付き合う前にキスされた時は脈アリってことでいいの?

まだ付き合っていない状態でキスをしてしまった人は、少なくないかもしれません。心の準備も出来ていない状態でいきなりキスをされてしまった、ムードに流されてキスをしてしまった、その場のノリでキスをしてしまったなど、人により様々ではないでしょうか。

付き合う前のキスには様々な理由があり、人により感じ方も違います。大事にしてくれていないと感じる人もいれば、好意を寄せている相手からキスされて舞い上がる人もいるでしょう。付き合う前だからと言って、何も起こらないとは限りません。中には、付き合っていなくてもそれ以上のことを求めてくる人もいます。ですから、事前に心構えをしておくことが必要です。

キスが起こるシチュエーションとは

キスをする時のシチュエーションはこんな感じがいいな、ロマンチックな場所で、などと妄想し、イメージを膨らませる人も多いのではないでしょうか。特に女性は、好きな人でなければキスを受け入れることができません。好きな人ができると、最高のシチュエーションで思い出に残るキスをしたいと、期待に胸を膨らませる人は多いです。

キスが起こるシチュエーションは、学校の教室や車の中、エレベーターや綺麗な夜景が見える場所、二人きりの部屋など様々です。思わずドキッとしてしまうような強引なキス、キュンとなる不意を突かれたキスなど、キスそのものに萌えるのは当然ですが、そのシチュエーションでも感じ方は異なりますので、キスをするシチュエーションは重要になります。

場所の影響

キスをする場所は大切です。人混みの中でいきなりキスをされても困りますし、嬉しいと思う気持ちよりも恥ずかしさで胸がいっぱいになります。大衆の場でのキスは、大人としてモラルが無いと考える人もいることでしょう。そういった場所でキスされても、困惑するだけです。

夜景の見えるムード満点の場所や、静かで落ち着いた2人きりの空間であれば、最高に気分は盛り上がりますし、嬉しい気持ちでいっぱいになります。同じキスでも時と場合、場所により感じ方は違います。場所によってはショックを受けます。幸せな気分を味わえる場所で、思い出に残るキスをしたいものです。

雰囲気が大事

付き合う前の意中の彼との初めてのキスはこういうのがいいな、などと色々妄想する人も多いことでしょう。しかし、どんなところで、どのタイミングでキスをすれば良いのかわからない人も多いのではないでしょうか。キスは男性からするものと思っている女性もいると思いますが、草食系男子が多い昨今、なかなかキスをして来ない男性が多いのも現実です。

キスをしたい場合、あれこれ考えてするよりも、雰囲気に任せてする方がしやすいと言う意見もあります。雰囲気が良ければ自然とキスが出来ます。しかし、その雰囲気作りは自分でしなければいけません。ロマンチックなムードのある場所でのキスはとても気持ちが良く、気分も盛り上がりますのできっと思い出にも残ることでしょう。

気持ちが昂るシチュエーション

自分の気持ちを抑えられず思わずキスをしてしまったり、キスをしてい気持ちが昂って興奮したことはあるでしょうか。まだそういう気持ちになったことのない人もいることでしょう。では、一体どんなシチュエーションでそうなるのでしょうか。

気持ちが昂るシチュエーションで王道とも言えるのが、やはり夜景の見えるロマンチックな場所です。自分だけではなく、相手もその気になり衝動的にキスをしてしまう人も多いはずです。また、帰り際のキス、いつも静かで落ち着いている彼が突然積極的にキスをしてきたり、熱烈なキスをされると気持ちが昂ります。こういったシチュエーションではお互い気持ちが昂って、濃厚で熱いキスを交わしたくなります。

付き合う前のキスについて

付き合う前にキスをするなんてあり得ない、と思っている人もいるでしょう。自分のことを軽く見られているのではないか、大切に思われていないのではないかなどと考えてしまいがちになります。では、世の中の付き合う前のカップルは、一体どう考えているのでしょうか。

付き合う前のキスは、お互いに好意があると言うことを確認できていればOKと言う人が多い傾向にあります。相手の気持ちがわからないままキスをするのは不安になりますが、相手が自分に好意を寄せていることがわかっている上でなら安心出来ます。また、キスをきっかけに、これからについて切り出すこともでき、お付き合いに発展するカップルも多いです。

付き合う前のキスってあり?

付き合う前でも好き同士であれば、キスくらいならいいかなと考えている女性は多いです。実際に、それがきっかけとなって恋人になるカップルもいます。また、キスをする前の段階のメールやライン、デートなどでお互いの気持ちを確認済みだったり、そのような言動があった、このままいけば恋人に進展すると言う脈ありな場合は、積極的に行動に出る女性も多いです。

中には、キスをすると言うことはいわゆる、付き合うことを了承した事だと捉えている人もいます。キスをする時点でお互い好きと言う気持ちがある、何故なら好きな人じゃなければキスは出来ないからと言う考えなのです。もちろん、これまでの相手の言動などから、遊びじゃないと言う確信を得てからであることが前提です。

付き合う前のキスのメリット

まだ恋人でもないのに、と付き合う前のキスに抵抗がある人も、もちろんいることでしょう。恋人になれる確証もなく、告白されたわけでもないのにキスをして後悔しないのかな、軽い女だと思われるのでは、と不安に思っている人も少なくありません。では、付き合う前にキスをするメリットとはずばり、何なのでしょうか。

それは、やはり恋人に発展するきっかけになると言うことではないでしょうか。男性、女性共にキスは告白と同じと言う意見もあります。必然的にお互いのことを今以上に意識することになりますし、体の相性を確かめることも出来ると言った意見もあります。キスをすることで、特別な存在に慣れることは間違いないでしょう。

付き合う前のキスのデメリット

付き合う前にキスをするメリットもありますが、反対にデメリットも少なからずあります。女性経験が少ない男性の場合は特に、付き合う前にキスをする女性は軽いのではないか、誰とでもすぐキスをしてしまうのではないかと考える人もいるようです。

お互いの気持ちを確認できているのならともかく、そうでない場合は、すぐにキスをしてしまうと言うことは体もすぐに許してしまう女とみられることもあるので注意が必要です。キスは特別な行為と考えているのは女性だけでなく男性も同じですから、女性経験が少ない男性や、これまでの男性の言動から奥手、真面目、慎重な人であると判断された場合は、ゆっくり手順を追う方が無難かもしれません。

付き合う前にキスする心理とは

付き合う前のキスに対する考え方は、当然人によって様々です。単純にキスをしたいと思ったからと言う人もいれば、どういう反応をするか確かめたいと言う人も中にはいます。付き合う前にキスの一つや二つしたって良いじゃないと軽く考える人もいることでしょう。

一つ言えるのは、自分に好意を寄せているのは確かなことかもしれません。たとえ遊びであっても、興味のない相手やどうも思っていない相手にキスをすることは、なかなかありません。これまでの付き合いの中でどんな男性なのかを、きちんと見極めておくことが重要です。

付き合う前にキスする男性の気持ち

男性の気持ちは女性と異なる部分が多少ありますが、付き合っていない相手にキスをする男性の気持ちとは、一体どう言ったものなのでしょうか。キスをしたってことは付き合うってことなのかな、それともただの遊びなのかなと不安にならないためにも、きちんと理解しておくことが大切です。

愛おしい気持ちを抑えきれずにキスをしてしまった、本気で付き合いたいと思ったからと言う男性は、キスをした後何かしらのフォローがあります。いきなりごめん、好き過ぎて気持ちを抑えられなかったなど、あなたに対する配慮や付き合うことに対しての明確な言葉を発します。あなたの意見や気持ちを大切にしていると言う言動が表れます。

付き合う前にキスする女性の気持ち

基本的には好きな相手としかキスをしたくありません。付き合う前でもキスが出来る相手には、少なくとも好意を寄せていると言うことです。そもそも好意が無い相手とキスするようなシチュエーションにはなりません。2人きりになる、デートをすると言う時点で相手に好意があると言うことであり、もしキスするようなシチュエーションになったとしても構わないと思っているでしょう。

好きだからと言う他にも、寂しかったから、男性を感じたかったからと言う場合もあります。また、好きだけど付き合う前は嫌と言う女性もいますが、そういう女性でも一緒にいてドキドキする、相手の笑顔にキュンとなったなど、気持ちが昂ってしまいキスを許してしまったと言う人もいます。純粋に相手が好きだから、愛おしいからと言う気持ちからキスしてしまうのでしょう。

キスした時の反応

キスをした後は恥ずかしい気持ちを抑えられず、照れてしまって相手の顔を直視できなかったり、しばらく沈黙になったり、逆に笑ってごまかすなどの行動が多くみられます。さらに、女性の照れた仕草や表情に思わずキュンとして、そのまま強く抱きしめてくる男性もいることでしょう。

また、今までクールだった男性が顔を赤らめて、恥じらっている姿を目にした時、女性も同じように愛おしいと思い、抱きしめたくなるものです。このような行動は、本当に好きと言う感情の表れであり、また、今まで以上に相手に対する恋愛感情が増します。特別な行為であるキスであるからこそ、そのような反応が表れるのです。

キスして連絡なしってどういうこと?

まだ付き合う段階に至っていない意中の彼とキスはしたけれど、その後連絡が途絶えてしまったと言う経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場合、何か気に障るようなことをしたのかな、私の何がいけなかったのかななどと、不安になることでしょう。一体なぜそうなってしまったのでしょうか。

また、キスをした後、彼からの連絡が途絶えてしまったけれど、自分から連絡しても良いのか悩む女性も少なくありません。しかし実際は、嫌われてたらどうしよう、拒否されてたらどうしようなどと言った不安から連絡出来ず、結局そのまま終わってしまったなどと言う人もいます。

キス=ただの遊び?

キスにも種類があり、本命の彼女にするキスと、遊び相手にするキスは異なります。ましてや付き合う前のキスの場合は、本気なのかそれとも遊びなのかをきちんと見極めるために、キスの仕方などにも注目するべきでしょう。

明らかに手を抜いているような雑なキスは、遊びの可能性が高いです。下心丸見えの自分の欲求のみを満たそうとするキスは、気持ちがこもっていないため雑であり、時間も短いです。優しく丁寧なキスの場合は、本命である可能性が高いです。相手を大切に思っていれば自然と気持ちが入りますし、そこにやさしさがあります。これらのことを参考にすれば、キスで相手の気持ちがわかるかもしれません。

キスした後に連絡なし

付き合う前にキスをしたけど、その後連絡がないと言った場合、残念ながら遊びであった、もしくは何らかの理由であなたに興味が無くなったと言うことが考えられます。キスした後もあなたと今以上の関係になりたい、ますます好きになったと言うことであれば、必ず連絡をしてくるはずです。

また、もう一つの理由として、キスをしてしまったけど今後どのように対応したら良いかわからない、付き合う前にキスしてしまったことで、嫌われたのではないかと不安になり連絡しづらいなどと言った場合もあります。遊びの場合は雑なキスであることが多いので、そのような場合は相手が本気じゃなかったのだと判断し、諦めましょう。もしそうでなければ、一度あなたから連絡をしてみて下さい。相手も安心するかもしれません。

キスした後に連絡しない心理

キスをしたところまでは良いけれど、その後連絡が来なくなったと言った場合、そこには何らかの理由があります。最近の男性は、恋愛において自分から積極的になれない人も多く、キスしたことで嫌われていないか不安、その上、気持ちを確かめることがず連絡が出来ないと言う人も少なくありません。

中には女性側の反応を確かめていると言う人もいます。わざと連絡をせず、相手がどう出てくるか伺っているのです。また、キスをしたことで安心感が芽生えることもあります。何とかして仲良くしようと今までは一生懸命連絡をしていたけれど、キスをしたことで自分のものになったと思い、その安心感から一時期連絡をしなくなった、連絡が減ったと言う人もいます。

付き合う前のキスをうまく断る方法

付き合う前にキスすることに良いイメージを持っていない人、抵抗のある人は少なくありません。しかし、その場の雰囲気を壊したくない、断って気まずくなったり、嫌われたら嫌だと言う感情から雰囲気に流されてキスをしてしまうと言う人もいます。

付き合う前のキスを断る際、相手を傷つけず、自分が嫌われないようにしなければなりません。心の準備ができていない、付き合う前にキスをするのは嫌だと言うことを正直に伝えることで、相手もきちんと理由を知ることが出来るので安心でき、むしろ好印象をもってもらえます。また、照れた仕草や笑顔を見せることで、嫌いだからと言う理由ではないと言うことをわかってもらえますし、男心をくすぐられ可愛いとさえ思われます。

付き合う前のキスのイメージ

好きな人とのキスは、誰でも期待に胸を膨らませ、夢見るものです。付き合う前の段階であれば尚更、ドキドキしながら様々な妄想をすることでしょう。どうすればキスまで持ち込めるか、どうやってキスをするか、どんなシチュエーションで、など、失敗しないよう入念にイメージトレーニングを行う人もいるでしょう。

好きな人とのキスは特別なものです。優しいキス、とろけるような甘いキス、情熱的で濃厚な激しいキス、ドキッとする不意打ちのキスなど、あらゆる妄想を膨らませることでしょう。しかし、いざその時になると緊張で震えてしまったなど、理想通りのキスとは違ったと言う場合もあります。緊張は誰でもします。たとえ緊張しても、そのドキドキ感が新鮮でかえって気持ちも入り、自然体なキスができるかもしれません。流れに身を任せてみましょう。

付き合う前のキスへの抵抗

特に女性の中には、付き合ってもいない相手とキスをするなんてあり得ないと考える人も少なくありません。曖昧な関係になりそうでその後が不安、軽い女だと思われたくないなどの理由から、付き合う前にキスすることに抵抗があるのです。

キスに対しての捉え方や考え方は人により様々です。相手の考え方と自分の考え方が異なる場合は、きちんと確かめることが必要であり、また、自分の考えを相手に強要するのを避けなければいけません。自分の考えを説明せずに、相手を拒否してしまうのもいけません。きちんと理由を言わないと、誤解を招く場合もあります。付き合う前のキスに抵抗がある人は、相手を傷つけないためにも言動で示しておきましょう。

キスをうまく断るには

キスをされそうになった時、唐突に断ってしまうと相手を傷つけてしまいます。それどころか、相手に嫌われてしまう恐れもあります。そのようなことにならないように、事前にキスをうまく断る方法を知っておくと良いでしょう。

キスをうまく断るには、相手を嫌っているからではない、出来ない理由が他にあることをきちんと伝え、傷つけないように断るようにしましょう。心の準備がまだできていない、あなたのことを本気で好きだからこそ、初めてのキスは大事にしたいなどと言えば、きっと相手もわかってくれるはずです。その際、笑顔で伝えることで、相手も嫌われているのではないと安心してくれることでしょう。

まとめ

異性とのスキンシップの中でも、キスは特別なものであると考える人が男女ともに多いです。だからこそ、キスすることに対して様々な考えや妄想を抱いたり、緊張したりするのです。また、年齢や性別によってもキスに対する考えは異なります。

相手と気持ちよくキスするためにも、本当に好きな人とのキスは大切にしなければいけません。自分よがりのキスではなく、相手を想いながら丁寧に、また、出来るだけ自然体にすることを心掛けることも大切です。相手の気持ちを尊重しつつ、自分の思いもきちんと伝え、お互い納得のいく形で思い出に残る素敵なキスをしましょう。