見逃したらもったいない!両想いのサインと両思いになる方法

好きな人ができたら相手がどう思っているのか、気になりますね。できることなら両思いになりたいものです。しかし、どうやって両思いを成就させればいいのかは誰もが気になりますよね。

ここでは、

  • 両思いを意識する瞬間
  • 両思いに気付くサイン
  • 両思いになるために取りたい行動
  • 両思いになれるおまじない

についてご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

両思いを意識する瞬間

もしかしたら、あの人も自分のことを思ってくれるかもしれない…という両思いを意識する瞬間があります。両思いを意識する瞬間はどのようなときでしょうか。そんなときは彼が自分のことを思ってくれているかもしれませんから意識しておくとよいでしょう。

一緒にいて楽しいと思う

一緒にいて楽しいと感じると、両思いを意識してしまいます。相手が普段見せない楽しい表情を見せたりすると、もしかして自分のこと好きなの?と思ってしまいます。何度も目が合ったり、一緒にいたいから二人きりになろうとするときも両思いを意識する瞬間です。

相手の深いところの話を聞く

普段友達や同僚に話さないような相手の奥深いところの話を聞くときも、両思いを意識する瞬間です。たとえば、過去の恋愛について聞いたり、今現在好きな人がいるのかについて聞いたりすることです。

また、家族の話や将来の話などを深いところまで話すのも、そういった兆候があります。

手をつないだとき

手をつなぐという行為は、普通の男女ではあまりしないことです。しかし、相手が躊躇なく手をつないだときは両思いなのかもしれません。誰とでも手をつなぐような人だとそうではありませんが、そうでない限り手をつなぐという行為は、好きな人にやることだからです。

長い間電話での会話が続いたとき

ちょっと話すだけの電話で会話が盛り上がり、気が付けば何時間も話していた、といったような場合も、両思いであるかもしれません。引き止めて無理に話したり切るタイミングが難しいというのではなく、自然と話すことが尽きずに長く続くと両思いを意識するのです

両思いのサインとは

好きな人ができたら、その人は自分のことをどう思うのか、両思いなのか知りたくなりませんか?両思いのときに相手が出すサインを知ることによって相手の思いを知りましょう。

会ったときから嬉しそうな顔をする

好きな人と会うと誰でも嬉しいものです。嬉しさがつい表情に出てしまいます。相手が会ったときから嬉しそうな顔をするとき、それは両思いのサインなのかもしれません。好きな人ができたら、会ったときに自分に見せる表情に注目しましょう。

とてもよく目が合う

男性も女性も、好きな人がいたら無意識に目で追ってしまうものです。そのため、両思いの人はよく目が合うものです。二人でいて目が合うとき、しかも1日の間に一度や二度ではなく何度も目が合うときは、両思いである可能性が高いです

特別な呼び方をされる

みんなが苗字で呼ぶところを急に名前で呼ぶようになると、距離が近くなったように感じます。それだけでなく、他のみんなとは違う呼び方をしたりすると、自分への特別な気持ちを感じ取ることができるでしょう

一人だけ特別な呼び方をされるときは、両思いである可能性があります。

頻繁に連絡が来る

思ったより頻繁に連絡が来るのも、両思いである可能性が高いです。もともとマメな人なら好きな人でなくても連絡することがあるかもしれませんが、たいていはそうではありません。

好きな人から毎日のようにLINEが来たり、ことあるごとに電話がかかってきたりというのであれば両思いである可能性も高いでしょう。

友達から関係について聞かれる

周囲から良い感じだと思われたり、二人いい雰囲気ですね、といわれたりするのも両思いである可能性が高いです。もしかして○○くんのことが好き?と聞かれるのも、友達を通じて自分の思いを確かめていることが考えられ、両思いになる確率があるのです。

両思いになるためにしたい行動

好きな人と両思いになるためには、どうしたらよいのでしょうか?両思いになるためにしたい行動について抑えておきましょう。

身だしなみを意識する

両思いになりたいのであれば、身だしなみを意識しましょう。良い雰囲気を身にまとうことで、相手の気持ちをこちらに振り向かせることができるかもしれません。

人には第一印象がとても重要です。清潔感のある見た目の良さは第一印象でも好印象を持たれます。

コミュニケーションの回数を増やす

両思いになりたいのであれば、まずは相手に自分のことを意識させることが必要です。そのためには、コミュニケーションの回数を増やすことが有効です。電話でもLINEでもよいのですが、嫌がられない程度に頃合いを見て連絡を取りましょう。あまりうざがられるようでは脈はありません。

相手の話を聞くことに徹する

聞き上手な人は男女関係なくモテます。そのため、好きな人の話は丁寧に聞くようにしましょう。好きな人にアピールしたいからといって、自分の話を長く続けるようでは両思いになれません

聞くだけではなく、ときには話を振ることも重要です。聞き上手を目指しましょう。

共通点を見つけて親近感を持つ

人は共通点があると親近感がわくものです。趣味でも好きなテレビ番組でも良いのですが、「この話題があると盛り上がる」という共通点があれば、親近感もわきますし会話も盛り上がりやすいです。そういった経験があれば、両思いになるのも少し近くなります。

とにかく告白をしてみる

相手が私のことを好きでいてくれるのか…悶々とする日々はもったいないですし、もし自分に気持ちがないのであれば、さっぱりとあきらめて別の恋愛へと進むこともできます。そのため、両思いかどうか悩んだときはとにかく告白をしてみるというのも良い方法です。

自分でいうのが照れくさければ他の誰かに伝えてもらうという方法もあります。

相手が心細いときに味方になる

人は弱っているときや不安になっているときに味方になってくれた人のことを好きになるものです。相手が悩んだり落ち込んでいたりするときほど、そばにいてあげましょう。両思いへと近づくことができます。

普段とは違う顔を見せる

いつもと変わらない態度や姿勢は、とかく印象に残りづらいものです。しかし普段と違う顔、ギャップをその人だけに見せることで好意を持ってくれる可能性が高まります

第一印象が悪ければ、なかなかその後発展しないですが、普段は真面目なのにその人といるときだけ面白い顔をするなど、かわいらしいギャップなら印象に残りやすいです。

良い香りを身にまとう

雰囲気作りで重要なことは自分をさりげなくアピールすることです。見た目のアピールも重要ですが、女らしさをアピールするためには良い香りを身にまとうことも大切です。男性は特に、良い香りがほのかに残る女性が気になるものです。

相手の意識していない点を褒める

自分では気づいてないところを褒められると、良い気持ちになりやすいものです。褒められると喜ぶのは当たり前ですが、誰もが褒めるようなことを当たり前に褒めても相手に良い印象を与えることはできません。人に対する配慮など内面の部分で、相手が意識していない点を褒めるとよいでしょう

ミラー効果を用いてみる

ミラー効果とは、自分と似た行動をする人に対し、好意を持つ人間の心理的な効果です。そのため、相手に自分を思わせたいのであれば、気づいたことはすべて相手のまねをしてみるのもよいでしょう。

必死になると逆効果になりますし、異性としてまねできない部分はする必要はありません。ですが、さりげないところをまねすると自然と仲良くできる可能性は高まります

吊り橋効果を利用する

吊り橋効果とは、心拍数が上がるような不安なときや苦しいときに出会った人を好きになってしまうということです。心拍数が上がっているときにそばにいる人に、人は恋愛感情を抱きやすくなります。

水泳やジョギングを一緒に行ったり、一緒にアトラクションをすることで両思いになれる確率も上がります

試す価値あり!?両思いになれるおまじない

両思いになれるおまじないはたくさんあります。そのおまじないをやったからといって必ずしも両思いになれるわけではないのですが、両思いになるためのおまじないを紹介します。

ピンクネイルを使ったおまじない

ピンクは恋愛運を高めてくれるカラーです。左足の小指にピンク色のネイルをすると恋が成就するといわれています。ピンクといってもいろいろなカラーがありますが恋に効くピンク色は淡いピンクです。

消しゴムを使ったおまじない

誰もが聞いたことがある定番のおまじないとは、消しゴムに好きな人のフルネームを書いて使いきると両思いになれるというものです。ピンク色のペンを使って書き、誰にも貸したり削ったりせず使いきることができると効果が上がります。

お風呂の鏡を使ったおまじない

恋愛において重要なアイテムの一つが鏡ですが、お風呂の鏡を使ったおまじないもあります。入浴時に鏡に相合傘を書き、左側にお相手の名前、右側に自分の名前を漢字のフルネームで書きます。両思いになるようしっかり念じながらシャワーで消すと効果的です。

寝る前に出来るおまじない

寝る前にできるのが、枕を使ったおまじないです。枕の上に相手の名前をフルネームで書き、その上から自分の名前を漢字フルネームで書きます。これを3回繰り返してから、相手のフルネームを3回声に出して唱えましょう。

まとめ

両思いを意識する瞬間は、一緒にいて楽しいと思ったり手をつないだり長電話したりということです。両思いのサインは、会ったときから嬉しそうな顔をしたり目があったり、頻繁に連絡したりということです。

両思いになるための行動は、身だしなみを意識したり、聞き上手になる、コミュニケーションの回数を増やすなどです。また、ミラー効果や吊り橋効果、ウインザー効果といった心理的効果を利用する方法もありますし、両思いになるためのおまじないもたくさんあります。