彼女が冷たい理由わかりますか?彼女に冷たくされたときの対処法

最近なんとなく彼女が冷たい・・・そう思ったことのある男性はいないでしょうか。はっきりとした理由がわからなければもやもやしますね。
  • 彼女が冷たいと思うきっかけ
  • 彼女が冷たい理由
  • 彼女が冷たい時の対処法

を知っておきましょう。

彼女が冷たいと思うきっかけ

付きあいはじめた頃はあんなにラブラブだったのに・・・彼女が冷たいと感じるきっかけで代表的なものを知っておきましょう。

会う時間が短くなった・会う約束をしなくなった

付きあった当初は学校や仕事が休みのときは何かにつけて会っていたのに、最近は会う約束すらしなくなった。そういった状況は冷たいと思うきっかけでよくあることの一つです。会う約束をしなくなっただけでなく、せっかくのデートもすぐに切り上げられてしまうということもあります。

友達を優先するようになった

今までデートの誘いにはいつもオッケーをもらっていたのに、そうでなくなった時にあれ?と違和感に気づきます。友達との約束やサークルとの集まりを優先するようになり、彼氏との約束が二の次、三の次にされるようになると、冷たくなったと感じるでしょう。

自分のことを話さなくなった

今までは聞いてもいないのに自分のことをペラペラと話をしていたのが、急に自分のことを話さなくなったという変化もあります。今まではさりげないことでも二人で会話が盛り上がっていたのに、彼女が自分のことを話さなくなったため彼氏が一方的に会話を進めている状況は、やはり違和感のあるものです。

あまり笑わなくなった

今まではデートの時によく笑ってくれた彼女があまり笑わなくなったのも、冷たく感じるサインの一つです。デートしていても盛り上がりに欠けますし、なんとなく冷たくてそっけなくされたと感じてしまいますね。

メールやLINEが来ない

マメな彼女でメールやLINEを頻繁にやりとりしていたのに、こちらから連絡するまでなんの反応もないという状況も、彼女の冷たさを感じるサインです。ラインの既読スルーが増えたり、既読になるまで時間がかかったりといったこともありますし、スタンプだけの返信になることもあり、連絡を取るのが面倒なのでは?と感じてしまいます。

彼女が冷たいのはどうして?

では彼女はどうして冷たい態度をとるのでしょうか。原因を話してくれないとわからないことなのですが、多くの彼女は原因を話さないけれども、態度に表していることがあります。どういった原因があるか、思い当たる節がないかチェックしてみましょう。

実は寂しくて拗ねている

仕事やプライベートが忙しく彼女をないがしろにしていた、会っていても上の空だった、というような行動に心当たりのある場合は、「実は寂しくて拗ねている」のが彼女の冷たい態度に現れているかもしれません。寂しい時に寂しいと素直に言える人ばかりではありませんから、まずは自分の態度を振り返り反省してみましょう。

もとから恋人より友達や趣味を優先する性格

付きあったからといって何よりも彼氏を優先する女性ばかりではありません。もともと友達や趣味も優先しながら恋愛をするタイプの女性だったという場合もあります。そういったタイプの女性でも、付きあいはじめの頃は彼氏を優先にしていたのでしょう。しばらくたって素の自分に戻っただけ、という心配のいらないケースもあります。

仕事や家のことなどなにかと忙しい

最近では仕事における性差別がなくなりつつありますから、女性でもハードな仕事をしている人は少なくありません。仕事や家の用事など何かと忙しいため、ついつい気心の知れた彼氏にはそっけない態度を取っているということもあります。彼女の私生活や悩んでいることについて少し聞いてみるとよいでしょう。

生理前によるイライラ

女性は男性と違って毎月生理がくるため、どうしてもホルモンバランスによって気分が左右されます。毎月同じころにイライラしていて、しばらくするとおさまるのであれば生理前のPMSが原因なのかもしれません。彼氏がどうにかできる問題ではありませんから、こういったときはそっとしておくのが大切です。

マンネリ化している

二人の付き合いがマンネリ化しているのが原因で、冷たくなっていることも考えられます。彼氏側が付き合い始めはデートプランなどを真剣に考えていたのに、次第にワンパターンになってきてマンネリ化を感じているかもしれません。

男性にとっては関係が安定していて心地よいと感じていたのに、女性にとっては退屈だったということもあります。時には普段しないようなデートを考えてみましょう。

彼からの気持ちが重たい

彼女のことが好きすぎるあまりに、四六時中連絡を取ろうとしたり、彼女のプライベートに必要以上に干渉したりすることはないでしょうか。こういったことが続くと、いくら彼氏の愛情とわかっていても面倒に感じるでしょうし、気が滅入ってしまうこともあります。愛情表現は彼女の反応を見ながらにしましょう。

扱いが適当だと思っている

付きあった当初は彼氏から大事にされていても、だんだんに扱いが適当になっていると感じることもあります。自分はそうは思っていなくても、相手の心のうちは分かりません。彼女の心が離れる前に、大事に思っているということを言葉や行動で表しているか考えてみましょう。

一緒にいても未来が見えないと思っている

女性は男性に比べて子どもを産む年齢が限られていますから、適齢期の彼女は特に結婚に敏感になります。結婚の話をしないのはもちろんのこと、仕事が続かなかったり金銭面でルーズであったりと将来を描けない男性と付き合っていては冷たくされるのも無理ないのです。

他に好きな人が出来てしまった

もしかしたら、他に好きな人ができてしまったのかもしれません。新しい職場など環境が変わってしまった場合は、なおさらその可能性が高いです。特に目を見てくれなかったりスキンシップを嫌がったりするのは、そういった理由かもしれません。それに関しては明確な対処法はなく、別れを切り出されないように努力するか見守るくらいしかできません。

気が付かないうちに彼女を傷つけている

自分は気がつかないうちに彼女を傷つけていることも、可能性としてはあります。たとえば大事にしている記念日を忘れていたり、デートをキャンセルしたりなどといったことです。最近彼女が冷たいと感じたら自分の行動を振り返ってみましょう。

彼氏の言動や性格に問題があり怒っている

お互いによく知らずに付き合った場合など、彼氏の性格面や行動面に許せないところがあると思って怒っているケースはあります。自分の性格で彼女を傷つけていることはないのか考えましょう。わがままな行動や優柔不断な性格など、自分では気づけないこともありますから注意が必要です。

彼氏が浮気していると思われている

もしかすると浮気を疑われて冷たくされているのかもしれません。連絡の取れない時間が多い、女友達とよく会っている、二人でデートをしているときもこそこそとLINEをしているような不審な行動があれば、冷たくされたとしても無理はないでしょう。自分の行動が、浮気をしているという誤解を招いている可能性も考えてみましょう。

彼氏が他の女性を気にかけているから

浮気とまではいかなくても、ほかの女性を気にかけているところはないでしょうか。たとえば、同僚や後輩の女性のことばかり話している、街中で見た女性を目で追っている、彼女とまったくタイプの違う女性芸能人をかわいいと言っているようなことはありませんか。嫉妬をして冷たくされていることもありますから、彼女が気にしている場合は他の女性の話は一切しないように気をつけましょう。

彼女が冷たいときの対処法

実際に彼女に冷たくされた、なんとなく最近冷たいと感じるといった人は、しっかりと対処をしたほうがよいですね。このまま冷たくされた状態が続くと、自然消滅や別れにつながることがあるからです。

愛情をストレートに伝える

付き合ってしばらくたつと、「愛している」「好きだ」と気持ちを言葉にして相手に伝えていない男性が多いでしょう。しかし女性はいつでも愛されたい生き物です。そのためふとしたときにでも愛情をストレートに伝えると、彼女の態度が変わる場合もあります。

理由を聞いてみる

冷たくされるには、何かかしら理由があります。自分ではそれが分からないときは、ストレートに理由について聞いてみましょう。はぐらかされるかもしれませんが、自分が些細なことだと思っていても彼女にとっては大問題といったケースもあります。自分に非があるのであれば、言い訳をせずに素直に謝りましょう。

メッセージカードを添えたプレゼントを贈る

好き、愛していると伝えるのは意外と難しいですね。そのような場合は、手書きのメッセージカードを添えたプレゼントを贈るのもよいでしょう。二人の記念になるような贈り物をじっくりと考えてプレゼントしましょう。彼女にも自分の真剣さが伝わりますよ。

将来について話をしてみる

適齢期の彼女の場合は、将来について話をしてみるのもよいかもしれません。付き合っているけれど煮え切れない・・・そんな場合は将来の話をすることで、こちらが大切に思っていることも同時に伝わるからです。

悩み事がないか聞いてみる

悩み事があってデートどころではない、彼氏に相談したいけれどもなかなか言い出せず悩んでいるという場合もあります。もしそういった様子がみられたら素直に悩み事がないか聞き、悩みに寄り添う態度をとるようにしましょう。そんな姿を見た彼女は頼りになると感じ、今より彼氏のことが大事な存在になるかもしれません。

原因が分かったら素直に謝る

もし、そっけなくされた言動の原因が自分にあるとわかったらくだらない言い訳はせずに素直に謝りましょう。男らしく素直に謝ることで二人の間の心のわだかまりも溶けるからです。言いたいことがあるならまずは素直に謝罪してから伝えるようにするとよいでしょう。

無理をしてでも会う時間を増やしてみる

愛情不足によりマンネリ化を感じ、冷たくなっている場合もあります。また浮気を疑っているケースもあるでしょう。こういったときには多少無理をしてでも、二人で一緒にいる時間を作ることが誤解を解く近道になります。

まとめ

彼女が冷たいと思うきっかけは、会う時間が短くなったり、友達や趣味を優先されたり、デートの誘いを断られたりメールやLINEが少なくなったりといったことがあげられます。

彼女が冷たい理由は、もともとそういうドライな性格であるということもありますが、寂しくて拗ねていたり、彼氏の言動や性格にイライラしたり、将来が思い描けなかったりといったこともありえるでしょう。

そういったときは理由を聞いてみる、謝ることは素直に謝る、時にはメッセージを添えたプレゼントを贈るなどといったことが有効です。