彼氏が変態すぎる!そんな彼の特徴や心理、うまく付き合う方法

彼の事は心から愛しているし、ずっと付き合っていきたいと思っている、でも彼と付き合っていくうちに、この人かなりの変態じゃない?と思う言動、行動が見えてくるとどんなに好きでも不安になるものです。

彼が変態すぎると感じる行動とはどういう行動なのか?私が変態って思うだけ?と不安に思っている彼女は、「変態彼氏」とはどういう人なのか、まずそこから理解していきましょう。

変態要素が多い彼氏の特徴

人が変態と思う行動でも人によっては変態ではないでしょ?と思う事もありますし、その人の感じ方によって彼が変態なのかどうなのか?判断が違ってくると思いますが、世間一般的に「それは変態」と思える行動を紹介します。

こういう行動は変態と思ってもいいという変態彼氏の特徴は様々ですが、通常、「え?」と思われる行動です。

脇や足指に執着する

足フェチ、筋肉フェチなど、世の中には体の一部のどこかに執着する人がいて、足がきれいな人がいいとか筋肉が美しい人が好き等ありますが、人が執着しない場所に執着する場合、変態と思われることが多いと思います。

例えば彼女の足指がすごく好きでいつも靴下を脱がされるとか、Hの時に必ず脇を観察されるとか・・・こういう行動、一般的に変態と思われる行動です。

彼女のニオイが好き

ニオイフェチというのは女性にもかなり多く、よく柔軟剤の香りが好きで好きな香りを追及するという方もいます。

でも変態なのか?と思う彼の場合には、彼女の汗のニオイが好きとか、脇のニオイが好きで、他の人が好きといわないニオイを好む傾向にあり、彼女としても汗臭い時はやめてほしいのに、ニオイをクンクンをかがれると恥ずかしくて仕方ないと困っている場合もあるようです。

彼女をいじめたい

どM、どS、世の中には色々な癖をお持ちの方がいますが、そこまでいかなくても彼女をちょっといじめてその困っている姿を見るのがたまらないという変態彼氏もいます。

好きな子をいじめたいという心理は、小さい頃によく見られることで、好きな子に振り向いてほしくて、男の子が女の子をいじめるという事がありますが、それと同じ心理でしょう。

彼氏が変態かも…と感じた瞬間

付き合っている彼がもしかして変態なんじゃないの?と思う瞬間、その人をずっと好きでいられるかどうか、考えてしまいます。

他の人に相談できることではない事が多く、相談したとしてもすぐ別れた方がいいと思うといわれること間違いなしの変態っぷりを発揮している彼もいます。

唾液ちょうだい?

彼女の事が好きすぎて彼女の唾液を欲しがる彼がいるようで、これはまさしく変態そのものだと思っていいでしょう。

付き合っている者同士ですからキスするときに唾液がお互いの口に入る事はあると思いますが、その唾液そのものを欲しいというのは行きすぎです。

これ着てくれる?

看護師さんの制服やCAの制服、また女子高生の制服などのマニアックなコスプレをしてほしいという彼もいて、こういうコスプレを求める彼は結構多いです。

付き合って最初の頃はこういう希望を言ってくることもありませんが、長く付き合っていくと、こういう服を着てほしいというやんわりとした希望から、次第に自分が購入してきた制服などを着てほしいといってくる彼もいるようです。

コスプレが好きな女性としては変態と思わないと思いますが、社会人の彼女、特にある程度年齢を重ねている彼女に、女子高生の制服を着てほしいというのは明らかに変態です。

トイレしてるの見せて?

これはもう、生理的に無理と感じて別れてしまう人も出てくるかと思いますが、中には、彼に何もかも見せておきたいという彼女もいるので、見せてしまう事もあるようです。

トイレでしているのを見させてほしいといって引かない女性は少ないと思いますし、言われた瞬間、この人変態だったんだと、彼女の中で何かが崩れていくことの方が多いと思います。

ドン引きした彼氏の変態行為

変態でも付き合っている彼女が別にいいと思うのなら、納得して行うことなので構わないと思いますが、彼女がしてほしいといわれてドン引きしてしまうような行動を本気でお願いしてくる彼もいます。

本当に私の事好きなの?身体だけが目当てじゃないの?と思うようなドン引き行動もあります。

外でのプレイ・露出

いくら大好きな彼がしたいといっても外でプレイするとか、どこかで露出してほしいといわれるのは無理、Hビデオのみすぎでしょ?と彼女はドン引きです。

好きな女性と外でプレイすることに何の意味があるのか、露出させて本当に他の人に見られて嬉しいのか?と思うのですが、変態彼氏さんにとっては、ハラハラしながらプレイする楽しみとか、彼女がほかの人に見られて真赤になって恥ずかしがることに興奮するという事もあるようです。

他の男性と…

とんでもない彼がいるもので、中には彼女に、友人とセックスしているところを見たいといってくる彼もいます。

自分の彼女がほかの人とHしているのをみて興奮するという性癖の持ち主だと思いますが、通常、自分の彼女がほかの人に抱かれている姿など、絶対にみたくないはずです。

でも変態彼氏さんはこういうことに興奮を覚え、彼女のH姿を客観的に見て興奮したいと思っているのです。

手足を無言で縛りはじめて…

ちょっとこれも恐怖体験に近いかなと思いますが、彼とのHの最中、ごそごそと何かしているのでみていると、無言で手足をひもで縛り始めた・・・また洋服で手を縛り始めたという時に、こいつ変態だったんだとびっくりする事もあります。

女性の中にもこうした縛りで興奮する方がいるようですが、ノーマルな方はこんな方法でHすることを臨みません。

変態男のありがちな心理

もしかしてこの人変態?と思う時はどんな時なのか、それは結構日常の中でわかる事もあり、言動や行動をみているうちにこの人普通と感覚が違うかもしれないと思う瞬間があります。

変態男はどんなことを考えているのか、その心理は理解できないものですが、そういう男につかまらない様に、しっかり理解しておくべきです。

Hビデオの見過ぎで感覚がおかしい

女性は優しく包み込むようなセックスが好きという人が多く、大好きな彼とHの時間はとても大切なものです。

でも変態男はHする時に、Hビデオで見たやり方などが頭にちらつき、そういう事をする方が女性も喜ぶと思っていることが多いです。

変態的な事をした方が喜ぶなんてHビデオを見過ぎてる・・と女性が思っても本当はこういう事が好きなんだろうと聞く耳を持たないのです。

基本的に自己中でわがまま

変態男は基本的に自分が思っていることが正しい、間違っていることなどはないと思っていて、自分中心に物事を考える傾向にあります。

どんなに人がこれは間違っているといっても、絶対に曲がりませんし、人の意見も聞かず、変態な事でも絶対に本当は好きなはずと無理にしようとする男もいます。

彼女が好きすぎて

変態になるのも彼女が好きすぎて自分の心をうまくコントロールできないからという事もあるようです。

彼女の事を大切にしたいと思っているのに、彼女の事が好きでかわいくて、どうしても自分の思うとおりにしたくて、おかしいと思う事も彼女にしてしまうなど、自分でもどうすることもできずにいる男性もいます。

変態な彼氏とうまく付き合う方法

Shot of an affectionate young couple relaxing together on a picnic blanket in the park

変態でもその部分がなければ本当にいい彼で、優しくて自分の事を大好きでいてくれている、大切にしてくれていると思うなら別れるという事も考えませんし、出来る限り彼にあわせてついていこうと思います。

でも、本当に無理な事は無理といわないと精神的にストレスを抱えてしまう事が多いので、変態な彼とうまく付き合っていく方法を自分なりに考えていくべきでしょう。

嫌なこと、無理なことははっきり言おう

彼が好きな事でも、彼女にとって本当に無理と思う事もありますし、例えばコート一枚で下は全裸、それで街を歩いてほしいといわれても、そんなこと絶対に無理に決まっています。

大好きな彼がしてほしい事でも、無理と思う事は彼にはっきり「私そういう事はできない」とはっきり告げるべきです。

未知の世界に踏み込む勇気も必要?

変態な事が好きな彼でも自分が無理と思う事ではなく、したことがないし怖いし・・と思う事でも出来るかも?と思う事なら、彼の希望にそって出来る事をしてみるのも、彼との付き合いをうまく続ける方法となります。

未知の世界と思う事にも飛び込んでしまうと案外大丈夫という事も、人によってあると思いますが、ただ、無理をして自分を殺してまで彼の希望に沿う事もありません。

あまりに度が過ぎれば別れを視野に…

どうしてもいやだといっているのに、彼が変態な行為を強制してくるようになったという事なら、彼の事が好きでもその先、エスカレートしていくこともあります。

この場合、自分の事も将来の事もよく考えて、場合によっては別れを決断することも必要だと思います。

無理な事を我慢していると次第に精神的なバランスを崩すこともありますし、体に支障が出てくることもあります。

まとめ

どこまでが変態じゃなく、どこからが変態なのか?それは人によって受け取り方が違うと思いますし、変態的な行為をどうしても受け取れないと思う方もいると思います。

彼が好きという気持ち、大切にしたいという気持ちがあっても、嫌な事を継続していくことは精神的にも肉体的にも無理です。

彼が好きでも彼の行動や言動を受け入れることがつらいと思う時には、別れる判断も必要ですし、寄り添えるかもしれないと思う時には、一度だけ付き合ってみて、その上で判断してもいいと思います。