「ニキビを潰しちゃった」正しい知識とその後の対処法まとめ

顔などにできたニキビは、ついつい無自覚に触ってしまいやすく、気がついたら顔面から血が流れていたということもよくある話しです。ニキビの場合、つぶしたらあとが残るとよく言われますが、それは間違った対処法によるものだからです。

ニキビは潰してもいいのかどうか


ニキビの対処法について、ニキビがつぶしてはいけないものとされる一方で、ニキビをつぶしても大丈夫という意見も聞かれますが、一体どちらが正解なのでしょう。実はニキビは、段階によって白ニキビや黒ニキビ、赤ニキビ、黄色ニキビに分類されます。白ニキビや黒ニキビは化膿を伴っていませんので、固まった皮脂を絞り出しても大丈夫ですが、赤ニキビや黄色いニキビの場合、炎症によって腫れが広がっていたり、化膿していますので触れたり膿を無理やり出すことで、炎症がひどくなったり二次感染によって症状が悪化することが多いのです。

ニキビを潰す!黄ニキビなどでは危険?ニキビの種類と特性を知ろう

潰したニキビの対処法

化膿しておらず、白い皮脂や変色した皮脂をもつ白ニキビや黒ニキビの場合、なかの脂肪を絞り出してかまいませんが、なるべくこの脂肪が固まった後に絞り出すことで安全に処置することができます。化膿したニキビは、つぶす事で患部の炎症が広がり、さらに悪化してしまうことが懸念されますが、はれ上がった状態で触れ過ぎてしまうとつぶれてしまう可能性があります。触り過ぎてつぶれてしまった場合の処置方法は、まず噴き出した膿と血を清潔なガーゼやティッシュなどでふき取り、患部を消毒するとともに、殺菌効果の高い塗り薬によって対処しましょう。

正しい方法で潰す

皮膚科クリニックなどで行われる面ぽう圧出治療は、面皰圧出器を使い細かい穴から膿や皮脂を絞り出してしまうものですが、この面皰圧出器は薬局やドラッグストアなどでも購入可能で、アクネプッシャーやコメドプッシャー、あるいは角栓プッシャーなどという名称で販売されています。白ニキビや黒ニキビの場合、皮脂が固まって角栓となっている場合、絞り出してしまった方が直りが早く、こうした面皰圧出器により処置することによって、衛生的に手早く白ニキビと黒ニキビを処置することができます。

皮膚科で潰してもらうことも可能

化膿が収まり、小さくなってしまったニキビは、皮脂も固まり絞り出しやすくなっています。鼻にできやすいぽつぽつのニキビも、専用の毛穴パックやジェルを使うことで、毛穴をすっきりと整えることができます。しかし問題なのは、大きくはれ上がってしまったニキビや化膿のひどいニキビで、こうしたニキビが自分で処置しようとせず、専門医がいる皮膚科などのクリニックで治療を受けましょう。こうした病院は、ニキビに関して非常に高い知識と治療が行えるため、傷跡もほとんど残らないように処置してくれます。

ニキビと皮膚科!受診する理由や治療方法等の内容を細かく分析!

ニキビの対処法


ニキビの対処法として、皆さんよくご存じなのは、洗顔による洗浄方法で皮膚を清潔に保つということに尽きます。しかし、単に皮膚表面をきれいにしただけでは不完全で、洗顔することによって皮脂のバリアがなくなった状態では、雑菌や汚れがつきやすい状態となってしまいます。したがって、洗浄後のスキンケアは非常に大事な皮膚の防護方法となります。しかし、いくら清潔に皮膚を保っていても、ニキビができてしまうこともあり、初期状態の治療方法として軟膏など塗り薬のほか、原因をもとから排除する漢方などの服用薬もあります。

初期段階でのケアが大切

朝晩毎日、丁寧にスキンケアを行っていても、ストレスを始めとする何らかの要因によって、ニキビはいつの間にかできてしまうものです。ニキビのケアは、特に初期段階の状態の処置が大事で、指でいじったり無理に押し出そうとすると、傷口からばい菌が入ったり刺激を受けることで余計に悪化してしまうことも多いものです。ニキビの初期段階の症状は、これ以上悪化させないことが一番大切なことで、そのためにはその症状に合った外用薬などを塗ることをお勧めします。指で触ってしまう癖がある方には、ニキビパッチなども販売されています。

赤ニキビは潰さないように


赤ニキビは、ニキビの中でも炎症がひどいもので、はれも大きくなりやすく、非常に痛みを伴うものです。こうした赤ニキビは、ついつい気になり指で触れてしまいがちですが、指で触れることによって患部を刺激し、さらに悪化するとかのした状態へと変化していきます。こうしたニキビをつぶしてしまうと、ニキビ跡が残りやすく、ニキビをつぶした後の膿やバイ菌などが周囲に飛散し、さらにニキビの拡散を招くことにもなりかねません。したがって、こうしたニキビは触らないようにニキビパッチなどで保護しておくといいでしょう。

赤ニキビ、潰しても大丈夫?ダメな理由と潰してしまったときの対処法

正しい知識を身につける

ニキビは比較的どなたもできる可能性があり、特に珍しくもないできものの類いですので、ニキビのことを安易に考えてしまう方が多いようです。しかし、思春期のニキビは、子供たちにとって初めての出来事であり、学校などで教えてくれるものでもないのです。ニキビは、尋常性痤瘡と言う立派な皮膚病の一種ですので、間違た処置を施すことによってニキビの傷跡が顔に残り、後で取り返しのない事にもなりかねません。したがって、ニキビの先輩である親御さんや年長者は、ニキビに対して正しい知識を身につけるとともに、子供たちに理解度を深めてもらう必要があります。

潰したニキビの対処法


ニキビができてしまうと、ついつい気になり無意識のうちに指で触ってしまうものです。しかし腫れがひどく、化膿してしまったニキビは、下手に騒ってしまうと弾みでニキビをつぶしてしまう場合もあります。膿をもつニキビの場合、無理につぶしてしまうことで皮膚が裂け、傷跡が残りやすいばかりか、二次感染によりほかの皮膚病にかかってしまうこともあります。また、バイ菌が周囲に広がりますので、ニキビをさらに増やすとともに食中毒の原因菌ともなってしまいかねません。つぶしてしまったニキビの場合、殺菌消毒を速やかに行わなければならないのです。

放置しないようにする

赤ニキビや黄色ニキビなど、化膿してはれ上がってしまったニキビの処置は、さわって刺激を与えないようにすることが非常に大事ですが、これはそのまま放置していいという意味ではありません。こうしたニキビは、雑菌に汚染されやすく、放置することでさらなる悪化やニキビの増殖を招くことにもなります。したがって、こうしたニキビの対処法は、化膿止めや殺菌剤入りの外用薬を塗り、患部を安静に努めておくことが適切な処置と言えるでしょう。また、気にし過ぎないことも大切で、ニキビパッチなどを張っておくとさらに安全が高まります。

潰した後のケアを大切に

顔にできるニキビは、何気なくうっかりさわってしまいがちですが、変にいじってしまい、つぶしてしまうこともよくあることです。大切なのはその後の処置で、はれたニキビや化膿を伴ったニキビの場合は、傷口から大量の血があふれ出してしまいます。こうした場合は、清潔なティッシュやガーゼなどを患部にあて、赤い血が出なくなるまで何度も取り換えておきましょう。その後の簡単な応急処置としては、傷口を丁寧に消毒しカットバンなどのばんそうこうによって、傷口を保護しておき、その後適切な創薬などを患部に塗っておきましょう。

とにかく保湿する

ニキビ予防対策として、非常に効果的なのは洗顔で、洗顔フォームなどを使い丁寧に洗浄することで、老化した皮膚や角栓、皮脂汚れなどを排除することができます。しかし、皮脂には皮膚を守る防護う壁の役割もあり、洗浄後はこの防護壁の全くない状態で、毛穴から水分が蒸発し過ぎることによって、肌を守ろうと皮脂の分泌も盛んになってきます。したがって洗顔後は、スキンケアを即座に施し、保湿することによって、皮脂腺が過剰に分泌されないようコントロールすることができるのです。また保湿によって、肌荒れなども未然に防ぐことができます。

肌の保湿はとても大事!NGな習慣と正しいお手入れの仕方

まとめ


ニキビはだれにでもできる可能性のあるもので、ニキビと上手に付き合っていくのも、スキンケアには最も大切なことと言えます。そのため、ニキビに対してより一層理解力を深め、その場その場で適切な処置を施していきましょう。