上手な告白の断り方は?相手を傷つけないためのある秘策

告白も常に好きな人から告白されるとは限りません。時には自分の好きではない人、恋愛対象外の人から告白されるということもあります。そのような時、うまく答えることができないと相手を傷つけることになりますし、中途半端な返答をしてしまうと勘違いさせてしまうこともあります。そこで、相手にきちんと断りの言葉を伝えつつも傷つけない言葉を選ばなければなりません。

相手を傷つけない断り方


告白をされたものの好きではない人だと相手を傷つけることなくうまく断ることが必要です。どのような言葉を伝えると断りの気持ちも伝わりつつも相手を傷つけることなく断ることができるのでしょう。

他に好きな人がいると伝える

実際はそうでなかったとしてもほかに好きな人がいるという言い方をすると相手に断りやすいです。自分が好みのタイプではない、とか容姿が好みではないといったハッキリとした理由を伝えるのは相手を傷つける原因となります。そこで、断る原因が相手にあるのではなく自分にあるという伝え方をすることで相手を傷つけることなく告白を断ることができます。ほかに好きな人がいるということを言えばあいまいな返答に思われて勘違いされることもありません。

友達の関係を続けたい

今の友情がとても素敵なもので永遠に続けたいからと断られれば断られても嫌な気はしません。そして、今の関係を維持したいという言葉できちんと断りの気持ちも伝わります。断ってしまうと告白された人と友情が続けられるかと不安になる人もいます。男女の友情というのは維持するのが難しいですが、このような言葉を伝えたからと言って必ずしも友情が崩れるわけではありません。もちろんはじめのうちはぎくしゃくすることもありますが、少しずつ元の状態に戻ることができますから友情を壊したくないからと無理に告白を受けるのではなく、素直に友情を維持したいという気持ちを伝えましょう。

気持ちだけは受け取る

たとえ好意を持っていない相手だとしても一生懸命勇気を振り絞って告白してくれていますし自分のことを好きになってくれたということに対してはきちんと気持ちを受け取り感謝を伝えましょう。気持ちを受け取ることなく雑な扱いをするようなことをした場合、そういったことが後からトラブルを生む原因となります。

メールで返事を返すのはNG

告白されてもすぐに返答できないとうこともあります。その際は少し時間が欲しいと伝えて付き合うかどうかを考えるものです。考えた結果断る結論を出した場合、面と向かって伝えることに抵抗がある人もおり、そういった人は告白で返事をすることを検討します。しかし、メールで返答するのは失礼ですから必ず面と向かって告白の返事はしましょう。

出来るだけ早く返事を返す

もしも告白をその場で返事せず持ち帰るという場合には必ず早めに返事をするようにしましょう。間をあけると相手は期待が高まりますし断ることにした場合、どんどんと断りにくくなってしまいます。付き合うかどうかは慎重に考える必要があることですが、だからと言って何日も考えるのは失礼です。

あやふやな答えをしない

告白への返答として断る際にはどうやって断ればよいか悩むものです。そこで、やんわりとした伝え方やあやふやな言い方をしてごまかす人がいますがこれは絶対に避けるべきことです。相手にとってあやふやな返答がされるとチャンスがあると誤解してしまう可能性もありますし、誠意をもって告白してもらったのに失礼です。

断り方を間違えると大変?


断る際、断り方は重要です。もし断り方を間違えるとこのようなことが起こりますから。注意をしましょう

何度もしつこく告白される

あいまいな断り方をするとチャンスがある、押せば好きになってもらえるという勘違いをされることがあります。そこで、断る際にはハッキリと付き合えないということを伝えることが重要です。だからといって好きじゃないとか付き合う気はないとかときっぱり伝えるのは勇気が必要です。恋人がいるとか好きな人がいるとかという言い方でも十分ハッキリと付き合えないことが伝えられます。

逆上からストーカー化

断る際、相手を傷つけるような言い方をすると逆上し、ストーカーになってしまうこともあります。タイプじゃない、好きじゃない、といった言葉でもかなりショックなものですが、さらに「鏡見て出直しな」とか「好きって言うと思ったの?」などといったことを言ってしまえば相手はプライドが傷つき、かなりの精神的ダメージを受けます。

このようなショックを受けると相手に嫌がらせをしたいとか、幸せの邪魔をしたいと思わせてしまうこともあります。そういった気持ちからストーカー化したり嫌がらせをしたりという行為に及んでしまうのです。

相手は付き合っていると勘違いしていることも

中途半端な返答をしてしまうと断ったつもりでも相手が告白をOKしてもらえたと勘違いしてしまいます。そのような状態になってから「あの時告白にOKを出していない」と言うことができるような雰囲気はないですし、いえるものではありまえん。また、そのようなタイミングで言ってしまうとトラブルに発展する可能性も高いです。そこで、断る際にきちんと相手に気持ちが無いことを伝えるようにしましょう。

スマートなデートの断り方


告白と同様にデートに誘われてどうやって断るかも難しいものです。気になる異性であれば付き合う前に付き合うかどうかを見極めるためにもデートをしようと思いますが、気のない相手であればデートをすると勘違いをさせる原因となります。そこで、好意が無い相手からの誘いであればデートは断るべきです。

予定が詰まっていると伝える

告白同様にデートもハッキリとした言葉で断ると相手のプライドを傷つけてしまいます。そこでやんわりとした伝え方をすることが望ましいです。やんわりと断る方法として、やはり予定が詰まっていて都合がつかないという言い方は適切な断り方です。

ただし、しつこい相手の場合には何度も他の日にすることはできないかと誘われてしまうこともあります。もしもそのような何度も予定を調整して都合を付けようとする相手であれば断り方を考えましょう。

家族との予定が入っていると話す

デートをしたいと誘われた場合、断るのに友人と過ごすと言うと「自分よりも大事な友人がいるのか」と言われてしまったり詮索されたりすることに抵抗がある人もいます。そこで、そういった場合には家族との予定があるという伝え方をすると相手も詮索しにくくなり効果的です。

ただし、何度も誘われる場合、家族との予定もそんなに毎週入るわけではないので断るのも大変になってくるものです。そういった場合には家族と出かけるとか法事といった言い訳以外にも姪っ子や甥っ子のお世話があるとか家族の仕事を手伝わなければならないとかといったことも理由として検討しましょう。

仲のよい男友達と過ごすと伝える

これ以上誘われたくないという気持ちを伝えるためにも男友達と出かけるということで断るのも一つの方法です。気になる異性の友達がいてその人と出かけるといった言い方も有効です。男性との予定があるからと断るのは、自分とのデートを断るのは予定が詰まっているだけでなく好意が無いと感じることができます。ただし、敏感な人とそうでない人がおり、そのような断り方をしても全く気付かない人もいますからその際にはデートの誘いを断るだけでなく別の機会に気になる人がいることを伝えた方が無難です。

LINEから告白されたときの断り方


最近では面と向かって告白するだけでなくLINEを使って告白してくる場合もあります。LINEの場合には既読が付くために告白を見てしまえば必ず返答をしなければなりません。どのような形で返答すればよいのでしょう。

明確にお断りの意思を伝える

好意が無いことはきちんと伝えるべきです。ただし口頭と違いLINEはいつまでも相手とのトーク画面にその言葉が残ります。そのためあまりにもキツイ口調の断り方は避けるべきです。ハッキリと断ることは重要ですが言葉は選ぶようにしましょう。

話が長くならないよう、当日中に解決を

LINEを見て断る際、どのような言葉を使って返事をするか悩むものです。悩んでしまい時間が経ってくると今度はどのタイミングで返答すればよいかという問題も出てきます。そこで、断る際にはできるだけ早いうちに断りの連絡をしましょう。

断る際には話が長引くほど関係は悪化しますし泥沼化してしまいます。そこで早く決着をつけることが重要であり、できるだけ早く断りのLINEを入れて話を解決させるようにしましょう。

もしもすぐに返答できず少し待ってほしいという場合にも待ってもらう期間はあまり長くとらないべきです。最長でも一週間以内には答えを出して返答しましょう。

既読スルーはしない

既読スルーは絶対にするべきではありません。告白されたことに対して何もリアクションをしないのは失礼ですし相手とのトラブルを引き起こすことになります。もしも返答をすぐにできず少し待ってほしいという場合には何も返さないのではなくその旨をきちんと伝えましょう。

まとめ


告白を断るのはとても気の重いことです。しかし、きちんと返事をしなければ勘違いを起こされてしまう可能性もありますから言葉を選んできちんと伝えるようにしましょう。