夫が大好きな人必見!夫と幸せな家庭を作るための秘訣をご紹介

あなたは夫のことが大好きですか?もし夫のことが大好きなのであれば、いつまでも愛されて幸せな家庭を作りたいと思っていることでしょう。そこで今回の記事では、恋愛に詳しいひよこ豆さん提供の情報をもとに、夫が一緒にいたいと思う妻の特徴や嫌われるNG行動などについて詳しく解説します。ぜひご覧ください。

夫が大好きであることのメリット

夫が大好きであることは、家庭環境に良い影響をもたらします。主なメリットは次の4つ。

  • 子どもに良い影響を与える
  • 家事が苦痛ではない
  • 一緒にいて安心できる
  • 嫌なところも好きになれる

それでは順番に詳細をチェックしていきましょう。

子どもに良い影響を与える

子どもにとって、ケンカばかりしているパパとママよりは、仲良しでいる両親のほうが嬉しいものです。教育上も両親が仲良しな家庭は、そうでない家庭よりも、子どもの精神面に良い影響を与えることがわかっています。

家事が苦痛ではない

夫のためにする家事が、苦痛に感じることがありません。料理や洗濯など、大好きな人のためにすることは、しんどいという気持ちよりも楽しいという気持ちのほうが勝ちますよね。しかし、夫のことが好きと思えないのであれば、家事は苦痛でしかないでしょう。

一緒にいて安心できる

夫のことが大好きなのであれば、家の中やデートなど、同じ時間を過ごすことが楽しくて安心感を持つことができます。逆に、どこかに出かける際に、夫がいなければ落ち着かないかもしれません。

嫌なところも好きになれる

夫の嫌なところが、どのようなことであっても好きになれてしまうことです。たとえば、普通だったら嫌だと思う体臭や、家の中を片付けられない性格も、大好きな夫であれば愛おしいと思えてしまいます。

夫が大好きであることのデメリット

カップル 喧嘩 無視

夫が大好きであることは良いことばかりではありません。デメリットは主に以下の5つです。

  • やきもちを焼く
  • 仕事で家にいないと辛い
  • 束縛してしまう
  • 既婚女性に理解してもらえない
  • 夫にうざがられる

それでは順番に見ていきましょう。

やきもちを焼く

夫のちょっとした行動で、やきもちを焼いてしまうことです。たとえば、仕事の飲み会の場に女性がいたり、仕事の付き合いでキャバクラに行ったりすることになったときです。仕事の付き合いであるとわかっていても、大好きであるがゆえにどうしてもやきもちを焼いてしまうのです。

仕事で家にいないと辛い

夫が大好きすぎて、1日でも家を空けられると辛くなってしまいます。たとえば、仕事で出張することになれば1日だけではなく、長期の場合は1ヶ月以上になるような人も多いので、テレビ電話などを利用して寂しさを減らすしかありません。

束縛してしまう

夫のことが大好きすぎて束縛が激しくなり、重いと思われてしまいます。たとえば、仕事場に女性がいるため、飲み会には行かせないように門限を決めたり、お小遣いをわざと少なくしたりして、夫に負担をかけてしまうようなことです。

既婚女性の集まりで理解してもらえない

世間では、夫のことが大好きという女性は、残念なことに珍しいほうです。そのため、既婚女性の集まりがある場合に、夫のことが大好きである話をすると、どうしても会話で浮いてしまいます。夫のことが大好きである話をする場合は、共感してもらえず落ち込む可能性があるので、控えるのが良いでしょう。

夫にうざがられる

夫のことが大好きで、「ずっとくっつきたい」「片時も離れたくない」という気持ちが全面に出てしまうと、夫に鬱陶しいと思われてしまうリスクがあります。夫のことが大好きなのは良いことですが、ほどほどにしないと夫が引いてしまい、離れてしまう可能性があるので注意しましょう。

夫が一緒にいたいと思う妻の特徴

夫が一緒にいたいと思う妻の特徴として共通しているのは、夫のことを第一に考えて行動をしているということです。以下に5つの特徴を記載しましたので、ぜひ実践してみてください。

笑顔が絶えない

笑顔が絶えない女性は、とても魅力的です。そのため、夫が家に帰り笑顔で迎えられると、「家に帰ってきて良かった」と思ってもらえて、早く家に帰りたい気持ちが強くなります。笑顔が絶えない家庭ほど、幸せなものはありません。

夫の趣味を理解してくれる

世間では、夫の趣味を理解しない女性が多いです。そのような中で夫の趣味を理解し、一緒にその趣味について話せるとなると、とても喜んでくれます。男性の心理として、趣味を理解・共有してもらえると嬉しいのです。

話をよく聞いてくれる

女性は、自分主体の話をしていまいがちです。そのため、そこは少し抑えつつ、まずは夫の話をよく聞いて、その話について共感しているような相づちを打ってあげましょう。そうすれば、夫はあなたと一緒にいることに安心感を覚え、あなたの話を聞いてもらえるようになります。

気配り上手

ちょっとしたことでも気配りができる女性は、一緒にいて心地良いと思ってもらえます。たとえば、帰ってきたらさりげなくお茶を出してくれる、自分の好きな食べ物がたくさんあるにも関わらず健康的である、柔軟剤が臭すぎず良い匂いがするなどです。こういったさりげない気配りが積み重なると共に、夫のあなたへの愛情も積み重なっていきます。

女性らしさを忘れていない

何年一緒にいても変わらず綺麗にしている妻は、夫からするととても誇らしいものです。女性からしたら難しいこともかもしれませんが、服装といった外見だけでなく、仕草なども女性らしさを忘れないようにしましょう。そうすれば、いつまでもあなたと一緒にいたいと思ってもらえます。

夫に嫌われてしまうNG行動

大好きな夫に嫌われないようにするためにも、やってはいけないことは押さえておきたいところ。ここでは、夫に嫌われるNG行動についてまとめましたので、確認していきましょう。

夫のすべてを管理しようとする

夫のすべてを管理しようとすると嫌われやすくなります。たとえば、仕事やプライベートなどの行動すべてを報告しなければいけないというルールを作るといった具合にです。このようなことをすれば、夫はまず間違いなく苦痛に感じてしまうでしょう。

夫に対しての暴言や暴力

昨今問題となっている妻からのDVです。DVには、殴る蹴るといった暴力だけでなく、言葉の暴力も含まれます。ちょっとしたケンカからも、たくさん暴言を吐いてしまうと夫は嫌になり、家になかなかいない状態になってしまうでしょう。

周囲の人の悪口

自分の友人だけでなく、夫の交友関係にも嫌味や悪口を言ってしまう場合です。いくら自分は悪くなくても、他人の悪口を言うことによって、悪いイメージを持たれてしまいます。人はマイナスの感情を持つ人とは一緒にいたくないと思うものです。

言葉遣いが汚い

夫に対してではなく、ふとした瞬間に発する言葉が汚くなると、夫はドン引きしてしまい嫌われてしまいます。男性は、清潔感と品のある女性を好む傾向があるので、綺麗な言葉遣いをすれば嫌われる心配は少なくなるでしょう。

いつも不機嫌

いつも不機嫌でいることも、夫から嫌われる原因になってしまいます。女性にはホルモンバランスが崩れる関係で、不機嫌になってしまう時期があるもの。

しかしそのようなときでも、笑顔でいてあげたほうが夫のためです。もし、我慢できないようであれば、「不機嫌になってしまう時期があるから許してね」と伝えておくと良いでしょう。

夫からも愛され幸せな家庭を作るための秘訣

夫からも愛され幸せな家庭を作るとっておきの秘訣が6つあります。これらを実践して、円満な家庭を築きましょう。

家をキレイにする

仕事で疲れている夫は、家に癒しを求めるもの。たとえば、キレイな家に帰ってくると、戦闘モードから一気にプライベートモードになります。そうやって迎えてくれる家には、毎日帰りたいと思うこと間違いなし!と言えるでしょう。

笑顔を絶やさない

夫が仕事を頑張っている理由のほとんどが、家庭の維持・発展のためです。そのため、いつも笑顔で迎えてくれる妻がいれば、「この人のために頑張ろう!」と思ってもらえて、家庭の雰囲気がずいぶん良くなるでしょう。

感謝や謝罪の言葉を忘れない

長く一緒にいると、「ありがとう」や「ごめんなさい」といった言葉を言わなくなる夫婦が少なくありません。たとえば、洗い物など些細なことをしてくれただけでも感謝の気持ちを伝えましょう。そうすれば夫も「やって良かった」と嬉しくなります。

逆に夫がしてくれることにダメ出しをするようでは、「なら自分でやれよ」と夫側の不満が生じ、夫婦の溝を深めるだけです。

思いやりを忘れずに

夫からも愛されて幸せな家庭を作るためには、思いやりの気持ちと行動が大切です。あなたがその精神を忘れてしまうと、ぎくしゃくとした関係になってしまいがち。相手の体調を気遣ったり、何をしてほしいか観察してして実行してあげたりすることが大切です。

コミュニケーションをとる

長く一緒にいたとしても、コミュニケーションをしっかりととるようにしましょう。たとえば、面倒臭がらずに食事を一緒にする、寝る前に一日の出来事を話す、休日に一緒に過ごす時間を作るなどです。幸せな家庭を作りたいのであれば、夫婦の時間を忘れてはいけません。

干渉しない

幸せな家庭を作るには、お互いが干渉しすぎないようにすることが大事です。干渉をしすぎると苦痛を感じ、家にいることが億劫になります。実際に帰ってこない日が多くなれば、いずれ離婚の危機が訪れるようなことになりかねないので、くれぐれも気をつけなければいけません。

まとめ

夫が大好きであることは、明るい家庭になりやすく子どもにも良い影響を与えます。しかし、気持ちが過剰になると、ちょっとしたことで嫉妬など良くない感情が芽生えて、それを夫にぶつければ負担をかけてしまいます。そんなことでは、離婚に近づく一方です。

そうならないためにも、今回ご紹介した内容を参考に夫に嫌われるNG行動を避けてください。加えて、夫からも愛され幸せな家庭を作るための秘訣を実践すれば、いつまでも大好きな夫と円満な家庭を維持することができるでしょう。