もう辛い!彼氏のことが好きじゃない時の別れ方を徹底的に考えてみた

付き合っていてもいつまでも彼氏のことが好きでいられるかはわかりません。どれだけ好きで付き合い始めても、自分から告白して付き合い始めても別れたいと思ってしまうこともあるものです。そこで、もしも付き合っている彼氏のことが好きではなくなった場合、どのように別れる方向に持っていけばよいのでしょう。

彼氏のことが好きじゃなくなる瞬間


人はどのような瞬間に彼氏への好きな気持ちが消えていくのでしょう。

浮気、裏切り行為

浮気をはじめとした裏切り行為というのはテレビドラマだけの世界だと思っている人も少なくありませんが実際にあるものです。一度の裏切りくらい、と思える人もいれば絶対に許せないと考える人もいます。また、考え方によっては一度裏切った人はまた同じことを繰り返すと考えることもできます。そのような不信感を持った状態で付き合い続けても関係修復は難しく別れを考えるようになるのです。

別な男の人といる方が楽しいと感じた時

好きで付き合い始めた彼氏なのに意外と一緒にいると楽しめないと思うこともあるものです。そのような時、ほかの男性と一緒にいて楽しい時間が過ごせると、彼氏と付き合い続けてよいものかという疑問が湧いてきます。そうすると別れた方が良いのではないか気持ちが冷めていく原因になることがあります。

決定的に価値観が違うと悟った時

一緒に過ごす中で価値観の違いというのは大きく影響してきます。価値観が違うことで会話が合わなかったり不快な気持ちになったりすることは多々あるものです。それ以外のことはすべて一緒に楽しめるという相手でも、価値観の相違があると結婚することが難しいと感じることもあり、今後の付き合いを考えるきっかけになります。

好きじゃない彼氏と付き合って失敗した事例


付き合う際には誰もが大好きな人と付き合うとは限りません。中にはとりあえず付き合ってみるということもあります。そのような好きかわからない相手と付き合った際には失敗することも多いです。

やっぱり生理的に無理だった

好きだと思っていなかったということは自分が好みのタイプではないことがほとんどです。そのような相手だと付き合う前からどこか苦手に思っている部分がありながらも付き合っていることも少なくありません。実際付き合ってみるとやはり思っていた通り好みのタイプではなかった、生理的に合わない相手だったといったことでうまくいかないことも多いのです。

もちろん、中には付き合ってみると自分の思っていたタイプ以外にも自分と合う人がいることを知るチャンスになることもありますし、長く付き合えたり結婚したりということもあります。そのため好きではない、タイプではない人と付き合うことが悪いことだというわけではありません。しかし、付き合ってみてもやはりダメだったということはあることを理解しておきましょう。

単に寂しさを埋めるためだけだった

彼氏がいないことで寂しさを感じることもあるものです。そうすると告白された人ととりあえず付き合ってみてデートをしたり一緒に過ごしたりすることで寂しさを埋めようと考えて付き合う人もいます。しかし、実際には自分のタイプではない人、好きではない人と付き合っているために付き合っていても楽しめないことも多く、別れてしまうことも多いです。

周りが結婚しまくっていく中で…

周囲が結婚し始めると彼氏のいない状況に焦りを感じるものです。ネガティブな思考にもなりがちで誰も自分を好きになってくれない、告白もされないといった思考になってしまうこともあります。そのようなときに告白されると、結婚する仲間にとりあえず恋人はいると報告できることや一人ではないという安心感が欲しいために付き合ってしまうことも少なくありません。しかし、付き合い始めた理由が彼の本質的な部分とかけ離れたものであるためにうまくいかないことも多いです。

好きでも嫌いでもなくなった…別れる判断とは


付き合っていく中で好きの気持ちが小さくなったと感じてしまうこともあります。そのような時にはすぐに別れを決断するのではなく一度踏みとどまってみましょう。

好きなところと嫌いなところを書き出してみる

彼氏と付き合い続けるべきか別れるべきかというのは慎重に考えるべきです。一時的な感情で決めないためにも彼氏の好きなところと嫌いなところを書き出してみましょう。特に紙に書き出していくと冷静になることができ、正しい選択ができます。

単なる倦怠期の可能性も

付き合い始めの気持ちをお互いに持ち続けることは難しいものです。どうしても倦怠期というのは訪れます。そこで、倦怠期なのか気持ちが冷めているのか判断するための行動をとってみましょう。いつもと違う場所にデートに行ったり友人を交えてデートをしたりといった非日常を二人で体験して楽しめればマンネリであり、気持ちが冷めているわけではありません。そのような時間を共有するとお互いに気持ちが盛り返すこともあります。

別れたあとのことをリアルに想像してみる

別れた方が良いのかもしれないという気持ちが高まっている時には別れることがベストな選択だと思うものです。しかし、それが本当に正しいかを冷静に判断するためにも、別れた後の生活をシミュレーションしてみましょう。別れて彼がいない生活をシミュレーションすることで、彼のいない生活にリアリティが出てきて一緒にいるべきか別れるべきか判断しやすくなります。

もう好きじゃない彼氏との別れ方


もしも好きではないと思ったらどのように別れを切り出していけばよいのでしょうか。できれば円満に別れたいですからそのためにきちんと考えて行動しましょう。

相手も同じ気持ちのはず

付き合っている中で価値観が合わないと思ったり、一緒にいてつまらないと思ったりしていれば、相手も同じことを考えている可能性も高いです。そのため、彼も同じように別れることを検討していることも少なくありません。この場合、お互いに別れを考えているため別れもスムーズです。

相手の気持ちが分からない人の特徴・原因と対処方法

ハッキリと気持ちを伝える

別れたいと思っても、はっきりと別れたいということを伝えることは勇気のいることです。やはり一緒にいる間に情もわいてきますし次に進むことへの恐怖もあるのでハッキリと伝えることをためらうこともあります。しかし、ハッキリと伝えなければ思っていることが伝わらないことも少なくありません。必ず別れたいということをハッキリ伝えること、途中であいまいな態度をとって交際を続けるようなことは避けましょう。

食事の席などの人目がある程度ある場所で

別れを切り出す際、どうしても二人でゆっくり話せる場所を選ぼうと考えるものです。しかし、実際にはそういった場所で話をするよりは人目があるカフェやファミレス、公園といった場所で話をした方が良いといわれています。これは人目があることでお互い冷静に話せること、激高することを避けられることが理由です。どうしても別れるという話をしているとお互い感情的になることがあります。揉めてしまってトラブルになるようなことにならないよう、周囲の目がある場所を選んで話をしましょう。

彼氏が好きかわからなくなった時の対処法


付き合っている中で彼氏のことが好きかどうかがわからないという状況は誰でも経験するものです。そのような時、彼への気持ちがどうなのか確認するためにはいくつかの対処法があります。

ドキドキはなくなったけれど…

付き合い始めのころは何をするのにも新鮮で楽しいものですし、ドキドキするものです。それが付き合いが長くなってくると当たり前になりあまりドキドキしなくなることも出てきます。ドキドキしないことで冷めているのではないかと考えることもありますが、そうとは限りません。付き合っていく中でドキドキが減っていくことは当然のことであり、決して嫌いになったから起こることではないのです。

盛大に喧嘩してみる

別れるべきか一緒にいるべきか考える状況にあるとき、多くの人が何かもやもやとしたものを抱えています。中途半端にそのような気持ちを持ち続けた状況でいても状況は好転しません。そこで、そのような気持ちを相手にぶつけるのも一つの方法です。思いっきりぶつかり合うことでお互いの気持ちが確認出来て良い方向に進むこともありますし、やはりお互いの気持ちが冷めているとわかれば別れる覚悟を決められます。

言動など生理的にイライラするなら…

彼のマナーへの意識や衛生観念、生活習慣、食べ方など、生活習慣に対して生理的に無理と感じる場面があれば付き合っていくことは難しいです。それ以外はすべて好き、と思っても相手が直すことができなければずっと彼の行動にイライラする瞬間があることになります。結婚してからの生活を考えるといつか限界が来ることが予想されますから彼の行動が改善できそうになければ別れた方がよいでしょう。

まとめ


好きで付き合い始めた彼氏も付き合っていく中で思っていた人と違うと感じることもあり、付き合い続けることが難しいと感じたり好きな気持ちが薄らいだりすることがあります。一時の感情で判断するのではなく、きちんと冷静に判断して付き合い続けるべきか別れるべきか考えましょう。