湿疹はストレスによって起こるもの?蕁麻疹は?対処法まで徹底解説

季節の変わり目になると乾燥から湿疹ができるという人もいますが、湿疹や蕁麻疹などはストレスが原因となって起る事も多いといわれています。突然湿疹ができたという事もありますし、何だかかゆいなと思っていたら赤く小さいぽつぽつが出てきたということもありますが、ストレスが原因となる湿疹にはどのように対応していけばいいのでしょうか。

ストレスで出来た湿疹とは

 

赤くプツプツと湿疹が起る時、その原因は摩擦によるものや乾燥によるもの、アレルギーや化学成分等にかぶれたなど様々な理由があります。湿疹と似たような症状が起る蕁麻疹というのは、虫に刺されたり、汗によるものだったり、食べ物によるアレルギーなどが要因となります。

これとよく似たもので赤斑(こうはん)と呼ばれる斑点状のものが出来たり、皮膚が盛り上がるような状態になる膨疹などの症状もあります。どの症状もかゆみがあり、掻き壊してしまうと雑菌がついて炎症が広がり悪化することもあります。

通常湿疹が出る時にはダニ、カビ、ほこりなどが要因となっていることが多いのですが、原因がストレスという場合には治りにくく、そのストレスを除去しなければ治らないことも多いので、発症と再発を繰り返すなど厄介なことになります。

ストレスを受けると自律神経が不安定になりホルモンバランスにも影響し、免疫力が低下してしまうので肌の水分量が少なくなり、それによって湿疹ができますし繰り返し起こるので、根本的にストレスを除外する事を考えなければなりません。

肌荒れを掻いてストレスが溜まる

湿疹ができるとかゆみが出てきて、気になって掻いてしまうとお肌もさらに荒れた状態になり、お化粧のりが悪くなりますし、湿疹そのものがストレスになり、それによって症状がまた悪化することもあります。乾燥が進む季節になると肌の水分量が少なくなってしまうので湿疹ができ、その湿疹が肌へストレスを与えてさらに湿疹ができるという悪循環が生まれます。

ストレスによる免疫低下

スキンケア

 

ストレスを感じると人の身体に様々な支障をきたしますが、まず自律神経に影響し不安定になり、自律神経が不安定になるとホルモンのバランスが崩れてしまい、お肌の水分量が低下して湿疹ができます。

また大きなストレスを受けると身体が緊張状態となり、血管が収縮し血液の流れが悪くなります。皮膚は血液によって栄養分や水分をもらい、それによって新陳代謝を繰り返しているのですが、必要な栄養分や水分が少なくなると新陳代謝も衰え、肌の成長サイクルに支障をきたします。

新しい肌が生まれてくるのが遅くなるので湿疹が治りにくく、肌のバリア機能も低下し、雑菌なども付きやすくなるので湿疹が悪化することもあります。

アレルギーによる肌ストレス

ダニやほこり、花粉などでアレルギー症状を起こすこともありますが、このアレルギー物質によって肌がストレスを受けて湿疹ができやすくなりますし、また湿疹ができると治りにくくなります。

ダニやほこりなどの刺激を受けると肌はバリア機能によって保護しようとしますが、精神的にストレスを受けていることでバリア機能が発揮されにくくなっていると、アレルギーによる肌ストレスをそのまま受けることになり、湿疹の症状が進むこともあります。

蕁麻疹もストレスで起こる?

蕁麻疹は赤くぶつぶつしたような皮疹が出来たり、みみずばれのように肌が膨らんだようになるなど、皮膚の疾患ですが、これも湿疹同様、かゆみを伴いお子さんなどは我慢できずにかき壊してしまうので、症状が悪化します。一時的な症状として現れ、暫くすると消えていきますが、同じところに何度も繰り返すという事もあります。

皮膚に圧力を加えたり、ひっかくなどで蕁麻疹となることもありますが、食べ物や薬物が原因で起る事もあり、大人になってから蕁麻疹が出るようになったという場合、内的な要因として疲労やストレスも関係しています。特にストレスによる蕁麻疹は、慢性蕁麻疹と深い関係にあり、ストレスを受けることによって起る症状として、蕁麻疹はとても多いものです。

蕁麻疹が繰り返し起こるようになると、その部分の抵抗力が弱くなり、同じ場所に何度も繰り返し蕁麻疹が起る事もあります。かゆいなと思ったらまた同じ場所・・・という時には、その部分が弱くなっていて繰り返し蕁麻疹ができていることもあるので、根本的な治療をするためにも、皮膚科の医師に相談し、適切な治療をしてもらう方がいいでしょう。

お薬を利用することで症状が無くなっていけば、肌ストレスも少なくなりますし、蕁麻疹そのもののストレスが無くなるので、悪化することも少なくなっていくと思います。

慢性化するとなかなか治りにくくなってしまうので、蕁麻疹がよく出てくるなと思う時には医師にみせることで解決することもありますし、ストレスなどの内的な理由ではなく、何らかのアレルギーとして出ている可能性もあります。何が原因なのか特定する事が出来れば治療もできますし、特定できない場合、精神的なものが関与しているとして、心のケアも取り入れた治療が出来ると思います。

仕事の疲れが原因で起きる

 

 

毎日仕事が忙しく、休む暇もないという時、仕事に追われてストレスを感じ、それが蕁麻疹のもとになることがあります。疲労すると肌のバリア機能や免疫力も低下するので、この時、アレルギーの元となる食べ物を食べたり、植物に触れるなどすると蕁麻疹が発生することもありますし、特に原因物質がないのに蕁麻疹が出てくることもあります。

繰り返し発生する可能性もあるので注意

ストレスによって引き起こされる蕁麻疹は、コルチゾールと呼ばれるホルモンが深く関係していることが多いといわれています。

このホルモン「コルチゾール」は、ストレスに抵抗しようと副腎という場所から出てくるホルモンで、特にコルチゾールの分泌を促進するCRH「副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン」の分泌が特徴的といわれています。蕁麻疹の症状に悩む患者さんの多くがコルチゾールの分泌が多くなり、CRHが多くみられるため、こうした症状が見られることで、この先、慢性化していく可能性も出てきます。

物理的刺激によるストレス

皮膚を引っかいたり、何か圧力を受けるなどの物理的な刺激によって肌ストレスとなり、それが蕁麻疹となることもあります。スーパーに買い物に行って重い袋を腕に下げていると、そこがうっ血したようになったり、蕁麻疹の様にぶつぶつしたものが出来てかゆくなることがありますが、これが、物理的刺激によって起こる蕁麻疹です。

ストレスで出来た湿疹の対処法

ストレスによって湿疹ができるなど、何かアレルギーとなるものを摂取するなどの明確な理由がないまま出てきた湿疹への対処法としてはどのような事が考えられるでしょうか。繰り返し起こる湿疹に悩んでいる人は、ストレス対策を考えとく方がよさそうです。

ストレスを体内に溜め込まない

現代は家庭でも仕事場でもストレスを受けることが多く、お子さんですら何らかのストレスを感じているといわれています。ストレスを全く受けない環境にするという事は現実に無理な話なので、ストレスを体内にため込まないために、ストレスを軽減する対策を自分で持っておくと安心です。

歌が好きな人は車の運転中、音楽を聞きながら大声で歌う事がストレス発散になるといいますし、お友達、また一人でカラオケに行くという人もいます。運動がストレス発散になる人もいるので、休日思い切り体を動かすなど、自分にとってストレスを癒せる何か方法をもっていると湿疹ができる回数も減っていくでしょう。

痒みがあっても掻かない

湿疹も蕁麻疹も出てくるとかゆみを感じることが多く、そのかゆみを我慢できず掻いてしまい、それが大きな肌ストレスとなって、症状が広がる事もあります。かゆみがあっても我慢する、またかゆみが強い場合には、その部位を冷やすなどしてみるとかゆみが収まりかき壊すことも少なくなると思います。

ストレスの原因から離れる

ストレスの原因がはっきりしていて、その原因から離れることができるなら、行動することも大切な事です。

例えばストレスの元となっている友人や同僚等と、一緒にいる機会を少なくできるようなら無理して付き合うことなく距離を置く、勉強が大きなストレスとなっているなら、一度思い切って勉強しない日を作るなど、ストレスの原因と距離を置くことも考えてみましょう。

塗り薬を使用する

湿疹や蕁麻疹については市販薬等もありますし、皮膚科に行けばその症状によって抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬などを処方してくれますし、症状がひどい場合にはステロイド剤なども処方されます。かゆみや症状を我慢しているという事もストレスになりますので、お薬に頼る、皮膚科で治療するという事も湿疹や蕁麻疹の対策となります。

ニキビに効く塗り薬の選び方、おすすめの塗り薬とは?

肌トラブルは誰もが起こるものですが、中でも特に多いのがニキビです。10代で最も多く生じる肌のトラブルになりますが、実際には10…

まとめ

顔に湿疹が出来たり、腕や足など目立つところに湿疹ができると、人目が気になり特に女性は、顔の湿疹等とても気になると思います。アレルギー物質が原因になっている場合でも、アレルギーだと思わずに症状に悩まされている方も多いので、アレルゲン等も医療機関で一度調べてみる事をお勧めします。

ストレスが原因となっている場合でも、状況を変えたり、ストレスを発散する事が出来ない場合もありますので、その場合、皮膚科で治療する、またストレスがひどいという場合には、精神的な治療ができるクリニックなどへの受診も考えてみるといいと思います。