告白はセリフが大事!相手をキュンとさせる告白のセリフはこれ!

告白で最も重要となってくるのが、やはりセリフですよね。いかに自分の気持ちを言葉にできるかで、気持ちの伝わり方も大きく変わってきます。

そこで、ここでは、

  • 告白を成功させるポイントについて
  • 告白が成功するタイミング
  • 告白が成功するシチュエーション
  • 男性がキュンとする告白のセリフ
  • 女性がキュンとする告白のセリフ
  • NGな告白のセリフややり方

を紹介します。告白をするとなると誰でも不安な気持ちにもなったりしますよね。成功させるためのポイントなど是非、参考にしてみてください。

告白を成功させるポイントは?

告白を成功させるためには、ポイントをしっかり押さえておくことが重要です。その中でも特に重要となるのがタイミングとシチュエーションとセリフです。ここからはそれぞれ重要なポイントを紹介するので、参考にしてみてください。

告白のタイミング

告白ではタイミングがとても重要です。タイミングが早過ぎても相手の気持ちが追いつかないし、遅過ぎても相手の気持ちが離れていきます。ベストなタイミングは人によって違ってくるので、相手の気持ちを探りながら見つけていくことが重要です。

あとは時期や時間などリアルタイムでのタイミング選びが重要となります。

告白のシチュエーション

告白で重要なのはシチュエーションです。公園で告白するのか、思い出の場所で告白するのか、はたまた自宅で告白するのかによって結果も違ってくるかもしれません。

もちろん、正解も不正解もないので、シチュエーションはそれぞれ自分がベストだと思うものを考える必要があるでしょう。ただ、相手が喜ぶシチュエーションを考えれば告白の成功確率も高めることができます。

告白のセリフ

相手に自分の気持ちを言葉で伝えるため、セリフもしっかりと考えることが必要です。「好きです」とはっきりと伝えることで、相手にも伝わりやすいですよね。きちんとお付き合いしたいと考えているのであれば、その後に「付き合ってください」と伝えることでより気持ちを伝えることもできます。

言葉の選び方で相手の受け取り方も変わってくると思いますが、相手と自分にとって最適なセリフを選ぶことはとても重要です。ぜひ相手の心を打つようなセリフを選びましょう。

告白が成功するタイミングは?

告白が成功するタイミングを知っておくと、それだけで恋愛に繋げやすくなります。ここからは、どのようなタイミングで告白すると成功確率が高くなるのかを解説します。状況に合わせてベストなタイミングを選ぶようにしてください。

出会ってから3ヶ月くらい経ってお互いをある程度分かりあえた頃に

カップル

出会ってから3ヶ月くらい経過すると、お互いのこともある程度理解しています。出会ってすぐに告白すると「本当にちゃんと考えてくれたのかな」と思ってしまう人もいるので、まずはお互いに深く知る時間を作ることが重要です。

ただ、長時間一緒に過ごすと恋人ではなく、友人や知人として見られてしまうので、タイミングがあれば告白しましょう。

卒業や転職など様々なお別れをきっかけに

卒業や転職など、人生の転機と言えるときに気持ちを伝えるというのは効果的です。お互いに寂しさを感じているときなので、相手も気持ちに応えてくれやすいと言えます。

また、お別れのときに告白すれば、万が一失敗してしまった場合でもお互いに引きずることなく別れることができます。もちろん成功すればその後もずっと一緒にいられるでしょう。

誕生日など特別な日に

誕生日など特別な日に告白するのも、タイミングとしてはおすすめです。重要なのは自分の誕生日なのか相手の誕生日なのかどうかです。自分の誕生日の場合は、誕生日を一緒にお祝いしてもらえたら成功する可能性も期待できます。

ただ、相手の誕生日に告白すると、相手によっては負担になるかもしれません。そこは相手との関係性や距離感から告白するかどうか決めていきましょう。

相手から会いたいと言ってくれたときに

相手から「会いたい」と言われた場合は脈ありのことが多いです。そのため、相手が誘ってくれたのなら、それを上手く利用して自分から告白するというのもおすすめです。

相手によっては自分から伝えたいということもあるかもしれませんが、逆にこちらから告白することでサプライズにもなります。それが成功すれば忘れられない思い出になるでしょう。

告白が成功するシチュエーションは?

告白が成功しやすいかどうかは、シチュエーションもとても重要となってきます。イベントなどはもちろんですし、自分でプランやコースを考えるのも大切です。ここでは告白の成功確率を高めるシチュエーションを紹介します。

花火大会などのイベントで

花火大会など、イベントのときに告白するというのは一般的です。一緒に空に打ち上がる花火を見ながら告白すれば、相手もその気になりやすいでしょう。その他、クリスマスやハロウィンなど、イベントの時期に合わせて告白のプランやコースを考えておくと良いです。

高級なレストランでサプライズ的に

特別感を出すというのも重要です。普段は普通のレストランで食事をしているのに、告白するときだけは高級なレストランで伝えるというのもおすすめと言えます。

そこにサプライズを入れることによって、成功確率は各段にアップするでしょう。何か特別な店を用意しておくと、相手も「何かあるかも」と期待してくれるかもしれません。

夜景を見ながらロマンティックに

シチュエーションとして人気なのが、夜景を見ながらロマンティックに告白することです。あまりにもキザなことを言うと引かれるかもしませんが、両想いであれば逆にそのロマンティックな雰囲気が、より2人の距離を近づけてくれます。

夜景は色々とありますが、自分たちが住んでいる地域で一番の夜景スポットを見つけておくと良いでしょう。

二人きりのドライブデートで

楽しくドライブデートをするというのも魅力的です。そもそもドライブデートはハードルが高いので、デートできているというだけで成功する確率は高いと言えます。

ドライブデートの場合は基本的に自由に移動できるので、ベストだと思うスケジュールを立てて告白までのデートも楽しんでくださいね。ドライブなどアクティブなことが好きな相手ならうまく行くでしょう。

男性がキュンとする告白のセリフは?

男性がキュンとする告白には、あるセリフがあります。もちろん性格によってキュンとするかどうかは違ってきますが、ここではそんなセリフを集めてみました。ここから紹介するセリフを参考に、ぜひ告白を成功させてください。

少しいたずらっ子に「好きになっちゃった」

単純に「好き」と伝えるより、少しいたずらっ子風に「好きになっちゃった」と伝えるのは効果的です。本当は意識していなかったのに、いつからか意識するようになってしまったというニュアンスを伝えることができます。

男性は、そういうちょっとした意識の変化によって好きになられることに、とてもドキドキする生き物です。

大和撫子を意識して!「私を彼女にしてください」

男性は礼儀正しい大和撫子が好きな人も多いです。そういう場合は、ストレートに「私を彼女にしてください」と伝えてみてください。相手によっては「この女性を守りたい」と思ってくれるかもしれません。

ここで重要となってくるのが、相手に対して考える時間をしっかりと与えることです。焦って返事を求めると、逆に高圧的に捉えられるので注意しましょう。

具体性がカギ!「あなたの○○なところが好き」

「あなたの○○なところが好き」と具体的に好きになったポイントを伝えるのもおすすめです。ただ「好き」と言えば、相手によっては「自分のどこを好きになってくれたんだろう」と思うかもしれません。

相手の良いところをたくさん知っているはずなので、告白のセリフにそれらを盛り込んでみてください。褒めつつ告白するという王道スタイルです。

一途なところをアピール!「ずっと好きでした」

一途さというのは恋愛において重要です。相手に一途さを伝えるなら、「ずっと好きでした」と伝えてみるとよいでしょう。相手によっては「ずっと好きでいてくれたの?」と感動すら覚えることがあります。

その思いが強くてしっかりしているほど、男性は信用してくれますし、信頼にも繋がっていきます。仲良しカップルになりたい人は一途さをアピールしましょう。

控えめなところがかわいい「好きになってもいいですか…?」

ときには控えめに告白するのもありです。よく映画やドラマなどに使われているセリフが「好きになってもいいですか…?」です。相手の気持ちをしっかり考えて告白しているということがわかり、とても好印象となります。

「こちらこそ好きにならせてください」と言ってくれる男性であれば、よりカップルとして長くお付き合いすることができるでしょうね。

女性がキュンとする告白のセリフは?

女性がキュンとする告白のセリフを知っておくと、成功確率もグッと高まります。女性はまた男性とは違った感覚を持っているので、告白の際にはセリフ選びもとても重要です。ここからは女性がキュンとする告白のセリフを紹介します。

シンプルだけど絶対に言ってほしい「好きです」

シンプルに伝えるというのは、告白においても正攻法と言えます。女性が必ず言ってもらいたいのが「好きです」というストレートなセリフです。濁して「好きかも」とか「気になる」とかで伝えるのはNGです。

相手のことが本当に好きなのなら、照れることなく目を見て真剣に「好きです」と伝えてみてください。

ストレートに言われるとキュンとする「ずっと一緒にいたい」

女性は男性がどういう気持ちなのかをはっきり知りたい生き物です。そのため「ずっと一緒にいたい」という王道ながらもストレートな表現などはかなり気持ちも伝わります。

ずっとその先のことまで考えていることも一緒に伝えることができるので、ラフな交際よりも結婚を前提にした交際の際に効果的です。

誠実さを感じる告白の鉄板「付き合ってください」

誠実さを伝えたいのなら「付き合ってください」という鉄板のセリフがおすすめです。まだ結婚などは考えられないけれど、お付き合いしたいという気持ちを素直に伝えたいならこのセリフで間違いないです。

女性もどうしてもらいたいのかを明確にしたいので、お付き合いしたいのなら、そのことを濁さずにしっかりと伝えましょう。

これを言われて嬉しくない人はいない「大切にするよ」

「大切にするよ」という言葉は、告白のセリフの中でもかなり人気が高いです。女性は守ってもらいたい生き物なので、男性からこれを言われたらドキドキするでしょう。

ただ、そのためには行動が重要です。真面目に働いて彼女とのデートの時間もしっかり作って、それでいて将来も考えることが必要となります。誠実な人向けのセリフですね。

まっすぐな想いをぶつけられると嬉しい「我慢できないくらい好き」

好きな気持ちを正直にぶつけたいなら「我慢できないくらい好き」と伝えてみてください。自分の中で「こんなに人を好きになったことがないくらい好き」という気持ちがあれば、相手にも伝わります。女性はこう言われて嬉しくならないわけがありません。

我慢する必要がなくなるよう、正直に気持ちを伝えてカップル成立に繋げましょう。

NGな告白のセリフや方法は?

告白の中には、当然ですがNGなセリフというのもあります。妙に上から目線だったり軽い感じだったりすると、相手も信用してくれません。ここではやってはいけない告白のセリフについて紹介するので、くれぐれも注意してください。

上から目線で「付き合ってもいいよ」

上から目線で「付き合ってもいいよ」というのは、あまりにも誠実さに欠けています。恋愛においては、相手と対等な関係です。男性でも女性でも、上から目線での告白にならないように注意してください。

相手によっては告白を断るというより、人としてもう「関わりたくない」と思ってしまうかもしれません。それだけは避けておきたいところです。

軽い感じで「じゃあ付き合う?」

軽い告白というのも、相手によっては幻滅されかねない危険なものです。「じゃあ付き合う?」というような軽い告白はNGです。真剣さが伝わってこないので、人によっては「誰にでもこういうことを言ってそう」と思われるでしょう。

また、軽いと気持ちの強さも伝わらないので、相手によっては「本当に好きなの?」と思うかもしれません。

はっきりしない感じで「好きかもしれない」

優柔不断な告白は相手にとって失礼です。「好きかもしれない」と言うのは、相手のことがまだわかっていない状況とも言えるので、注意が必要となります。

当然、こんなロマンティックではない告白をされると、相手もどうして良いのかわからなくなってしまうでしょう。くれぐれも気持ちははっきりと伝えるようにしてください。

誠意が伝わりにくいメールでの告白

告白は最近、メールで済ませるという方が多くなっています。しかし、メールでの告白は控えた方が良さそうです。自分の気持ちを告白するのですから、しっかりと会ってするのが鉄則です。

そもそもメールなどは文章なので伝わり切らないことも多いでしょう。真剣に伝えるなら真っ向勝負が一番です。

相手を焦らしてからの告白

相手の気持ちを試すかのように焦らして告白するのは、相手に失礼です。自分が好きなのであれば、その気持ちをストレートに伝えてください。それこそが相手に誠心誠意気持ちを伝えることに繋がっていきます。

まとめ

告白はタイミングやシチュエーションも重要ですが、やはりセリフが一番重要となってきます。ここで紹介したセリフを活用して、自分の状況に合わせた告白を考えてみてください。気持ちを伝えられれば、きっと明るい未来が待っていますよ。