30代独身女性が結婚できない理由とは?30代女性が結婚するためのステップ

30代で自らの意思に反してなかなか結婚できない人はいないでしょうか。最近の晩婚化傾向で安心しているとあっという間に40代独身女性と言われるようになってしまう可能性があります。

ここでは、

  • 30代独身女性に共通するポイント
  • 30代独身女性が結婚出来ない理由
  • 30代独身女性が結婚する方法

ついてまとめてみました。

30代独身女性に共通するポイント

20代後半に差し掛かると坂道を転げ落ちるように30代に入ってしまいます。20代までは結婚に焦る気持ちがあっても30代になると開き直ってしまう女性も少なくありません。なかなか結婚できない30代独身女性に共通するポイントにはどんなものがあるのでしょうか。

結婚に対して焦りをもっていない

30代になると20代後半にあった結婚に対する焦りがなくなり、どうでもいいと開き直ってしまう女性は少なくありません。結婚するために自分磨きをする努力をすることも怠って独身生活を謳歌するようになったら、ますます結婚が遠のいてしまいます。

結婚さえ考えなければ安定した楽な生活を過ごすことができるので、意識的に結婚のことを考えないようにしている女性も目立ちます。

結婚相手に求めるレベルが高い

30代になるまでさまざまな男性を見てきた経験があるため、自然と結婚相手に求めるレベルが高くなります。20代の恋愛対象には求めなかった条件をいくつも設定してしまうことも珍しくないでしょう。

自分の眼鏡に叶った男性を品定めすることはしても満足できる相手に巡り合うことはなかなかありません。年齢を重ねるにつれてさらに求めるレベルは高くなっていくことでしょう。

出会いに対して積極的ではない

30代になると以前までのようなパワーやスタミナもなくなります。異性に出会うためにあちこちに足を運んだり、婚活をしたりする意欲もないため徐々に出会いに対して消極的になっていくことでしょう。

30代になれば自分から積極的に動かないと結婚までたどりつくことは難しくなります。声をかけてくれるのを待っていればよかった20代とは違うことを認識していないのでしょう。

仕事にやりがいを感じすぎている

30代になると仕事にも慣れてやりがいを感じるようになります。苦労が多くても最後まで成し遂げれば充実感や達成感が大きく仕事に生きがいを感じることもあります。真面目に仕事をこなしてそれなりの重要なポストに就いている女性も少なくないでしょう。

しかし、あまりにも仕事にやりがいを感じ過ぎて仕事中心の生活になると結婚を意識できなくなります。いつの間にかお局様と呼ばれていることにも気づかないでしょう。

経済的に自立している

30代になると月給もそこそこもらうようになり自由に使えるお金も多くなります。ある程度の貯蓄もあるため将来を不安に思うこともないでしょう。男性に頼らなくても経済的に自立しているため、生活を安定させることを目的として結婚を考えにくくなります。

1人の稼ぎでも十分に生きていけると思っていると、独身生活を謳歌することが楽しくて結婚に意義を見出せなくなることもあるでしょう。

同年代で離婚した同性の友達がいる

30代になるとほとんどの友人は結婚しているため独身の友達は少ないでしょう。同年代の友人の結婚式に出席する機会も多くなるものの、離婚した友達もいて幸せな結婚ばかりでないことにも気づくはずです。

友人の離婚を通して結婚が幸福の最終ゴールではないことを痛感して、結婚から遠ざかってしまうことも少なくありません。経験していないのに離婚するくらいなら結婚しない方がいいと思い込んでしまう傾向もあります。

プライドが高い

30代独身女性が社会の荒波のなかを1人で生きていくのは並大抵のことではありません。確固たるブレない自分を持つと同時に知らない間にプライドが高くなってしまうこともあります。

男性に対しても上から目線で接したり、見下した発言をしたりすることもあり、無意識のうちに近寄りがたい雰囲気になっていることもあるでしょう。プライドが高い30代独身女性のニーズはそれほど高くありません。

30代独身女性が結婚出来ない理由

30代独身女性がなかなか結婚できないのには何らかの理由があることが考えられます。結婚できないと嘆いてばかりいても何も始まらないので、自身の問題点に向き合って改善する必要があります。30代独身女性が結婚できない理由にはどんなものがあるのでしょうか。

性格的に問題がある

30代独身のワードではなく根本的な性格に問題があって結婚できない女性もいます。喜怒哀楽の感情を表すことがほとんどなく何を考えているのかわからない女性もいるでしょう。また、逆に感情の起伏が激し過ぎて男性がついていけないケースもあります。

性格は簡単に変えることはできませんが、一度は自分の性格を見つめなおし問題点を明らかにしておく必要があるでしょう。

お金にだらしない

30代になればさまざまなことに分別があると思われて当然です。それなのに、望ましい金銭感覚や経済観念が身についていない女性はお金にだらしなく男性から敬遠されがちです。食事などはおごってもらうのが当たり前だけでなく、借りたお金も返さない、生活費もどんぶり勘定では将来が不安です。

結婚生活では女性が財布のヒモをしっかりと握って管理することが理想です。お金にだらしないと全てにおいてだらしないと思われることもあるでしょう。

恋愛に対して受け身になっている

30代独身女性でこれまでに何度か恋愛の経験がある場合は、以前と同じように男性から声がかかるのを待っていることも少なくありません。また一方で、恋愛で傷ついた経験などから積極的に出会いを求めず受け身になっていることも考えられます。

そのまま何もしないで待っているだけでは結婚できないことをきちんと自覚する必要があります。受け身のままではすぐにアラフォーになってしまうことでしょう。

30代独身女性が結婚する方法

30代になってもまだ結婚の兆しさえない独身女性は、結婚するために必要な努力を怠っていると考えられます。変なプライドや理想ばかりを大切にするのではなく、自ら積極的に出会いを求めることが大切です。30代独身女性が結婚するための方法についてまとめました。

不要なプライドを捨てる

30代で独身生活が長くなると仕事だけでなくプライベートでも変なプライドを持つようになります。本音を隠して強がったり、本当は好きなのにそんな素振りを全くみせなかったりすることもあるでしょう。

不要なプライドは結婚の邪魔です。結婚したいのに結婚できていない現実を直視して、もう少し謙虚になることが大切でしょう。プライドを捨てればもっと素直に自分の気持ちを伝えられるはずです。

男性への理想を少しだけ下げてみる

独身の期間が長くなってしまった30代女性は、理想の結婚生活や理想の男性に関するレベルがどんどん上がる傾向があります。ある意味妄想にも似た理想を抱いてしまうと結婚するチャンスが巡ってくる可能性は極めて低くなるでしょう。

例えば、高収入、高身長、高学歴の3つの条件のうち高学歴を削除するなど、これまで理想の条件としていたものを少し絞ってみることも必要です。

結婚相談所に登録する

30代独身女性がいつまでも受け身のままの状態で出会いを求めていても何も始まりません。自ら積極的に相手を探すために結婚相談所に登録してみるのもいいでしょう。

結婚相談所に登録している男性は恋愛が目的ではなく真剣に結婚相手を探しています。費用はかかりますが年収などのデータを参考に何度でもマッチングのチャンスがあります。プロスタッフのアドバイスが受けられるのも大きなメリットと言えるでしょう。

料理を特訓して家庭的になる

仕事一筋で食事もほとんど外食かコンビニで過ごしてきた女性は、料理する機会がほとんどありません。自分1人のためだけに料理をすることが面倒であることも理解できますが、そうであれば愛する人に食べてもらうために料理を特訓してみましょう。

料理が上手になれば他の家事や女性らしい趣味などにも興味が持てるため、知らない間に家庭的な女性に変身できる可能性もあります。

ときには男性を頼り甘えることを覚える

キャリアウーマンとしてもバリバリ働いている30代独身女性は、可愛らしく甘えることができない場合も多いものです。スキのないできる女性を頑張るよりも、ときには男性に頼ったり甘えたりすることが大切です。

強い女性は1人で十分生きていくことができるため、男性は支えてあげようとは思えないでしょう。変なプライドを捨ててときには思い切り甘えてみましょう。

恋愛相手ではなく結婚相手を探す

30代独身女性にとって探すべきはれない相手ではなく結婚相手です。結婚が視野にない男性と交際を続けても意味がありません。初めから結婚をちらつかせると重いと感じる男性もいますが、後がないことを考えればそんなことは言っていられないでしょう。

なるべく早い段階で結婚を前提としたつきあいであることを打ち明けたうえで交際を続けることが大切です。

まとめ

30代独身女性で結婚できない理由には、恋愛に対する姿勢や考え方、仕事などさまざまな要素が絡み合っている場合があります。経済的にも自立しているため1人で生きることもできなくはないでしょうが、どんなにしっかりしていても男性に甘えたり、頼ったりすることが必要です。自分を見つめなおし積極的に出会いを求めて結婚する努力をしましょう。