顎ニキビが治らない原因って?重要なのはホルモンバランスだった!

人間の皮膚の中で、あごの部分は比較的皮膚が肉厚で、ニキビができた場合重症になることが多いといわれています。これはニキビが皮膚の表層ではなく、深層で起こることが原因で、こうしたニキビが起こる原因はホルモンの分泌に関係していることが多いと言われます。

顎ニキビのメカニズム


顎にできるニキビは、思春期の時期よりも大人になってからできやすいもので、男性はひげが生えていき、このひげを毎日空なければならないため、常に顎は刺激を受け続けています。また、ひげの範囲が広く濃い男性ほど、この顎にできるニキビに悩まされるといったことが多くなります。

顎ニキビは大人の女性にも多いニキビで、男性とはそのメカニズム自体が異なるものです。女性の顎ニキビの場合、生理前後の時期にホルモンバランスが崩れやすくなり、男性ホルモンとよく似た黄体ホルモンが皮脂の過剰分泌をうながしていたのです。

皮脂の過剰分泌が引き金

顎ニキビの場合、皮脂の過剰分泌が引き金になることが多く、男性の場合ひげそりなどのお手入れによって、カミソリで繰り返しそることにより角質もはがれていき、皮膚が過剰に刺激を受けることで、皮脂の過剰分泌の引き金となってしまいます。

女性の場合、生理の周期と非常に関係が深いとされており、ホルモンバランスが崩れることによって、自律神経の乱れを生じ、皮脂の過剰分泌を促す結果につながってしまいます。また、自律神経の乱れは胃腸のトラブルも招きやすく、体にストレスを感じさせないような生活態度も必要となってきます。

男性ホルモンの影響

顎にできるニキビの場合、そのほとんどが大人ニキビによって起こることが多く、はれを伴うニキビや大きなニキビができ、重症となってしまうことも多いものです。特に顎の部分は、男性ホルモンによる影響が非常に強く出るもので、ホルモンバランスが崩れストレスなどで自律神経が乱れることによって、男性ホルモンが過剰に分泌されるとともに活発に皮脂腺に働きかけ、皮脂の分泌を過剰に促してしまうのがその原因です。

女性の場合、生理中にこの男性ホルモンとよく似た黄体ホルモンの働きによって、同様の状態が引き起こされてしまうのです。

顎ニキビは大人ニキビの代表格

一般的に思春期のニキビは、皮脂腺の多いTゾーンに集中するものですが、大人ニキビの場合はUゾーンと呼ばれる頬から顎にかけてニキビが集中するのがその特徴です。そのUゾーンの中でも、顎ニキビは大人ニキビの代表格とも言われ、成人以降に多くみられるニキビと言えます。

思春期のニキビの場合、成長期にあたって男性ホルモンの働きが活発になり、皮脂が増えていくのが特徴で、大人の場合はホルモンバランスの乱れ以外にも、ストレスから顎ニキビが多発する事もあります。ストレスは神経性のものだけではなく、暴飲暴食など生活の乱れからも起こり得るのです。

なぜ顎のニキビは治りにくい?


大人ニキビの場合、思春期のニキビと違い、よほどのことがない限り一度にいくつもニキビができることはあまりありません。しかし、大人ニキビは根の深いニキビが多く、皮膚層の深い場所にできるニキビは、とても治りにくいという特徴もっています。

実際に顎の部分は、さりげなく頬杖をついたり、男性だとひげそり跡などを気にし、頻繁にさわってしまう傾向にあります。顎は比較的皮膚が厚く皮脂腺も多く、常に刺激を受けていますので、ニキビのできる条件は整っているわけです。一度こうした皮膚の深い場所にできてしまうと、塗り薬も浸透しにくいため、ニキビは完治しにくいのです。

顎は毛穴が未発達

鼻ひげや顎ひげは、男性の象徴とも言えるものですが、このことからも顎の周辺が男性ホルモンの影響を強く受けているということがお分かりいただけるでしょう。一見、女性にはひげが全く見られないように見えますが、実は細かい毛が無数に生えており、男性よりも顎の毛穴が未発達なのです。

この未発達な毛穴を持つ女性は、毛穴のサイズが非常に細く、ささいな理由で毛穴詰まりを起こしやすいのです。特に女性たちは、毎日化粧を施しますので、そうした刺激だけではなく、クレンジングや洗顔の不備などによって、毛穴が詰りやすい状態にあります。

ホルモンバランスが原因の場合は繰り返される

ニキビができる原因に、皮脂腺の存在がありますが、こまめな洗浄やスキンケアによって、たいていのニキビは予防できるものです。しかし、毛穴詰まりだけが原因ではなく、内臓疾患やホルモンバランスの乱れ、ストレスからもニキビができ、こうした要因を排除できなければ、同じ個所に何度もニキビができるといった現象が起こります。

特に女性は月経という周期をもち、ホルモンバランスが常に乱れやすいという危険性をもっています。女性ホルモンは、少な過ぎても分泌され過ぎても体に負担をかけるもので、ストレスや生活の乱れからもバランスは崩れていくのです。

睡眠不足や暴飲暴食などのストレス

大人ニキビの多くは、外因的要素からニキビが多発してしまうといったことがよく見られます。特に社会人は、人付き合いも多く飲み会も多いことから、暴飲暴食につながるといったケースも少なくありません。さらに、職種や業務体系から時間外労働を強いられる場合もあり、それらが直接睡眠不足につながってしまう恐れがあります。

これらはすべてストレスにつながるもので、ストレスは新陳代謝とも深いつながりがあり、食生活や日常の生活習慣を改めることによって、より健康的な体を取り戻しひいてはニキビ予防につながっていくわけです。

実は知らない!?ニキビごとに異なる原因を徹底解説

ニキビは非常に厄介なもので、一度できると同じ個所にいくつもできてしまう場合もあります。また、ニキビはその症状や外観から、いくつ…

顎ニキビを早く治すためには


大人ニキビの代表格でもある顎ニキビは、皮膚の深層で炎症がおこりやすく、なかなか完治しないニキビが多いといわれています。こうした、皮膚の深い場所でつくられるニキビの多くは、肉体的なダメージが反映している場合が多く、体を健康に保つことでニキビを治す手助けができます。

同時に顎ニキビの場合、刺激を減らしていくという努力も必要で、ひげそり行う場合何度も繰り返し剃らず、角質に負担をかけないということも重要になってきます。女性の場合は顎の毛穴が詰りやすく、肌荒れを起こしやすいため、クレンジング後のフェイスケアは丹念に行う必要があるでしょう。

生活習慣を見直す

ストレスを始め、睡眠不足や偏った食生活などは、すべて生活習慣病の原因となるものですが、それらの予兆として体外に現れることもあり、その一つがニキビの発生とされています。生活習慣病の多くは、一度病気にかかってしまうと治療が困難な場合も多く、一生抱えていく病気にもなりかねません。そのため、健康を保つためには、適度な運動とバランスの良い食事を心がけ、ストレスのない生活を送らなければなりません。

生活習慣の見直しは、だれにでも簡単にできることで、周囲に協力してもらいながら毎日確実に行っていくことが大事なのです。

保湿ケア

ニキビ予防の中でも、一番大切なことは皮膚を清潔に保つということですが、ただ単に皮膚の洗浄だけではニキビの予防策とはならないのです。通常洗顔前は、様々な汚れや雑菌が皮膚に付着しており、皮膚の老廃物なども非常にはがれやすい状態になっています。

洗顔は、こうした汚れや雑菌を排除し、皮膚を清潔にする効果がありますが、同時に皮膚にあった皮脂もきれいに洗い流してしまいます。皮脂は皮膚のバリアの役割は果たしており、皮膚に潤いを与えていますので、即座に保湿ケアを行うことは、皮膚を保護するうえで非常に大切なことです。

適度な運動

よく健康のためには、適度な運動を欠かさないようにしましょうといますが、運動不足になることで人々はどのような弊害があるのでしょうか。まず運動することにより、血流が活発になり心臓の鼓動が激しくなりますが、これは心肺機能を高めることに非常に有効な手段なのです。

また、運動不足は筋力を弱め、関節や筋を固くしてしまいます。さらに、肥満はもちろんのこと、負担をかけないことで骨がもろくなり、ストレスを感じやすくなるために精神的にも落ち着かず、心の病や免疫機能も低下し、皮膚が荒れることによってニキビもできやすくなるのです。

無理のないウォーキングを長くつづけるおすすめスタイル!効果的な服装や時間帯は?

折からの健康ブームも手伝って、ウォーキングを日常生活のなかに取り入れる人が増えています。適度な運動習慣を積極的に取り入れるのは…

治りにくい顎ニキビは皮膚科を受けるべき?


昨今、炎症を効果的に抑える劇的な治療法として、注射療法が皮膚科で行われるようになってきました。これは、非常に画期的な治療方法で、現在ニキビ治療の中で即効性が高い治療方法として知られています。

この注射療法は、局所注射を患部に注射することで、ニキビの炎症を非常に効果的に抑えてくれますので、ニキビの悪化を防いでくれる作用があるのです。また、治りにくい顎ニキビなど、比較的重いとみられる症状によっては、内服薬を処方してくれますので、ニキビを根本から治療することができます。

皮膚科で受けられる顎ニキビの治療

ニキビの治療薬は、薬局や大手のドラックストアチェーン店でも購入することができますが、皮膚科などのクリニックと大きく違う点は、診断が受けられるか否かということになります。ただ単にニキビの治療薬を塗っても、根本的な治療方法とはならない事もあり、顎ニキビの治療など重症化しやすいニキビの場合、皮膚科で見てもらうことが非常に有効な方法となります。

皮膚科では、様々な症状に合った塗り薬を処方してくれるほか、根本的な治療のために内服薬や漢方の処方をするほか、理学療法による治療なども行っています。

顎ニキビができる原因と皮膚科での治療方法とは?

気がつくと顔のあちこちにできているニキビ。とくに顎まわりにできるニキビは外から見ても非常に目立つため、女性でも男性でもできれば…

皮膚科で受けられる顎ニキビの理学療法

理学療法とは、運動療法や物理療法、そして動作訓練などを指すものですが、皮膚科クリニックなど行われるのは、主にニキビの治療方法として物理療法を行うのが一般的です。

皮膚科のニキビに関する理学療法には、ケミカルピーリング治療や面皰圧出などがありますが、重度の顎ニキビなど傷跡が大きく残ってしまった場合には、レーザー治療によってきずそのものを消し去る治療を方法もあります。しかし、こうした理学療法は、保険適用外のことも多く、かかりつけの医師と相談しながら治療進めていきましょう。

ホルモン治療が効果大の可能性あり

ニキビになる原因の一つとして、皮脂腺の過剰分泌がありますがこれは一部誤解で、正確に言えば自律神経に狂いが生じ、男性ホルモンが過剰に分泌されることによって引き起こされるものです。男性ホルモンは女性の体にも存在し、男性ホルモンが過剰に分泌されることにより、皮脂腺の過剰分泌のほかにも肌の柔軟性を失わせ、角栓による毛穴詰まりを引き起こす原因ともなります。

このように男性ホルモンは、ニキビ発生の原因に大きく関与しているもので、具体的な治療法として女性ホルモンを増加させる薬の投与を行うのです。また、こうした女性をホルモンの内服剤とは別に、女性ホルモンを含んだ塗り薬のように、外用薬によるホルモン治療もあります。

まとめ


大人ニキビの代表格である顎ニキビは、非常に目立つうえ傷跡も残りやすいものです。しかし、顎ニキビができる理由を確実に理解していくことで、根本的な治療が可能となるのです。