結婚相手の年収はいくらが理想?年収を安定させる4つのこと

この記事の情報提供者:三日月さん
三日月さん
認定心理士の資格を保有。通信制大学で心理学を学んできました。

愛する人との結婚を考える際に、最も足枷となるのが経済的な問題です。未婚の方の中には、結婚生活を送るための目安となる年収を知りたいと考える方もいるでしょう。

この記事では、結婚を考えている人がどの程度の年収を求めているかについてご紹介します。いつかは結婚をしたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

女性が理想とする男性の年収は?

女性は結婚相手にどの程度の年収を求めるのでしょうか。女性が男性に求める理想的な年収額と、男性の現実的な平均年収を比較してみましょう。

女性が理想とする結婚年収

女性が理想とする結婚年収は、年収500~599万円の男性を理想とする女性が最も多く、次いで多いのは年収600~699万円の男性と言われます。年収が500万円以上あれば、子供を抱えていても余裕のある生活ができるでしょう。

子供が幼いうちは子育てに専念したいという女性が多いため、自分が専業主婦になっても生活できるレベルの額を求める女性が多い傾向があります。

結婚しても良いと思える妥協点は年収300万円以上となっており、共働きを視野に入れている女性も多いことが分かりました。自分よりも年収が低い男性とは結婚したくないと考えている女性が大半を占めているため、男性への期待の大きさは個々の女性の年収に比例する傾向があります。

現実的な男性の平均年収

女性の理想に対して、男性の実際の平均年収がどの程度であるかを確認してみましょう。現在の20代男性の平均年収は367万円となっており、30代男性の平均年収は487万円となっています。30代男性の平均年収を稼いで、ようやく女性が理想とする年収の最低ラインギリギリとなることが分かります。

しかし、この数字は飽くまでも平均であり、一部の高額所得者によって平均値は大きく引き上げられてしまいます

つまり、一般的な会社員の男性は、平均年収よりもさらに少ない年収で働いている人が多いと考えられるでしょう。女性が理想とする年収をクリアできる男性は、簡単には見つかりません

男性が理想とする女性の年収は?


男性の場合、女性とは年収に対する考え方が大きく異なります。女性の年収に関して男性がどのように考えているのかについてもご紹介します。

男性が理想とする結婚年収

女性の年収は300万円程度あれば良いと考えている男性が多く、女性が男性に求める年収の半分程度であることが分かりました。男女共に、年収300万円からが結婚を意識する最低ラインとなっているようです。

年収300万円同士のカップルが結婚した場合、家庭の合計年収が600万円となるため、それぞれが平均以下の年収であっても余裕のある結婚生活を送ることができるでしょう。

特に年収を意識しない男性も多い

お金 電気代

女性とは大きく異なる点として、結婚相手に年収を求めない男性が最も多いことが分かりました。年収よりも結婚相手の人柄を重視しており、好きになった女性であれば年収は関係無いと考える傾向にあるようです。家計は男性が支えるものであるという価値観が大きく、共働きを求める男性よりも多数派となっています

男女平等が叫ばれる昨今では、女性を養うべきであると考える男性が減りつつありますが、女性には妊娠や出産といったライフステージの変化があるため、仕事のみに集中することは中々難しい面もあります。女性が抱える社会的ハンデを考慮した結果、女性に対しては大きな年収を求めない男性がいるということも窺えます。

共働きを求める男性の心理とは?

女性に対して年収を求めない男性が最も多いことはお伝えしましたが、共働きをしてほしいと願う男性が多い点も無視はできません。男性が共働きを求める理由をいくつかピックアップしますので、結婚相手を探す男性側の心理についても理解しておきましょう。

資産を増やしたい

子供の教育などにかかるお金のことを考えると、できるだけ資産を増やしておきたいという考えから、共働きをしてほしいと考える男性は多いです。男性の稼ぎのみで生活することが可能だとしても、将来への不安から、より収入を増やしておきたいと考えるようです。

共働きで資産を増やすこと自体は良いことですが、共働きに応じることによって子育てや家事に支障をきたしてしまう可能性もあるため、緊急的にお金を稼ぐ必要が無い場合は断っても良いでしょう。

しかし、単純に資産を増やしたいという理由から共働きを求めてくる男性は家庭内の仕事に関して無頓着である可能性があるため、しっかりと相談した上で共働きするかを判断しましょう。家事を分担してもらうなどして、自分ばかりに負担がかからない環境作りをする必要があります。

男性の稼ぎのみでは厳しい

男性によっては年収が低い人もいるため、男性の収入のみで結婚生活を送ることが難しい場合もあります。女性に負担をかけたくないと考えてはいるものの、自分の収入が低いゆえに止む無く共働きをお願いする男性は多いです。

男性が共働きを求める最もありがちな理由で、年収の低い男性と結婚する以上は共働きも覚悟しなくてはならないでしょう。どうしても共働きをしたくない場合は、出産を諦めるか、徹底的な節約をする他ありません。

年収の低い男性と結婚した場合、結婚生活において不自由に感じることが多くなるため、結婚後の苦労を覚悟した上で付き合う必要があるでしょう。

社会人としての苦労を共有したい

共働きをすることによって、社会に出て働く辛さを共有したいという、一体感を求める心理が働いている場合もあります。これは同じ趣味を持つ人と付き合いたいという心理とよく似ており、共通点があることでお互いの理解が深まるというメリットはあります。

しかし、無理に共働きをするよりも、女性が専業主婦として家事に集中した方が、結婚生活が上手く回る場合もあります。苦労を共有したいという男性側の欲求のみが理由である場合は、共働きを安請け合いしない方が良いでしょう。

共働きを承諾する代わりに、家事の苦労も共有するという条件を提示するなどして、上手にバランスを取るようにしましょう

女性が孤独になることが心配

女性が社会と隔絶されて孤独になってしまうことを男性が心配しているケースもあります。家事にかかりきりになることで、外に出て人と会う機会が無くなり、生きがいを感じなくなってしまう例は確かにあります。

この場合は男性が女性の身を案じて共働きを提案していますので、自分が必要であると感じたら共働きに応じるようにしましょう。

仕事が負担になる場合は、共働きを断っても問題無いでしょう。孤独感を解消するためだけであれば、苦労をしてまで仕事をする必要は無く、外に出て誰かと一緒にできる趣味を探すという形でも良いはずです。共働きが嫌な場合は、仕事以外の気分転換があるということを提案してみましょう。

年収を安定させるためにやるべきことは?

自分の年収に不安があり、結婚に踏み込むことができないという方も多いでしょう。年収をできる限り安定させるために考えられる方法をお伝えしますので、実践しやすいものから試してみてください。

正社員で共働きする

正社員としてお互いに働くことが、効率的に家庭の総合年収をアップさせる方法であることは言うまでもありません。余力がある場合は、お互いに正社員として働くことを考えても良いでしょう。最近では残業が少ない会社や、託児所を併設している会社も増えているため、子持ちの女性でも働きやすい環境が整いつつあります。

妊娠や出産があることを考えると、女性が社会に出て働き続けることは難しいため、飽くまでも選択肢の一つとして捉えておくと良いでしょう。

副業をする

副業をして収入を増やすという方法もあります。在宅ワークであれば家庭内で仕事が完結するため、専業主婦の副業として在宅ワークは人気を集めています。自分でブログを立ち上げて収益化を図ったり、投資にチャレンジしてみるなど、様々な種類の副業を試してみると良いでしょう。

副業によっては、大きな成功を収めれば会社員以上に収入を得ることができるものもあるため、ロマンを感じるための趣味としてチャレンジしてみるのも面白いでしょう。最初から副業で大金を稼ぐことは難しいため、コツコツと地道に育てることが大切です。

節約をする

普段の生活を見直すことによって、収入を増やさなくてもより快適に過ごすことができる可能性があります。節約できるものを日頃からチェックして、できる限り出費を抑えるようにしましょう。例えば、携帯代は格安SIMに乗り換えるだけで、月額の支払いを半額以下に抑えることが可能です。

生活費を切り詰めすぎるとストレスが溜まってしまい、夫婦仲が険悪になってしまう恐れがあるため、節約にこだわりすぎないように注意しましょう。趣味の一環と考えて、楽しく工夫しながら節約術を考えてみてください

まとめ

女性が理想とする結婚相手の収入は500万円程度ですが、現実の男性の収入は約360万円と違いがあることがわかります。男性にとっては、女性の収入をあまり気にしないながらも共働きを希望する人もいます。

ふたりで人生を歩んでいくには避けては通れないお金の話。将来計画をしっかりとして、副業も視野に入れながらぜひ考えるきっかけにしてみてください。