乾燥肌は湿疹を引き起こす?寒い状況でのかゆみはコレかも?

乾燥する季節になると湿疹が出て来たり、肌がいつもかゆく感じてイライラするという人も多くなります。女性はお化粧をする時に顔が乾燥しているとファンデーションののりも悪くなりますし、粉をふいたような状態になると、お化粧する気にもなりません。

湿疹などの症状に悩まされている人はかなり多いですし、年齢を問わず乾燥によるかゆみ、湿疹などの治療を行っている人も多くなっています。乾燥する季節ではなくても肌の水分量が少なくなると乾燥肌になり、様々な症状が起り、皮脂欠乏症やしもやけ、また手湿疹など、生活に支障をきたす症状が出ている方も多いので、その原因や対策について考えてみましょう。

乾燥肌によって起こる湿疹


乾燥肌でいつもカサカサしていて、乾燥する季節になるとかゆみが出て来たり、湿疹が出るなど、何らかの症状が出てくる人も多いようです。乾燥すると洋服との摩擦も大きくなり、それによって皮膚にかゆみを生じ、掻いてしまう事で湿疹となることもありますし、アレルギー物質に対しても普段大丈夫なのに季節によって反応してしまうという人も少なくないようです。

乾燥肌から皮膚欠乏症を引き起こすという方もいますので、乾燥を甘く見ないでしっかり治す事を考える方が安心です。

乾燥肌から皮脂欠乏症を引き起こす

皮膚の病気については色々な物があり、肌の乾燥が引き起こすもの、バリア機能の低下によって引き起こされるものなど様々です。その中の一つに皮脂欠乏性湿疹という病気があり、これは一般的に高齢者に多い皮膚疾患として知られています。

皮脂欠乏性湿疹というのは、皮膚科の中ではよく見られる症状で、皮脂の減少やバリア機能の低下などの要因が重なり起るといわれています。皮脂、汗の分泌が減りお肌が乾燥状態となってきめが粗くなっている状態を乾皮症、皮脂欠乏症といっています。

がさがさして白い粉をふいたような状態になっている、その中で亀裂が見られることもあり、ひび割れた状態になることもあり、痛み、かゆみなどを伴う、これが高齢者にみられる場合、老化が原因となっている老人性乾皮症の場合もあります。

肌が痒くなって湿疹の原因に

乾燥すると肌の水分も蒸発してしまうので、乾燥した空気の中にいる事で摩擦しやすくなり、洋服の摩擦などから肌がかゆくなることもあります。

冬場空気が乾燥する時期になると、布団に入ってから身体がかゆくなって知らない間にかいているという事もありますが、この肌を書いてしまう事が湿疹の原因となることもあります。年齢を重ねると肌の水分量そのものが低下してしまうので、しっかりと水分補給のケアを行っていないと肌にかゆみが生じ、それによって湿疹ができることも多いのです。

年齢と共に乾燥肌になる?

肌の水分量を整えたり、維持するという事を行っているのが、コラーゲンやヒアルロン酸ですが、年齢と共にこれらの成分は減少し、補っていかないと肌の中に少なくなり乾燥してしまうのです。内部からもサプリメントなどで補う事が必要ですし、コラーゲンやヒアルロン酸を多く含む食品を積極的に摂取することも大切な事です。

ケア商品についてもコラーゲンやヒアルロン酸、また細胞活性化作用が期待できるコエンザイムQ10などの含まれるケア商品で補うようにすると、かゆみや湿疹等も少なくなっていくと思います。

乾燥肌って何が原因?対策は?おすすめの化粧品や基礎化粧品とは

性別によっても違いが

男性と女性は皮膚の状態が生まれつき違い、男性は女性と比較すると肌に厚みを持っていますが、皮膚が薄いほどきめが細かくなるという事もあり、男性の肌は女性よりもきめが粗い状態です。

女性の場合、皮膚が元々薄く肌がきめ細かく見えるのですが、男性は元々皮膚が厚くきめが粗いので、年齢と共に毛穴が目立つようになったり、ざらつきを感じる等、老化が皮膚の上にも表れやすくなるといわれています。ただ皮膚に厚みがあることから紫外線の影響や外部からの刺激に強く、湿疹に悩まされるのは女性の方が多いといわれています。

皮脂分泌量についても、男性の皮脂分泌量は女性の3倍近いといわれていますので、水分が蒸発しにくいのですが、皮脂分泌が過剰になることも多く、この場合、皮膚炎やニキビ、湿疹などの原因になることもあるといわれています。

乾燥と寒さから発生する湿疹


寒くなってくると空気も乾燥し、乾燥が大好きなインフルエンザが流行し始めますが、この季節、湿疹やかゆみなどに悩まされる方も多くなります。乾燥と冷えからくる皮膚の悩みには、水仕事や作業などが影響することもありますが、水分量が低くなるとあかぎれ、しもやけなどのつらい症状が出てくる方もいます。

あかぎれ

冬の寒い時期、空気が乾燥すると肌の水分も蒸発しやすくなり、この時に指先などの水分が少なくなり乾燥が進み、皮膚の表面に小さい亀裂ができるのが、あかぎれという状態です。手など露出している部分にできやすいのですが、耳や鼻等もあかぎれを起こすことがあり、寒さによって皮膚の血行が悪くなり、赤紫色の皮膚になってかゆみが出てくることもありますし、亀裂が大きくなると痛みもひどくなります。

しもやけ

冬場特に気温が低下すると寒さのために手足などの血行が悪くなり、それに伴い出てくるのがしもやけです。手足には無数の細い血管がはしっていますが、このような細い末梢血管に発症しやすく、手足などに多く出てくる症状ですし、肌が常に外気に触れている状態で仕事をされている方などは、鼻、耳等、あかぎれと共にしもやけを発症する事があります。

じんじんと痛みがあり、かゆさも出てくるので掻いてしまうと悪化しますし、指先は雑菌が多いところなので炎症を起こしてひどい状態になることもあります。

異汗性湿疹

しもやけやあかぎれとはまた違う症状に異汗性湿疹という症状があり、これは、手や足に水泡ができて非常にかゆくなるという症状です。どうしてこういう症状が起るのかというと、手に汗をかいてその汗がかなり多くなると汗が表面の出る事が出来ず、汗管にたまり、皮膚の表皮が膨らんだような水泡ができるのです。

この様に手足の汗の出方が激しくなる理由は、主に精神的なことが要因しているといわれており、この症状は更年期世代の方にも多くみられるといいます。水泡を破ってしまうとまた症状が広がりますので、かゆくてもかかないように、ひどくなる前に医師に相談する方がいいでしょう。

手湿疹

手湿疹というのは、水仕事をする主婦に多くみられるため、主婦湿疹とも呼ばれています。湿潤型と呼ばれるものと、乾燥型と呼ばれる2種類があり、湿潤性は指の腹、手のひらに小さい湿疹、水ぶくれができ、乾燥型の場合、皮膚がカサカサになりひび割れる状態になります。

水ぶくれ、湿疹はともにかゆみが強く、ひび割れを起こしている場合、水に触れるとかなり痛みが出てきて辛い症状です。手のひらにはその他の部位にある皮脂線がないので、水、お湯などを頻繁に利用するようになると、皮脂、角質が落ちやすくなり肌のバリア機能が弱くなることでこうした症状が起ります。

指の湿疹はこれが原因だったの?具体的な治し方もご紹介

乾燥による湿疹の治療方法


乾燥によって様々な症状がありますが、湿疹や水ぶくれ、その他の症状に浮いてもかゆみがひどくなるので、仕事に集中できなかったり、勉強するにも痛みやかゆみで気が散ってしまうなど、生活に支障をきたすことも多いのです。そのため、乾燥による湿疹の治療についても知識を持っておくことが必要です。

肌にできる円状の白っぽいカサカサは「はたけ」かも!原因や対処法を紹介

ステロイドの使用

湿疹がでてかゆみがひどく、しっかり練る事も出来ないというほどかゆみを伴う事もありますが、こうした強いかゆみや炎症などを起こしている湿疹は、ステロイド外用薬を利用する事で、その症状を軽減することができます。かゆみについては抗ヒスタミン剤を利用する事が多くなりますが、ステロイドは、炎症を強固に抑制し、その結果、かゆみを和らげるという効果を持っています。

症状が強い時は初期段階として強めのステロイドを利硫黄し、その後、徐々に弱めていくという処方が多くなるようです。ステロイドは一時的に利用すれば副作用もほとんどないといわれていますし、医師の管理下で利用する場合には、長期的な場合でもしっかり管理してくれるので安心です。

保湿剤の処方

湿疹が乾燥によるものとはっきり原因がつかめている場合には、保湿剤を利用し肌に水分を補う事で症状が落ち着いてくることも多いです。

ただ水泡を持っていたり、炎症が進みお肌の状態が悪い時には、こうした保湿剤よりも医師が処方してくれるステロイド外用薬などの方が治りも早く、それ以上悪化しない様に抑制できますので、症状によっては医療機関に行く方がいいと思います。

抗アレルギー剤の服用

かゆみが強い時等には医師が抗アレルギー剤、抗ヒスタミン薬を処方してくれると思います。これはヒスタミンという成分によってかゆみ、症状を改善する藻いので、通常、ヒスタミンH1受容体拮抗薬を指しています。アレルギー症状に効果があり、酔い止めのお薬などにも利用されることが多いようです。

部屋には加湿器を

空気が乾燥していることでかゆみや湿疹などの症状が出てくるのですから、肌の水分がこれ以上なくならない様に、部屋に加湿器を置いて乾燥しない様にすることも、乾燥対策となりますし、湿疹の改善につながります。冬場は特に空気が乾燥しますので、加湿器を置くことで湿疹にもかゆみにも効果を発揮してくれますし、インフルエンザなどが流行している時にも必需品です。

まとめ


空気が乾燥する時期になると風邪、インフルエンザなどが流行しますが、皮膚の症状なども出てきます。元々乾燥肌という方は皮膚のかゆみが強くなり、湿疹などができることも多く、夜眠れないなど身体に支障をきたすことも多くなります。

湿疹やかゆみなどの症状は医師にみせる事で、効果が期待できるお薬を処方してくれますし、加湿器などをうまく利用し、出来る限り乾燥しない様に心がけることで、辛い皮膚の症状を和らげることもできます。