告白の返事待ちはいつまでが有効?待っている間にしたらしいことって何?

勇気を出して相手に告白をしたけれど、少し考えさせて欲しいと言われてしまったという場合。突然の告白にどうようして、こうやって応える方は少なくありません。告白の返事はいつまで待つべきなのか、場合によっては体の良いNGサインという場合もありますので、しっかりと見極めるようにしましょう。

告白の返事待ちは前向きに捉えるべき?

びっくりしすぎて返事が出来なかっただけ

告白の返事を保留にする一番の理由は、突然の告白にびっくりしすぎて、その場で返事が出来なかっただけというのが挙げられます。あまりにもビックリしすぎて、相手の事が好きにも関わらず、つい返事を保留にしてしまうという方も実は少なくありません。

返事をするタイミングをどうすれば良いか悩んでしまって、時間ばかりが過ぎ去っているというタイプもいますので、有る程度時間が経ってから、もう一度告白をする機会を作ると、相手が返事をくれる場合があるでしょう。

好きだけど、恋愛対象として意識していなかった

相手の事は好きだけど、今まで恋愛対象として見たことが無く、どうするべきか考えたいため、返事を保留にしている可能性もあります。近しい関係であった場合は特に、下手に付き合って関係性が壊れるかもしれなくなるよりも、現状維持をするべきかもしれないと、悩みまくっている方も少なくありません。

告白をきっかけに相手のことを意識しだして、相手に好意を抱くというケースも多い為、まずは考える時間を作って貰うようにしましょう。

告白がきっかけでお互いの気持ちが通じ合うかも

友達以上恋人未満の関係性がダラダラと続いていたようであれば、告白したことをきっかけに、お互いの関係性に変化が訪れる場合もあるでしょう。ですが、今までの関係性が無くなるかもしれないことを恐れて、一旦返事を保留にして、冷静になって考えたいという方も少なくありません。

ただし、告白をきっかけに事態が好転することがほとんどですので、心を穏やかにして、相手の返事を待つようにしましょう。

▼ 関連記事

告白を保留にされた・・・これって脈ナシなの?

告白から返事が保留にされたら

とりあえず大人しく待つ

告白の返事を保留にされたら、内心動揺をしてしまうと思いますが、慌てることはありません。真剣に告白をしたからこそ、真剣に考えてくれるということですので、大人しく相手の返事を待ちましょう。しつこく連絡を取り続けると、引かれてフラれてしまう可能性があります。

勿論待つと言っても、永遠に待つことはありません。とりあえず数日間、相手からの返事を待ってみて、あまりにも返事が無い場合は、改めて二人で会う時間を設けて貰うか、メールなどで連絡を取ってみましょう。

前向きに考えながら過ごす

告白の返事を保留にされたという事は、チャンスが多いにあるということです。本当に嫌な人であれば、確実にその場で断っていますので、保留をするのは真剣に考えてくれている証拠として、前向きに考えながら過ごすようにしましょう。

返事が来ない、返事が来ないと、悶々とケータイを片手に一人で過ごしていると、気分がめいってしまいます。友達と出かけたり、趣味の時間に費やすなどして、必要以上に考えないようにすることも大切です。

数日後、食事に誘ってみる

返事がなかなかこない場合、数日後、改めて食事に誘ってみると良いでしょう。誘うときにはあくまでフランクに、返事を聞きたいから食事に行こうと等は言わないようにして下さい。

食事に誘われた時点で、相手もタイミングをもらえたと思って、告白の返事をしてくる可能性が高いため、意を決して食事に向かいましょう。ただし、相手の都合によっては断られてしまったり、告白の返事をどうするか悩んで、避けられてしまう可能性もあるため、注意が必要です。

付き合える可能性が高まるコツ

二人きりではなく友達同士で出かけてみる

突然二人きりで出かけるとなるとハードルが高いですが、友達同士、グループで出かけると、気楽に距離を縮めることが出来るでしょう。男女混合何人かで出かける事で、相手との距離を自然に近づけることが出来、つきあえる可能性が高くなっていきます。

有る程度距離を縮められたら、二人で出かけられるようにもなりますので、その時に、改めて徐々に距離を縮めていくようにしましょう。

臆病な態度を取らない

相手と距離を縮めるためには、積極的に相手とコミュニケーションを取ることが大切です。相手に嫌われたらどうしようと、臆病な態度を取ってしまうと、それが相手に伝わってしまい、伝わるものも伝わらなくなってしまいます。

相手との距離を縮めるためには、勇気を出して積極的にコミュニケーションをすることが重要です。相手に嫌われないようにすることは確かに大切ですが、それはあくまで、コミュニケーションをとってから心配するべき問題といえるでしょう。

これまで通りの接し方をする

相手と距離を縮めようと躍起になり、やる気が空回ってしまった結果、相手との接し方が分らなくなってしまうという方も少なく有りません。有る程度元から仲が良いのであれば、下手に距離を詰めようと躍起になるのでは無く、今までの接し方と変わらずにした方が、お互い心地良い関係を築くことが出来るでしょう。

突然態度が変貌すると、相手もびっくりしてしまい、距離を縮めるどころか、距離が離れてしまう可能性があります。せっかく着実に縮めてきた距離が台無しになってしまいますので、今まで積み上げてきたものは大切にしましょう。

▼ 関連記事

告白を成功させる方法は?タイミングを見極めるコツ!

こんな返事はNGサイン?

「今すぐ返事は出来ない」

告白をした後、「今すぐ返事は出来ない」と、明確な返事をする期限を伝えず、曖昧な返事をされてしまったら、NGサインの可能性があります。こういった返事は大抵の場合、数日経っても数週間経っても、数年経っても返事が来ない傾向がありますので、諦める事も肝心です。

どうしても気になる場合は、「じゃあいつ頃返事もらえるかな?」と、優しく聞いて見る事も重要といえるでしょう。

「少し考えさせて」

告白をした後に言われる、「少し考えさせて」も、よくあるNGサインの一種です。こちらの場合はOKのこともありますので微妙と言えば微妙ですが、五分五分でNGサインの可能性があります。

有る程度待ってみても返事がもらえない場合や、「もう少し考えさせて」と何度も言われてしまう場合、体の良いお断りの可能性が高いため、諦めることも大切です。

「まだ知り合って短いよね?」

この言葉は、十中八九お断りの台詞ととっても過言ではありません。まだ知り合って短いのにどうして告白をしてきたのか、何が好きで告白をしてきたのか、単純に疑問に感じて、この言葉が出てくる方も多いでしょう。

ただし、この場合は、お友達からスタートをするということもあるので、最初から諦める事もありません。有る程度時間をおいてみて、返事を待つというのも1つの手といえます。

告白の返事待ちでもこれはダメ

返事を急かす

告白の返事をせかすのは、相手に負担をかけることになりますので、絶対に辞めましょう。返事をせかされると、自分の気持ちに正面から向き合えなくなってしまい、相手と距離をおきたいと感じてしまう方が多いのです。

返事をせかすような真似をせずに、数日間はとりあえず待ってみて、数日後、食事に誘うなどして、スマートに返事を聞く機会を作るようにしましょう。

畳み掛けるかのような告白攻め

直接会ったときに告白したにも関わらず、その後更に、事あるごとに告白をするなど、たたみかけるような告白攻めは、相手の負担になる可能性が高いので絶対に辞めましょう。

返事を保留したにも関わらず、どんどん会う度に告白をされてしまう、たたみかけるように告白をすると、恐怖を感じる方も多く、好意を持っていたとしても、お断りの返事をしてしまう可能性が高いでしょう。

メールや電話でしつこく連絡する

告白の返事が気になるあまり、直接告白をした後に、更にメールや電話を使って、告白の返事を迫るような真似は、スマートではありません。大人なら大人のやり方がありますので、しつこく連絡するようなマネを避けましょう。

メールや電話でしつこく連絡をすると、フラれるどころか、音信不通になる可能性があります。単純に恐怖を感じられてしまう可能性が有るため、どんと構えて告白の返事を待つことも大切です。

▼ 関連記事

告白の返事はどんなのがいい?返事を保留してしまう相手の心理とは

まとめ


告白の返事を保留にされるというケースは少なくありません。真剣にあなたとの関係を考えているからこそ、一旦冷静になって考えたいと思って居る証拠ですので、どんと構えて返事を待ちましょう。

ただし待つと言っても、何週間も何年も待つことはありません。通常であれば数日、数日では無くとも、その人にとって何らかの区切りとなるタイミング(受験や転職、特定のイベントなど)を機に、告白の返事をしたいと考えている方もいますので、出来るだけ相手の気持ちに寄り添うことも大切です。

保留にされたからこといって、告白を断られたという事にはなりません。あくまで一旦考えたいという素直な動揺から出てくる言葉のことがほとんどですので、安心して下さい。ただし、言葉によっては体の良いお断り、NGワードのケースもありますので、その場合は潔く諦めましょう。

何度も何度もしつこくアタックをかけるのも、大人としてはNG行動なので注意が必要です。