には、おでこに髪の毛が触らない様に思い切っておでこを出すヘアスタイルにしてみる、さらに、汗をかいたら雑菌除去の効果がある汗拭きティッシュなど利用して常に清潔に保つことを心がけましょう。

ストレスなどの負担を減らし、食生活や生活習慣を見直す

ストレスはニキビの要因となるホルモンバランスの乱れを助長するものとなりますが、ストレスを全く受けない生活を送るという事も現代では無理な事です。

会社でストレスを受けるという場合も、経済的に余裕があれば退職してストレスを軽減できますが、みなさん生活がありますので、会社を退職してストレスを軽減するという事も出来ないと思います。

また家庭生活の中でストレスを受けることが多いという場合には、その生活を放棄することはできないですし、お子さんがいればお子さんの対応等も必要で、ストレスはたまる一方になります。

ストレスは取り去る事が出来ない、でもストレスに対応する事は出来るので、たまにはお友達と一緒に楽しく遊びに出かけたり、一人で好きな映画を見る、スポーツ観戦に行く、またカラオケや自らスポーツを行うなど、ストレスを解消する方法を何か一つ持っていると、ニキビの予防、改善にもつながると思います。

ストレスを改善するとともに、食事についても見直しをし、肉が多い食事になっている時には意識して、週3回は魚料理を取り入れる、暴飲暴食が多いと思う時には友人とのお付き合いなどを減らして自宅で食事をとるようにする、またニキビの改善につながる玄米などを取り入れてランチを自前のお弁当にしてもいいと思います。

食生活を改善すると肌の色、質なども美しくなりますし、お付き合いを少なくすると睡眠時間をしっかり取ることもできるようになり、肌の新陳代謝が促進されることで、ニキビが出来ても治りやすくなります。

オロナイン等の軟膏を使用してニキビを治療

オロナインなどの昔から利用されてきた軟膏などを利用してニキビを治療するという事も考えてみましょう。オロナイン軟膏にはクロルヘキシジングルコン塩酸塩という成分がニキビへの有効成分として知られていて、このせいぶんは雑菌類を殺菌する効果があるといわれています。

アクネ菌などの雑菌類に効果がある軟膏なので、古くからニキビに効果的といわれてきたのですが、ニキビの中には効果が期待できないニキビもあることを理解すべきです。

オロナインなどの軟膏は、炎症や抗菌に関係する特別な成分が配合されていない場合、症状が軽いニキビには効果があると思いますが、炎症がひどい症状が重いニキビには効果があまり期待できないといわれています。

赤ニキビや白ニキビなど、小さく炎症も少ないニキビには効果が期待できますが、炎症が進んだ赤ニキビや黄ニキビには効果が少ないと考えて、医師に治療を求めるなど対応の仕方を変えていくべきです。

オロナインの場合、このほかにもグリセリンやワセリンなどのニキビ治療薬とは違う成分が含まれているので、保湿効果があり、乾燥によってできるニキビについて効果が期待できるといわれていますし、ニキビが気になって潰してしまったという時でも、雑菌から保護する成分が配合されていますので、効果を発揮してくれるようです。

まとめ


おでこにできるニキビは他の部位にできるニキビと比較して、皮膚が薄く骨に近いという事もあり、痛みを感じることが多く、ついつい触れてしまい炎症が広かることもあります。また、髪の毛が触れる部分なので、髪の毛の雑菌が付きやすくニキビができやすいですし、雑菌類がさらに炎症をひどくすることもあり、非常に厄介なニキビです。

でも治療方法や予防法、ケアの仕方、正しい洗顔方法などを理解していることで、ニキビを作らない、悪化させないこともできるので、ニキビに関して知識を持っているという事はとても重要な事なのです。

今ニキビが出来ていないという方も、この先、ストレスや体調の変化によってニキビができる可能性も否定できないので、おでこニキビ、またそのほかの部分にできるニキビについても理解を深めておきましょう。