付き合う前のキスの意味は?男性心理とキスされた後の対処法

飲みに行って盛り上がったときなど、付き合ってもいない男性からキスされたことがありませんか?女性としては、相手によってうれしかったり困ってしまったりするでしょう。いずれにしても、複雑な心境になることには違いありません。そこでここでは、付き合う前にキスしてくる男性心理やキスされた後の対処法についてまとめてみました。

付き合う前のキスの意味とは

付き合う前なのに男性からキスされると、当然のことながら特別な感情を持たれているのかと思えてきます。自分も以前から思いを寄せている相手であれば、舞い上がってしまう女性も多いのではないでしょうか。しかし、男性が付き合う前の女性にキスする心理には、様々なパターンがあります。彼氏ではない男性から急にキスされたときには、相手の心理をよく見極めることが大切です。

付き合う前にキスをしてくる理由と男性心理

男性が付き合う前の女性にキスをしてくる理由には、人それぞれの男性心理が隠されています。単純に相手の女性を好きだからという心理ばかりではなく、相手や状況によっても異なる男性心理があるため、冷静になって判断してください。付き合う前の女性にキスしてくる理由と男性心理について、見ていきましょう。

純粋に興味がある

相手の女性にただただ純粋に興味がある場合に、キスしたくなってしまう心理が男性には働くようです。女性だって、ハッキリした恋愛感情とまではいかなくとも、気になる男性とキスしてみたいと思い浮かべるときがあるのではないでしょうか。恋愛感情も、まずは相手に興味を抱くところから始まります。キスしてきた男性が軽い気持ちだったとしても、あなたに興味を持ってくれているなら進展させてもいいのかもしれません。もちろん、女性側も男性に興味を持っている場合の話です。

好きだと思ってしまった

好きだという感情が、いきなり湧いてくることもあります。一目見た瞬間に、恋に落ちてしまうことは珍しくありません。ある男性からあなたが瞬間的に恋の対象になる可能性もありますから、人は誰でもいつでもキスするチャンスのすぐ隣にいるとも考えられます。好きだと思ってくれる相手が好みの男性なら、まだ女性側に好きという感情がなくても許せるキスになりそうです。好みの男性という時点で、ある意味好きといってもいいのかもしれません。

告白する勇気がないのでキスをする

前々からあなたに興味を持っていたり、恋愛感情がつのってキスしてしまったというケースもあります。どちらかといえば告白する勇気がないために行動に出てしまった可能性が高いのですが、告白なんてまどろっこしい手順を踏んでいられないという男性もいます。いずれもキスした女性にそれなりの恋愛感情があるのが救いですが、男性自身も自分の気持ちを整理しきれていないことがあり、その後の状況がうやむやになってしまいがちです。

恋愛対象として見られたい

恋愛対象として見られたいから、いきなりキスという大胆行動に出てしまう男性もいます。この場合の男性心理には2つのパターンがあり、1つは相手の女性に恋心を抱いていて思い余ってしまったパターンです。もう1つは、日頃から女性にモテたいと悩んでいて、女性全般から恋愛対象として見られたいがためにあなたがターゲットに選ばれてしまったパターン。こんなことはまれでしょうが、あり得ないことではありません。

つい雰囲気に流されて


男性も女性も、キスをしたくなるタイミングは、いい雰囲気になってきたときです。付き合っている相手がいようがいまいが、この傾向は誰にでもあります。そこで行動に出てしまう人もいるわけで、付き合ってもいないのにキスしてきた男性の心理がついつい雰囲気に流されてしまっただけということも大ありです。自分も雰囲気に流されただけのキスに納得できればよいのですが、その後のことは保証がありません。

独占したい気持ちになった

独占欲の強い男性は、少なくありません。あなたを独占したいと思っていた気持ちが高まり、突然キスの行動に出てしまうこともあります。あなたがモテているところを見かけたり、どうしても自分の女にしたいという感情が強くなった可能性が高いです。

独占されてうれしい相手なら、女性も突然のキスにときめきを感じるかもしれません。逆に、うれしくない相手なら、独占したいという感情を持たれること自体が迷惑と思ってしまいそうです。

唇がセクシーだと思った

異性に好かれる女性の唇の形は、吸い付きたくなるような唇だといいます。ふっくらつやつやしている女子の唇は、同性から見ても魅力的に思えるときがあります。

思わずキスしてしまうほど男性が見惚れるセクシーな唇をしていたということになりますが、男性にとっての魅力的=性的な対象としてのイメージが強調されている場合もあり注意が必要です。恋愛感情もありきの魅力を感じたのであればよいのですが、単純にセクシーとだけ思われてキスされてしまうのではその後の展開が心配になります。

性的な魅力を感じてしまった

セクシーな唇だからキスしてしまったという心理と同様に、性的な魅力を感じただけで突然キスしてしまったという男性心理もあります。その後の展開が性的な関係までしか発展しない可能性が高いため、そんな関係に興味がなければハッキリとお断りしたほうが身のためです。

あいまいな態度でキスを許してしまうと、その先もOKと解釈されかねませんから気を付けましょう。

誰にでもキスをする

男性にも女性にも、キスが趣味という人がいます。いわゆる、キス魔と呼ばれるタイプです。キスが好きで誰にでもキスしてしまうという人がキス魔ですが、あいさつ代わりにキスをする習慣がある人もいます。西欧ではあいさつとして軽くキスしあう習慣がありますし、そうした習慣に慣れている日本人も増えてきています。キス魔の男性にとっても、キスはあいさつ感覚です。誰にでもしているキスですから、大騒ぎするのはナンセンスかもしれません。

ただふざけただけ

単なるおふざけで、キスしてきたという男性心理もあります。ターゲットになった女性としては迷惑ですが、あまり深く考えないようにすれば、好みの男性からのキスであれば得したとも考えられます。

とはいえ、冗談でキスされるのが趣味という女性はいません。ふざけてキスすることがある男性には注意しておくようにし、今後も軽く扱われないように気を付けておいたほうがよいでしょう。

順番を気にしていない

男性の中には、付き合う前には告白をして何度かデートしてからキスをするというような順番を全く気にしていない人もいます。恋愛の手順など気にしていたら、いいタイミングを逃してしまうという考えももっともです。順番を気にしていないだけでなく、付き合うか付き合わないかなども考えていないかもしれません。そのときの欲望に従っているまでの可能性が高く、女性側もあまりこだわらないタイプであれば上手くいくでしょう。

付き合う前にキスをされた時の対処法

付き合う前の男性にキスされた時には、どのような対処をすればよいものでしょうか。誰もが真剣な恋愛感情を持っているとは限らず、なおかつキスしてきた男性に女性側が興味を持てない場合もあります。その後必ずしも付き合うわけではなくても、キスは好みの男性としたいものです。付き合う前の男性からキスされた時の対処法について、見ていきましょう。

どうしてキスをしたのか聞く

突然キスしてきた男性にはうやむやな態度をとってしまいがちですが、今後のためにもキスした理由をズバリと聞くと安心できます。納得いかない理由もあるかもしれませんが、それにはそれなりの対処を考えればいいことです。まずは、どうしてキスしてきたかの理由を教えてもらいましょう。

相手からの連絡を1か月は待ってみる


男性がいきなりキスしてきた直後には、キスの理由を聞けないこともあります。周囲に知り合いがいたり、驚きのあまり言葉が出ないということもあるでしょう。相手に興味がない場合は忘れようと思えるかもしれませんが、相手に多少なりとも興味がある場合はキスの理由が気になります。この場合は、相手からの連絡を待ってみるのも一案です。

ただし、連絡を待つ期間は、1ヶ月くらいが限度。1ヶ月たっても連絡が来ない場合は、大した意味がなかったと解釈するのが賢明です。

相手がいつも通りならこちらもいつも通りに

キスの理由を追及できなかった場合、相手の態度をうかがって判断する方法もあります。男性側が今まで通りに変わりない態度をとってくるなら、女性側もいつも通りにしておくとよいでしょう。あえて問題を大きくすると、自意識過剰な女性などと思われてしまう恐れがあります。

彼氏ヅラをされたら毅然とした態度で

いきなりキスしてきた後に、男性が当たり前のように彼氏ヅラしてくることもあります。この場合、どんなに相手に好印象を持っていても甘い態度をとるのは禁物です。告白してくれるなど、きちんとした態度をとってくれない限り、「キスしたくらいで彼氏ヅラしないで」という態度をとっておきましょう。

彼女がいたら様子を見る


突然キスしてくる男性によっては、他に彼女がいる場合もあります。キスされたことより、もしも彼女にバレてしまったときのほうが一大事です。この場合は、彼女の様子をこっそりうかがって、険悪なムードになっていないか、こちらが疑われていないかなど様子を見る必要があります。まずいことになりそうなら、早めに彼女側に手を打っておくようにしましょう。

キスの話題を持ち出すタイミングはしっかり考えて

付き合う前に男性からキスされたら、その理由を聞くタイミングも見極める必要があります。一番いいのはキスされた直後ですが、突然のことで驚いて追求できない場合も多いでしょう。とはいえ、時間がたち過ぎても「いまさら何」という話になりかねません。なるべく早めのタイミングで確認するようにし、聞きにくいようであれば冗談めかして持ち出してみるのもひとつの手です。

友達を続けるなら曖昧な態度は止める

これからも友達として付き合い続けたい場合、曖昧な態度をとるのは避けておかなければなりません。男性にしてみれば、キスを許した女性はその先も許してくれるのではないかと思って当然です。セックスフレンドになってもよければ問題ありませんが、性的な関係なしの友情を続けるなら突然キスされた驚きや今後は止めてほしいことを伝えておくことが大切です。

付き合いたいならきちんと気持ちを伝える


付き合いたいと思う男性からキスされた場合は、その気があることを伝えることをおすすめします。友達として付き合い続けるわけではなくても、好きな相手にいきなりキスされてうやむやになってしまうのはよくありません。自分の精神状態のためにも、軽い女と思われないためにもキスされた気持ちを伝えておきましょう。

冷たい態度を取られたら諦める

自分の気持ちを伝えても冷たい態度をとってくる男性のことは、諦めるのが肝心です。軽い気持ちでキスしてくるような男性は、いずれまた女性の気持ちをないがしろにする可能性があります。しつこくつきまとうのは自分の価値を低くしてしまいますし、ストレスにもなるでしょう。男性は山ほどいますから、たった1人にこだわるだけ時間の無駄です。

まとめ


付き合う前に男性にキスされたら、どんな女性でもまずは驚くでしょう。肝心なのは、キスされたことをうやむやに流してしまわないこと。自分の体と心を大事にする気持ちがあれば、軽々しくキスを許さないのが幸せに過ごす秘訣です。