白ニキビができる原因とケア方法!もしかして潰しちゃダメなの?

一般的に、顔にできる腫物などの小さな炎症をニキビと呼んでいますが、単にニキビといってもいくつかのニキビに分類されることをご存じでしょうか。ニキビにはいくつかの種類があり、その中でもほとんど痛みを伴わず、小さなぶつぶつがいくつもできるニキビを白ニキビと呼んでおり、正しい対策を行わなければ厄介なニキビとなってしまいます。

ニキビの種類


ニキビには、その外見的特徴から四つのニキビに大別することができ、これら四つのニキビはその症状が個別に異なっているものです。まず白ニキビは、ニキビの初期段階症状とも言えるもので、皮脂が毛穴につまったことで炎症を起こしてしまいます。この、白ニキビの段階で適切な対処を行うことで、感知を早めることもできますが、放置することよって白ニキビは赤ニキビへと変化し、炎症がひどくなってしまいます。

黄色ニキビは、ニキビの最終段階で外見からも黄色い膿を持つことからも、区別することができるでしょう。また、黒ニキビと呼ばれるニキビは、白ニキビと同様ごく初期段階のニキビで、白ニキビと違い毛穴につまった皮脂が空気に触れることによって、黒ずんで見えるのが特徴です。厄介なのはこの黒ずみで、白ニキビと違い非常に目立ってしまうことでしょう。

ニキビの種類!ニキビ別おすすめの薬!どんなニキビでも怖くない!

ニキビにはその状態を示す表現として、白ニキビ、赤ニキビ、黒ニキビ、黄ニキビという呼び方があります。それぞれどのような性質のニキ…

なぜニキビは顔に集中するのか

ニキビの種類にはいくつかの種類が存在しますが、これらはほとんど顔の部分に集中しており、体質によっては背中などに集中する場合もありますが、これらすべての原因は皮脂腺に関係していたのです。ニキビのできる仕組みでは、アクネ菌による増殖により炎症がおこり発疹ができますが、このアクネ菌は皮脂をえさとし増殖しますので、皮脂の少ない部分にはできにくいということが、お分かりいただけるでしょう。

人間の皮脂腺は、背中の部分と顔の部分に集中しており、特に顔の部分の皮脂腺は、俗にTゾーンと呼ばれる部分に集中しているのです。手のひらや足の裏にニキビができることがないのは、この皮脂腺がほとんどないことがその理由で、餌のない部分にはアクネ菌も増殖しようがないわけです。ほとんどの化粧品は油性ですので、厚塗りは禁物と言えます。

アクネ菌は悪者?

ニキビの原因として知られるアクネ菌は、人間の表皮近くにある皮脂がとても大好物です。特に、10代半ばから始まる思春期には、男性ホルモンが活発に働き、この皮脂を大量に分泌させるため、ニキビが起こりやすくなります。ニキビに難儀している方にとって、このアクネ菌は非常に厄介な敵として見られますが、このアクネ菌は常に悪いことばかりしているわけではないのです。

人間の体には、このアクネ菌を始めとする常在菌がたくさん存在しており、この細菌を含むバクテリアたちは、人間の体内に数百種類も存在しており、体のバランスを保ってくれているのです。腸内細菌と呼ばれる、ビフィズス菌や乳酸菌もこの常在菌の一種で、腸内フローラを形成し、悪玉菌から常に腸内を守ってくれています。アクネ菌も同様で、人間の皮膚を弱酸性に保つ働きがあり、ほかの病原菌から皮膚を守ってくれていたのです。

白ニキビの種類

ニキビには、その色や症状の違いによっていくつかのニキビに大別できますが、その中でも白ニキビはニキビのでき始めとも言える症状です。ニキビの原因とは、皮膚にある皮脂腺がアクネ菌の繁殖により炎症をおこすものですが、同じ初期症状である白ニキビにも、外皮に近い部分で起こる浅いニキビと、より皮膚の奥で起こる深いニキビの二つの種類があります。

浅いニキビの場合、白い芯を取ることで治りも早くなっていきますが、深いニキビの場合はたから芯が見えないということもあり、治癒まで時間がかかることが多いのです。深いニキビの特徴として、比較的皮膚の厚い部分におこることが多く、赤く大きく腫れあがってしまうこともあり、以上に痛みを伴う場合もあります。深いニキビの場合、体調と深くかかわりがあるとされ、生活や食生活の乱れからこうしたニキビができるとされています。

1日でも早く治したい!ニキビの種類と早く治るコツとは?

ニキビのパターンはひとつではありません。ニキビは進行の段階によって白ニキビ、赤ニキビ、黒ニキビ、黄ニキビといくつかの種類に分類…

白いニキビをつぶしても大丈夫?


ニキビに関して、よく言われるのはニキビは早くつぶした方が治りは早くなるよ、また逆にニキビがさわっては駄目、乾燥するまで放置しておきなさいなどと、意見が大きく二つに割れています。確かにニキビの原因は、毛穴がつまりその下にある皮脂腺にアクネ菌が繁殖し炎症をおこすもので、その炎症の原因となる皮脂を追い出してしまえば、炎症はなくなります。

また、つぶすことによって、無理に幹部が裂け雑菌の繁殖により、二次感染でさらに悪化してしまうという可能性があり、適切な薬を塗り自然治癒を待つというのも正しい方法でしょう。この二つの方法は、どちらも正しい方法ですが、白ニキビの場合浅いニキビと皮膚の深層にできる深いニキビとがあり、浅いニキビの場合つぶす事で直りが早くなりますが、深いニキビの場合つぶす事で悪化することが多く、後者の方法で治療しましょう。

白ニキビをつぶすタイミング

白ニキビは、ニキビの初期症状となるもので、ごく小さなものであれば速やかに処置し、適切な処理を施すことで早期に完治させることが可能です。白ニキビのの中でも浅いニキビの場合、早期にニキビをつぶす事でニキビの炎症の原因となっている皮脂を追い出すことができますので、治りも早いということが言えます。ではどういったタイミングで、白ニキビをつぶしたらよいのでしょうか。

まず大切なことは、患部を清潔に保つということです。そして、ニキビの原因となっている毛穴の詰りを防ぐため、毛穴を広げることでアクネ菌が繁殖した皮脂を絞りやすくし、コメドと呼ばれる皮脂袋を外に追い出すわけです。こうした状況に最適なのが、おふろ上がりや洗顔後の毛穴の開いた状態で、清潔な状態で処置できますので、二次感染も防ぐことができるのです。

白ニキビは潰したほうが早く治る⁉跡が残らない潰し方

若者だけでなく大人でも悩んでいる人が多い肌トラブルの一つがニキビです。ニキビはその見た目から、白ニキビや赤ニキビなど色で状態を…

コメドプッシャーとは

AMTOK 毛穴ケア専用キット ニキビ取り 黒ずみ取り コメドプッシャー 毛穴角栓すっきりスティック  ピンセット 高精度 皮膚科 抗菌ステンレス プロ仕様 5本セット (Aタイプ)

ニキビをつぶすには、適切な方法で患部を清潔にした状態で処置を行わなければなりません。よく自分の爪などでニキビをつぶす事がよくありますが、爪でニキビをつぶした場合患部が裂けて広がり、傷口が広がってしまったり爪の雑菌によって、ひどく化膿してしまうといったことも考えられます。実は、ニキビをつぶすための専用の器具が売られています。この器具は、コメドプレッシャーと呼ばれるもので、一般の薬局やドラッグストアなどで購入することができます。

コメドプレッシャーの使い方は、まず煮沸消毒やエタノールなどにより消毒し、白ニキビの上に押しあてるようにして絞り出していきます。この時、一度で絞り出そうとはせず、2・3回に分けてコメドを絞り出しましょう。絞り出した後のケアも大切で、毛穴が開いた状態ですので雑菌も入りやすく、薬用化粧水などで適切な処理を行います。

白ニキビ対策

白ニキビの原因となるものは、毛穴の詰まりによるもので、毛穴の詰まりになる原因として、古い角質が蓄積し毛穴を閉じ込める、または油性の化粧品の厚塗りにより毛穴が閉じてしまうということが考えられます。女性の場合、飲み会などでしこたま飲んだ日に、化粧落とさずそのまま寝こんでしまう場合がありますが、こうしたう場合も白ニキビの原因となってしまいます。

白ニキビ対策として一番適切なのは、日ごろの洗顔ですが、洗い過ぎには注意しなければなりません。皮脂は肌のPHを保ち、細菌やウイルスから体を守るとともに、紫外線などの有害な物質をガードしているのです。つまり、洗顔のし過ぎによって皮脂が極端に少なくなり、またこすって肌を刺激し過ぎると、逆に過剰に皮脂の分泌をうながしてしまうので、適切な洗顔はもちろんのこと、その後のケアも大切になってきます。

すぐにでも白ニキビを治す方法!即効性のある治し方

十分に気をつけているつもりでもできてしまう白ニキビは、なぜできてしまうかご存知でしょうか。

そもそも白ニキビとは何なのか…

ニキビの市販薬と処方薬の違い


ニキビの治療薬には、大きく分けて医療用医薬品と一般用医薬品に分けることができます。一般用医薬品とは、ドラックストアなどでも購入できる処方薬などのことで、医療用医薬品は医師の診断による処方がなくては購入することはできません。一般用医薬品はだれでも購入ができ、第一種医薬品と第二種医薬品、第三種医薬品とに分けることができますが条件があり、第一種医薬品は薬剤師により情報提供が義務付けられています。

また、第二種医薬品は薬剤師や登録販売者が常駐する店舗でしか購入することができないものです。こうしたニキビの治療薬は、医療用医薬品と一般用医薬品に大別できますが、これ以外にも医薬部外品というものがあり、医薬品のくくりにはあてはまりませんが、一般的には薬用効果のあるケア製品としてニキビ治療に対し、サポートする役割として知られています。

ニキビ治療を方法で分類!皮膚科や市販薬等!知りたい情報満載!

ニキビ治療は市販薬や処方薬を使用するだけでなく、食生活等の調整も必要になります。今回はニキビ治療の方法を分類わけし、ご説明いた…

ニキビの医療用医薬品

医師の診断により、処方されるニキビの医療用医薬品は、専門の皮膚科などの医師の治療により処方されるものですが、当然個人の意志や見識にかかわらず、医師の判断で処方されるものです。こうした、専門医から処方される医薬品は、効果の高い物や幅広い症状に対応していることが多く、抗生物質やホルモン剤のほかにビタミン剤など、塗り薬以外にも様々な種類の医薬品が処方されています。

具体的に、専門の医師から処方される薬には、抗生物質と抗炎症剤や皮脂分泌抑制剤、抗ニキビ剤やビタミン剤に、ニキビの新薬として注目されている過酸化ベンゾイル配合の薬があります。こうした治療薬は、専門医の見立てで処方されるもので、ニキビの治療に対しては最上の治療方法と言えるでしょう。したがって、ニキビがひどかったり直りが悪かったりする場合、こうした専門医のもとで薬を処方してもらうことをお勧めします。

ニキビの市販薬の効果はあるのか

ニキビの市販薬として知られているのが、一般用医薬品とされるものですが、第一種医薬品と第二種医薬品を購入するには、薬剤師や登録販売者が常駐する店舗でしか、購入することができないという条件があります。しかし、大手のドラックストアチェーン店や病院の近くで営業を行っている薬局などは、薬剤師が常駐していることがほとんどですので特に問題はなさそうです。

また、こうした縛りのない第三種医薬品は手軽に購入でき、24時間ストアであればいつでも気が向いた時に、購入できるというメリットがあります。こうした一般用医薬品を購入する場合、効き目がどのくらいあるのかかなり気になる部分ですが、実際のところ第1種、第2種、第3種とはどのような違いがあるのでしょうか。実は治療効果は 1が一番高くが大きくなるにつれ効果が薄いとされています。

ニキビの飲み薬は効果ある?選び方やニキビの本当の原因を探ろう

肌のトラブルはどんな方でも起こるものですが、特に気を付けなければならないのがニキビです。単に思春期の男女が悩むものと思われがち…

ニキビ市販薬と医薬部外品について

市販薬は、特定の病院にかかることなく、気軽に手に入れられるニキビの治療薬です。しかし、注意しておかなければならないのは、一般用医薬品の中でも抗生物質配合ステロイド系の外用薬などは、効き目は良いとされていますが、使用上の注意事項をしっかり守らないと、かえっていニキビを増やす結果につながりかねません。ステロイド系の外用薬は、長期間使用することによって、かえってニキビのできやすい体質をつくってしまいがちですので、1週間ほど使用して効き目が見られない場合やひどくなった場合はすぐに塗るのを止め、専門の医師に相談することをお勧めします。

また医薬部外品についてですが、ニキビケアを行うためのものが多く、ニキビ根絶のためにも日ごろのフェイスケアに利用していきましょう。さらにニキビ治療薬は、漢方の飲み薬なども販売されています。

簡単にできる白ニキビ対策


日ごろから白ニキビに悩まされている人たちにとって、白ニキビ対策は現実問題であり、第3者が思う以上に深刻なものです。ニキビの場合、何もせず放置したり、次々につぶす事で同じ個所にニキビが何度もでき、やがては皮膚の表面がクレーター状になり、取り返しのつかない状況に陥ってしまいます。簡単にできる白ニキビ対策として知られているのは、ニキビに効果があるとされる薬用せっけんの使用で、適度に清潔を保つため洗顔を欠かさないということです。

ここで大事なのは、洗顔中に顔の表面を傷付けないよう、やさしく丁寧に洗うことが大切で、洗い過ぎによる皮脂の減少によって、皮脂の過剰分泌も防ぐことができます。さらに大事なのは、洗顔後のフェイスケアで、医薬部外品として販売されている薬用化粧水などを利用し、皮膚を外気から守ることも忘れてはなりません。

すぐにでも白ニキビを治す方法!即効性のある治し方

十分に気をつけているつもりでもできてしまう白ニキビは、なぜできてしまうかご存知でしょうか。

そもそも白ニキビとは何なのか…

せっけんの特性

日ごろの入浴の際、ボディーシャンプーを使っているという方が多くいらっしゃいますが、体洗い用のせっけんと顔を洗うせっけんを別々に使用されているでしょうか。無頓着な男性の多くは、ボディーシャンプーで兼用されている方がほとんどですが、これはニキビケアにとってマイナス効果でしかないことを理解しておきましょう。普通のせっけんは、汚れを落とすための洗浄剤の一つで、油と水そして苛性ソーダを使っているため弱アルカリ性を示しています。

このせっけんは、界面活性剤としても知られ、汚れとしての油を取り込み、体から分離する役割を果たしているのです。一方、薬用せっけんも同じせっけんの仲間ですが、肌の雑菌を落とすため薬用効果のある石鹸として作られたもので、殺菌を目的とした成分が入っている医薬部外品として販売されています。

洗顔用の石鹸の特徴と効果!おすすめ商品4選!

石鹸を利用して洗顔する人も多くなっています。少し前までは、洗顔フォームのほうが多かったと思いますが、最近は洗顔フォームと同じく…

薬用せっけんの種類と性質

薬用せっけんは、大別すると2種類に分けることができ、一つは肌の殺菌目的によるもの。そして、もう一つは肌荒れの防止などを目的として作られた、薬用せっけんとに分けることができます。肌の殺菌や除菌を目的にした薬用せっけんには、殺菌除菌効果の高いベンザルコニウム塩、トリクロサンなどが配合されており、逆性せっけんともよばれています。

そして次に、肌荒れ防止として作られている薬用せっけんには、消炎剤や保湿剤などが添加されており、デリケートな肌を守る役割を果たしているのです。したがって、同じ薬用せっけんであっても、用途は異なる場合もありますので、使用法や使用上の注意事項をよくお読みになり、購入しなければなりません。また、こうした薬用せっけんの使用法として、短時間洗いでは効果があまり期待できないということも、よく理解しておきましょう。

白ニキビ対策のせっけんの選び方

白ニキビを退治するため、こまめにせっけんで洗浄したが、かえってニキビが悪化してしまったという方も少なくないのではないでしょうか。これは、せっけん選びが悪かったことと、洗浄後の肌ケアに何らかの不備が生じた結果と思われます。特にせっけん選びが大切で、自分の肌に合わなかった場合、白ニキビが赤ニキビへと移行し、さらに症状を悪化させる原因ともなりかねません。

ドラックストアなどで、多く見かけるニキビ用の洗顔フォームなどは、毛穴の汚れをしかり落し、アクネ菌を減らすためのものです。しかし、同じ白ニキビでも、思春期のニキビと大人ニキビは原因が異なりますので、同じ洗顔フォームでもあわないことが多いのです。こうした効果の高い洗顔フォームは、肌のターンオーバーのサイクルが長くなる大人にとっては、肌の必要なバリア膜まで剥がして、乾燥を悪化させてしまうのです。

まとめ

白ニキビ対策には、ニキビのサイクルの根絶を目指すのが、最も有効な方法です。そのため、日ごろの洗顔はもちろんのこと、薬用のせっけんや化粧水を使い、常に清潔に保つことが必要です。しかし、こうしたケアを行っていても、ニキビができてしまうこともありますので、症状に応じた治療法で適切に処置していきましょう。