告白のタイミングはいつがベスト?成功する確率が高まる方法とは

好きな人が居て告白をしたいけれど、どのタイミングで告白をすれば良いのかわからず困っている。そんな方は少なくありません。告白をするべきタイミングや、ついついOKの返事を出したくなる告白のタイミングについてご説明します。

オススメな告白のタイミング

恋人がほしいアピールを受けたとき

気になっている彼女が「彼氏が欲しいなぁ」と何の気なしに言ってきた単語は、すかさずキャッチすることが大切です。恋人が欲しいアピールをしているときは、基本的に気になっている人がいる時か、本当に誰でも良いから恋人が欲しいと思って居る時なので、このチャンスを逃す手はありません。

「じゃあさ、付き合わない?」というように、自然な流れでサラッと伝える事が出来れば、大人らしい、非常にスマートな告白と言えるでしょう。相手が冗談と捉えたら、自分が本気という事をしっかりと伝えてください。

なんとなくお互い落ち着かない

二人で出かけているときなど、何と無くお互いソワソワとしてしまうような、落ち着かない雰囲気が流れる事も少なくありません。そんな時は、場合によっては彼女も告白をしようかどうしようか、本気で悩んでいる可能性があります。

女性から言わせるのでは無く、このタイミングで男性から告白をすることが出来たらとてもスマート。しっかりと自分の気持ちを伝えることで、告白の成功率がアップすると言えるでしょう。

一緒にいたいアピールがあったとき

「あなたみたいな人と一緒に居たい」「もっと一緒に居たい、帰りたく無い」というように、相手から一緒にいたいアピールがあったときも、告白をするベストタイミング。一緒にいたいアピールは、彼女のあなたの事を気になっている証拠ですので、そのチャンスを逃す事はありません。

すかさずそのチャンスで告白をすることが出来れば、彼女も喜んでイエスと言ってくれるでしょう。

女性が思わずOKを出す告白のタイミング

人助けなど、彼の優しい一面を見た瞬間

道を歩いているときにお年寄りの荷物を持ってあげたりなど、人助けをサラッとしている瞬間を見かけると、女性はあなたに対してときめきを感じます。サラッと人助けを出来る人は非常に魅力的で、あなたの優しい一面に、惹かれていく女性が多いと言えるでしょう。

人助けをした後、帰り際などに告白を持ち帰れば、あなたの優しさに心惹かれている彼女から、OKをもらえる可能性が高くなります。人助けをした直後だとちょっとわざとらしいので、少し間を開けることが大切です。

手料理を振るまわれたとき

二人で出かけた際など、手料理を振る舞われ、しかもその手料理が美味しかったとき。彼女はあなたとの関係を真剣に考えると言えるでしょう。料理が出来る系男子は、現在でも圧倒的にモテます。普段料理をする姿を女性に見せる機会は少ないという方こそ、女性にギャップを見せつけるために、手料理を振る舞った後、告白に臨むと良いでしょう。

女性は男性のギャップに弱いもの。料理だけでは無く、家事が出来る系男子に心惹かれる女性は少なくありません。

沈黙の時間が続いたとき

二人で出かけているときなどに、意味深の沈黙の時間が続いたという場合。そのタイミングで告白をするというのも1つの方法です。勿論沈黙の理由にも寄りますが、例えば帰り際、1日デートがとても楽しく、話す事が無くなってしまったけれども、何だか意味深な沈黙の時間が続いて居るという場合、告白を待っている女性もいます。

告白がうまくいくタイミングは?

お互い何も言わずに一緒の行動を取り始めたとき

お互いに何も言うこと無く、突然一緒の行動を取り始めたときは、告白が上手くいく傾向にあります。お互いどちらからとも無く、気がついたら一緒の行動を取り始めているというのは、相手を深層心理で意識している証拠ですので、告白が上手くいく可能性が高くなるのです。

二人でいるときや、誰かと一緒にいるときなど、周囲から「おまえらそっくり」と言われるようになれば、ほぼ間違いなく告白が成功する可能性があるでしょう。

仕事がうまくいっているとき

自分自身の仕事が上手くいっている時は、自分の魅力が引き立っている傾向にあります。出来るだけ仕事が落ち着いた男性の方が、心の余裕があり、女性の心を掴みやすくなりますので、まずは仕事を頑張るというのも1つの方法です。

仕事が上手くいっているときは、大抵プライベートも上手くいく傾向にありますので、まずはものは試しとして、勇気を出して告白をしてみると良いでしょう。告白をする際に「あなたの事を考えていたおかげが、すごく仕事が頑張れる」というように、彼女のおかげで今の仕事の成果があるというようにすると、彼女も喜ぶでしょう。

デートの回数を重ねたとき

デートの回数を重ねて、彼女との仲がグンと縮まって来たと言うタイミングで、告白をするのは鉄板中の鉄板です。出来るだけ3回前後デートをしてから告白をすると、成功がしやすくなるでしょう。

デートの回数を重ねすぎても、良い友達として判断されてしまう可能性が高いため、あまり長引かせてはいけません。3回前後のデートをしてから告白が理想的ですので、1つの参考にしてみると良いでしょう。

年齢によって違う?告白が成功するタイミング

がっついた告白は20代前半まで?

とにかく勢いに任せて、情熱的に告白をするのは、20代前半までに留めておきましょう。有る程度大人になったら、大人になったなりの告白方法がありますので、勢いに身を任せるだけでは、失敗してしまう可能性があります。

熱意のある告白が好きという方も居ますが、基本的に、情熱に身を任せて行う告白は、20代前半頃までを目安にすることが大切です。

イベント前はいくつになってもチャンス

クリスマスやバレンタインデーなど、カップルにお勧めのイベント前は、どんな年齢になっても、告白のチャンスと言えるでしょう。何らかのイベント前に告白をすることで、気持ちが高ぶっている状態で、テンションに身を任せてOKを出すという方も少なくありません。

もちろん人によっても異なりますが、イベント前は同じ人からの告白でも、成功しやすい傾向にありますので、イベントと合わせてデートをしてみたり、告白をするように狙って見ると良いでしょう。

社会人になったらシチュエーションから考える

社会人になってからの告白は、有る程度ロマンチックなシチュエーションを考えてから告白をしないと、恥ずかしい思いをする可能性があります。有る程度しっかりとした状況で、相手に思いを伝えるように心がける事で、告白も成功しやすくなるのです。

例えば、夜景の綺麗なレストランや、海辺のドライブの帰り道などなど、ロケーションとタイミングを重視しつつ告白をすることは、大人の告白に必要不可欠と言えます。間違っても、居酒屋で酒の勢いに任せて告白、と言ったような、ロマンチックのかけらも無いような場所で告白をしないように、綿密にプランを立てる事が大切です。

告白のセリフや仕方も要注意

わかり辛い気持ちの伝え方はNG

告白をする際には、しっかりと相手に自分の気持ちを伝えることが大切です。オブラートに包みすぎた言葉で告白をしてしまうと、相手が告白をされていると分らずに、告白がなぁなぁになってしまう可能性があります。

告白をする際には、「ずっと好きでした、付き合って下さい」など、直接的な言葉を伝える位がちょうど良い物です。余計な装飾をすると、逆に色々と伝わらなくなってしまうので、まずは伝える言葉をしっかりと選ぶようにしましょう。

「付き合ってあげる」上から目線はタイミングもぶち壊し

告白をする際に、謎の上から目線は絶対にNGです。「付き合ってあげるよ」など、告白の言葉が上から目線なのは勿論アウトで、どんなに素晴らしいタイミングで告白をしても、全てをぶち壊しにしてしまいます。

告白をする際には、とかく切実さを前面に出すことが大切です。付き合ってあげるという言葉がアウトなのはもちろんの事、上から目線の態度なども絶対にしないようにしましょう。

デートの後、電話で告白しても意味は無い

デートが終わった後、電話で告白をするという方も居ますが、それはほぼ確実に失敗に終わります。どうしてさっきまで会っていたのに直接告白をしてこないのか、余程の腰抜けなのでは無いかと思われて、どんなに素敵なデートだったとしても、失敗に終わる可能性が高いでしょう。

デートをする最後に、直接会って告白をするようにしないと、結果として告白が失敗に終わる可能性があります。恥ずかしいから後から電話で話そうという台無しな選択をしてしまわないように、デートのタイミングで告白できるようにしましょう。

まとめ


告白をするタイミングは、告白が成功するかどうかのカギを握る、非常に重要なポイントです。告白をする際には特に、タイミングの違いで失敗か成功かが変わって来ると言っても過言では無いため、綿密に計画を立てて、好きな人に告白するようにしましょう。

好きな人とデートをするのであれば必ず、告白をする時は帰り際などに直接言う事が大切です。人によってはその場で返事では無く、少し考えさせて欲しいという返答をする方も居ますので、焦らないように、ジックリと待って上げる事も重要です。