彼女が冷たくて不安・・・彼氏が気づいていないアレが原因かも!

彼女が自分になんだか冷たい・・いつもと違うと感じる時、お付き合いをしている間にこうしたことも何度かありますが、場合によっては彼女が別れを決意していることもあります。

もちろん、何かすねていたり、浮気を疑っていて冷たくするという事もあるかと思いますが、彼女がこのところずっと冷たいと思う時には、彼女がお付き合いすることについて何か悩みをもっている可能性の方が高いです。

彼女が冷たい時の原因と対策


近頃彼女が冷たい、連絡が来ないしあっても以前の様なラブラブした感じが無くなったという時には、彼女が別れを決意している可能性もあります。

そんな時、彼は彼女に対してどのような態度をとるべきなのか、その先にもしかしたら別れがあるかもしれませんが、ずっともやもやしている状態よりはっきりした方がいい時もあります。

彼女の様子をよく観察し、冷たいという事のほかに、何かおかしいところがないか?考えてみることも必要でしょう。

彼女が冷たいと感じる時とは

別れようと思っている時、また好きな人が出来た時、好きとまではいかないけれど、一緒にいると楽しいと思う気になる男性がいて、彼に申し訳なくて冷たい態度に出てしまう時等、彼女が彼に冷たい態度を取る時には理由があります。

ただ単に彼女の知り合いと仲良くしていたことに怒っているとか、彼の行動が気に入らないとか、彼が疑惑の行動をとっていたことで浮気を疑っているという事もあるので、彼女の気持ちをしっかり聞いてみることがまず、必要になってくると思います。

気になる男性がいる

彼女に気になる男性が出来た時、彼女としては彼にどういう態度をとっていいのかわからず、冷たい態度になってしまう事もありますし、またもう別れたいと思っていて、嫌いになってほしい、もう気持ちがあなたにない事を気が付いてほしいと冷たくする場合もあります。

明らかに態度がおかしいと思う時や、自分以外の別の男性がちらついているという場合には、彼女にはっきりと「好きな人が出来た?」と聞いてみることも必要でしょう。

冷たい態度に全く理由がないという事はないはずなので、彼女に話をしてみて、素直に気になる男性がいると告白してくれるかもしれません。

先を考えられない

彼と付き合っていく中で、将来が見えなくなっている彼女もいます。

例えば彼が正社員として働く気がなく、アルバイトや契約社員で雇用を繰り返しているという場合は、結婚願望のある女性ほど離れていく確率が高くなりますし、お金にだらしなかったり、いつまでも遊んでばかりいる男性には、見切りをつけなければと考えて冷たい態度をとっていることもあると思います。

彼女がほかの人を気になっているという状態の時、彼女がほかの人を好きになってしまった要因が自分にないか?という事もここでしっかり考えておけば、別れてから、今の自分を違う自分に変えていこうと考える事も出来るでしょう。

結婚できない人の特徴はこれだった!知って防ぐ豆知識

彼女が冷たく感じる時の兆候


何となく彼女が冷たいような気がするという事に気が付く男性もいますが、また何かすねているんだなとか、ご機嫌斜めだなとしか受け取らない男性もいて、その場合、彼女がいきなり別れを告げてきても、意味が解らないと引きずる事が多いです。

彼女の行動がどのように冷たくなったのか、その行動によって、自分に気持がないのかもしれないと受け取ることもできます。

連絡が少なくなった

彼女の方がいつも連絡をよこす方で、自分としてはうざいと思うほどに連絡がいつも来ていたのに、最近は連絡の回数が極端に少なくなり、内容も「了解」とか「会社にいるから電話出来ない」などの業務的な連絡で、ラブラブした感じがないとなると、彼女はすでに他の人を好きになっているかもしれません。

LINEの回数が少なくなったり、既読が遅い、返信がない、電話してといってもこないとなる場合、一度彼女と会ってしっかりと話を聞く方がいいかもしれないです。

彼が最優先ではなくなった

いつ連絡しても出てきてくれたし、土日にデートに誘うと友人との遊びをキャンセルしても来てくれたのに、今はデートに誘っても「友達と遊ぶ約束しているからごめん」とか、「ちょっと疲れているからまた今度」等、明らかに自分優先ではないという状態になったら、彼女の気持ちが変わってきた証拠と考えていいでしょう。

女性は一般的に好きな人ができると、彼の事を優先したいという気持になりますし、大好きでいつもあいたいと思う彼なら、他に約束があっても何とか会いに行こうとしますし、デートの約束も「次はいつ会える?」「次のデートはいつ?」と自分の方からアクセスしてくると思います。

それが全くなくなり、もしかして避けられている?迷惑?と感じるようなLINEだったり、メールだった場合には、一度しっかりと向き合って今後の話などを聞いてみた方がいいでしょう。

笑顔が少なくなった

好きな人と会っている時、一緒の空間で過ごせている時には、とびきりの笑顔を見せてくれるはずですし、デートの時に笑顔が少なくなったという事は、彼女の中で何かが起こっている可能性があります。

例えば同じ会社の中に気になる人がいて、彼の前でその気持ちを申し訳なくて笑顔になれないとか、彼と一緒にいるよりも気になる彼と一緒にいたいのにという気持ちがあり、笑顔になれないこともあります。

もちろん何か悩みがあって彼の前でも笑顔を作れないという事があると思いますが、その場合、いま彼女からの連絡がいつも通りにきているか、また一緒に過ごしている時に楽しそうにしているかなどを考えてみてください。

連絡が少なくなっていて、LINEの既読も遅く、返信も来ないことがある、その上で一緒にあっている時に笑顔が少ないという事なら、彼女の気持ちに変化があって笑顔でいられない状況かもしれません。

彼女が冷たいと思った時にすること


なんだか彼女が冷たくてものすごく不安という時、男性も彼女の気持ちをいろいろ想像し、もしかしてもう別れたいと思っているのかなと考える事もあります。

でもまずはなぜ?自分に冷たくなったのかしっかり考えてみて、思い当たる節があるなら彼女としっかり話をして誤解を解く、理解してもらうことも必要です。

彼女の態度があまりにも冷たく、これはもう気持ちが離れたという事だと感じる場合には、彼女に直接気持ちを確かめることも必要だと思いますし、別れになるかもしれないという覚悟も持っておくべきでしょう。

何故冷たいのかを考える

彼女が別れたいとか別に好きな人が出来たという時以外でも、彼にわざと冷たくすることもありますので、まずは自分が何か彼女を怒らせる事をしていないか?考えてみましょう。

グループで飲み会にいって彼女以外の子が横に座って仲良くしていた、それが彼女にとって嬉しそうに見えて嫉妬して冷たい態度をとっていることもあると思いますし、一緒に映画を見ようといっていたのに、いつも仕事になってみようと約束していた映画を見る事が出来ずにいるとか、一緒に行こうといっていたカフェに、友達と先に行ったことがばれたとか、ほんの些細なことかもしれません。

こういう理由なら、約束していたことを何があってもしっかり守るようにするとか、彼女がやきもちを焼いているようなら、「誤解したならごめんね、でも自分が好きなのは○○だけだよ」と優しく話をして誤解を解く等、ご機嫌が悪くなっている状態を打開する方法を考えます。

冷たい理由が全く考えられないし、友人にきいてもわからないという場合には、他に好きな人が出来た、気になる人がいるという可能性も否定できません。

彼女に理由を確認する

明らかに彼女が自分に対して冷たい態度をとっているという事なら、面と向かって「どうしてそんなに冷たい態度をとるの?前と全然違うから俺だっておかしいなとわかるよ」と理由を確認してみます。

彼女の方が冷たくなんてしてないよと言っても、自分にとって完全に冷たい態度、以前と違う態度であるなら、しっかりと彼女に「隠さないで何かあるなら言ってほしい」と真剣に向き合う様に話をしましょう。

しっかりと話をしてほしいと求めることで、彼女も隠していることがあるなら、しっかり話をしないといけないと気が付くと思います。

関係を修復するよう努める

彼女が他に好きな人が出来た、もう別れたいという事なら仕方ないのですが、気になる人がいてその気持ちをもっていることが申し訳ないという事なら、まだ関係を修復できるかもしれません。

その場合、彼女に媚びるとか彼女が好きな事をするという事ではなく、彼女に対していつも誠実に、あっている時にはいつも通り楽しく、自分が彼女の事を好きなんだよという気持ちをもって普通に接してあげます。

ここで彼女がやっぱり気になる彼の事が好きという事なら男らしく諦めること、彼女が思い直してくれたら、今まで以上に彼女の事を大切にしてあげる事です。

まとめ


人の気持ちというのはいつ変わるかわかりませんし、どんなに愛し合っていた二人でも、彼女が運命の人と巡り合ってしまった時、いきなり心が変わることもあります。

ただ付き合っていく中で、この人、付き合ってからずっと私の事を大切にしてくれていたのに、最近は全然大切にしてくれないと思うようになると、女性は他の優しい男性や、彼にはない魅力を持った人に心惹かれることもあります。

彼女が冷たい態度を取るようになる前に、彼女がつまらなそうにしていたり、悲しそうにしている姿に気が付くこと、付き合っているからと安心し、彼女に思いやりを見せない男にならないことが大切です。

彼女が冷たい態度を取る時には、かならずそこに何らかの理由があると思いますので、その理由をしっかりつかみ、修復できるかどうか、よく話し合う事も必要です。