もう傷つきたくない!「モラハラ彼氏」の特徴や診断方法から別れ方まで

職場や学校などでもよく聞くようになった「モラハラ」、「モラルハラスメント」。よくわからない方も多いと思いますが、いつ自分がこの被害者になるかもしれませんし、自分が知らないうちに加害者になっていることもあります。

モラハラについて理解していくとともに、モラハラする男性の特徴も理解し、被害者、加害者にならないようにしましょう。

モラハラにも種類がある

一口にモラハラといっても種類があり、言葉で著しく相手を傷つける事や、個人が個人を陰でハラスメントする行為、また集団で行われる行為もあります。モラハラを自分がしていたの?と気が付かない人もいるので、まずモラハラとはどういうことなのか、どのような種類があるのか知識を持っておくべきです。

そもそもモラハラとは

モラハラというのは、身体的暴力によって体に傷をつける行為ではなく、言葉や行動で人の心を傷つける行為とされています。セクハラ、パワハラ等近いコトバがいくつかありますが、セクハラは性的な嫌がらせなどを指し、パワハラは上司などの上の立場を利用してハラスメントを行う事を指します。

また、モラハラの場合は立場関係なく言動や行動で相手を傷つける行為です。

暴言や威嚇をする

モラハラ彼氏は、彼女に対して暴言を吐いたり、威嚇するなど、暴力はふるわないけれど暴力よりも心に残るトラウマになるような言葉をしつこく繰り返します。彼女はこうした行為を受けていることで、自分はダメな人間なんだとすりこまれ、精神的に病院に通うようになるくらい心を痛めることもあります。

お金に関するモラハラ

夫婦や同棲している場合には、お金を家に入れてくれない、消費者金融など平気で借金してくる、パチンコ、競馬などのギャンブルを繰り返すなど、モラハラ彼氏はお金に関するトラブルも起こしがちです。

自分が好きなようにお金を使い、相手の事を思いやることもしないのは完全にモラハラと考えていいと思います。

モラハラ彼氏にありがちな特徴

モラハラしそうに見えない、でも実はモラハラ気質をもっているという男性も多く、それを見極める目も必要になってきます。好きになってからモラハラ彼と別れるというのは厳しいので、好きになる前に、これはモラハラ彼になるかもしれない…と予測し、離れることも考えるべきです。

自分が正しいと思い込んでいる

モラハラ彼氏は常に自分が正しいと思い込んでいるので、相手が否定するとむきになって反論するなどしつこく自分を正当化しようとします。いつもは優しい、でも何か気に入らないこと、自分が否定されるようなことがあると一気に変貌するというのもモラハラ彼氏の特徴です。

外では優しくいい人

周囲の人からすると本当に優しくて彼女を大切にしそうな人に見えますが、彼女と二人きりになるとモラハラ言動が始まります。「お前なんか好きになって付き合ってくれるのは俺くらい」、「どうしてああいう態度が取れるのか不思議だよ…」など、彼女の言動にいちいちケチをつけ、彼女と「付き合ってやっている」という言動を繰り返すなどします。

周囲に相談したくてもまわりの人は優しいと思っている人が多いので相談できず、相談できたとしても「そんなこと彼が思っているわけないでしょ?」といわれて八方ふさがりになることが多いのです。

嫉妬深い

モラハラの彼は彼女に対して自分のものという意識が非常に強く、彼女がバイト先の人と仲良くしたり、幼馴染や同級生と遊びに行くなどを決して許しません。嫉妬深く、ちょっとしたことでもすぐに嫌味を言ってきてチクチクといつまでも罵ったりします。

「嫉妬するのはお前の事が好きだから」と言う事もありますが、好きなのではなく、自分の所有物に手を出されるのが悔しい、都合のいい女を思い通りにしたいだけと言うことが多いです。

あなたの彼氏はモラハラ彼氏?

彼と付き合いの長い彼女は、彼が周囲から見ると明らかにモラハラでしょ?と思う事をしていても、私の事を大切にしてくれているからとか、私がだらしないからと彼のモラハラ言動をすっかり受け止めてしまっていて、モラハラだとわからなくなっていることもあります。彼が今、モラハラとなっていなくても将来モラハラ化する可能性があるかどうか、モラハラ具合をチェックしてみましょう。

何か悪いことが起こるとすべて彼女のせい

モラハラ彼氏かどうかのチェックポイントとして、悪いことが起きるとなんでも彼女のせい、彼女がこうしたからと、自分に非があっても決して認めることがありません。彼女がいない場合でも、周囲の人のせいにする事もあります。

彼女に自由を与えない

モラハラがひどくなると、軟禁状態に近いと思われる状態に彼女を押しやる事もあります。同棲している彼女の給料を彼が握り、彼女にはお小遣い程度しか与えないといったこともあります。

その金額も、お昼を買えるくらいのものなので飲みに行くとか、お友達と食事に行くなども出来ません。また、夜7時までには絶対に帰宅しろ、帰宅したら必ず連絡を入れろなど、時間や行動を制限する彼はモラハラ彼氏といっていいと思います。

すぐに感情を彼女にぶつけてくる

イライラしたり、嫌な事があると彼女に対してイライラを言葉でぶつけてきます。「お前は本当に愚図だな」「女としての魅力がないのに付き合ってやっている」「俺がいないと何もできない」「お前はまわりの人から嫌われていることに気が付かない」など、彼女に対してきつい事、あることないことをなんでもぶつけてきます。

こういう事を言われ慣れてしまうと、次第に私はダメな人なんだとすり込まれてしまうので、彼にこういう言動が見られたら、別れを決意する方がいいと思います。

こんなモラハラ彼氏とは早めに別れよう

モラハラ彼氏でも、好きという気持ちがあり、別れられない彼女もいますが、精神的にいいことはありませんし、いつか体を壊すことになります。モラハラ彼氏だとなんとなく気が付いているのなら、今別れを決意し、もしもめるようならお友達や専門家に介入してもらう事も必要です。早めに別れるべきモラハラ彼氏のポイントを見ていきましょう。

お金にルーズすぎる

モラハラ彼は自分が欲しい物は絶対に手に入れたいと思っていますし、見栄っ張りのところもあるので、たとえ彼女のお金でも堂々と自分のものとして利用します。お金にルーズすぎるという面があるのもモラハラ彼の特徴ですが、お金は生活に大きく関わってくるので、何を言っても聞かないという事なら即別れた方がいいと思います。

些細なことで舌打ち、暴言

最初はあまり気にならないかもしれませんし、付き合ってすぐにはこの癖を出さないかもしれませんが、気に入らないことがあると舌打ちするモラハラ彼氏は多いです。「ちっ」という舌打ちがちょっとしたことで聞こえるようになってくると、イライラしている証拠です。

だんだんと舌打ちの回数が多くなり、彼女がこんなことで怒る?と思うようなことでも舌打ちしているようなら、その先、モラハラされるのがありありと見えるので、別れを考えた方がいいでしょう。

気に入らないことがあるとすぐに無視

とにかく機嫌がすぐに変わり、ちょっとしたことでも怒って口を利かなくなるなど、言葉に出さず態度で示すモラハラは精神的にかなり辛いもので、急に押し黙るのが怖くて彼女は気を使いっぱなしになることが多いです。

気に入らないことがあるとだんまり…というのはモラハラ彼氏の特徴的な部分で、直る事はありませんし、無視されることに耐えかねて、相手の言う事を何でも聞いてしまえばモラハラが加速するだけです。

モラハラ彼氏とトラブルなく別れる方法

モラハラ彼氏とは付き合うよりも、別れる方が難しく、時に大きなトラブルになることもあります。いつも自分がもっとも正しいという気持ちをもっているので、彼女から別れを切り出されることに納得できず、別れないと言い張ったり、ストーカーになることも考えられます。

まっすぐに気持ちを伝える

うやむやにせず、自分の気持ちをきっぱり相手に伝えることが必要です。「ずっと嫌な事、傷つけられることを言われてもう限界、付き合っていくのは絶対に無理、別れましょう」とはっきり、理由と別れる決意が固い事を告げます。

まっすぐに気持ちを伝える事が出来てもモラハラ彼氏の場合は引きずる事が多いので、心配なら友人に一緒について行ってもらう、また彼の部屋などではなく、レストランや喫茶店など、人目がある場所で別れ話をする方がいいと思います。

彼の嫌いな女性のタイプを演じる

ずっと罵倒されてきたあなたになら彼が最も嫌う女性のタイプがわかると思いますので、その大嫌いなタイプを演じて、彼に嫌いになってもらうのも一つの方法です。口が悪い女性が嫌いという事なら「ばばあ」とか「うるせえ」等わざと汚い言葉を利用して、彼がとことん嫌いになってくれるようにします。

友人や知人に相談して

友人や知人に相談し、彼と付き合ってきた中であったこと、もう限界という事をしっかり告げ、別れを言う時に一緒にいってもらうとか、どうしたら一番きっぱりと別れられるのか、相談してから別れる方法を考えていってもいいと思います。

モラハラ彼は精神的に幼く、ワガママで自分を制御できない所があるので、大もめにもめることもあります。自分の友人、男友達などに相談し、心配なら別れ話の時に一緒に行ってもらうか、様子をうかがってもらっておくなどすると安心でしょう。

まとめ

モラハラもひどくなると彼女に精神的な深いダメージを与えて、病院に行くことが必要なほどに痛めつけてしまう事もあります。私が我慢していればいいという事ではなく、彼に変わってもらうことが必要なのです。

彼が努力しても変わってくれないという事なら、自分のためにも別れを決意しましょう。また、こういう人と付き合わないようにモラハラ男を見極める目を持つことも重要です。