三角関係のパターンとは?実らせポイントや終わらせ方も!

三角関係にはいくつかのパターンがありますが、誰かが傷つくことがあるのは間違いない関係ですよね。しかし、人を好きになる感情は抑えられないもの。まさに今、三角関係になっているけれど、終わらせなければいけないと思ってはいませんか?

今回はそんな三角関係について、恋愛コラムニストであるyukinanaさんにうかがったお話をもとに解説します。

三角関係にはどのようなパターンがあるか

一口に三角関係と言っても、いくつかパターンがあります。まずは王道の3つの三角関係について、どんな状況の関係のことを言うのか、それぞれ解説します。

現在、三角関係にある人は、自分がどの状況に当てはまるのか見てみてくださいね。

好きな人がかぶった

三角関係の中でも、一番多いのがこのパターンです。たとえば、友達の恋愛話を聞いているうちに、自分も友達の好きな人や彼を好きになってしまったという場合があります。逆に自分が恋愛話をしていたら、相談相手が自分が好きな人や彼を好きになってしまう場合も。

また、グループでよく集まるような関係であれば、みんなで集まって遊んでいるうちに友達の彼に対する好意を持っていることに気づいてしまった……。ということや、はじめはお互いに好きな気持ちを隠しているようなことも少なくありません。

同時に好きになられた

女子にとっては憧れを持つ「私のために喧嘩しないで」と言いたくなるようなシチュエーション。これはなかなか珍しいですが、男性2人から同時期に言い寄られて悩んでしまうパターンです。

もちろんすんなりどちらかに決まれば良いですが、どちらも捨てがたい理由があれば「モテるって罪ね♡」などとは言っていられないほど、本人は悩むものです。

好きな人に好きな人がいる

一番切ない三角関係が、好きな人にはほかに好きな人がいたというシチュエーション。恋愛感情を持っていた相手に好きな人がいたことを、他人から聞いてしまうこともあれば、場合によっては本人から聞くことも。自分は片思いをする形になるため、ただただ切ない恋愛となってしまいます。

三角関係のパターン別の悩みとは

すでに述べたように、三角関係は大きく分けて3パターンが考えられます。それぞれの場合で気持ちはまったく違い、悩みも大きく変わってきます。ということで、パターン別に悩みを見ていきましょう。

友達と好きな人がかぶった場合

友達と好きな人がかぶってしまうと、その友達との関係が危うくなってしまうのではと心配になりますよね。性格によっては相手に譲る形で諦めたほうがいいと思ってしまうかもしれません。しかし、友達と好きな人がかぶった場合は、正々堂々と勝負をしたほうが良いでしょう。

お互いの気持ちを正直に話しておかないと、逆に友情に亀裂が入ってしまう可能性もあります。コソコソ付き合うのは無理ですし、戦友として戦うことで友情が深まるなどの良いこともありますよ。

自分を取り合っている男性がいる場合

自分を好きだと言ってくれる男性が同時に現れた場合、その2人のうちどちらかをあなたが選ぶ以外にありません。2人の人間を天秤にかけるようで心苦しいかもしれませんが、選択をしましょう。

また、はっきり言わずに曖昧にしてしまうのは逆に相手が可哀想です。どちらかを選択する場合も、どちらも興味がない場合も、はっきりと伝えてあげましょう。

好きな人に好きな人がいる場合

好きな人に好きな人がいた場合、これは見守る以外にありません。人の気持ちはなかなか変わらないものなので、好きな人の恋愛がどの方向に進むのかをじっと待つことです。

ただ、見守っているあいだにもできることがあります。それは、自分磨きをすること。

相手の女性よりも魅力的になれるよう努力をしましょう。もしかすると、好きな人が振り向いてくれるかもしれません。

三角関係のパターン別に終わらせる方法とは

三角関係がはじまれば、どうしてもギスギスしてしまったり、誰かを傷つけたり、自分の気持ちが持たなくなったりすることもありますね。「やっぱり終わらせたい」と思ったら、それは正しい方法で終わらせるべきです。以下の方法を参考にしてみてください。

友達と好きな人がかぶった場合

もし友達と好きな人がかぶってしまったのであれば、告白をして決着をつけるのが一番の解決策です。ただし、「恋愛よりも友情を優先させたい」と感じたのであれば、あなたが折れて諦めるのもありです。

素敵な男性はたくさんいますが、何でも話せるほどの友情はなかなかありませんよね。あなたの考え次第で、どちらにするのか決めましょう。

自分の取り合いをしている男性がいる場合

もし自分を好きになってくれる男性が2人いたとしたら、それぞれに自分の正直な気持ちを話しましょう。このときに、どちらにも気があるような答え方は絶対にNGです。2人の男性に対して、誠実な気持ちで対応してくださいね。

好きな人に好きな人がいる場合

これは勇気が要ることではありますが、好きな人に好きな人がいたとしても、告白してみましょう。自分の気持ちを素直に伝えるだけでもスッキリするかもしれません。叶わない恋なのに「もしかしたら……」とか「いつか……」などと淡い期待をずっと抱いて待っているよりも、振られてしまったほうが諦めがついて前に進みやすくなりますよ

三角関係になったときに相手から選ばれるためには

友達と好きな人がかぶったり、好きな人に好きな人がいたりと、ちょっぴり刺激的な三角関係。そういう状況になったからには「自分が勝ちたい!」と思うのは当然のことで、相手もそう感じているでしょう。

では、相手に自分を選んでもらうためにできることとは、どんなことなのでしょうか。

相手の女性よりも魅力的になる

どの状況においても、ライバルの女性よりも魅力的なところがなければ片思いを実らせることはできません。反対に、一歩でも自分がリードしておくことで、あなたが選ばれやすくなるのです。

できることはたくさんあります。見た目に関しても内面に関しても、常に磨くことを怠らないようにしましょう。

話をたくさん聞いてあげる

多くの男性は、聞き上手な女性に好感を持ちます。女性は自分を知ってほしくなり、好きな人に対してはつい何でも話してしまいがちですが、好きな人が相手の場合は、とくに聞くことに意識を向けましょう。相手の顔を見て相槌をうち、真剣に話を聞いてあげるようにすることで、男性は「この子いい子だなぁ」と感じるでしょう。

共通点を持つ

ありきたりですが、共通点の有無は恋愛において有利不利をかなり大きく左右する要素です。同じことを共有できたり、話題が自然に増えたりするからです。また、共通点があれば自然と一緒にいる時間も作りやすくなります。そのため、こっそり相手の趣味などをリサーチして、はじめてみるのも良いかもしれませんね。

まとめ

誰にでも起こりかねない三角関係。普通、3人での恋愛は成立しないことから、切ない気持ちにもなる状況でしょう。

しかし本気で好きなのであれば、できることはしておくことです。後悔が残ったり、関係がぎくしゃくしてしまったりという状況を避けるためにも、変な諦め方をしたり、恋敵の足を引っ張るような真似は避けましょう。

また、自分を好きになってくれる人が2人いるとは、とても幸運な状況です。しかし、2人の男性のどちらか、もしくはどちらも切なく辛い思いをすることを、絶対に忘れてはいけません。それぞれの状況を考えたときに、気持ちに素直になることが一番自分のためにも相手のためにもなることを忘れずにいましょう。