男友達デートに潜む危険な心理。女友達が注意すべきこと一覧

デートと言ってもいろいろなデートがあります。彼氏とのデート、好意を寄せている相手と付き合う前のデート、友達デートなどです。その中でも、異性の友達とのデートは、少し特殊なケースです。彼氏ではないけれど、2人きりで遊べる仲である男友達とのデートでは、適度な距離感を保つことが大切です。

昔からの友人や幼馴染であり、絶対に恋愛関係には発展しないと言いきれる人もいれば、今は友達だけど、この先恋愛関係に発展するかもしれない関係もあるでしょう。男女間の友情は存在しないと言う人もたくさんおり、曖昧で難しい間柄です。ここでは、男友達とのデートで気を付けるべきことをご説明します。

男友達とデートするならココに注意

男友達とデートする場合、気を付けなければいけないことがいろいろとあります。あくまで彼女と彼氏ではなく、友達同士で遊ぶのです。

特に自分は相手に対して絶対に恋愛感情を抱かないと思っている場合は注意点も多いです。

 

男友達とデートする際の注意点

・付き合っていないことを忘れずに!
・相手があなたのことを女性として見ている可能性があることを忘れずに!
・勘違いさせない
・服装に注意
・デート場所を吟味
・車以外で移動できる場所を選ぶ
・家に行かない・呼ばない
・相手を慎重に選ぶ

 

あくまで「付き合ってないデート」であることを忘れずに!

男友達とのデートは、あくまで「付き合ってないデート」です。付き合っている相手とのデートと同じ感覚で臨んで、相手との距離を近づけすぎると思いもよらない結果が待っているかもしれません。

常に適切な距離をとりながら「プラネタリウムを見る」「花火を見る」「映画を見る」「ショッピングをする」など、デートの目的を達成。良き友人としてのデートを楽しみましょう。

友達と思っていても相手はどう思っているか分からない

自分は何とも思っていなくても、相手がどう思っているかはわかりません。日頃から、「お前のことを女として見たことはない」と言っている人でも、実際そうではなく、照れ隠して言っていたり、お酒に酔った勢いで男女関係になってしまうケースもあります。本当の気持ちは当人にしかわかりません。

そのため、相手が自分の事を女として見ていないからと言って、男友達の前でふしだらな行動をとってはいけません。友達とはいえ異性であり男性です。時に理性が効かなくなる場合もあるので、女として見ていない、何とも思っていないと言われてもその言葉を鵜呑みにせず、節度ある行動をとりましょう。

勘違いさせないように

あくまでもただのお友達、それ以上でもそれ以下でもないのであれば、自分でもお友達であるということを意識しなければいけません。普通の友達以上に親しくなり過ぎるなどの馴れ合いの関係になってしまうと、相手が勘違いする場合もあります。

相手と真剣に付き合う気がないのであれば、どこまでいっても友達以上恋人未満。あくまで自分は相手にとって「女友達」であることを認識しておきましょう。

自分はお友達でいたいのに、相手に好きになられたり、好きだと勘違いされてしまったりすると気まずくなってしまうこともあります。お友達でも異性は異性なので、異性だと感じさせるような仕草や態度、言葉を口に出してはいけません。日頃から気を付けるようにしましょう。

勘違い男になってない?勘違い男になってしまう原因とは

服装に注意

特に夏場などは、女性の服装は露出度が高くなります。女性からしてみるとそういうつもりは全くない、そういうファッションが好きだからという理由に過ぎないかもしれませんが、男性は違います。露出度が高いと、それなりに期待してしまうこともあるのです。

露出度の高い服装をされると目のやり場に困りますし、ドキドキして落ち着いていられなくなります。もしデート場所がカラオケなどの密室や夜のデートの場合、もしかして自分に気があるのかな、誘っているのかななどと勘違いを起こしてしまうこともあります。

デート場所を吟味

男友達とデートする場合、どんな場所に行ったら良いのだろうと悩む人もいるでしょう。当然彼氏ではないので、いかにもカップルで行くような場所は選べません。かといって意識しすぎるのも逆に気を遣ってしまいます。異性であっても、あくまでも友達だということを意識しましょう。

デート場所は、テーマパークやショッピング、ボーリングやサイクリングなどが良いでしょう。映画館やカラオケボックス、まんが喫茶などといった薄暗い場所や個室などは緊張させてしまったり、自分は何でもなくても相手が変な気を起こしてしまうかもしれません。明るい場所で思いっきり楽しめて笑える場所にしましょう。

車以外で移動できる場所を選ぶ

車の中は2人きりの密室です。男性は些細なことやふとしたことでスイッチが入ります。いつもなら何でもないことでも、密室に2人きりというシチュエーションでは間違いも起こり得ます。また、そうなってもおかしくない空間にいるのだから、受け入れてくれるはずだと勘違いしている男性も多くいます。

車の中は狭くて相手との距離も近いです。また、あなたは移動手段の一つと考えている場合でも、所有者にとって車は第2の部屋であり、密室だから何でもできる場所として考えている男性も少なくありません。勘違いをさせたり、間違いを起こさせないためにも、車以外で移動できる場所を選びましょう。

家に行かない呼ばない

基本的に気が無い人の家に行ったり、自分の家に呼ぶことはしてはいけません。男性は、女性が自分の自宅に来る、もしくは女性の自宅に呼ばれるということは、相手は自分に多少なりとも気があり、自分を受け入れてくれていると思うものなのです。

相手の自宅に行く、または自分の自宅に呼んでおいて、その気はなかったなどというのは通用しません。大抵の男性はその気でいるので、勘違いをさせないためにも、また、相手を怒らせないためにも、今後お友達として仲良くしていきたいと考えているなら、相手の自宅に行く、自分の自宅に呼ぶということはやめましょう。

相手を慎重に選ぶ

男友達とデートに出掛ける場合、どんな人を選んだら良いのでしょう。結論から言うと、信用できる人が一番ですが、自分がそう思っていても周りの評価はいまいちだったり、実際はどうなのかわからないという人もいるでしょう。

普段は真面目で誠実だと思っている人でも、ふとしたことをきっかけに豹変するということもあり得ます。いくらお友達とは言え、可能性は十分にあります。ですから、相手の周囲からの評判はどうか、人柄や過去の恋愛歴などを聞いておきましょう。その他にも仕事や金銭感覚、女友達からの評判なども参考にし、慎重に選ぶことをおすすめします。

大事なポイントをおさえて付き合う前のデートを成功させよう

彼氏がいる人が、付き合ってないデートで特に気をつけること

彼氏がいても男友達と出掛けることがある人もいるでしょう。しかし、その場合気を付けなければならないのが、彼氏や周りの人から誤解されないようにすること、デートする男友達にも誤解をあたえないようにすることです。

男友達と遊んでいるところを誰かに見られた場合、何も知らない人からすれば、彼氏がいるのに他の人と遊んでいると誤解されてしまうでしょう。ですから、彼氏にはもちろん、他の人にも、あなたが浮気をしている、遊び人などと思われてしまわぬよう注意しましょう。

 

彼氏がいる人が気をつけるべきこと

・距離を縮めすぎない
・連絡のやり取りをしすぎない
・二人だけの秘密を作らない
・突然のキスに注意

 

距離を縮めすぎない

男友達と仲良くするのはいけないことではありませんが、適度な距離感を保つことが必要です。彼氏がいる人や相手に恋愛感情が無い人は特に気を付けなければならず、距離感を間違えると、取り返しのつかない事態を招く可能性もあります。

あまり仲良くしすぎると、相手がその気になってしまったり、あなたが相手に対して気があるのではないかと勘違いしてしまいます。あなたにそんなつもりは無くても、男友達や周囲、彼氏までもが誤解してしまうかもしれません。さらに、彼氏からやきもちをやかれたり、あなたに対して信用が無くなることもあります。

連絡のやり取りをしすぎない

彼氏がいるのに男友達と連絡をとることは、彼氏からするとあまり良い気はしません。口では連絡を取っても良いと言っていても、実際は面白くないと感じている男性は少なくないでしょう。必要なことであれば仕方ないかもしれませんが、度が過ぎると彼氏から愛想をつかされてしまいます。

きちんと事前に彼氏に報告をしていれば、多少の安心感はありますが、それでもやはり嫉妬心は生まれます。また、男友達からしてみれば、彼氏がいるにも関わらず自分と頻繁に連絡をしてくれることに対して勘違いをしてしまう人もいるでしょう。ですから、男友達と連絡を取る場合、彼氏がいる人は必要最低限に留めておく方が無難です。

二人だけの秘密を作らない

彼氏がいる人は、男友達と二人だけの秘密を作ることは絶対に避けましょう。秘密を共有することで、より関係が親密になっていきます。最初はそんなつもりは無くても、秘密を共有することで、よりお互いに親近感が沸き、気付けば意識するような存在になっていくのです。

二人だけの秘密を作るという時点で、相手のことを特別な存在であると認めているのです。特別な存在にも色々ありますが、やはり男女となれば、恋愛関係となります。二人だけの秘密を持つことで、相手が自分だけ特別という風に思い込み、あなたを意識し始めます。

男友達からの突然のキスに注意!

たとえ友達であっても、異性の友達には注意しなければなりません。基本的に男性は女性を友達としてではなく、性の対象として見ています。友達だとしても、きっかけがあれば簡単に恋愛関係に進展しますし、チャンスを伺っている男性もいます。

男性は、二人でいる時に良い雰囲気になったり、お酒に酔った勢い、女性が見せる優しさや色っぽい仕草、表情、胸元や生足が見えた瞬間などに思わずキスしたくなります。これは友達であってもそう思うのです。ですから、常に友達だということを意識させる他、長時間二人きりでいたりすることは避けるようにしましょう。

男友達からの突然のキス!どう受け止めたらいいの?

男友達とのデートの上手な断り方

ただのお友達だと思っている人から告白された場合、どのように断れば良いのかわからない人も多くいることでしょう。また、まだ告白されてはいないけど、自分はその気がないのに相手は自分に気があり、デートに誘われてしまってどう断ればいいかわからないという人も少なくありません。

相手を傷付けてしまうのではないかと悩んで返答を先延ばしにしてしまうと、かえって期待させてしまったり、相手に対して失礼になってしまったりします。相手を傷つけないように、けれどきちんと断りたい場合は、今は彼氏を作る気が無いなど、相手に非があるわけではないということを強調しましょう。また、ありがとうなどの感謝の気持ちも伝えましょう。

上手な告白の断り方は?相手を傷つけないためのある秘策

みんなで行こうとアピール

好きじゃない人からデートに誘われた場合、どうしたら良いのか悩む人は大勢います。嫌いじゃないけど2人で行くのはちょっと抵抗がある、その気がないのに勘違いされたら困るなど、どうすればよいか迷うことでしょう。

断って気まずくなりたくない、これからもお友達として仲良くしたいということであれば、2人ではなくみんなで行こうとアピールしてみましょう。相手は、あなたにその気がないことを気付いてくれるかもしれません。また、デートを断っているわけでもないのでそこまで気まずくもなりません。

はっきりと友達であると伝える

その気がない相手からの告白や誘いを断る場合、手っ取り早くわかってもらえる方法は、やはり、はっきりと自分の意思を伝えることでしょう。曖昧な返答をしてしまったばっかりに、相手に期待させてしまうこともあります。はっきりと言うことで、確実に自分の意思が伝わります。

出来れば理由もきちんと伝えた方が、相手もより納得してくれるでしょう。今後もお友達としての関係を継続させたいのであれば、逃げずにきちんと伝えるべきです。きちんと伝えることで誠意を見せられるので、相手にもきっとその気持ちが伝わります。

男友達との、付き合ってないデートのおすすめスポット

男友達との付き合ってないデートでのおすすめスポットは、お互いを異性として意識しすぎることのない「程よくおしゃれで、かつ気さくなスポット」です。

夜景が綺麗なホテルでの食事などでは、友達同士で行くにはあまりに高級すぎて、互いにどのように振る舞えばいいのか困惑してしまうでしょう。

男友達とのデートでおすすめの場所を紹介します。

映画館

映画館はおしゃれすぎず、地味すぎず、ちょうどいい友達とのデートスポットです。

あまりにロマンチックな作品を見るよりは、ハリウッドの超大作や日本のコメディ映画など気さくに見れる作品を、一緒に笑いながら見ると良いでしょう。

上映後の話題にも困らず、チケットも取りやすいためおすすめです。

居酒屋

居酒屋も、友達とのデートにおすすめです。

大衆居酒屋や安価なお酒を出す居酒屋は、恋人と行くよりは、友人と行く方が気軽です。恋人の前では「相手に嫌われたくない」という思いからテーブルマナーを過剰に気にしたり、飲むお酒のチョイスに慎重になったりもしますが、友達とのデートであればそこまで几帳面になる必要もないでしょう。

また居酒屋であれば「お酒の席での発言」となるので、多少普段の恋人への愚痴が出たり、相手を勘違いさせてしまうような発言が出ても、ある程度は見逃してもらえます。

食べ歩き

市場や商店街の食べ歩きもおすすめです。

付き合っている相手とのデートはどうしても少し落ち着いた雰囲気での会話になりがちですが、男友達との食べ歩きデートであればより和気藹々とした雰囲気で、はしゃぐようなデートができます。

形式ばったデートは緊張する、と普段内心感じている方は特に楽しめる時間となるでしょう。

男友達と恋人になりたい時のデートの注意点

今は男友達として付き合っているけど、いつか恋人になりたいと考えている人もいるのではないでしょうか。しかし、今まで友達として付き合ってきたのに、いきなり恋人になれるのだろうか、きっかけを掴めないという人もいるでしょう。

友達から恋人になりたいのであれば、一緒にいて楽しい、居心地が良い、友達としてではなく、女性としての魅力を感じてもらうことです。性格などの相性や一緒にいて安心感を得られることはとても居心地が良く、誰しもが恋人に求める条件ではないでしょうか。また、家庭的な人は女性として魅力的です。男性は、このような女性を恋人にしたいと思うのです。

男友達とのデートは、そんなアピールをするチャンスです。具体的な方法を紹介します。

なるべく近くに座るようにする

ベタベタ身体に触れることと、近くに居ることは違います。友達なのにボディタッチが多いと、女性なら特に嫌がる人も多いのではないでしょうか。しかし、近くに居る、近くに座ることは直接触れるわけではありません。相手のそばに居ると言うことです。

近くに座ることで、相手はあなたを意識します。いつも近くに座っていれば、相手は常にあなたを近くに感じることになります。気付けばいつもあなたが側に居ると感じるようになり、それは、異性として意識し始めるきっかけになりえます。

連絡は密にとる

恋人になりたいのであれば、あなたをいつも感じられるようにしておかなければならず、その一つの手段として、連絡を頻繁にすることがあります。用事が無くても良いのです。今何をしているのか聞いてみたり、おはようやおやすみなどの挨拶など何でも良いのです。

しかし、1時間に何度もしつこく連絡をしたり、プライベートなことを根掘り葉掘り聞くのはいけません。相手の興味のあるものを事前にリサーチしておき、その情報を教えてあげたり、美味しいお店がある、面白いテレビがあるなどが無難でしょう。

次のデートの予定があるのであれば、一緒に予定を立てることを口実に連絡を取るのもいいでしょう。

男性の良いところをどんどん伝える

誰でも皆、褒められると気分が良くなります。また、褒めてくれた人に対しても好印象を抱きます。相手の良いところを見つけてそれを言葉にして伝えることで、あなた自身も人の長所を見つけられる人、自信を与えてくれる人という風に相手に思われます。

相手の褒められる部分や尊敬出来る部分を見つけて伝えることで、自分のことをちゃんと見てくれているんだ、認めてもらえてると実感し、とても嬉しい気持ちになります。結果的に相手とあなたの距離がグッと近くなります。

まとめ

自分がただのお友達だと思っていても、相手がどう思っているかはわかりません。また、あまりにも親密になりすぎると、恋愛感情が生まれてしまったり、相手からも好意を持たれてしまったりすることもあります。もしこの先もお友達でいたいのであれば、適度な距離感を保つことが大切です。

さらに、彼氏がいる場合は、彼氏はもちろん周囲の人や男友達に誤解されぬよう、振る舞い方や言動に気を付けなければいけません。誤解されると最悪、全ての人間関係が崩れてしまう恐れがあります。誰かを傷つけないためにも、十分注意しましょう。