告白の返事はどんなのがいい?返事を保留してしまう相手の心理とは

好きな人から告白されたら、それはもう最高の出来事だと言えるでしょう。もちろん答えはYES!幸せ以外の何ものでもないでしょう。しかしながら、もし恋愛感情のない人から告白されたら、あなたは上手く返事をすることができるでしょうか?

好きじゃない人なら、何をどう言っても平気!相手が傷付こうが落ち込もうが関係ないと思う方なら何も言うことはありません。しかし、気持ちは受け取れなくても、告白してくれたその勇気や思いにありがとうを伝えたいと思うのであれば、断り方にも注意して頂きたいと思います。

片思いしている人から告白された時の返事

片思いしている人からの告白。断る理由はどこにもありません!しかしながら、あまりにもガサツな言葉や態度で対応してしてしまうと、彼の中であなたの印象が決定してしまうので要注意。第一印象は長く引きずるものですので、ここは最高に素敵な対応が必要だと言えるでしょう。

正直にうれしさをアピールする

告白する時に緊張しない人はあまりいません。恥をかくかもしれませんし、嫌われてしまうかもしれないと色々なことを想像しているからです。それでも、気持ちを伝えたいと思うからこそ、告白してくるのです。

ですから、あなたもその気持ちにちゃんとした態度で答えて欲しいと思います。うれしいのなら、うれしい気持ちを表現しましょう。バンザイして喜べとは言いませんが、素直に気持ちを表現しても良いように思います。

「私も○○さんのことが好きです。宜しくお願いします!」こんな感じはいかがでしょうか?分かりやすいですし、告白してくれた相手も嬉しく思うのではないでしょうか?

また、「私も告白したいとずっと思っていました。ありがとう」なども良いでしょう。

照れながら返事をする

好きな人からの告白に、あれこれ言わずに静かににっこりとして頷く。これも可愛らしい返事の仕方です。思わず、男性が守ってあげたいと思うことでしょう。少し控えめの方が男性は受けは良いですから、この方法もオススメです。

クールな対応も大人っぽくて良いのですが、このように素直に感情を出す方が男性は可愛いと思います。

満面の笑顔で答える

告白した女性が、物凄い幸せそうな顔でOKを出してくれたら、告白した男性は最高に嬉しく思うことでしょう。この子に告白して良かった……そう思うのではないでしょうか。

何事も最初が肝心!好感の持てる対応ができれば、あなたの印象もずっと良いまま続くはずです。

意外な人から告白された時の返事


好きな人からの告白なら、素直に喜びOKを出すことができるでしょう。しかしながら、もし恋愛感情がない人から告白されることになったらあなたはどうしますか?好きではない人からの告白でも、失礼な態度をとるのは良いとは言えません。いい女は、こういった時もスマートであり、相手に嫌な気持ちをほとんど感じさせません。言葉や態度しだいで、例えお断りの返事であってもそれができるのです。

正直に断る

告白した場合、どんな返事が来るのか分かりません。ですから、断られる可能性だってもちろん想像しています。好きではない人から気持ちを伝えられた時は、きちんとお断りするのも悪いやり方ではありません。それは、仕方がないことです。

但し、相手に対する真摯な態度はやはり大切だと言えるでしょう。不愉快な顔でぶっきらぼうに対応してはいけません。特に、職場が同じだった場合は、今後も顔を合わせることが考えられます。良好な関係で今後も仕事をやっていきたいので、相手を傷つけるような態度は控えましょう。

例えば、「今は恋愛よりもやりたいことがあるので、○○さんの気持ちを受取ることはできません。」とか、他に好きな人がいる場合は、正直に「実はずっと好きな人がいます。ごめんなさい」などの答え方も良いでしょう。そして、どんな返事をした後も、最後に「ありがとう」と添えると良いでしょう。

とりあえず付き合ってみる

あなたに好きな人がいなくて、告白してきた男性が嫌いな人でないのであれば、お付き合いしてみるのも良いかもしれません。もしかしたら、とても良い関係になれる可能性もあります。また、相手の素晴らしいところがたくさん見えてくるかもしれません。これもまたご縁です。

時間をかけて、少しずつ分かり合い、深い絆を作っているカップルはたくさんいます。

好きじゃない人に告白されたらどうすればいい?付き合うのはアリなのか

返事を保留する

また、すぐに答えが出せない時は、時間がほしいと伝えた大丈夫です。そして、一週間以内にはお返事をするようにしてください。そのまま返事をせずにスルーすることのないようにしましょう。これは、告白してくれた方に失礼です。とても傷つけてしまう行為ですから、どんな返事であっても必ず伝えるようにしましょう。

確かに、恋人関係になるということは、それなりに覚悟がいることだと思います。ですから、すぐに返事ができないことも当然と言えば当然のことです。

告白を保留にされたら脈なし?返事待ち期間はどれくらい?

告白の返事を保留にしてしまう理由

告白されたことに対して、嬉しく思いつつも困ってしまうこともあります。それは、真剣に付き合おうと思っているからこその感情なのかもしれません。ですから、すぐに返事をすることができないのです。

しかし、すぐに返事が出来なくても問題ありません。告白してくれた人も、それは分かってくれることだと思います。告白された女性たちが、返事に迷う理由にどのようなものがあるのでしょうか。

結婚したい、と思える相手ではなかった

20代後半くらいになると、多くの女性が結婚を意識しだすようになります。今すぐに結婚したいと思っていなくても、これから始まる恋愛関係の延長線上に結婚があるということを意識します。つまり、告白してきた男性との未来が想像できるかどうかによっても、返事が変ってくるということです。

長く付き合っていても結婚に繋がらなかったり、或いはただ楽しくお付き合いをするだけなら良いけれど、結婚したいかと言われれば分からないといった状態で、軽々しくYESとは言えません。

男性の方も、それについては分かっていることと思います。これくらいの年齢の女性との恋愛に、ある程度責任があることも多くの男性は分かっています。ですから、断られた場合、そのあたりのことがネックになったのだと受け取る人も中にはいます。

大人の恋愛は、学生時代のそれとは違い、こういったことも絡んでくるのでなかなかスムーズに進んでくれません。みな慎重になるからです。

結婚したいと思える男性は?結婚をしたくなる男性心理も

断る言葉が出てこなかった

人を傷つけたくないと思っている人は少なくないと思います。言葉一つで人の心をえぐってしまうことがあることも、やはり分かっている人は多いでしょう。その為、せっかく勇気をもって告白してくれた人に対して、傷つけずにお断りできる言葉を探したいと考えます。しかし、上手い言葉が浮かんでこない為、とりあえず保留という形をとる女性もいるようです。

しかし、告白に対してお断りをすれば、多少なりとも相手を傷付けることにはなるでしょう。しかし、これは承知の上で気持ちを伝えてきているので、あなたはあまり深刻に考える必要はありません。「あなたの気持ちは受けとれないけれど、ありがとう」といった返事も良いでしょう。

一緒にいて楽しいかどうか不安だった

こちらが好きな人が告白してきたら、二つ返事でOKを出すことでしょう。しかし、好きでもないけれど嫌いでもないといった状態の時は、前向きにお付き合いを検討する人も多いかもしれません。その際に、一緒にいる時を想像して迷う人もいます。恋愛や恋人に求めることは人それぞれ異なるかと思いますが、少なくとも一緒にいる時に楽しくなければ嫌でしょう。

一人になってじっくりと考えてからお返事したい。これもまた、賢いやり方だと言えるでしょう。

お付き合いそのものをするべきか迷っているから

過去に恋愛で深く傷ついたことがある女性は、恋愛に自信を無くしていることもあります。また同じように悲しみたくない為、恋愛を避けていると言った方もいます。しかし、心のどこかでそろそろ新しい恋を始めたいと願っている場合もあります。そんな時に告白されると、返事に迷います。恋愛は怖いものと思う心と、恋愛のぬくもりが恋しいという気持ち。告白してくれた人が素敵な人だからこそ、一生懸命返事に悩んでいるのです。

嫌な男性、或いは異性として何も思わないような男性からの告白であれば、すぐに何か理由を付けて断ったでしょう。しかし、そうではなく優しくて信頼できそうな男性から告白されたので、この人にかけてみたいと思っているのです。つまり、本当はかなり相手の男性に好意を持っているということです。

すぐに返事をすることはありません。自分と向き合い、じっくりと考えて答えを出せば良いのです。優しい男性であれば、返事をちゃんと待ってくれるはずです。

過去に、恋愛で苦い思いの一つや二つしたことがある人は大勢います。でも、そこから素敵に成長して更に魅力的になっている人もたくさんいます。人の痛み、恋愛の痛みを知って、人間としても一人の女性としても深みを増すのでしょう。過去のあれこれは、この際きっぱりと捨ててしまいましょう。

まとめ

告白されて、不愉快になる人はあまりいないかもしれません。しかし、場合によってはお返事に困ることもあるでしょう。その場合は、相手をあまり傷つけない方法でお断りするようにしたいものです。これからも、同じ職場で働く人であればなおさらです。また、返事を放置したままスルーするようなことはしないようにしましょう。これは、告白してくれた方に失礼な行為です。