【タイミングが大事♡】同棲を始めるベストなタイミングとNGなタイミング

お付き合いがある程度落ち着いてくると、考えはじめるのが同棲について。しかし、同棲をするタイミングに悩んでいるというカップルは意外と多いんです。どんなタイミングで同棲をスタートさせるのが一番ベストなのか試行錯誤をしているカップルも多いかもしれませんね。

同棲前に決めておきたいこと

同棲をすると2人の時間がぐっと増えます。家に帰れば恋人がいるという甘い雰囲気に気持ちが高まりますが、トラブルなく同棲をスタートし続けるためには適度な決めごとが必須です。まずは同棲を始める前に、このような事を2人で考えると良いでしょう。

同棲する理由

まずは、何故2人で同棲を始めるのかという理由をしっかり考えることが大切です。なんとなく相手と一緒にいたいからといった理由だけでは、ちょっとしたことで大げんかをして別れてしまうと言う事も少なくありません。

将来的に結婚を考えていて、結婚資金を貯めるために同棲をするというカップルもいれば、お互いの事をもっとよく知るための目的で同棲を始めるタイプのカップルもいるでしょう。難しく考える必要はありません。2人で同棲について考えるということがキモなのです。

引越しをするのは時間と労力が必要な大変な作業です。せっかくスタートさせた同棲が短期間で終わらないように、2人で一緒に暮らす理由や目的をきちんと考えると長続きしやすくなります。

同棲するならお勧めの間取りは2K!意外と知らないNGな間取りは・・・

家事の分担

 


同棲をする前には、ある程度家事を分担することが大切です。

料理や洗濯など自分のことは自分でやるという自立した分担でもいいですし、曜日ごとに作業を分担するのもいいでしょう。カップルそれぞれの性格やライフサイクルに合わせて負担のないよう役割分担をしましょう。

ただし、決めたルールを絶対化しないことが毎日の生活をストレスなく過ごすコツです。決めたルールを守りすぎると、体調不良や多忙で家事が行き届かなかった場合に不満やストレスの原因になりやすいのです。

初めに決めたルールはゆるく守りつつ、TPOに合わせてできる方ができることをする、といった臨機応変なスタイルに変化させるのがおすすめです。

お金の取り決め

お金に関することも、同棲前に2人で話し合って決めましょう。

家賃・光熱費は折半、食費はお互いに月々いくらずつ、または外食担当・自炊担当で出費を分ける、月初めにお互いに生活費を◯◯円出して余った分は貯金するetc…というように、カップルの生活スタイルに合わせて具体的にお金のルールを取り決めておくとトラブルの発生を防ぎやすくなります。

お金の事はとても繊細でシビアな問題です。事前にきっちりと決めておかないと、片方に負担がかかってしまったり、ストレスに感じてしまう事があります。金銭問題に付いては話しづらい部分もあるかもしれませんが、しっかり細かく取り決めしていきましょう。取り決めの際には、お互いの収入によって分ける内容を決めるのも1つの手です。

特に将来的に結婚を考えて同棲を始めるカップルは、同棲するタイミングでお金の動向を把握しておかないと後々苦労するハメになります。収入と出費のバランス、貯蓄について2人で考えることで将来設計もしやすくなりますよ。

同棲を始めるベストなタイミング

 

お付き合いがある程度落ち着いてきたら、同棲を考えるのは自然なことです。しかし実際に同棲をはじめようと思うと、部屋探しが楽しいと思える反面、仕事や引越しの時期などなかなかタイミングが難しいものです。同棲を始めるには一体どのようなタイミングがベストなのでしょうか?

部屋の契約更新月

同棲を始めるベストなタイミングの1つが、自分や相手の部屋の契約更新月になります。更新料はかなりのお金がかかりますので、どうせならその更新のタイミングで引越しをしてしまうのがちょうどいいといえるでしょう。

もしも奇跡的に2人とも契約更新月に重なるようだったら、迷うこと無くすぐに引越しの手続きをすることをおすすめします。

プロポーズ後

 

プロポーズをされたタイミングで同棲を始めるカップルは非常に多いでしょう。新居の準備や新生活の準備をするために、お互いの生活リズムを知り環境を整えるために同棲を始めるカップルは少なくありません。同棲後に入籍をするというカップルも多く、プロポーズの後の同棲は自分たちのタイミングでなるべくスピーディーに実現させましょう。周りの協力も期待できますし、ある程度の勢いが大切ですよ。

6年かけて作り上げられた運命的なプロポーズが本当に素晴らしい(312秒)

両方の両親に挨拶したあと

結婚を前提にお付き合いをするという場合には、両方の両親に挨拶をしてから正式に同棲を始めるというカップルも少なくありません。特に男性は相手の両親への挨拶を1つのけじめとして重要なタイミングと考えていることもあり、焦らず段階を踏んでステップアップすることも必要です。

まだ籍は入れておらずとも、双方の両親に認められれば自信を持って同棲をスタートすることができます。また、両家への挨拶を済ませてからの同棲は、簡単に同棲を解消できない責任感あるものとなります。

こういうタイミングで同棲するのはNG

 

勢いのみではじめた同棲

若いときに多いのが、恋の熱情による勢いと成り行きで同棲を始めるパターンです。

特に後先考えずに、相手の事が好きだから、とにかく一緒にいたいから同棲をするというのは、一番やってはいけないNGなパターンです。燃え上がった勢いで同棲をすると、初めはよくても、次第に相手の嫌な所が見えてきます。恋の熱が冷めてくると、その嫌な部分に我慢が出来ずにすぐ同棲解消となってしまうケースが多いのです。

仕事やプライベートが忙しい時期

お互いに仕事やプライベートが忙しく、きちんと二人の時間を取れないというときには、無理に同棲を進めるのはNGです。早く一緒になりたい気持ちもわかりますが、多忙な時期に無理やり同棲を始めると、決まりごともしっかり決められないまま同棲を始める事になります。その結果、なんとなく同棲が続きお互いに負担がかかるようになってしまったり、すれ違いが増えたりして、結果として同棲がだめになって別れてしまうというケースも多いのです。

同棲にはある程度の勢いが大事ですが、慌ててスタートさせるものでもありません。同棲のタイミングを逃さない程度に、いろいろと落ち着いてからじっくり腰を据えて同棲を始めるのも1つの方法です。

お互いの両親にちゃんと挨拶ができてない

お互いの両親にきちんと挨拶を出来ておらず、なんとなく流れで同棲を始めるという方もたくさんいます。中には、同棲というのが恥ずかしくて友達とシェアリングという体で同棲をスタートさせる人もいるでしょう。

しかし、真剣に交際をして将来のことを考えているのであれば遅かれ早かれ両家への挨拶が必須です。

特に、万が一の事があったときのことを考えれば早めに挨拶を済ませるのがベターです。同棲を始める前には必ず、お互いの両親にきちんと報告し許可を貰ってから同棲を始めるようにしましょう。

同棲したいと意識するのはどんな時?

 

同棲を始めるには、時間やお金、引越の労力など手間がかかるもの。面倒くさい…と思えることも乗り越えて「同棲したい!」と意識するようになるのはどういうときなのでしょうか?

 

同棲を意識しはじめる主なきっかけ3つをご紹介します。

マンネリに陥っている時

長年お付き合いをしてきたカップルは、どんなに仲が良くても2人の関係がマンネリに陥ることがあります。そのため、お互いの関係を変えたい、何か刺激が欲しいという時に同棲を意識する方も少なくありません。また、ダラダラと付き合い続けて結婚について周囲に心配され、ようやく結婚を意識しはじめたタイミングで、同棲を始めるというカップルも多いようです。

環境が変わると、心境にも大なり小なり変化が表れます。少々荒療治になりますが、マンネリを打破するために思い切って同棲を始めるというのはとてもいいきっかけになります。新しい環境での新鮮さに、2人の関係も再び燃え上がるかもしれません。

 

マンネリ化してしまうのはどうして?男女別の理由と対処法

転勤や転職、キャリアアップのタイミングで

片方の転職や転勤を機に一緒について行く、キャリアアップしたことによる自信の表れで同棲がスタートすることも多いでしょう。大きな転機と新しい環境を2人で乗り越えることで、このタイミングで同棲を始めるカップルは結婚につながりやすいと言われています。

2人の間で結婚を意識した時

2人の間で結婚を意識し始めた時、自然と一緒に暮らしたいと考えるカップルも多いでしょう。

特に男性は、女性に朝ごはんを作ってもらうことで2人の生活を大きく意識するといいます。もちろん朝ごはんではなくても大丈夫です。2人の生活をリアルに意識させることが大切なのです。2人の生活をよりリアルにイメージできるようになれば、お互いの両親への挨拶を考え、お互いのことをもっとよく知るために同棲したいと意識するのは自然な流れになります。

彼女と結婚したいと思う瞬間ってどんな時、そう思わせるコツは?

まとめ

同棲を始める際にはいろいろとしっかり決めてから始める事が大切です。なんとなく楽しそうだからというだけでは、同棲は長続きしませんので注意しましょう。同棲をする際には、相手との関係性を考えた上で、しっかりと計画的に進めることが重要です。

恋人といえども、もとは赤の他人です。全くの他人と1つ屋根の下で暮らすというのは非常に大変な事になります。今まで違う環境で過ごし、生活スタイルの異なる2人が一緒になるのですからすれ違いやこだわりによる衝突があって当然です。同棲をスタートして初めて大変さを実感するという方も少なくありません。たった1週間で何もかも嫌になるというような方もいますので、本当に自分が同棲をしたいのか、良く考えましょう。同棲に対する理想と現実のギャップをうまく受け止めていくことも必要です。

同棲をする際には、お互いが気持ち良く暮らせる努力をすることが大切です。適度なルールと気遣いで、穏やかな毎日が過ごせるといいですね。