ニキビ治療に欠かせない洗顔のポイント!洗顔料のランキングも!

ニキビができた場合には、洗顔にも注意しなければいけません。もちろんニキビができる前であっても洗顔はしっかりと行う必要があります。多くの人は、ニキビができるとしっかり洗うようになるか、軽く洗う程度に済ませてしまうのが一般的です。まずはニキビができた場合の正しい洗い方を知っておきましょう。

やってはいけないことは、強く擦ることや汚れが取れないような不十分な洗い方です。お湯の温度が熱すぎるのも、冷たすぎるのもよくありません。特に冬は注意しましょう。1日に多数洗うのもよくありませんし、顔を拭くときに強く擦ってもいけません。まずはやってはいけないことを学びましょう。そして洗顔料を使うとニキビの改善に効果的です。

ニキビ洗顔料ランキング


ニキビができたときには、洗顔料を用いるのがよいのですが、ニキビに適している洗顔料と、適していない洗顔料があります。そこで今回は、ニキビに適している洗顔料のランキングを見ていきましょう。ただし、上位だからと言って必ず効果が出るというわけではないので、まずは特徴などを把握しておくことが重要です。

ランキングは、あくまで人気があることや、使用してニキビを改善した人が多い洗顔料ということなので、人によっては肌質が合わない場合などもあります。第一位はプライマリー Non A.という洗顔料、第二位は常盤薬品工業 NOV A アクネソープという洗顔料、第三位はロゼット 洗顔パスタ荒性肌という洗顔料になります。詳しくは下記で解説しています。

プライマリー Non A.で肌への負担を減らしながらも、保湿成分などで潤いを対応

 

ニキビ対策洗顔ソープ プライマリー Non A 100g

プライマリーというメーカーから販売されているプライマリー Non A.という洗顔料はとても人気があります。人気の理由は肌への負担が少ないことや、保湿成分が含まれていることなのですが、ニキビができてしまうと免疫力が低下してしまいます。しかも普段より肌が敏感になってしまうことも多いので、肌への負担が少ないことが使用する条件でしょう。

ニキビができているときに刺激を与えてしまうと、炎症を起こしやすくなる可能性もあります。ニキビをこれ以上促進させないためには、できる限り肌への刺激を少なくすることが重要ですし、そうすることで回復も早くなると言えるでしょう。もちろん肌の負担を軽減するだけでは、それほど効果が高いとは言えないでしょう。

刺激が少ないだけではなく、しっかりと肌を保湿することも重要なのです。保湿することで肌の免疫力が上がるだけではなく、回復力も向上するので、ニキビに限らず肌トラブルを起こしたときには保湿が基本になります。プライマリー Non A.はニキビにも使用可能ですが、他の肌トラブルにも使えます。

ただし、どんな肌トラブルにも使えるわけではないので、事前に確認しておくことが大切です。使い方はゴルフボール2個から3個ぐらいの泡を作ります。優しく円を描くように、まんべんなく広げていきましょう。最後はしっかりとすすぎをして、肌に泡が残らないように注意しないといけません。

常盤薬品工業 NOV A アクネソープで敏感肌や思春期ニキビにも対応

 

ノブAアクネソープ

常盤薬品工業から販売されているNOV A アクネソープという洗顔料も人気があります。ニキビに適した洗顔料というのは、肌への刺激が少なくなっているのが特徴なので、敏感肌や乾燥肌の人でも使えることが多いのです。もちろん常盤薬品工業 NOV A アクネソープも、敏感肌や乾燥肌の人が使える洗顔料です。

洗顔料の多くは、ニキビに使用できる場合があるものの、ニキビ肌専門に開発されたわけではありません。それに対して常盤薬品工業 NOV A アクネソープの場合には、ニキビ肌専門に開発されているので、大人になってからできたニキビだけではなく、思春期の頃にできたニキビに使用しても全く問題はありません。

肌への刺激が少ないだけではなく、無香料で無着色なので、余計な成分が添加されていることがない点も安心できる要因の1つです。オイルも使用されていませんので、脂肌の人でも使用できます。余分な皮脂をしっかりと洗い流せる製品なので、ニキビの予防にも効果的だと言えるでしょう。

使い方は一般的な洗顔料とそれほど変わりません。適量をしっかりと泡立てておき、優しく円を描くように伸ばしていきましょう。すすぎを十分行うことも重要ですが、特に小鼻の周りや髪の毛の生え際は洗い残しをしてしまいやすい場所なので、念入りにすすぐことが大切です。洗顔後は水気をしっかりと切ることも忘れてはいけません。

ロゼット 洗顔パスタ荒性肌で温泉上がりのような肌の環境

ロゼット洗顔パスタ 荒性肌 90g×2個パック (医薬部外品)

ロゼット 洗顔パスタ荒性肌という洗顔料は、乾燥肌の人に適した商品になっています。乾燥はいろいろな肌トラブルを引き起こしてしまいますし、当然ニキビもできやすくなってしまうでしょう。しかもニキビや肌荒れを防ぐために開発された洗顔料なので、ニキビができた人でも安心して使うことができるのです。

日本では昔から温泉療法が存在しており、湯治と言って病気を治すために温泉に行くことが多くありました。しかも温泉の多くは肌トラブルに効果的なので、温泉から出ると肌がツルツルになっていることもあるでしょう。このような温泉は美肌の湯などと呼ばれているのですが、このように温泉に入った後のような感じが出るのです。

だからこそロゼット 洗顔パスタ荒性肌もランキングで上位に入っていますし、使用する人が多いと言えるでしょう。使うときには容器の蓋を開けて、つまみを外します。それから穴のまわりを親指で動かないように抑えて、適量押し出しましょう。後は他の洗顔料と同じように使えば問題はありません。

思春期ニキビ洗顔の仕方


10代の前半を思春期と呼び、この頃にできるニキビを思春期ニキビと呼ぶことが多くなっています。思春期ニキビはそのまま放置していても、1年から2年ぐらいで回復するのが一般的です。また、顔にできるのが特徴なのですが、人によっては顔全体にできてしまうこともあります。

顔にできることが多いため、額と顎、右頬と左頬の4箇所に分けられ、できた場所で思い思われ振り振られ、などと言われてきたのです。このように言われた経験した人もいるでしょう。最近はあまり言いませんが、昔はよく言われていたのです。そんな思春期にニキビも、やはり適切な洗顔方法があるので、知っておくとよいでしょう。

思春期ニキビに活用したい!正しい洗顔プロセスをご紹介

思春期になるとそれまできれいだった子供のお肌が変わり、ニキビなどがでてくるようになります。大人になる段階で起こる体の変化にとも…

洗顔料を使用した洗顔は1日2回で理想は朝と夜

思春期ニキビであっても、やはり洗い過ぎはよくありません。洗顔料を使用してもよいのですが、多くても1日2回までにしておくべきです。2回までとは言っても、短い時間で2回洗顔しては意味がないでしょう。理想は朝起きたときに行う、学校や遊びから帰ってきたときに行うのがおすすめです。

朝起きると比較的汚れていることも多いですし、顔を洗うことで眠気が覚めてスッキリします。学校から帰ってきたときや、遊びや部活から帰ってきたときには当然顔が汚れている状態です。汚れている顔をきれいにするために、夕方や夜には必ず1回洗顔を行うべきでしょう。洗顔料も自由に選べばよいというわけではなく、思春期ニキビにふさわしい物を選択するべきです。

最近はインターネットで何でも簡単に調べられる時代になっているので、思春期ニキビに適切な洗顔料などと言ったキーワードで検索すれば、すぐ出てくるでしょう。近くのスーパーや薬局に売っていなければ、インターネットで購入することもできます。そして洗顔料選びと同じか、それ以上に重要なのが洗い方です。

泡立てネットで泡を立てて汚れを確実の落とす

洗顔料を使って顔を洗う場合には、しっかりと泡立てる必要があります。泡立て方は自分の手のひらで行っても問題はありませんが、しっかりと泡立てるためには、泡立てネットを使うのがよいでしょう。よく泡立てが不十分な状態で洗顔料を付けて、顔に泡がついた状態で擦る人もよく見かけます。

これはしっかりと汚れを落とせそうな気がしますが、実際には本来残しておかなければいけない皮脂まで除去してしまいますし、摩擦で顔にダメージを与えてしまうことに繋がるのです。特にニキビができているときは、肌が通常よりも敏感になっていますし、免疫力も低下していることが多いので、顔で擦るような行為は避けるべきでしょう。

あくまでしっかりと泡を立て、泡の状態で顔につけてから優しく全体になじませていくようにしないといけません。これだけでもしっかりと汚れを落とすことができるのです。泡立てネットはそれほど高価な物ではないので、いつでも気軽に購入できます。ニキビができているときだけでもよいので、利用してみるべきでしょう。

しっかり手を洗ってぬるま湯で洗顔をする

洗顔は正しく行わなければいけないのですが、覚えておくべきことがいくつかあります。それは自分の肌に合った洗顔料を使用すること、泡を立ててから優しく洗うこと、洗顔料はしっかりと落とすことなどがありますが、これだけではありません。顔を洗う前には、必ず手を洗って清潔な状態にしておくことがポイントなのです。

顔を洗えば手の汚れも一緒に落ちてしまうから問題ないと思っている人もいるでしょう。しかし、手はきれいになっても、顔に手の汚れが付着してしまうため、せっかく丁寧に洗っても効果が半減してしまうのです。洗顔をしっかりと行うためには、まず顔に触れる手を清潔にしておくことを忘れないようにしましょう。

さらにもう1つ注意するべき点があります。それは洗顔をするときの水です。夏場はある程度水の温度が上がっているので、水のまま洗っても問題はないでしょう。しかし、冬は水がかなり冷たくなっているので、水のまま洗うのはよくありません。当然ですが熱すぎてもよくないので、ぬるま湯を使用するようにしましょう。

ぬるま湯と言っても何度ぐらいがよいのかわからない人もいるでしょうが、大体30度から35度ぐらいの間が適切です。人によってはもっと低い方がよい、もっと高い方がよいと思う場合もあるでしょうが、もちろん多少であれば低くても高くても影響はまず出ないでしょう。あくまで目安の温度です。

ニキビ洗顔をするときのポイント


ニキビができた場合には、ニキビを酷くしないための洗顔を心がけなければいけません。女性の場合には普段から肌に気を使って洗顔しているでしょうが、男性の場合には普段はあまり気を遣わずに、石鹸で洗ってしまう人が多いでしょう。では、ニキビができた場合には、どのような点に注意して洗えばよいのでしょうか。

まずは肌に優しい洗顔料を選ぶことが重要です。洗顔料の中には、汚れをしっかりと洗い流せるように、多少刺激が強い種類もあります。洗った後にスッキリ爽快な感じになる洗顔料もあるのですが、このような洗顔料は刺激が強くなっています。普段使用するのならまだよいのですが、ニキビができたときには使用を控えましょう。

他にもしっかりと泡立てることができる洗顔料を使うのがポイントです。ここまでは洗顔料選びについて解説させていただきましたが、後は洗い方に注意しないといけません。女性は化粧をすることが多いので、まずはクレンジングをしっかりと行い、化粧を落としてから洗顔を行いましょう。化粧が残らないように注意する必要もあります。

洗顔する際は泡立てネットなどの道具を有効活用する

ニキビができたときに重要な点は、洗顔の方法だと言ってもよいでしょう。肌を強く擦らない、洗い残しがないようにする、水気をしっかりと拭き取る必要はあるけれど、タオルで強く擦らないなどがあります。この他にも洗顔料をしっかりと泡立てて使うことも重要視しないといけません。

手に適量の洗顔料を付けて、そのまま擦って泡を立てる方法でも問題はありません。しかし、もっと簡単でしっかりと泡立てる方法が存在しているのです。それが泡立てネットを使う方法なのですが、泡立てネットはそれほど時間もかかりませんし、初めてであっても使いやすくなっているので、試しに使ってみるのもよいでしょう。

化粧をしている場合はクレイジングでしっかり落としてから洗顔

男性はあまり関係ありませんが、女性は外出するときに化粧をしているのが一般的です。化粧は肌をきれいに見せるために行うのですが、実はあまり肌にはよくありません。そのため、家に帰ってきたらしっかりと落とさないといけないのです。もちろん落とすときにも正しい方法があるのですが、女性であれば知っているでしょう。

しかし、自分では正しい方法だと思っていても、実際には間違った方法で化粧を落としている可能性もあります。ニキビができている場合には、間違った化粧の落とし方で悪化してしまうこともあるのです。正しい落とし方は、もちろんクレンジングオイルやクレンジングジェルを使うことも大切です。

このクレンジングオイルやクレンジングジェルにもいろいろな種類があるので、肌に優しい物を使いましょう。あまり肌に優しい物という点だけに注目してしまうと、化粧をしっかりと落とせない場合もあります。この点も調べておく必要があるでしょう。後は強く擦らない、ポイントメイクを先に落とす、クレンジングオイルなどを馴染ませてから洗うなどがあります。

メイク落とし洗顔の使い方と抑えておきたいポイント!

お化粧をし始めると必要になってくるのがクレンジングです。夜メイクを落とすときに利用されていると思いますが、クレンジングにも種類…

自分の肌にあった洗顔料を選ぶ

洗顔料にもいろいろな種類があるので、まずはどのような種類があるのかを知っておきましょう。その中からいろいろと比較を行い、最もよいと思う洗顔料を使えばよいのです。重要なのは、ニキビができているときにも使用して問題がないかという点と、自分の肌質に合っているかという点でしょう。

肌には乾燥肌や敏感肌、混合肌や脂肌が存在しています。自分の肌質を理解しておかないと、正しい洗顔料選びはできません。洗顔料はどれも同じだと考えている人も多いでしょうが、実は成分なども大きく変わっているのです。自分の肌質を調べることも、インターネットに選択式のツールがあるので、調べてみてはいかがでしょうか。

一般的なツールなので、確実にわかるわけではありませんが、使ってみて損はありません。また、肌質というのは特徴がはっきりとしているので、このようなツールを使用しなくても、自分自身である程度判断することもできるのです。

毛穴の悩みに効く洗顔料の選び方とは?おすすめもご紹介

大人になるとやけに目立ってしまう毛穴の汚れですが、毛穴の汚れの原因をスルーしてファンデーションなどで厚塗りしているようでは、ど…

まとめ


洗顔料はニキビができたときにも重要なのですが、ニキビができていない人でもしっかりと選ばないといけません。数多く販売されているので、肌質を調べること、刺激が強い成分や、ニキビ肌によくない成分が含まれていないかを確認してから購入しましょう。