電話で告白するのはアリ?それともナシ?

告白をする時には「絶対に直接!」と思っている人は多いでしょう。しかし最近では、電話での告白をする人も少なくありません。
  • 電話で告白しても成功する?
  • 電話での告白の仕方や流れ
  • 電話で告白するときにおすすめのセリフ・切り出し方
  • 電話で告白がナシな理由
  • 告白が成功するタイミング
  • 電話で告白された時の返事の仕方

などを紹介します。

電話で告白しても成功する?

そもそも、電話で告白しても成功できるのでしょうか?その可能性や、メリットについても説明しましょう。

普通に告白するのとそれほど変わらない?


普通に告白する場合と電話で告白するの成功確率は、実はそれほど変わりません。どちらも成功するときは成功し、失敗するときは失敗します。今までどれだけ相手との信頼関係が築けているかによって、成功率が変わるでしょう

大切なのは、告白までのプロセス

電話で告白を成功させる秘訣は、電話での告白のタイミングだけではありません。電話をする前段階でいかに相手との距離を縮められるか、告白までのプロセスがとても大切です

お互いのことを知っているのであれば成功しやすい

お互いがもともと友達関係で相手のことをよく知っているのであれば、電話で告白しても成功しやすいでしょう。特に、友達以上恋人未満など仲が良い男女の場合は、電話越しでもしっかりと気持ちを伝えることができるはずです

二人で出かけた回数が多いと成功する可能性も高まる?

二人で直接出かけた回数が多ければ多いほどお互いに相手のことを良く知ることができ、二人の距離を縮めることができます。電話告白の成功率もアップするでしょう。

この場合、電話告白でも直接の告白でも、どちらでも成功しやすくなります。まずはこのような積み重ねをすることが、成功の秘訣と言えるでしょう。

普段の会話から自然に告白できる

電話は顔が見えないこともあって、普段の会話をしながらナチュラルに告白することができます。サラッと告白をしてサラッと返答し、少し時間が経ってから相手が動揺して聞き返す、というような展開もあり得るでしょう。

もちろん、サラッと告白をしても、適当さがないことが大切です。普段の会話をしている流れで真剣に告白をすれば、相手もきちんとその思いに応えてくれるでしょう。

顔を合わせて言うのが恥ずかしい人も

顔を合わせるとどうしても告白をすることができない人も、電話での告白はおすすめです。顔を見るとテンパってしまって、思ってもいないことを口走ってしまうという人もいるでしょう。

電話なら顔を合わせないため冷静に告白できる分、悔いのない告白をすることができたという告白経験者も少なくありません。

電話での告白の仕方や流れ

電話で告白しようと決めたら、その仕方はしっかり把握しておきましょう。よく考えないで勢いで電話してしまうと、あとで後悔することにもなります。ここでは告白の仕方や流れについて、説明します。

かけるタイミングを考える

かけるタイミングはとても大切です。彼がゆっくり話せるタイミングでかけるようにしましょう。彼が忙しい時に告白しても、ちゃんとした返事をもらえない可能性があります。「よく聞いていなかった」なんてことにもなりかねません。

彼のスケジュールがわかるのであれば、家にいるタイミングでかけましょう。少しでも落ち着いて話せるシチュエーションが必要です。

告白の準備をしておく

いざ電話で話を始めると、緊張してうまく言えなくなる場合があります。そのようなことがないように、告白の準備はしておきましょう。どのように切り出すか、相手の反応にどう答えるかなど、会話のシュミレーションをしておくことで、実際に告白するときも落ち着いて話すことができます。

しっかり告白する勇気を持つ

電話をかけてからは挨拶から始まり、しばらくは普段の会話をしていると思います。話しているうちに、どこで告白を切り出すか迷うこともあるでしょう。気が弱くなって、やめたくなるかもしれません。そうならないように、この電話で必ず告白をするという決意をして、勇気を持ってかけることが大切です

電話で告白するときはこんなセリフ・切り出し方を

電話で告白すると決めても、まずどう切り出していいのか迷うこともあるでしょう。どのような話から始めるのか、そのセリフや切り出し方を説明します。

出かけたときのお礼を伝える

電話で告白をする時にはまず、二人で出かけたときのお礼を伝えるのがいい方法です。「この前は時間を合わせてくれてありがとう」「とても楽しかった」というように、お礼を伝えたあとに告白をすると、自然な流れになって告白の真摯さも伝わりやすいでしょう

相手を体調を気にする話を

相手が体調を崩したという時など、相手の体調を気にするために電話をかけるのも有効です。わざわざ自分のために電話をかけてきてくれたと相手も喜び、その流れで告白することでいい返事をもらえる確率もアップするでしょう。

もちろん最初は、相手の体調をしっかりと気にするところから入ります。あまり相手の体調が良くない場合は、告白は控えた方がいいでしょう。だいぶ回復してきて元気な様子であれば、告白するチャンスと言えそうです

相手を褒めてから告白する

相手を褒めてから告白するのも、自然な流れになって成功率が高くなります。「いつも優しくて嬉しい」「〇〇君って男らしい」という感じで褒めたあとに「そんなところが好き」と続けていけば、告白しやすいでしょう。相手も褒められて悪い気持ちはせず、いい返事をもらえるかもしれません

伝えたい気持ちがあると切り出す

「どうしても伝えたい気持ちがある」というセリフを使うことで、相手に告白の予感を与えることができます。気持ちの準備ができ、告白をしっかり聞いてくれるでしょう。あなたが真剣であることも伝わります。こんな自分の気持ちを抑えることができないという様子が伝われば、彼もそれを受け止めてくれるかもしれません。

ストレートに好きだと伝える

回りくどく言葉を並べずに、ストレートに「好き」という言葉を伝えることが大切です。オブラートに包むよう話すと、相手に本当の意図が伝わらない可能性もあります。よくわからないまま電話を終えることにもなるでしょう。

自分がいつから、どんなところが好きになったのかを、ダイレクトに言葉で伝えてください。ストレートに伝えることが一番相手の心を動かすはずです

電話で告白はナシ!その理由

電話の告白は「ナシ」という意見もあります。どうしてなのか、その理由を見ていきましょう。

相手が本気なのか分からない

電話での告白は「ナシ」という理由のひとつが「相手の顔が見えないので、本気で告白しているのか分らない」というものです。真剣に告白をしているのかわからないので「それに対して真面目に答えられない」「電話告白はアウト」という人もいるでしょう。

告白は直接会って言うもの!

告白は直接会って言うものという考えが強い人もいます。直接以外の告白はあり得ないと考えているのです。こういう人は電話告白に限らず、メール告白なども絶対にないと考えているでしょう。こうしたタイプが好きになった場合は、勇気を出して直接の告白をするしかありません

実はドッキリじゃないか疑ってしまう

電話告白だと、騙されているのではないかと考える人もいます。実は電話の向こうに相手の友達などがいて「自分の返事を聞いて大爆笑するつもりなのではないか」と疑ってしまうのです。いわゆるドッキリを仕掛けられていていると思って本気とは受け取らないので、せっかくの告白も残念な結果になる場合があるでしょう。

告白が成功するタイミング

電話での告白が成功するには、タイミングが大切です。いつ電話してもいいわけではありません。成功しやすいタイミングについて、紹介しましょう。

デートをした翌日

電話告白をするタイミングは、デートをした翌日にお礼の電話をする時がおすすめです。デートをした当日では夜遅くなってしまうこともあるので、電話をすると迷惑になる可能性があります。必ず翌日にかけるようにしましょう

仕事後のお風呂上り

お互いの仕事が終わった後、お風呂上がりを狙って電話をすることもおすすめです。相手ものんびりとしているタイミングなので、ゆっくりと話をすることができるでしょう。告白をされて動揺してしまう可能性もあるので、なおさらのんびりしたシチュエーションが必要です。

ゆっくり会話の時間が取れるとき

お互いに時間のゆとりがある時を狙って電話をすることで、余裕を持って告白ができます。仕事が忙しい時に電話をしても、真剣に告白を受け取ってもらえない可能性があります。相手の状況などもよく考えて、告白するタイミングを決めましょう

自分が電話で告白されたら!?返事の仕方

まずは口頭か電話で伝える

自分が電話で告白される場合もあります。そのような時、どのような返事の仕方をすればいいのでしょうか?

その場で返事をする

あなたの気持ちが決まっているのなら、その場で返事をするのがベストです。あなたも彼が好きな場合は素直にその気持ちを伝えましょう。彼はホッとして喜ぶはずです。

あなたにまったくその気がなく「NO」の場合でも、その場でお詫びとともに返事をしてあげる方が彼のためにもいいでしょう。電話で話が済めば、お互いわだかまりもなくスッキリ終われるかもしれません。

後で直接会った時に返事をする

「YES」の返事が決まっていても、彼の顔を見て答えたい場合もあるでしょう。自分も好きだった場合は、直接自分の気持ちを伝えたいというのも無理はありません。そんな時は「後で直接会った時に返事をする」と伝えるのがいいでしょう。本当に迷っていて結局断ることになっても、直接会って伝える方が真摯な対応になるはずです

後で電話で返事をする

その場で心が決められない時は「後で電話で返事をする」と伝えましょう。どちらの返事をするにしても、早めにかけ直してあげてください。「YES」の時は「ありがとう。私も好きでした」「これからよろしくお願いします」という言葉を添えて、「NO」の場合は丁寧なお詫びをして、付き合えないことを伝えましょう。

まとめ

最近は電話での告白も立派な告白方法のひとつです。告白のタイミングや、二人の距離感をいかに詰められるかどうかが大切なポイントで、電話での告白そのものは十分に「アリ」と言えるでしょう。

ただし、電話告白は絶対にNGと考えている人がいるのも確かなので、相手がどんなタイプかを見極めて告白する方法を考えることが大切です。せっかく二人の距離を縮めても、相手の好みに合わない告白をしてしまって断られてしまうのは避けたいものですね。