妊婦に起きやすい湿疹トラブル!早く治さないと大変なことに

妊娠すると今まで起きなかった症状が出てくることもあり、湿疹やじんましんなどの症状に驚く方も多いです。妊娠中に湿疹ができても乾燥などが原因で起るものもありますが、中には気を付ける必要がある湿疹や症状などもあります。

妊娠して身体が大きく変化することで起る湿疹などの症状について、ある程度知識を持っておけば、医療機関に相談すべきかどうかの判断もできます。

妊婦が気をつけたい湿疹の種類


妊娠すると多くの妊婦さんが悩むのが肌トラブルで、今までニキビや吹き出物などが出来たことがなかったのに、妊娠したら急に出てくるようになったなど、その症状に悩まされている方も多いです。

妊娠中肌トラブルが多くなる理由には、ホルモンバランスが通常とは違う状態になることや、免疫力が低下するという事、またホルモンバランスが狂う事と出産に対する不安などがあり、精神的に不安定になる、さらにお腹が大きくなるにつれて便秘なども起りますので、様々な要因があります。もっとも注目すべきことは、妊娠中ホルモンバランスが大きく変化するという事です。

月経を止めて胎盤を作るなど、妊婦さんの体の中では色々な大きな変化が起きていますので、ふだんとは違う様々な症状に悩まされることも多くなります。特に妊娠中は妊娠性痒疹と呼ばれる妊婦さんに起る湿疹もありますので、注意が必要です。

妊娠直後の妊娠性痒疹

妊娠性痒疹というのは、妊婦さんに起る湿疹の一種で、小さく虫に刺されたようなぶつぶつが現れます。非常にかゆみが強く、我慢できず無意識のうちにひっかいてかき壊すことも多く、お腹が大きくなってきて睡眠しにくくなっているのに、さらにかゆみが強くなりそれによって寝不足になることもあります。

妊娠初期から妊娠4か月くらいまでに起る早期型、妊娠後期に出てくるかゆみの激しい後期型、全身に米粒大くらいの大きさのぶつぶつが出て出血を伴う重症型があり、重症型になると赤ちゃんの命に係わる症状となることもあります。ただこの重症型になることは本当にまれな事で、通常、初期型、後期型の方がほとんどです。

じんましん

妊娠している時には体の免疫力が低下し、ふだんなら守る事が出来る外部からの刺激もバリア機能が落ちていることで保護出来ず、じんましんが起る事もあります。かゆみが強い時にはかき壊してしまう事もあるので、医師に相談し、妊娠中でも利用出来るお薬などを処方してもらう方がいいと思います。

湿疹はストレスによって起こるもの?蕁麻疹は?対処法まで徹底解説

アトピー

元々アトピーだった女性は妊娠によってアトピーが悪化するという事もあるので、注意が必要です。妊娠中にかゆみがあると、妊娠性痒疹かな?と思ってしまう方もいますが、他の事が要因となってアトピーがぶり返す、悪化していることもあるので一度皮膚科でみてもらう方がいいかもしれません。

アトピー肌はどうしてできるの?効果的な改善方法は?

妊娠性疱疹

妊娠性痒疹だろうと思っていたら、妊娠性疱疹だったという事もあります。妊娠性疱疹というのは、妊娠中にも起こりますし分娩後にも起こる事があり、かゆみを伴った丘疹や水泡を持った発疹が出てくるという症状です。

皮膚を調べてもらい疾患の判断となりますが、とにかくかゆみが強く、時にお臍あたりからかゆみが始まってお腹全体に広がっていくという事もあります。小さい水泡が出てくることが特徴的な部分ですが、顔や粘膜などには出てこないようです。

分娩直後になると悪化して、一般的に数週間から数ヶ月くらいで改善していくといわれていますが、単純ヘルペスウイルスに感染して水泡を作る場合もあり、医療機関で検査を行い原因と疾患を特定する必要があります。

妊婦が湿疹になったら


妊婦さんに湿疹の症状があり、かゆみがあるという場合でも、お腹が大きくなって乾燥していることが原因なのかも?と放置してしまう人もいます。しかし妊娠中は身体がいつもの状態とは違いますし、原因によってはしっかりお薬で治して敷かなければならない皮膚疾患もありますので、医師にみせる事が重要です。

皮膚科で受診

湿疹によっては妊娠中に起きる注意が必要な湿疹という場合もありますので、かゆみが少なくても、湿疹があれば妊婦健診の時に相談してみるとか、皮膚科にみせるなどの対応が必要となってきます。

健診までに期間があったり、かゆみが異常に強いという場合、妊娠性痒疹や妊娠性疱疹などの可能性もありますので、かならず専門医を受診し、何が原因で湿疹ができているのか調べてもらう事が大切なのです。

市販の薬に頼らない

乾燥が原因かなと思い、市販しているお薬を買ってきて塗ったことで症状が悪化するという事もありますし、市販の外用薬の中では少ないかもしれませんが、妊娠中利用しない方がいいお薬などもありますので、市販薬に頼るのはよくありません。症状が悪化したり、特殊なお薬を利用しないと治らないものもありますので、医師の診察を受けて、その上で処方された妊婦さんに安心のお薬を利用してください。

かゆい部分を冷やす

原因が特定できてお薬を利用してもかゆみが強いという場合もありますが、この場合、かゆい部分を適度に冷やすとかゆみが改善されることもあります。妊婦さんは体温が高い状態となっているので、余計にかゆみが強くなる傾向にありますが、冷やすことで血液の流れが緩やかになり、かゆみも和らぐでしょう。

保湿クリームを使う

明らかに乾燥によってかゆみが出ているという場合には、保湿クリームを塗って様子を見て、それでも治らない、症状がひどくなったという場合は、即、医師にみせるようにします。妊娠は病気ではないという人もいますが、病気ではなくても女性の身体は生理を止めて、子宮を作り胎児に栄養や酸素を補給しているという特殊な時期です。

ふだん肌が強い人も妊娠してから極端に敏感になったという人もいますので、甘く考えないで医師に相談する方が安心です。

保湿クリームの使い方や効果とは?年齢別のおすすめ10選

妊婦の湿疹を悪化させないために


妊婦さんの身体はいつもより血液が多い状態になっていて、水分が足りていない人も多いです。また仕事をもっている妊婦さんの場合、仕事中にトイレに行く回数が多いと困るといって、水分をあまり取らない方もいます。

でも水分をしっかり取ることも重要な事ですし、乾燥する季節には特に意識して水分を取り、疲労しない様に睡眠時間もしっかり取るようにしてください。

こまめな水分補給

血液の量が多くなっている妊婦さんは通常の状態よりも脱水を起こしやすい状態となっていますので、夏場以外でも、水分をしっかり補給する事が必要ですし、外部からもローション等でたっぷり水分を補ってください。

こまめに水分を取る事で脱水になりませんし、体内に必要な水分があればかゆみなどの症状も和らぐと思います。一気に沢山の水を飲むのではなく、こまめに水分補給できるよう、見えるところにペットボトルなどを置いて、一日に必要な量のお水を取るようにしてください。

睡眠時間をしっかりとる

お腹が大きくなると圧迫されて睡眠がうまく取れないという妊婦さんもいますが、昼間でもいつでもいいので、体を休めて睡眠もこまめにとれるようにしておくと疲れにくくなります。体重がいつもよりも増加していて何をするにも疲れてしまいますが、睡眠がしっかりとれていると疲労も少なくなります。

栄養バランスの取れた食事

昔は赤ちゃんの分までしっかり食べなさいと言われたものですが、今は体重を必要以上に増やすことなく、バランスのいい食事と適度な運動を行う事が大切といわれています。

栄養バランスのいい食事をすることで体内の環境もよくなるでしょうし、野菜をたっぷり取る事で便秘防止にもなります。赤ちゃんにいい栄養素を届けることができるように、リズムよく朝昼晩の食事をバランスよく摂取しましょう。

肌を乾燥させない

血液量を増やす必要があり水分が足りない状況になることも多い妊婦さんは、お肌も乾燥しやすく、ホルモンバランスの変化等もあり、お肌にも水分が足りていない状態の方が多いです。お肌が乾燥すると、かゆみが出て来たり、湿疹の原因ともなりますので、外部からの水分補給をお顔、ボディすべてに行うことで、トラブルを予防できます。

乾燥肌のかゆみが辛い!原因や対策、おすすめクリームなどを解説

まとめ


妊娠している時というのは、何かと不安になりますし、ホルモンバランスの乱れから気持ちも不安定になります。ストレスを受けやすい心の状態となりますが、バランスのいい食事をして、運動も適度に行い、出産まで何事もトラブルがないように過ごしましょう。かゆみ、湿疹などの心配事は医師にどんどん相談し、不安要素をなくしていくのも、安定した妊娠期間につながります。