彼氏から連絡が返ってこなくて不安!でもこんな状況なのかも・・

付き合っている中で彼氏と常に会って話をすることができるわけではありません。そこで、会えないときにはメールをしたり、電話をしたりするのですがその連絡の頻度は人によって違うものです。人によっては連絡が少ないと感じることもあります。なぜ彼氏からの連絡が少なくなってしまうのでしょうか。その理由と対策、そのようなときに避けるべき行動を紹介していきます。

どうして彼氏は連絡が少ないのか


そもそもなぜ彼氏からの連絡は少ないのでしょう。連絡がないことで不安になったり寂しかったりするのは彼女だけなのでしょうか。それとも彼も寂しかったり連絡したいと思っていたりするものなのでしょうか。

忙しかったり、疲れてたり…

男性は女性よりも電話やメールが苦手な人が多いです。日常的に会っている時には会話も弾んで仲良く話すことができるという人でも、電話やメールとなればどうやって話をすればよいかわからないという人、緊張したり疲れたりするという人もいるのです。

そのような人にとって、忙しかったり疲れていたりする時の電話やメールというのはかなりハードルの高いこととなってしまいます。女性からするとちょっとしたやり取りでありたいして負担となるものではないと思ったとしても、男性からするとかなり負担となってしまうこともあるのです。

特に男性は仕事の中での付き合いもありますし、残業することもあるので思うように自分の時間が取れないこともあります。そのような時にはどうしても連絡をする余裕がないこともあり、彼女への連絡が後回しになってしまうこともあるのです。

もう冷めてるから

好きな人であればどれだけ疲れていても忙しくても少しは声を聴きたい、メールのやり取りをしたいと思うものです。それが仕事が忙しい、社内での付き合いがあるといったことで連絡がこないのは必ずしもそれだけが理由とは限りません。

中には彼女への気持ちが冷めてきていて優先順位が下位になってしまっている可能性もあります。もしも、あまりにも連絡がこない状況が続いたり、彼氏が既読スルーを続けたりといったことがあれば彼の気持ちが冷めていることもあるのです。

彼氏の気持ちがわからない…もう冷めちゃった?確かめる6つの方法

とくに用事がないから

女性は特に用事が無くても電話やメールをするということがあります。しかし、男性というのは用件が無い限り特に電話やメールをしません。そのため、忙しくない場面や彼女への好きと言う気持ちがあったとしても、用件が無いために何も話すことが無いから電話やメールをしないのです。

女性であればただその日の食事の内容や出来事を伝えるために電話をしたりメールをしたりすることもありますが、男性はそういったことをしません。そのため彼氏から連絡がないことは元気に、そしていつもの日常が過ごせているという良い状況の証である場合もあり、ネガティブな理由ではないこともあるのです。

彼氏から連絡がない時にしてしまいがちなNG行動


彼氏から連絡が来ないからと言って浮気や気持ちが冷めているとは限りません。焦って誤った行動をとってしまうとトラブルの原因にもなります。そこで、ここでは彼氏からの連絡がこないときに取りがちなNG行動にはどのようなものがあるかを考えていきます。

LINE連投

連絡が来ないからといってLINEを何度も送るのは絶対避けるべき行動です。たくさんの未読メッセージがあるとLINEを開くのも億劫になりますし、一つひとつにリアクションを返すのも大変です。このような状態になってしまうと彼氏もどんどんとLINEをすることが面倒になってきてしまい、関係も悪化してしまいます。基本的には相手からの返信を待って次の連絡を取るようにしましょう。

ただし、状況によっては先に送ったLINEの返信が来る前に何か連絡をしなければならないような状況が起こることもあります。緊急を要する場合には連絡せざるをえません。そこで、先に一つ送り返信が来る前なのにごめんなさいということをきちんと伝え、緊急で確認しなければならないことであることを伝えましょう。また、その前の内容についての返信はなくてもよいので緊急連絡についてのみ返信をしてもらえればよいと伝えれば相手も不快感が残りません。

愛してないの?と迫る

連絡がこないことで気持ちが冷め始めているのではないかと不安になることも少なくありません。一度、そのような気持ちが出てきてしまうと不安がどんどんと募りますし、浮気をしているのではないかと勘繰ってしまうこともあります。そこで、不安な気持ちをぶつけてしまう人もいますが、それはとても危険なことです。

もしも、不安になっても「私のこと愛してないの?」「連絡する時間も取れないほど忙しいの?」などと迫るのは喧嘩の原因にもなりますし、彼氏の気持ちが冷める原因にもなります。彼にも何か理由があって連絡が来なくなっている可能性もあります。心身ともに疲れているところにそのようなことを言われれば精神的にも限界が来てしまうこともありますから迫るようなことは避け、冷静に話をすることを心がけましょう。

連絡しない返し

連絡がこなくて寂しい気持ちを同じように経験させようと、同じように連絡をしないことで仕返しをしようと考える人もいます。しかし、そのような連絡をしないことを返しても彼氏にはその意図が伝わらない可能性も高いです。逆にお互いに連絡しないことが当然となってしまい自然消滅をしてしまう可能性もあります。逆効果になる可能性もあるので注意をしましょう。

彼氏から連絡がない時の対処法


彼氏から連絡がこない場合、彼女は何ができるのでしょうか。できる対処法を紹介していきますので自分にできることを考えてみましょう。

彼をねぎらったり、癒すスタンプを送る

彼氏が忙しかったり疲れていたりするために連絡がこないという可能性も高いです。そこで、彼をねぎらう気持ちを伝えるメールやスタンプを送るのも一つの方法です。その際、相手が返信をしなければと思ってしまうような負担になる内容は避けましょう。

返信を無理強いしない

彼にメールをするたびに返信を待っているような文言を入れると彼の負担となってしまいます。どうしても連絡がこないと不安になったり寂しくなったりすることで返信を待っていることを伝えたくなるものですが、そういったことを伝えることが逆効果にもなります。

彼の一人の時間を大切にしてあげる

彼女との時間も大切ですが、男性にはほかにも趣味を楽しんだり一人で楽しんだりといった時間も必要です。一人の時間も持つことで二人の時間が良いものになりますし、彼もストレスをためずに仕事を頑張ることができます。彼が一人で過ごす時間も尊重してあげるようにしましょう。

音信不通になってしまう主な原因


彼からの連絡が減ってきて最後には音信不通になってしまうということもあります。なぜそのようなことが起こるのでしょう。

突然のトラブルに見舞われている

彼から連絡が来ないのは会社がつぶれたり借金を背負ったり、事故に遭ったりなど彼女に迷惑をかけたくないようなトラブルが起きているという可能性もあります。そのような状況になると今の状況を何とかすることがもっとも優先順位の高いこととなり彼女に連絡をする余裕もないこともあるのです。

別れのサイン

彼女への気持ちが冷めていると無理に連絡するのも面倒に感じることもありますし、連絡せずに自然消滅を狙おうと考えることもあります。そのため連絡が来ない状況が続くということもあるのです。

普通に連絡できなくなっている

携帯が壊れたり連絡先がすべて消えたりすると連絡をとろうにもどうにもできないこともあります。そのような状況であるために連絡ができない可能性もあります。携帯をタクシーや電車に忘れてきて紛失するということもありますし、圏外にいるということもありますから連絡が取れない状況にいるだけで気持ちが冷めているとは限らないのです。

連絡が少ない彼氏の意外な心理・男心


なぜ連絡が少ない男性がいるのでしょう。その心理はどういったものなのでしょう。

これ以上好きになってしまうのが不安

連絡を取り合うことでいつも一緒にいるだけでは知ることのできない彼女の新たな一面を知ることができることもあります。そういった新たな彼女の一面を知ることでさらに好きになってしまうことに不安を抱いており、自分でその気持ちにストップをかけるためにあえて連絡をしないという拗らせた感情もあるのです。

追われるほうがかっこいい

男性というのはいつまでもかっこよく思われたいものです。そのため自分が好きで追いかけている状況よりも彼女から追われている状況にあこがれており故意に連絡を減らしている場合があります。その場合、彼女から思われている自分がカッコいい、無口な男はカッコいいといった自分の思い描くカッコいい男性像があり、それに近づくために連絡を減らしている可能性があるのです。

連絡しすぎると嫌われると思っている

連絡の頻度が多いとか少ないとかという基準は人によって違います。そのため、自分が頻繁に連絡することで連絡しすぎと思われることが怖いと思っている男性もいます。連絡しすぎと思われないためにセーブしているだけで本当はもっとマメに連絡をしたいと思う男性もいますから、その際には連絡する頻度がもっと多くても困らない、むしろ嬉しいという気持ちを伝えるようにしましょう。

まとめ


彼氏からの連絡が少ないのはいろいろな理由があります。状況によっては連絡が来ないことを伝えることで悪循環に陥ることもありますし、好転することもありますから状況と彼の気持ちを確認して正しい対処法をとるようにしましょう。