彼氏、私と結婚する気はあるの? 実はプロポーズ待ちかも?

お付き合いを始めてすぐに結婚が決定するという時もありますが、ずっと長くお付き合いをしていても、なかなか結婚しようといわないし、何を考えているのかわからないという男性もいます。彼が将来結婚を考えているのかどうか、気持ちを知りたいという彼女も多く、その場合、どんな風に彼の本音を引き出すことができるのでしょうか。

彼氏に結婚する気があるのかどうか確かめる方法


長く付き合っていると本当に彼は結婚する気があるのか?と不安になりますし、女性の場合、結婚してから出産ということを視野に入れている方が多いので、年齢的なことも気になってきます。彼氏が結婚する気があるのかないのか、確かめる方法としてはどのようなことがあるのでしょうか。

家族や将来の話がたびたび出る

彼との会話の中に、家族の事や自分たちの将来の話、また家族を持ったらこういう家庭がいいなど、家族、家庭、将来という言葉がでてくるになれば、彼は結婚ということを意識していて、プロポーズも近い可能性が高いです。この先の話をしても、子どもいらないし、家族っていわれてもピンとこないなどいわれた場合、結婚願望がない彼なのかもしれません。

正直な気持ちを話しあう

彼とのお付き合いが長く煮え切らない彼にきっぱりと結婚する気があるのかどうか、お互いの正直な気持ちを話し合うことも必要かと思います。タイミングを逃しているだけかもしれませんが、長くお付き合いをしていると、男性の中にはこのまま結婚とかしなくてもいいと思っている人がいます。

女性の方に結婚したいという気持があるのなら、彼の気持ちを思い切って聞いてみるのも大切な事ですし、恥ずかしがり屋の彼なら、友人にちょっと聞いてもらうのもいいと思います。

指輪のプレゼント


結婚という話が彼からまったくきかれないという場合、逆に彼へ指輪を贈ってみると、彼女の気持ちが伝わるかもしれません。付き合ってきて長く、そろそろ一緒になるんじゃないの?など友人からいわれている彼なら、結婚したいって思っているのかなと真剣に考えてくれるようになるでしょう。

彼氏の方から結婚したい!と思わせるには


好きな人からプロポーズを受けるという瞬間を多くの女性があこがれ、夢に見ていると思いますが、彼の愛情はたっぷり感じているのに、彼が結婚しようといってこないことも多く、彼女としてはジレンマ状態です。彼の方から結婚したいと思うように仕向けるテクニックを覚えて、彼に結婚してといわれるように仕向けていくことも考えていきましょう。

未来のことを話し会った時

将来の事を二人で話す機会を作る、そこで子供は二人ほしいとか、将来やっぱり都会に住むとしたら一軒家は無理だからマンションだよねなど、未来のことを話してみると、彼も結婚ということをきちんと考えるようになります。彼女と結婚したらそういう風になるのか・・と彼が彼女との未来を想像できるように話を進めていけば、彼もその気になるかもしれません。

ずっと一緒にいてねと言われた時

彼が結婚を意識するような言葉を彼に向かってかけてみると、そうか、もうそろそろ結婚も考えなくちゃいけないなと思ってくれるかもしれません。例えば○○とずっと一緒にいたい、私とずっと一緒にいてねなどといっておけば、その延長線上に結婚という二文字がでてくるでしょう。

周りがどんどん結婚していることを意識させる

同僚の○○もとうとう結婚ってことになったよとか、最近結婚ラッシュでご祝儀貧乏になりそう・・という話でもいいので、周囲の人間がみんな結婚していくことをさりげなく会話の中に盛り込んでみます。彼は彼女の周囲がみんな結婚していくことを理解し、彼女も結婚したいって思っているのかなとそろそろプロポーズを考えてくれるかもしれません。

どんな瞬間に彼氏が結婚を決意するのか


結婚はまだ先でいいと思っていたり、結婚そのものに興味を持たない男性も多くなっていますが、いつか結婚したいと思っている彼氏が結婚を意識するようになり、決意する時は、どのような瞬間なのでしょうか。彼氏が結婚を決意するタイミング、その瞬間とはどういう時なのか、理解しておきましょう。

年齢的にそろそろだなと思った時

男性もある一定の年齢になると、周囲の結婚が多くなり、そうなると付き合っている彼女との結婚を考え始めます。もう年齢的に結婚する年なんだなと彼が思う出来事があれば、彼も結婚について真剣に考え始めると思いますし、プロポーズすることも考えるようになるでしょう。

仕事や収入に不安がなくなった時

年齢が若い時には収入がそれほど多くありませんし、暮らしも不安定なので結婚ということを現実的に考えることができる男性は少ないと思いますが、収入が安定し仕事にも慣れてきて、ある程度、プロジェクトなどを任せられるようになっていくと、次第に結婚ということも考えられるようになっていきます。

仕事や収入に不安がなくなってきた時、お付き合いしている彼女に指輪を購入する余裕ができたときなど、お金、仕事という面も結婚決定に大きな要因となります。仕事や収入が安定した時は結婚を考える大きなタイミングです。

付き合いたてから意識してることも意外と多い

年齢によって今度付き合う彼女は結婚を前提として考えようと決めている男性も多く、またお付き合いする彼女によってこの事は将来結婚することになるかもと、付き合いたてからすでに結婚ということを決めている彼もいます。この場合、彼の生活が安定し仕事もしっかりできるようになって自信がつけば、すぐにプロポーズを考えるようになります。

彼氏と結婚していいのかわからない


お付き合いの長い彼、またちょっと何か不安がある彼との結婚はどんなに好きな相手でもやはり考えてしまいます。お金も問題や健康面など、付き合っている時は補えあえることでも、結婚となると考え方は違ってきます。

食事が得意な彼なら結婚すべき

最近はお弁当男子などお料理が得意という男性が多く、男性が料理が好きという場合、どんな料理もおいしくこだわって作れますし、またキッチンの片づけなども完璧という男性が多いです。こういう男性は捕まえておくべき!というのも、今は共働きが主流となっていて、早く帰宅した方が食事を作るということも多いので、男性にも料理の腕を求めておく方がいいのです。

彼女の健康気にしているなら結婚すべき

彼女の方が体が弱いという場合、男性によっては結婚できないと考える人もいます。でも彼女の体のことをよりよく理解し、サポートして行こうという姿勢が見えるときには、結婚すべきです。彼女の体のことも深く理解し、その上で心配してくれる彼なら、将来結婚した時にもサポートできるようにと考えてくれているはずです。

お金の面で計画的・貯金があるなら結婚すべき

下世話な話になりますが、結婚する場合には、お金のこともある程度把握しておくべきですし、彼がある程度貯蓄できていて、計画的にお金を使うことができるかどうかについては、付き合っている時にわかると思います。お金にルーズさがなく給料日の前になってお金がないということがない、貯蓄もしっかりしている彼なら結婚も安心です。

こういうサインを見逃すな!彼氏が結婚したがってる?


彼が面と向かって結婚しようといってこなくても、何かのサインを出して結婚したい、プロポーズしてもいいよね?というアピールをしていることもあります。このサインをしっかり受け止めて、彼にとって彼女からOKをもらったような会話となれば、彼はプロポーズを考えてくれるでしょう。

子供の話がたびたび出る

男性の口から子供の話が多くなる時、これは将来の事、結婚してから未来、子どもが誕生した時のことを予測して話をしている時です。つまり、彼女と結婚したいという願望が子供の話として出てきていると考えられます。こういう時には「○○クンに似ている男の子がいいな」など、プロポーズしてくれてOKだよというサイン返しをしてあげると、彼もプロポーズに自信が持てると思います。

料理にダメ出ししてくる

今まで家で作った料理をおいしいといって食べてくれていたのに、最近「もう少し味がしっかりしている方がいいんじゃない?」とか「もっと衣がしゃっきりしているといいね」と何かと料理に文句をつけるようになる時、彼は結婚した時に、自分好みの味付けにしてほしいと考えている可能性が高いです。

彼がかなり深いことを考えている場合、実家に入った時お母さんから彼女が料理について文句をいわれないように・・・なんて考えている場合もあります。味付けに文句を言われるとイラットする人もいますが、ここはちょっと我慢して、彼の好みの味付けを覚えましょう。

彼女の結婚観を知りたがる

○○子はどういう結婚をしたいって思ってるの?結婚してからどういう過程を築きたいと思ってる?など、彼女の結婚観を知りたがるときには、近い将来結婚を視野に入れているということです。

彼女がどういう結婚を望んでいるのか、それを確認し、自分ができることがあるか、また自分で大丈夫かなと考えている場合もありますので、「○○クンと結婚するときには・・・」と、わざと彼の名前を会話の中に出してあげると、彼も自信を持って結婚のことを考えることができると思います。

まとめ


結婚は女性にとって憧れであり、将来素敵な結婚をして素敵な旦那様を持ちたいと思っている人が多いです。彼との結婚を意識するとき、彼がプロポーズしてくれない時や結婚を本当に考えてくれているの?と思うときには、ある程度彼女の方からアプローチも必要になってきます。

彼の気持ちをつかみ、結婚したいという意思があるようなら、優しく彼を結婚に導くような言動、行動をとってみるといいと思います。結婚のタイミングはそれぞれですが、ここ、というチャンスを逃さないようにしたいものです。