赤ニキビの原因と対処方法!これから赤ニキビが発生しても悩まない!

ニキビというのは、色で現在の状態を表すのが一般的です。できたばかりの状態は白ニキビと呼び、酸化して黒くなった状態を黒ニキビと言います。さらに放置しておくことで、炎症を起こしてしまうことがあるのですが、この状態を赤ニキビと呼んでいるのです。今回はこの赤ニキビについて見ていきたいと思います。

赤ニキビ潰す時の注意点


ニキビは基本的に潰してはいけません。しかし、昔からニキビを潰すことで、中にある白いニュルニュル状の芯を出してしまえば治るとも言われてきました。これも決して嘘ではないのですが、無理に潰すと跡が残ってしまい、クレーターと呼ばれるデコボコした肌になってしまうので、潰さない方がよいとも言われているのです。

どうしても潰してしまうという場合には、重要な点がいくつかあります。特に赤ニキビは炎症を起こしている状態なので、無理に潰そうとすると跡が残る可能性が高いのです。そこで潰したらきちんと消毒を行うことや、清潔な器具を使うなどの対策をしないといけません。そうすれば赤ニキビであっても、後が残る可能性を低くすることができます。

ニキビ跡が残る可能性がある

昔はニキビを潰して中身を出してしまえば治ると言われていました。しかし、最近はニキビを無理に潰すと跡が残るという理由で、潰すのはよくないと言われています。ニキビは体のありとあらゆる場所にできる可能性があるのですが、特に顔にできやすいと言えるでしょう。顔は他の部位と違い、隠すことができません。

男性でも気にする人が多いのですから、女性であればもっと気にしてしまうでしょう。そのため、無理にニキビを潰すのではなく、あまりいじらないで薬を付けて治すのがよいと言われているのです。ニキビの場合には市販薬で対応することもできますが、赤ニキビのように酷くなった場合には、やはり皮膚科で処方してもらった薬を用いるのがよいでしょう。

赤ニキビを潰す場合は清潔に保たれた道具や器具で対応

でき初めてからまだ悪化していない白ニキビの状態であれば、潰したとしてもクレーターになってしまう可能性はそれほど高くはありません。もちろんたくさん潰せば、白ニキビの状態であってもクレーターになってしまう可能性はあるでしょう。しかし、赤ニキビは無理に潰すのはよくないものの、どうしても潰してしまう場合もあります。

また、潰して早く治したいと考える人も多いでしょう。どうしても潰す場合には、爪で行うのはよくありません。なぜなら爪には雑菌などがこびりついている可能性があるからです。しっかりと手を洗ったとしても、爪の中の汚れまでしっかりと落とせているとは限りませんし、特に赤ニキビは炎症を起こしているため、余計に悪化する可能性があります。

そこで専用の器具を使って潰す方法があるのですが、人によってはまち針を使うこともあるでしょう。まち針の先端を熱して少し冷まし、消毒をしてから刺す人もいますが、これは痛みもありますし、失敗すると余計に酷くなってしまうので、行うべきではありません。どうしても行う場合には、コメドプッシャーという専用の器具を使いましょう。

コメドプッシャーというのは、ただニキビを潰すだけの物ではありません。潰した後に中にある白い物、通常はニキビの芯と呼ばれているのですが、この芯を押し出すこともできるのです。しかも余計な場所を傷つけてしまうこともないので、この器具を使えばきれいに潰せるでしょう。ただし、常に器具を清潔にしておかなければいけません。

赤ニキビを潰してしまったらアフターケアをすることが大事

白ニキビであれば、コメドプッシャーを使って潰したら、後は芯をしっかりと拭き取って消毒すれば問題はありません。ただし、赤ニキビは炎症を起こしているので、そのまま放置すると余計に酷くなる可能性が高いのです。だからこそ潰すべきではないと言われているのですが、もし潰した場合には、白ニキビと同じく消毒をしておく必要があります。

消毒液はいろいろな種類があるのですが、よく使用されているのがマキロンです。マキロンは傷口の消毒にもよく用いられているのですが、その理由は傷口に塗布してもしみないからです。マキロンは使用用途が広いので、常に常備しておくのがよいでしょう。そうすれば赤ニキビを潰したときにも使用できます。

しかし、マキロンで消毒しただけでは、赤ニキビには不十分です。消毒をした後に、皮膚を冷やすのが効果的です。他にも薬を塗った方がよいと思う人もいるでしょうが、消毒をしたのであれば、さらに薬を塗るのはよくありません。また、ニキビを潰す前には、必ず洗顔をしてきれいにしておきましょう。手もしっかりと洗うことが重要です。

赤ニキビができる原因を分析


赤ニキビは白ニキビから黒ニキビへと移行し、さらに酷くなった状態です。簡単に言えばニキビが炎症を起こしている状態なのですが、なぜ赤ニキビができてしまうのでしょうか。その原因はいろいろとあるのですが、皮脂が過剰分泌されることや、ターンオーバーの乱れなどが大きな原因だと言えるでしょう。

しかし、ニキビができたときにきちんと対処しないことが最大の原因だと言っても過言ではありません。ようするに、白ニキビのときにきちんと対処しておけば、赤ニキビになることはまずないのです。何もしないまま放置しておくことで、皮脂の過剰分泌やターンオーバーの乱れなどにより、炎症を起こしてしまうのだと言えるでしょう。

皮脂の過剰分泌が起こるため

ニキビが炎症を起こす原因に、皮脂の過剰分泌があります。普段から顔がテカテカしている人は、皮脂が過剰に分泌されている可能性が高いでしょう。では、難で皮脂の過剰分泌が起こるのでしょうか。その理由はいくつかあるのですが、1つ目は生活習慣の乱れ、もう1つは皮膚の手入れがきちんとできていないという点です。

生活習慣の乱れにもいろいろとあるのですが、近年は食生活が欧米化しており、脂っこい食べ物をたくさん摂取する傾向にあります。適量であれば問題はないのですが、過剰に摂取することで、皮脂が硬く酸分泌されやすくなるのです。特に肉が大好きという人は注意しないといけません。

食生活以外にも、睡眠不足が挙げられます。最近は夜勤や残業が多いですし、学生であっても夜遅くまで起きている人が昔に比べて圧倒的に増えています。睡眠は長く取ればよいというわけではありません。良質な睡眠を取って、しっかりと体を休めることが重要なので、しっかりと寝ても夜更かしをすると体にはよくないと言えるでしょう。

この2点を改善しただけでも、皮脂の過剰分泌をある程度防ぐことができます。また、先願など皮膚の手入れがきちんとできていないことも、皮脂の過剰分泌が発生する理由です。不潔な状態にしておくこともいけませんが、過剰に洗顔をしてしまうのもよくありません。皮脂というのは、皮膚を守るために分泌されているのです。

その皮脂を取りすぎてしまうと、皮膚を防御するためにたくさん皮脂を分泌してしまいます。脂肌の人はある程度皮脂を取ってもよいと考えているでしょうが、皮脂を取りすぎることで脂肌になる人もいるのです。正しい皮膚のケアをすることでも、皮脂の過剰分泌を防ぐことができるでしょう。そうすれば赤ニキビの予防にもなります。

炎症を起こしているのが原因

赤ニキビの原因は炎症を起こしていることなのですが、そもそもなぜ炎症が起こるのでしょうか。この原因を知っておけば、赤ニキビの予防にもなるでしょう。炎症というのは、簡単に言えば防御反応です。ニキビの場合にはアクネ菌が原因ですが、菌も当然生きているので、いつかは死んでしまうでしょう。

しかし、死んだままの状態では、ずっと体内に死骸が存在していることになります。この市街を体の中に放置しないためには、体外へ排除しなければいけませんが、この役割を担っているのが炎症なのです。もちろん原因は菌だけではなく、ウイルスや自分自身の細胞なども含まれていると思ってよいでしょう。

通常の状態であれば、体内に異物が侵入するケースは少ないので、炎症が発生することはありません。しかし、ニキビのようなできものができてしまうと、この場所の防御力が弱くなり、異物が侵入しやすくなるのです。特にニキビの原因自体がアクネ菌という細菌なので、放置してアクネ菌が繁殖し、古いアクネ菌が死ぬことで炎症が起こります。

このような事態にならないためには、異物の侵入を防ぐのではなく、一刻も早くアクネ菌を排除することが大切です。アクネ菌を排除する方法としては、ニキビを潰してしまうのがよいものの、跡が残る可能性もありますし、たくさんできている場合には対処できないので、薬を用いるようになるでしょう。

肌の赤みは何が原因なの?お肌のトラブルを細かい症状別に解説!

自分で鏡を見た時に、肌に赤みがあると感じることがあるでしょう。どうしても意識してしまう部分ですし、何とかしたいと考えてしまいま…

ターンオーバーの乱れが起こっているため

ターンオーバーというのは、肌の周期のことを指します。肌というのは大体28日周期で生まれ変わると言われているのですが、これがうまくできなくなると、肌に老廃物が付着した状態になります。先ほども少し触れたように、自分自身の肌が腐敗することでも炎症というのは発生するのです。

よってターンオーバーの乱れも、赤ニキビの原因だと言えるでしょう。では、どのようにしてターンオーバーの乱れを防げばよいのでしょうか。それは不規則な生活を治すことです。また、加齢も原因だと言われていますが、加齢を食い止めることはできませんので、食生活や適度な運動を心がけましょう。

肌のターンオーバーとは?美肌作りに欠かせないお肌の仕組み

いつまでも美しく健康的な肌は誰もが保ち続けていきたいと思うものですが、なかなか理想的な肌を維持していくことは難しいものです。美…

赤ニキビオロナインを使用する理由


赤ニキビができた場合には、皮膚科を受診するのが最もよい方法です。しかし、医者に診てもらうのは嫌だという人も現在では増えています。その理由は、待ち時間が長くてイライラする、受診料が高い、通院してもよくならないなどさまざまあるのですが、このような場合には、オロナインを用いるのがよいでしょう。

オロナインはニキビの治療にも適していますし、その他にもいろいろな効果があるのです。赤ニキビにも有効的な市販薬なのですが、なぜオロナインがおすすめできるのでしょうか。その理由は、殺菌効果が高い上に、保湿成分が含まれているからです。殺菌効果が高い証拠に、いろいろな傷の治療にも用いられています。

赤ニキビは炎症を起こしている状態なので、殺菌効果が高いというのは有効的ですし、そもそもニキビの原因がアクネ菌という細菌類なので、オロナインはとても適しているのです。ただし、オロナインも薬なので、使用用途はきちんと守って使用しましょう。たくさん付ければ早く治るということはないので、適量を使用することが大切です。

赤ニキビにオロナインは効く?正しい使い方と間違った使い方

普段のスキンケアを怠ったわけでもないのにいつの間にかニキビができてしまった上に、そのままにしておいたら赤ニキビになってしまった…

オロナインに含まれる殺菌効果が効果的

オロナインにはクロルヘキシジングルコン酸塩液という成分が使用されており、これが殺菌効果や消毒効果があるのです。オロナインはこのクロルヘキシジングルコン酸塩液が主成分となっていることから、炎症を起こした赤ニキビにも効果的だと言えるでしょう。ニキビを治すためには、原因であるアクネ菌を死滅させる必要があります。

また、赤ニキビは炎症を起こしているので、炎症を鎮めることが重要です。炎症を鎮めるためには、アクネ菌の死滅が重要になるので、殺菌効果の高い薬はよくニキビに用いられているのです。しかもオロナインには、痒みを抑制するだけではなく、皮膚への刺激も強いステロイド剤が使用されていないので、肌が弱い人でも使うことができます。

大人になってからできてしまったニキビにも用いることができますし、10代の前半にできやすい思春期ニキビと呼ばれている状態にも用いることが可能です。殺菌効果は高くなっているものの、全くしみないので、顔であっても安心して使うことができるのもオロナインの魅力だと言えるでしょう。

ニキビに効果的なオロナインとは?効能や対応できるニキビなど!

ニキビは誰もが悩んだことがあるものです。思春期のうちに悩んでいた人は大人になったらすぐ治ると思っていた人も多いものです。しかし…

肌の乾燥を改善してくれる保湿成分配合

オロナインはクロルヘキシジングルコン酸塩液だけを使用しているわけではありません。他にもいろいろな成分が添加されているのです。その中には乾燥を予防するために、保湿成分も含まれているのですが、なぜ保湿が必要になるのかは、オロナインを用いることができる症状を見れば一目瞭然でしょう。

もちろんニキビも保湿をすることが重要なのですが、オロナインはあかぎれや肌のひび割れにも効果があるのです。あかぎれやひび割れという症状は、肌の乾燥が大きな原因であることは知っているでしょう。このような症状にも用いることができる市販薬なので、保湿成分が含まれているのは当たり前のことなのです。

保湿成分は赤ニキビにも有効的ですが、まだできたばかりの白ニキビにも効果的ですし、大半の肌トラブルにも効果的だと言えるでしょう。どのような状態に効果的なのかは、オロナインの効能や効果のところを読めばわかります。もちろんニキビが含まれていることはいうまでもありません。

乾燥肌のスキンケアってどうする?おすすめクリームを解説!

乾燥肌に悩まされるのは、精神的にもつらいものです。できるだけ早期に解決していくためには、スキンケアを考えていくことが必要になっ…

潰してしまった赤ニキビにも効果的

赤ニキビを潰してしまった場合には、そのまま放置しておくと、クレーターになってしまうこともありますし、皮膚に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。このような状態を食い止める方法の1つとしても、オロナインは役に立つと言えるでしょう。中にある白い芯を出してしまえば、ニキビ自体は治ります。

しかし、ニキビ自体は炎症を起こしているので、しっかりと殺菌をしておかなければいけません。オロナインには殺菌成分も含まれていますし、皮膚の状態をしっかりと保てる保湿成分も含まれているので、潰してしまった赤ニキビに対しても、効果は期待できると思ってよいでしょう。ただし、ニキビを潰す前に、皮膚を清潔にしておく必要があります。

不潔な状態で潰してしまうと、傷跡が化膿してしまう危険性もあるのです。このような悪影響を防ぐためにも、清潔にしてからオロナインを塗布することや、オロナインが服や髪の毛に付かないように注意しないといけません。多く付け過ぎてしまった場合には、清潔なティッシュやガーゼで拭き取るようにしましょう。

赤ニキビを潰してしまうと、炎症を起こしているため、多少痛みも発生してしまいます。痛みがある部分に薬を付けると、しみるのではないかと不安を抱えてしまう人もいるでしょう。しかし、オロナインであれば傷口であってもしみないので、潰してしまった赤ニキビにも普通に使えます。

赤ニキビ、潰しても大丈夫?ダメな理由と潰してしまったときの対処法

ぷっくりと膨らんだ赤ニキビが気になって、ついつい潰してしまったという経験がある人は多いのではないでしょうか。

ニキビは潰…

まとめ


重要なのは、赤ニキビになる前に対処することですが、万が一赤ニキビができてしまった場合には、正しい方法で対処しましょう。市販薬でも対処することが可能ですが、範囲が広い場合には、皮膚科に行って治療をしてもらうことが大切です。市販薬はいろいろと出ているものの、赤ニキビに関しては、オロナインを用いるのがよいでしょう。