フィーリングってどんな感じ?分かりやすく具体的な4つのポイント

こんなにたくさんの人間がいるのに、気が合う人、一緒にいると落ち着く人、楽しい人はごく限られているように感じられます。反対に、一緒にいると物凄く落ちつかない人もいるものです。

生きている間に、一人でも多くの一緒にいて心地よい人に出会いたいものです。そして、素敵な縁を結んで楽しく暮らしたいものです。そこから、更に素敵な関係に発展させることもできるからです。

フィーリングって具体的にはどんなもの?


あなたは、誰かに「私たちフィーリングが合うね!」と言われたらどう思いますか?多くの人は嬉しく思うのではないでしょうか?それは、同性からの言葉であっても異性からの言葉であっても同じでしょう。フィーリングが合わない人とは、友達になりたいと思いませんし、当然恋人など特別な関係になりたいとも思えません。

もちろん、一緒に仕事をしたいと思ってもらえないことも少なくないでしょう。ですから、フィーリングが合うという言葉は、誉め言葉だと受け取って良い言葉です。これから何か素敵なことが始まりそうな予感です……。

1:波長が合う

あなたには、これまでに波長が合うと感じた人がいましたか?それはどこで出会った人だったでしょうか?波長が合うと感じるのは、少なくとも一緒にいて心地よい人です。考え方が同じだったり、行動するスピードが似ていたり。また、似たような趣味を持っていたり、同じアーティストのファンだったりすることもあります。

また、これも大きなポイントなのですが、気を使わずにいられるか否かということもチェックポイントです。波長が合う人は自分と似ているので、それほど気を使ったり悩んだりすることがないのです。だからとても楽。楽なので、関係も長く続けていくことができるのです。

また、人は良くも悪くも似たような人としか一緒にいられないものです。つまり、あなたといつも一緒にいる人は、あなたに似ている傾向があるということです。だから、よくこういわれるのです。「どんな人なのか知りたいと思ったら、その人の友達を見るといい。それが分かる」と。

せっかくですから、あなたもあなたの友達をちょっと思い出してみてください。どんな人が多いですか?いつも、前向きで建設な意見を出す素敵な人が多いでしょうか?それとも、悪口や愚痴が多い人が多いでしょうか……?その答えによって、あなたのことが垣間見れるように思います。

2:同じ事を考えている


フィーリングが合う相手とは、異性の場合も多くを語らなくてもお互い理解できるので仲良くなりやすい傾向があります。一々説明したりすることもありませんので、楽であるということも、メリットです。

また、なぜか同じものを前にして、同じようなことを考えていることが多い人がいることもあります。これは、価値観が同じという見方もあるのですが、思考が似ているとも言えます。

「ああ、たこ焼き食べたいな」。「綺麗な夜景もいいけれど、本当は温かい部屋でカフェオレ飲んでいる方が嬉しいんだけどな」。デート中には、なかなか言えないようなこんな希望も、実は同じだったり。お互い意外に思いつつも、本当は二人とも嬉しく思うのです。

3:異性としての壁がない

異性と接する時は、大抵多少なりとも緊張したり気を使ったりするものです。それは、年齢や職業などに関係なくあることです。しかし、フィーリングが合う人の場合そういったことがほとんどありません。もちろん、初対面の時はお互いどんな人なのか分かりませんから緊張するかと思います。

しかし、その後はあっという間に気が置けない人になります。まるで、昔からよく知っている人と接しているようです。もちろん、恋愛対象として好きになることもあるでしょう。しかし、そうではなく良い友達として仲良くなれる場合もよくあります。

4:価値観が一緒

フィーリングがある人は、思考も似ていることがあります。それに、好きなものや嫌いなものが似ていることも多いようです。特に、苦手なものや嫌いなものが同じ人とは、気が合いやすく仲良くなりやすいと言われています。

例えば、高級レストランで頂くスイーツよりも、コンビニで買えるお手頃スイーツの方が好きだったり。洋服やバッグなどお洒落にお金をかけるよりも、自己投資に使う方が好きだったり、旅行などモノではなく経験にかける方が好きだったり。このあたりのことが同じだと、仲良くなりやすいと言えます。

同じものに価値を見出す人ですから、話しも合いやすく会話も楽しく進みます。ですから、お互いまた会いたい、また話しをしてみたいと思うのです。

女性が異性にフィーリングを感じる瞬間


異性にフィーリングが合うことを感じるポイントは、男女で少々違うようです。しかしながら、どちらか一方が相手にそれを感じている場合、相手も少なからずそれを感じている場合が少なくありません。明らかに、他の異性とは違う何かを感じているのです。

会話の話題が尽きない

フィーリングが合う人とは、会話が尽きません。内容は人それぞれなのですが、お互い楽しく話せますし、会話のスピードも丁度良い。それに、緊張せずに話せるので良い時間が過ごせます。女性は、こういったことを見て感じて、フィーリングの合う合わないを判断することが多いようです。

会話の話題が尽きないというのは、話題が豊富ということもあるのかもしれませんがそれだけではありません。絶妙な相槌や盛り上げ方など、聞く方の姿勢も大きく影響してくることです。つまり、二人の話しのバランスも関係してくるということです。もっと話しをしていたい。もっと話しを聞いていたい。二人がそう思えるのなら、それはフィーリングが合うと言えるでしょう。

怒りを感じるポイントが同じ


この言葉を言われるのは許せるけど、この言葉を言われたら絶対に許せない……。こんな風に、言葉の受け取り方も様々です。また、この行為は笑って見逃がせるけど、この行為は腹が立って仕方がない。こういったこともあるものです。

どんなに自分が怒りを感じていても、それを理解できず中途半端な慰めの言葉で消してしまおうとされると、余計に腹が立ったり悲しくなったりすることがあるものです。そんな時、どうしてこんなにも腹が立っているのか、どうしてこんなにも悲しく思っているのか理解できる人がいると、それだけで救われたような気持ちになります。まさしく、フィーリングが合うと言える人です。

怒りを感じた上で、この場は抑えてくれ、この場は抑えた方が賢いなどと言ってくれる人に人は何かを感じます。それは、信頼に似たような感情かもしれません。

自然体でいることができる


初めてあった人なのに、自然体で接することができる。あなたも、こういった人との出会いがあるのではないでしょうか?

それは言葉では言い表せない心地よさです。多少失敗しても笑って許してくれたり、或いは相手が失敗しているのを見ても、大きな心で許すことができる。同じことを誰かがやったら許せないのに……。

自然体で話したり行動できたりする相手を、女性は特別視します。そして、恋愛感情を持つこともあります。見栄を張ったり、自分を大きく見せたりする必要がありません。カッコ悪いところを見せても、心配しなくても大丈夫なのです。できないことはできない。苦手なことは苦手だと正直に言えるような相手に、フィーリングが合うと感じることも少なくありません。

笑うツボが同じ

人それぞれ好き嫌いがあるかと思いますが、笑いのツボもやはり違います。誰かが大笑いしている光景を見ても、どうしてそれが面白いのかサッパリわからないこともありますし、あまりの面白さにお腹を抱えて笑ってしまうこともあります。

これは、まさしくフィーリングの問題だと言えるでしょう。面白いと思うことを共有して一緒に笑えるのもまた、幸せを感じる習慣だと言えるでしょう。

一緒にいて楽しい

一緒にいるだけで、とにかく楽しい。理由はよく分からないけれど、やっぱり楽しい!こんな風に思える人に対して、フィーリングが合うと感じる女性は少なくありません。この「理由はよく分からないけれど」というのがポイントです。何か特別なことをしたり、特別な場所に行ったりしなくても、一緒にいると、ワクワクしてくるのです。

それは、いわゆるイケメンと呼ばれるような容姿に恵まれているような人とは限りません。それよりも会話や雰囲気、気遣いなどで感じることが多いようです。

男性が異性にフィーリングを感じるとき


男性が女性に対して、フィーリングが合うと感じるのはどんな時なのでしょうか。フィーリングが合う女性だと認識するのは、その女性に対して良い印象を持ったということです。

そして、男性の場合はフィーリングが合うと思う女性に出会うと離したくないと思うことが多いようです。フィーリングが合うと思う女性に、運命を感じるのかもしれません。

趣味が同じだった

男性に多いと思われがちな趣味があります。例えば、車やバイクなどもどうかもしれません。また、男性に多いというわけではありませんが、あまり多くはない趣味もあります。そういった趣味が同じ人と出会えると、多くの人がかなり興奮します。珍しい趣味であればあるほど、嬉しく思います。

この場合は、フィーリングが合うといったレベルを飛び越えて、運命の人だと認識してしまうようなこともあります。

もちろん、メジャーな趣味が同じ相手に好意を抱くことも少なくありません。好きなものが同じだと素直に嬉しく思いますし、もっと話をしてみたいと思うことでしょう。

体の相性がよかった


どんなに見た目が好みの女性であっても、体の相性が良いかどうかは分かりません。体の相性が良い人と出会った場合、男性は女性が思うよりも感動するようです。

また、体の相性が良いと別れられないとも言われています。体の相性と聞くと、スタイルの良し悪しや何かテクニックのようなものをイメージする方も多いかもしれませんが、それだけではないのです。もっと深い理由があります。心までも満たされるような、何から何までぴったりの相性です。気持ち良くて、切なくて、幸せで……。

これは、どこかで勉強したとしても、そう簡単にできるようなことではないのかもしれません。だからこそ、体の相性が良い女性と出会ったら、離れられなくなるのです。ただただエッチなことを男性は言っているわけではないのです。もちろん、誉め言葉です。

会話をしていて楽しい

どんなに綺麗な女性であっても、四六時中緊張して会話が楽しめないようでは、一緒にいて楽しいとは思えません。もちろん見る分には良いのですが、フィーリングが合うと思うかと言われれば、会話が楽しくない女性はNOです。

話していて楽しいか楽しくないか。これは、男女共に注目する大きなポイントのようです。また、楽しいことだけでなく、ネガティブな内容もお互い真剣に話したり聞けたりできるかどうか。このあたりもポイントと言えそうです。楽しい話しは積極的にしたり聞いたりできるけれど、真面目な話しや悩みなどの話しになると、とたんに態度が変ったり茶化したりするような態度を見て、「君と僕のフィーリングは合うね」と思う男性はまずいません。

どのような内容であっても、ちゃんと聞くことができるかどうか。それもまた大事なポイントなのです。

まとめ


フィーリングが合うかどうか。それは、男女によってポイントが同じところもありますし違うところもあります。いずれにしても、フィーリングが合うと感じた相手は、その時点で特別な存在となります。そこから、恋愛関係へと発展することももちろんあります。反対に、フィーリングが合わないと思う相手とは、なかなか距離が縮められないとも言えます。