結婚後の年収は幸せの物差し?お金で解決。明るい未来のために

愛にお金なんて関係ないなんていう人がいますが、愛にお金が関係しないのはお付き合いしているまで、その後、結婚となれば大いに関係してきます。下世話な話ですが、結婚し生活を成り立たせていくためにはお金は必要不可欠ですし、収入が多い、少ないによって生活は大きく変わります。

なぜ結婚に年収が関係するのか


結婚に年収が関係してくるのはどうしてなのか、これは色々な要素が噛みあっていて、以前の様にただ不安なく過ごしたいから年収が多いパートナーの方がいいと一概に言えなくなっています。女性が社会進出を果たしている現代、結婚と年収の関係について少し知識を持っておきましょう。

収入=男性のステータスという風習

日本は古くから結婚したい男性のステータスとして、収入がより高い人の方がいいという風習的なものがありました。ご両親も娘さんが苦労しないために、より収入が高く安定した職業の方を伴侶にしてほしいと願っていましたし、だからこそお見合い相手も慎重に選んだのだと思います。

現代は収入だけが男のステータスといえないという事を多くの女性が理解していますが、それでも、収入が高い人と結婚したいという気持ちは変わらないと思います。結婚して安定した生活を送りたいというのは、誰もが願っていることです。

正社員雇用以外の働き方が増えたため

婚活などをされる女性が多くなったのは、自分が希望する条件に合った男性と出会い、結婚したいという気持ちが強くなってきたからです。昔は就職するといえば正社員、終身雇用が約束されているというイメージがあり、アルバイトの方もいましたが、その場合、結婚の対象として見る事はありませんでした。

しかし今は大卒であっても契約社員から始まる、また契約社員以外の雇用はないという企業もあり、雇用形態が正社員だけではなくなったという背景も、結婚と収入をしっかり考えなければならなくなっていることに要因しています。

女性の社会的地位が確立されたから

女性が社会進出を果たし、正社員として退職するまで働くという方が多くなり、男性社員と同じようにバリバリ働き、そのキャリアを向上させています。女性は結婚したら退職、もしくはお子さんが生まれたら退職という気風が強かった日本ですが、現代は産休、育休後、即働くという人の方が多いともいわれているのです。こうした女性が社会的地位を確立し安定し一定したお給料を頂くことが可能となった時代だから、結婚という事についても収入に関係してくるのです。

女性が結婚相手に求める年収


女性はどのくらいの収入を結婚相手に求めているのかという事は、結婚願望をもっている男性にとって知りたいことだと思います。ずっと自分も働きながら結婚生活を続けてきたいと思っているのか、それとも専業主婦、パート位で過ごしたいと思っているのか、それによって男性に求める収入にも違いがあるようです。

相手の年収はどれくらいが希望?

女性が結婚相手となる男性に求める収入は以外と低く、300万円以上ならいいという人が最も多いという結果が出ています。次に500万以上、次にはなんと好きになったら収入は関係ないという意見が続いていて、これも女性が社会進出を果たし、安定した収入を得ているという事が関係しているようです。

共働きとして歩むのであれば、あまり気にしない?

ずっと定職をもって人生を歩んでいきたい、ずっと社会の一員としての地位を持ちながら生活していきたいと願う女性が多くなっていることで、共働きしていくことがこの先の結婚に必要と考えている人が多い、男性に求める収入を見てもこういう結果がわかります。共働き前提で歩むとなれば、男性側の収入も300万以上でいいという結果が納得できます。

結婚後は専業主婦として生活したい人も多い

共働きが当然と思っている女性が多い中、婚活されている女性などの中には専業主婦として子供の事、夫のことに尽くしていきたいと考えている女性もいます。自分が子供の頃にずっと両親が共働きで誰もいない家に帰宅するのが寂しいと思っていたので、自分の子供にはそういう気持ちを味わせたくないと思っている方も多いようです。

男性が稼ぐ結婚前の平均年収


男性がどのくらいの収入をもらっているかですが、20代前半は250万弱、後半で340万弱、30代前半になるとぐっと上がり、390万位となっています。となると女性が結婚相手に臨む収入の最も多い意見、300万以上あればいいという条件に、多くの男性がはまっているという事がわかります。

専業主婦になりたいという場合には、700万以上欲しい、1000万位は欲しいという好条件男性を狙うことになりますが、この場合、年齢がかなり高くなる方が多く、年の差婚が多くなっているのもこうした年収に関係しているのかもしれません。

正社員雇用の場合

女性は通常結婚に安定を求めますし、両親に結婚する相手として紹介する時、非正規雇用ですとして紹介するのは反対される要因になるという事もあり、やはり正社員として働く男性と結婚したいという女性が多いです。正社員の場合、年収もしっかりしていますし、女性がもとめる300万以上の年収を正確に把握できます。

非正規雇用の場合

非正規雇用の場合、いつ何時、仕事できなくなるかわからないという心配がありますが、最近は女性が責任ある立場の正社員としてバリバリ働くという事もあり、秘跡雇用でも気にしないという人も多くなっています。自分が出産しその後、夫が主夫として家庭に入ってもいいと思っている方も多く、昔よりは非正規雇用であっても結婚するかどうか迷うという人は減っているようです。

結婚を意識する収入額とは

結婚という事を考えるとやはり生活が安定することが必須条件となりますので、女性が結婚後、働く意思があるかどうか、それとも専業主婦になる希望を持っているのか、それによって結婚を意識する収入額に違いが出てくると思います。

共働きの場合、夫の年収が300万位あり、それにプラスして妻の収入が正社員として同じくらい、若しくは少し落ちる位で十分生活できると思いますし、貯蓄も可能です。専業主婦の場合は、やはり自分が働かないという事になるので、結婚する男性の収入は少なくとも600万位は欲しいと考える事になるでしょう。

結婚するために必要な年収


結婚するために必要な年収については、結婚したいと思う女性の生活の価値観、この違いによって大きく変わると思います。何をするにしても心配ない生活、休暇には海外に行き、子供にも小さい時から十分な教育を受けさせることができるようにしたいなら1000万クラスの年収が欲しいと考える人が多いと思います。

幸せに安定した暮らしをしていければいい、共働きして貯蓄もしたいのでその分をプラスして余裕がある生活ならもっといいという場合は、600万から700万位で十分です。

年収600万以上なら安心?

夫の年収が300万以上あればいいと思っている女性の多くが、生涯自分も仕事をしていきたいという願いをもっている女性です。自分も300万位は正社員として得られる、だから夫が300万以上あれば、月々の生活にも困る事がありませんし、貯蓄なども出来る金額です。

出世も含めた未来予想図を

結婚してずっと同じお給料という事は少なく通常、仕事の成果、また年齢によって年収も上がってきます。こうした出世も含めた未来予想図をある程度考えて、結婚してから困る事のない生活のために、どのような事が必要となるのか?考えている女性が多いです。

将来出世を見込める人ではないけれど結婚相手として暖かい家庭を築くことが出来そうという場合には、やっぱり私が仕事をしているがいいと考える事が出来ますし、夫がバリバリ精力的に仕事するタイプで、将来出世コースに乗るだろうという場合、専業主婦という選択もできるでしょう。

子供を育てる余裕を考えて

結婚して多くの女性が子供を求めますし、男性もやはり自分の子供が欲しいと希望する人が多いので、お子さんが生まれてから女性が働くことが出来ない期間、また働くことができるようになってからも、将来の教育資金などを考慮して、年収を考えていきたいです。

お子さんを育てていく費用としては18歳になるまで教育費用が1000万かかるなどといわれている現代ですから、そこまでいかなくとも、ある程度の余裕をもって貯蓄して行ける年収が欲しいでしょう。

結婚後も収入を安定させるには


結婚してからも窮屈な思いをして生活したくないという事なら、結婚後、どのように収入を安定させていくかを考えておく必要があります。専業主婦になるのか、それとも正社員として今まで通りにバリバリ働くのか、パートなどで子供や家庭に支障がないように働くのか、結婚前にしっかり考えておきたいことです。

妻もパートで共働き

最近は妻も正社員として働くという事が多くなっていますが、子供さんがいるご家庭では、融通がきくようにとパートを選択される方も多いです。パートから正社員登用するなどのシステムをもっている所なら、将来正社員として働きたい時に希望することができますし、その状況に合わせた働き方を選択する方が、結婚生活にも支障が出ないと思います。

夫の仕事を内面から応援

パートや正社員として働かず、専業主婦として家庭をしっかり守ること、実はこれも丁寧にしっかりと行うことで、夫の年収をあげることにつながります。夫が帰宅し疲労しない様にお風呂、バランスのいい食事、清潔な寝具など準備し、時には夫のマッサージなども行いながら、内助の功で翌日また元気に仕事にいってもらいます。

アスリートの妻などはアスリートフードマイスターなどの資格を取得し、スポーツ選手に必要な栄養バランスのいい食事を夫に作り、夫の活躍を陰で差さていますが、これをサラリーマン夫に活かすこともできます。

貯金癖を付ける

500円玉貯金でもいいので、とにかく貯金を好きになる、これによって年収が少ない夫との生活でも「ちりも積もれば山となる」で、かなり貯蓄できるようになります。すぐに散財してしまうのではなく、レジャーの費用などは別に貯蓄し、教育費用や冠婚葬祭費用等区分けして貯蓄していくと、収支もしっかり判断でき貯蓄しやすくなります。

まとめ


結婚はおままごとではなく、お互いに責任をもって過ごさなければならない人生の大きな分岐点です。その前に、結婚という事をしっかり考えている女性は、夫になる人の年収やもちろん夫になる人がどのような性格ならうまくいくのか?等も考えて婚活等行っています。幸せな結婚の形はそれぞれですが、最終的に人生を終える時、ああこの人と結婚して本当によかったと思える人生になるようにしていきたいものです。