かわいい後輩と思ってもらえるキャラクター11パターン

後輩としてかわいがられると、得することが増えます。ちょっとヒイキしてもらえたり、何かとほめてくれたり、先輩が男性でも女性でもかわいがられる後輩でいれば間違いありません。さらに、かわいい後輩と思われているうちに、先輩と恋愛に発展するケースもあります。

ここでは、かわいい後輩と思われる11の特徴に加えて、先輩と恋愛に発展させるための7つの方法をまとめてみました。

かわいい後輩と感じる特徴11個

先輩が後輩をかわいいと感じるのは、後輩のどんな瞬間を見たときでしょうか。元気な態度を見せてくれるときか、笑顔になってくれるときか、自分の言うことを聞いてくれるとき、先輩がかわいい後輩と感じる特徴を11個紹介していきます。

ハキハキと挨拶してくれる後輩


ハキハキと元気に挨拶してくれる後輩に、先輩は弱いです。先輩が自分の態度を反省するほど、挨拶が元気な後輩がいます。そんな後輩に励まされる先輩がいるほど、挨拶をすることは重要です。明るくハキハキと挨拶してくる後輩は、先輩の気合を入れるのにも役立っています。

いつでも笑顔の後輩

女性
挨拶と同様、いつでも笑顔を見せてくれる後輩は明るい気分にさせてくれます。仕事では、とかくストレスがたまりがち。今まで自分が後輩としてかわいがられてきた人は、先輩になって様々な苦労が増えてきます。そんなとき、後輩が明るい笑顔を見せてくれたら、癒されるはず。

ブスっとしていたり、元気のない顔や泣き顔、無表情を見せる後輩には、自分の教育が悪いのかと悩まされてしまうでしょう。

自分を慕ってくれる後輩


自分を慕ってくれる後輩は、無条件にかわいいものです。べたべたされるのが嫌な人でも、何かと頼られると悪い気がしません。「先輩、先輩」と頼りにすれば、自然とかわいがってもらえる後輩になれます。ただし、相手によってはしつこくしすぎないようにすることが肝心です。

自分を褒めてくれる後輩

自分を褒めて尊敬してくれる後輩に、先輩は甘くなってしまいます。先輩だって、誰かに褒められたいのです。先輩がさらに先輩に褒められるシーンは、少ないかもしれません。仕事は実力がカギですから、実績を出さなければ褒めてもらえる機会はないのです。

そんな厳しい世界にいる先輩を手放しで褒めてくれる立場でいられるのは、後輩だけ。「尊敬してます」と言われて、嬉しくない先輩はいないでしょう。

聞き上手な後輩

先輩の話を上手に聞いてくれる後輩は、間違いなくかわいがられます。間違っても、先輩の揚げ足をとったりしてはいけません。

理想は「あ・うん」の呼吸で合いの手を入れることですが、そこまでの境地に到達できなくても「集中して聞いている」真剣な目つきで適度に頷き、程よく先輩の言葉をオウム返しに繰り返してあげましょう。

先輩だって、疲れています。愚痴や自慢話を聞いてくれる人が欲しくて、後輩につい頼ってしまうこともあるのです。そんな先輩の話を気持ちよく聞いてあげれば、多くの先輩はピンチのときに助けてくれます。

自分の意見をハッキリ持っている後輩

先輩の言うことにただ忠実なだけでなく、自分の意見はハッキリという後輩は一目置かれます。先輩を押しのけてまで強い意見を放つのは批判されかねませんが、先輩が右を向けば右、先輩が左を向けば左、周囲と同じ言動ばかりしているようではイライラされてしまうこともあります。

「先輩の意見もわかりますが、私はこう思います。」など、低姿勢を示しつつも自分の意見を述べてみると「やるな」と思われる可能性大です。

陰口や悪口を言わない後輩

人の陰口や悪口は、聞いていて不快な気分にさせられます。ときには人に対する不満が出てしまうこともあるかもしれませんが、文句を言うなら直接本人に申し出るのが正解です。先輩ならわかってくれるかもしれないと思っても、陰口や悪口は控えるようにしましょう。

どこかで自分の悪口も言われているのではないかと不信がられてしまいますし、悪口を聞かされることで共犯のようになってしまいます。

同じ趣味を持った後輩


先輩と同じ趣味を持っている後輩は、やはり共通の話題で楽しめます。積極的に先輩から近づいてくれる可能性が出てきますし、会話も盛り上がります。趣味の世界では、職場の上下関係は関係ありません。とはいえ、どちらかといえば先輩に楽しい情報を提供してあげられる思いやりを持ったほうが、関係は上手くいくでしょう。

先輩の誘いを断らない後輩

飲み会でもカラオケでも、ランチでも、先輩の誘いには絶対に応じていると重宝がられます。無理強いはしない先輩でも、誘いを断り続ける後輩のことはやがて誘わなくなるものです。それが男性の先輩だったら、せっかくの恋愛のチャンスを自ら棒に振っているようなもの。どんな誘いもチャンスと思えば、乗り気でない誘いでも楽しめる可能性が出てきます。

一生懸命に物事に取り組む後輩

たとえ不器用でも、一生懸命に物事に取り組んでいる姿は先輩にしてみれば涙を誘われるものです。そんなに優しい先輩ばかりではないかもしれませんが、やる気のない後輩よりは頑張ってくれる後輩のほうが相手をしようという気になるもの。

できないことがあっても投げやりにならず、どうしたらできるようになるか先輩に聞きながら頑張ってみてください。

どこかスキがあって憎めない後輩

カップル
新人の頃は、誰でも緊張してスキを見せないようにしています。しかし、真面目で優秀でスキのない後輩よりは、どこかスキがある後輩のほうが先輩は憎めません。頑張っているのにどこか抜けていて、笑いを誘われるような後輩のほうがかわいがられるのです。

先輩はあなたを恋愛対象として見ている?

男性の先輩から見て、後輩のあなたは恋愛対象になり得るのでしょうか?職場によっては、社内恋愛は好ましくないとされているところもあるかもしれません。そうはいっても、異性同士の関係では恋愛感情がいつ湧いてきても不思議ではありません。先輩が後輩のあなたを恋愛対象として見ているかどうか、考えてみましょう。

職場や学校の仲間と思っている

基本的には、先輩は後輩を職場や学校の仲間として見ています。職場や学校に来る第一の目的は、仕事や学業だからです。第一の目的を済ませたうえで、同じ場にいる人に恋愛感情が湧いてくることはあるかもしれません。しかしその確率は、それほど高いものではありません。

好意はあるが手を出すのはいけないという気持ち

職場や学校で一緒に過ごす同僚や仲間は、日常的に会う人達です。そんな人達に、次第に恋愛感情が湧いてくることもあるでしょう。ただし、好意を持っていても手を出してはいけないという気持ちが芽生えることもあります。

また、すぐにはどうこうできないと思うのは当然です。ナンパしに来ているわけではありませんし、周囲の人が全て知り合いですから、よくない噂が立っても困ります。そのため、恋愛感情を持っても一歩引いたスタンスになりがちです。

後輩から恋愛対象に発展させる7つの方法

後輩のあなたから先輩の男性の恋愛対象に発展させるには、どのような方法がベストなのでしょうか。上手い方法にしなければ、先輩を困らせてしまうかもしれません。あるいは、自分が悲しい思いをするかもしれません。お互いがハッピーな形で恋愛対象になる7つの方法について、紹介します。

女の子らしい仕草や言動をする


先輩から見て、あなたは職場や学校の後輩です。仕事を教えたり指示したり、見本になったり、いずれにしても先輩として後輩より上の立場にいるという考え方を持っています。偉そうにするというわけではなくとも、後輩と同じ目線で馴れ馴れしくするような先輩はいないでしょう。

そんな先輩の気持ちを和らげるには、女の子らしい仕草や発言をするのがおすすめです。後輩らしいあなたの言動に、先輩は構ってあげたい気持ちになります。

女性的なファッションをする

ときには、後輩もライバルになり得ます。追い抜かれては困る先輩は、異性であろうと厳しい立場で対応してくるかもしれません。その場合は、ライバル視されないように女性的なファッションをするのがおすすめです。女性らしいファッションが下に見られるということではなく、あくまでもライバルではないとわかってもらうのが目的です。

仕事の相談から連絡をとる仲に発展させる

仕事での絡みがあるのなら、仕事での相談にかこつけて連絡をこまめにとりましょう。ピンポイントで連絡をとっているうちに、一緒に過ごす時間も多くなってきます。お茶をしたり食事を共にする機会も増えてくるでしょうから、恋愛に発展する確率は高まります。

会社の飲み会で距離を縮める

会社の先輩・後輩なら、一度は飲み会があるでしょう。そんな飲み会は、正に接近のチャンスです。お酒が入った勢いで、先輩に自分から近づいてください。あまり飲み過ぎるのは印象がよくないので、酔ったふりをするくらいがいいかもしれません。二次会になだれ込めれば、さらにチャンスが広がります。

天然な部分を見せる


天然な女の子は、かわいいものです。わざとらしい天然はあざといと思われる恐れがありますが、適度な天然をたまに出す程度ならかわいいと思ってもらえます。誰にでも、天然な部分はあるもの。自分の天然ってどこだろうと振り返ってみて、先輩の前でさりげなく見せてみるのもやってみるだけのことはあります。

恋愛の話を積極的にする

先輩の前で恋愛の話を積極的にしてみると、「彼氏募集中なのかな」と思ってもらえます。また、恋愛の話に感化された先輩が恋愛モードになってきて、あなたを恋愛対象と考えてくれる可能性が出てきます。強烈な恋愛感情を先に持ってもらえない限り、真面目な話ばかりしているようでは恋愛対象としてなかなか見てもらえません。

プライベートなお誘いをしてみる

思い切って、プライベートな用事に誘ってみるのも一案です。休日に誘うのは大胆ですが、お昼休みや終業後に少しだけつきあってほしいことがあると頼んでみれば、誘いに乗ってくれるかもしれません。少なくとも、プライベートな誘いをしてくる子なのだと意外な一面を見せることができます。

まとめ

後輩の立場から先輩の恋愛対象になるのは、簡単なようでいて慎重にすべきことです。お互いが困ることのないよう、立場を考えつつ発展させるには、一歩ずつゆっくりと進むのがおすすめ。焦らず、チャンスはしっかりモノにして先輩の恋愛対象を目指しましょう。