結婚願望がない人の本音は?結婚願望がない人に結婚を意識させる方法

昨今、男女ともに結婚願望がない人が増えている傾向にあります。結婚したくない人が増えている背景、結婚願望がない人と結婚するにはどうしたらいいか、情報提供者、能美隼人さんの情報をもとにレクチャーします。

 

結婚したいと思う男女が少なくなっている?

結婚願望がない若者が増えているそうです。確かに恋愛すらめんどくさい、という若者もいるので結婚願望がない人が増えてもおかしくない状況でしょう。実態はどうなのでしょうか?

 

「将来結婚したいと思いますか」20代にアンケートをとったところ…

20代の男女に「将来結婚したいですか?」とアンケートをとったところ、男性の約40%、女性の約20%が結婚願望がない、という回答。結婚願望がない、と答えた20代の人達の背景にはどんな状況や心理が働いているのでしょう。

結婚に対してネガティブな印象を持っている人が多い

昔は「結婚はするもの」「結婚はしなければいけない」という固定観念がありましたが、現在は結婚が必ずしも楽しいものではなく「自由がなくなる」というネガティブな捉え方をされることが多くなってきました。また身近な人や自身の両親が離婚していて寂しい幼少期を過ごした、など結婚に対していい印象を持てない人達が増えていることもあるようです。

 

男性は収入面で家庭を持つ自信がない

男性にとって「結婚する」とは「所帯を持つ」という言い方をするように自分の収入で養う、という考え方が男女共にまだ根強くあるため、家庭を持つ自信が持てないことも…。昨今では男性でも契約社員で就労せざるを得ない人が多いことも要因のひとつでしょう。

 

女性は結婚しなくても生きていける環境がある

昔なら嫁に入る、といって結婚したら奥さんは家事仕事、男は外で働く、という昭和な家庭像がありました。その頃は「いい歳」した女性が独り身なんて、とお見合いを勧められ、結婚するのが当たり前のような時代。でも現在では女性が一人気ままに暮らしていても周囲からの目、というものは昔に比べれば気にせず過ごせてしまう環境が整っていることも影響しているようです。

 

女性は結婚後の方が負担が大きい、と感じている

女性の場合、結婚したら仕事はどうするのか、子どもができたら、家事の分担は?嫁姑問題、親の介護は…ここであげただけでも結婚生活になるとガラリと変えなければならない事柄が多岐に渡って存在しています。未だに仕事を持っているにも関わらず、家事全般は女性だけがやっている、という夫婦も未だに多いようですね。

 

現在のそのような状況を、結婚した友人から聞いたり自身の育った環境がそんな家庭だったりする場合、どうしても結婚後の家事育児の負担、というものが重く感じてしまい、結婚に二の足を踏んでしまうのかもしれません。

 

結婚願望ある?付き合ってる相手に確かめる方法

 

周りくどい聞き方はNG!ストレートに話すのが一番

一番間違いのない方法は二人の”将来の計画”について自分の希望を伝えたり、ストレートに結婚について話をすることです。ハッキリ伝えないと各々の捉え方で話を解釈してしまうので、お互い勘ぐりあうような結果になってしまうことも…。ちょっと勇気のいることですが、 自分の考えや希望を相手に表明してこそ相手の本当の気持ちを知ることができるのです。

 

探りを入れるなら芸能人や友人の結婚話をしてみる

ストレートに聞くなんて無理!という人には、それとなく探りを入れる方法をお教えしましょう。芸能人や友人の結婚や家庭の話題などについて、相手がどう思っているのか聞いてみたり、自分の両親の結婚生活の話をしたり相手の両親や兄弟の結婚生活の話を聞いてみたりして、そこから相手の考え方を探っていくとよいでしょう。

 

結婚願望がない彼氏にも「結婚したい」と思わせるには

結婚願望がない理由は人それぞれで一概にこうすればいい、というものはありません。ですが結婚願望がない、と公言している男性でも本人は気づいていないかもしれませんが「人生を共に歩んでくれる人はいてほしい」と望んでいるものです。そんな彼の心をうまくくすぐるヒントをお教えしましょう。

 

あなたとの結婚生活が楽しいもの、というイメージを持ってもらう

あなたとの結婚生活が楽しいものであるというイメージを持ってもらうことが、結婚願望がない男性でも「あなたとなら共に生きていきたい」と思わせる近道です。デートの最中「また遅刻?」「連絡くらいしてよ」などネガティブなことを言われるよりも、ちょっとの失敗なんて気にしない、といったポジティブな彼女の方が一緒にいて楽しい、と思うに違いありません。それは男女関係なく感じることではないでしょうか。

 

「彼女と一緒にいるとなんだか落ち着くんだよな」と彼氏が感じられることも結婚へと道を開くポイントです。仕事でもなんでもない休みの日に、肩肘張らず一緒に過ごせてなんだか落ち着く、という相手に男性は心惹かれるものです。一緒にいて疲れない、ということから結婚願望がなくても「彼女と共に生きていきたい」という感情が芽生えれば、結婚を意識するようになる可能性が高まります。

 

相手に依存せず自立した女性になろう

彼に依存する彼女になってしまうと、一緒にいることが彼にとっては苦痛になってしまい、人生を共に生きたい、とは思えなくなってしまうもの。結婚願望がない彼は、おそらくあなたが彼だけに依存せず、仕事や趣味で輝いている姿を見ることが好きなはずです。あなたが彼の言動に左右されずに楽しむ姿は、きっと彼の気持ちをほぐしてくれ「彼女とならずっと一緒にいたい」と思ってくれることでしょう。

 

結婚願望がない彼女を「結婚したい」と思わせるには

では結婚願望がない彼女にはどうしたら「この人となら結婚してもいいかも」という感情を持ってもらえるのでしょうか。女性の方が現実的、とはよく言われることですね。そういった面から結婚を具体的な現実の生活、と捉えてしまうことから結婚願望が湧かない、ということになっているのかもしれません。

 

あなたとの結婚生活に安らぎがあることを感じてもらおう

基本的に結婚願望がない男性とアプローチの仕方に違いはありません。あなたとの結婚生活が楽しく、安らぎがあるものであるというイメージを持ってもらえるような行動を心がけましょう。女性は日常生活の中で何気なく行っていることにふと男性の優しさを感じたりするものです。

 

本当に彼女と結婚したい、と思っているなら彼女の人生設計を聞いてみることも大切です。 彼女にとって結婚することに何の意義も感じていない、ということの本当の理由を探るためにも一度はお互いの人生設計を話すことをおすすめします。

 

人生のパートナーとしてサポートする姿勢をみせよう

結婚は人生のパートナーシップ。前項でも述べましたが、彼女がどんな人生を送りたいか、どんな夢を持っているかをよく聞いてあげてください。その上で彼女の一番のサポーターとして行動することが大切です。女性の場合、特に一体感がとても重要なポイントとなってきますので、結婚生活の中でも自分の望む人生が送れるんだ、と彼女に感じさせてあげることが必要なのです。

 

また結婚願望がない彼女にとっては、結婚すると家事の負担が重くなる、というイメージを持っていることも少なくありませんから、家事など一人暮らしでもきちんとこなしているとかなり好感を持ってくれる可能性大です。

 

本当は人生の伴侶がいてほしい人が大半

核家族化して久しい昨今。子どもの頃から一人で過ごすことに慣れていることが、結婚がめんどくさい、と思う一因になっているようです。今ではスマホさえあれば、ゆるく友人とも繋がっていられるから寂しくない、と思っているシングルの人も多いのでしょう。一人で過ごすことが好きでも一人で生きている訳ではなく周囲との関わりの中で生きるのが人間。

 

現在、結婚願望がない人は「人生の伴侶を得ること=結婚」という固定観念には囚われていないだけで、本当は「自分を理解してくれて一生一緒に過ごせる伴侶がほしい」と思っているのではないでしょうか。人生の伴侶を得ると喜びは倍以上に、悲しみは半分に感じるものです。お互いに共有した思い出はかけがえのない財産となるでしょう。勇気を出して一歩踏み出してみては。