告白を保留にされたら脈なし?返事待ち期間はどれくらい?

告白の返事が保留されると、色々と気になってしまうもの。OKなのか。NGなのか。催促したくもなりますよね。

本当はNGだけど、断れなかったのか、それとも本当はOKだけど、驚いてしまってちょっと考えたいだけなのか…色々と悶々と考えて、悲しくなってしまう方も少なくありません。告白の返事が保留されるのはどういうことなのか、その理由や、どの位待つべきなのかなどをご説明します。

告白の返事が保留される理由

女性

まだ相手のことがよく分からないから、OKできない。

告白されたは良いものの、正直、そこまで今まで関わり合いを持ったことが無い人などの場合は、相手が自分と相性が合うのかどうかすら分らず、すぐにはOKできず、一旦相手の事を探るために保留をすることがあります。

これはずっと片想いをしていて、今までほとんど話したことがないけれど、思い切って告白をしたというパターンの方に多く、思いも寄らなかった人から突然告白をされて、動揺した結果、保留にされてしまうという傾向があるでしょう。

催促すると、この動揺に拍車をかける可能性があります。反射的にNGされてしまう可能性も。

本当に相手が動揺しているのであれば、下手な催促はせず、友達を交えてとりあえず告白とは無関係に食事するといったことが有効です。

恋愛が臆病になっている

恋愛自体に臆病になっていて、人と付き合うこと自体をどうするか、悩んでしまった結果、告白の返事を保留にするという方も少なくありません。どんなに二人の距離が縮まっており、二人の息が合うという場合でも、恋愛に変わるとなると臆病になってしまい、色々と冷静に考えたくなるのです。

特に、二人の関係が良ければ良いほど、恋愛に変わったとき、万が一別れるとなった時の事を想像して、それなら最初から付き合いたくないと結論を出してしまう系の女子も多いでしょう。この場合は、万が一NGとされても、時間をかけてアタックを続けると、付き合える可能性も有りますが、告白の際には、しっかり誠意を持って、自分の気持ちを伝えることが何よりも大切です。

そもそも違う人が好き

そもそも告白した相手が違う人が好きという場合、告白を保留にされる可能性があります。その理由は、相手もその人に対して片想いだから。叶わない片想いを追い続けるくらいであれば、今自分の事を思ってくれている人と付き合うべきなのかなど、冷静に考えた上で結論を出したいと考えて、告白を保留にするのです。

あなたに対して「NG」「嫌い」と思っているわけではありません。単に他の人への気持ちを断ち切れずにいるだけなのです。

この場合、告白した相手がどのような結論に至るかは、本人にしか分りません。ですが、チャンスがあれば付き合うことも決して難しくありませんので、卑屈になる必要はないでしょう。

告白の返事待ちはどれくらいまで?催促はしていい?

1週間程度がベター

告白の返事待ちは、大体平均で、1週間程度待てば良いでしょう。

1週間経っても返事が無い場合は、一度こちらから、食事に誘ってみたり、メールや電話などで一度連絡を取ってみることが大切です。フランクな催促を心がけましょう。焦って催促するのは禁物です。

告白を保留にしてから1週間もあれば、大抵自分の気持ちに整理をつけられる方がほとんど。催促がきても冷静に対処できます。余程特殊な状況で無い限り、返事をしてもらえる事が多いでしょう。ただし、連絡を取ってみて、特に告白の返事をされなかったら、もう少しだけ待ってみるのも1つの手です。

半月経ったら催促してもOK

半月が経っても返事がもらえないという場合。さすがに催促のタイミング。返事の催促をしても問題ありません。勿論攻めるような口調ではなく、メールなどで、「この前の告白の事、考えてくれたかな?」というように、マイルドに連絡をしましょう。

仕事があまりにも忙しい、家庭がバタバタとしているなど、特殊な状況で無い限り、半月もあれば、基本的に返事をしてくる方がほとんどです。OKでもダメでも、何らかの返事をもらえる事が多い為、多少催促をして、返事を貰うようにしましょう。

1ヶ月後でも返事がない場合は、実質NGの可能性

一ヶ月経っても返事が無い場合。自分が気がつかなかっただけで、相手は体よくお断りをしていた可能性があります。下手に何度も催促をすると恐怖心を与えてしまう可能性がありますので、ダメだったものとして諦めましょう。1ヶ月経ってから催促するのはほぼ無意味です。

余程の状況で無い限り、一ヶ月経っても悩み続けているというのは、大人として異常事態です。悩んでいるのでは無く、相手に直接的な断りの連絡をしたくないから、このままなぁなぁにしてしまおうという考えを持って居る可能性が高いでしょう。

返事を保留にされたら成功率は低い?

すぐに断られないのであれば、確率は半々

告白の返事を保留にされた場合、成功率はほぼ半々といえます。お互い両思いでも、驚きすぎて返事を保留にするようなケースもありますので、少し待っていれば、OKの返事をもらえるという場合も少なく無いでしょう。状況にもよりますが催促はNGです。

反対に、待てど暮らせど一向に返事が無い、体の良いお断りのNGの返事だったと気がつく事もありますので、状況やその時によって、ケースバイケースであるという事を、頭に入れて置くことが大切です。

冷静に考えたとき、答えが出やすい

その場のテンションに身を任せてOKの返事をしてしまうと、恋愛が失敗をするというケースは少なくありません。だからこそ、冷静に物事を考えた上でお付き合いをするかどうか決めたいと考える方は多く、冷静に考えたことで、答えが出やすくなる方が多いでしょう。

だからこそ催促だけはしてはいけません。

その答えが、OKであれNGであれ、その人にとっての最善の答えを出してくるといえますので、答えを真摯に受け止めて、決して相手を攻めるような真似をしてはいけません。もちろん諦められないという場合も有るかと思いますが、その場合は無理して諦める事も無く、時間をおいて告白をするというのも、1つの手といえるでしょう。

あまり催促をしすぎると失敗する可能性も高まる

相手と付き合いたいあまりに、色々とアピールや催促をしすぎるのはNG。アピールや催促をしすぎることでどん引きされてしまい、OKの返事の可能性がゼロになってしまう場合も多いでしょう。良い大人同士の恋愛は、過度な催促を避けて、相手の事を思った行動や言動をすることが大切です。

必要以上の催促をするのではなく、相手の事を考えた言動・行動をして、サラッと相手をサポートした方が、結果としてアピールに繋がる傾向があります。

男性が返事を保留する理由

いい返事が思いつかなかった

告白自体は喜んでいるのですが、その女性との恋愛を考えたことがなく、少しだけ動揺している時にありがちな傾向です。

せっかく告白してくれたのだから、相手が喜んでくれる返事をしたいと考えてはいます。ですが「どう返事をしたら喜んでくれるのか」とちょっと迷っています。またその女性と付き合うことを想像もしていなかったので、自分自身の背中を押す最後の一押しを求めている状況でもあります。

決してNGではなく、OKに気持ちが強く傾いていますが、言葉に詰まっている状態だと考えてください。

よって一旦返事を保留にするというケースもあります。どうしてそんな事をするのか不思議に思うかもしれませんが、それが男性というものです。

良い返事が思いつき次第、すぐに返事が来ますので、この場合は、数日以内に告白の返事をもらえるでしょう。きっとその返事はOKです。

今は仕事に集中したい

恋愛はどうしても自分の時間を割くもの、今は仕事に集中したい時期だから、一旦返事を待って欲しい、という意味合いで、返事を保留にするケースも多いでしょう。この場合、仕事の繁忙期、頑張りどきが終わってから、色々と考えてもらえますので、そのタイミングを狙って、改めてご飯などに出かけると良いでしょう。

彼が頑張りどきの時には、頻繁に連絡をするような事を避けて、出来るだけ相手を気遣って行動することが大切です。

相手を傷つけたくない

お断りをその場ですると相手が泣き出してしまったり、傷ついてしまう可能性が有ると考えて、一旦返事を保留にしているという男性もいます。本人はいたって心優しく悪気が無いのですが、この場合は、結果としてお付き合いをお断りされてしまうでしょう。

直接的なお断りをせずに、長い時間をかけてなぁなぁにしようとしているタイプの方も居ますので、この場合、有る程度時間が経ったら、改めてこちらから、催促の連絡を入れるようにしましょう。

キープしておきたい

相手の女性をキープしておきたいので、返事が催促されても、それとなくなあなあにして「曖昧な関係」を続けておこうと考えているケースもあるでしょう。相手に好意があれば、男性は恋愛において有利。キープもしやすいです。

キープしておけば、必要な時に呼出せたり、会いたい時に会いやすいといった関係が作りやすいのです。女性にとっては「キープされる」のはあまりよくないです。キープされそうになっていたり、答えを曖昧にされていたら催促のタイミング。キープなどという曖昧な関係は避けるようにしてください。

女性が返事を保留する理由

軽い女と見られたくない

本当に相手が好きな人だったり、付き合っても良いなぁと思う人でも、すぐに返事をすると、軽い女と思われるかもしれないと悩んで、一旦告白を保留する女性は少なくありません。もちろんこの場合、余程の事が無い限り、数日以内に返事をもらえるでしょう。

特に、あまり話したことが無いような人から告白をされたときには、一旦返事を保留にする女性が少なくありません。

恋人として見れるか判断に迷う

長年友達関係が長かった相手など、今まで別の関係性で距離を縮めてきた人から告白をされた場合、恋人として関係を変えられるのか考える為に、告白を保留するケースがあります。

こちらは可能性が五分五分で何ともいませんが、例えば、普段とは違う男らしい1面を見せることで、ギャップを見せつけて、相手もOKをするというケースもあるでしょう。

他の男性と比較したい

告白をされたのは嬉しいけれど、本当にその人にして良いのかジックリと考えたい、出来れば、他の男性とも比較をしてから、納得の上でお付き合いを始めたいと考える、したたかな女性もいます。短期間だけキープして、返事の催促がくるまで、品定めをするといったところです。

こちらは婚活や合コンなどで出会った女性に良くあるパターンで、他の男性とも同時並行で関係を進めている傾向があります。キープしている男性が複数いるのです。この場合、シチュエーション的に「キープ」されるのは男性にとっては仕方ないところ。

催促はそこそこにして、素直に返事を待っておきましょう。こちらの場合も、可能性は五分五分で有るといえます。

まとめ

告白の返事を保留にされると、やきもきして、何も手に付かなくなってしまうような方が少なくありません。ですが、返事を督促しすぎると、相手の負担になってしまったり、せっかくの告白も上手くいかなくなってしまう事が多い為、あまり攻めるような真似はしてはいけません。

告白をした後、返事を保留にされたとしても、焦らずに、有る程度は心を寛大にして返事を待つようにしましょう。相手の状況によっては、返事を返せないような時期もありますので、相手の状況も考えた上で待つことも大切です。