告白で一度は言われたいセリフの特徴や切り出し方を徹底解説!

誰もが一度は、ドラマや映画の1シーンのような告白に憧れたことがあるのではないでしょうか。

言葉には大きな力があります。時に、人を救ったり前向きにさせてくれたりもします。一生忘れられない、まるで宝物のような言葉もあるでしょう。

言葉は、言う方も受け取る方も大切にしたいものです。あなたの中に、今でも忘れることができない素敵な言葉がありますか?思い出す度に、心があったかくなるような誰かの言葉があるでしょうか?

告白で一度は言われたいセリフの特徴を解説します。

キュンとする告白セリフとは

カップル
誰かに好きですと告白されると、たとえ特別な感情を抱いている相手からの言葉でなかったとしても、嬉しく思うものです。それは、誰かに自分が認められたと思えるからなのでしょう。

好きな人の為に、一生懸命考えて放たれる心のこもった言葉。多くの人は、どんな愛の言葉に胸が打たれるのでしょうか?

ストレートに愛を伝えるもの

「好きです」

「愛しています」

このように短くとも、ストレートに愛を伝えるセリフ。こうした言葉はシンプルだからこそ、言われた人の心に強く刺さります。

物凄く好きな人を目の前にすると、好きで好きで、思いが溢れて止まらなくなるものです。思いが募るがあまり、たった一言「あなたが好きです」という言葉がなかなか出せないこともしばしば。だからこそ、この「あなたが好きです」というストレートな言葉が胸に響くのでしょう。

真っ直ぐ目を見て、そこから逃げずに、逃げ場を作らずにこんな言葉を伝えてくれる男性に、感謝の気持ちが溢れてくるのです。

「あなたが好きです」「あなたを愛しています」などの言葉をくれる人のことは、やはり特別に感じます。

仮に、その思いに答えることができなかったとしても、ちゃんと良い意味でその人のことを胸に刻みます。

こうしたストレートなセリフは言うのが気恥ずかしいものです。振られた時は余計に恥ずかしい思いをします。

そのため告白が成功しなかった時に「なんてね、冗談に決まってるでしょう?」「本気にしてるの?」と、前言を撤回するようなセリフを言う人もいます。これらのセリフは、全てストレートな告白が失敗したダメージを軽減するものです。

結婚など、将来大切にすると約束

「結婚しよう」

「何歳になっても、いつまでもあなたのことを大切にします」

このように「好きです」と伝えるだけでなく、その後の人生で長きにわたって「あなたのことを大事にする」と伝える告白。こうした告白は人生をともにしましょうと伝えるものです。告白の真剣さが一層強いです。

だからこそ、多くの女性はプロポーズに憧れるのです。

特に結婚はただお付き合いするだけの関係と全く異なり、人生を共にするというとても大きな意味を持っています。人生を共にしたいという言葉は、最高に心が震える言葉。好きという思いよりも、もっと上である愛を感じさせる言葉でもあります。

「私(僕)と結婚してください」「一緒に生きてくれませんか」「必ず幸せにします」などの言葉も、分かりやすいですし気持ちが伝わりやすい言葉です。プロポーズの言葉は、あれこれ飾って伝えるよりもシンプルで真っ直ぐな言葉の方がより相手に伝わりやすいものです。長文をダラダラ話すよりも、短文でスパッとキメルのがオススメです。

こうすることで、女性の方も理解しやすいですし答えを出しやすいです。

君しかいない、というセリフ

エスコート

「やっぱり僕には○○しかいない」、「今まで生きてきた中で、僕のことを一番理解してくれたのは○○だ」、「人生において、○○と出会えたことが一番嬉しかったことだよ」等の言葉も言われると嬉しく思います。

数いる多くの人に向けて伝えられる言葉よりも、たった一人に向けて伝えられる言葉の方がより伝わりやすいものです。

たくさんの女性がいる中で、どう考えてもあなたしかいないのだといった気持ちが伝わるような言葉は、言われた女性の胸を震えさせます。

また「俺は、○○よりもあなたの方が綺麗だと思うけどな」「どうしてみんな○○が良いって言うんだろう?あなたの方が素敵だと思います」などの言葉もオススメ。

多くの人が素敵だとか綺麗だとか言っている人と比較して褒められるような言葉も女性は喜びます。

こういった言葉は、ちゃんとあなたのことを見てますよ、ちゃんとあなたのことを分かっていますよといったメッセージを伝えることができます。自分のことを分かってくれている人に対して、悪く思う人はいません。

映画のようなロマンチックなセリフで

長く愛されている映画の中には、長く愛されている名言やセリフなどもあるものです。中には、ちょっとクサイと思えるようなセリフもあったりするのですが、シチュエーションが良ければすーっと女性の心に入っていきます。それは、まるで自分も映画の中のヒロインになったかのような気持ち。女性を喜ばせることができるかもしれません。

但し、シチュエーションとセリフがミスマッチだったり、いかにもカッコつけているように見えてしまうと一気に女性は引きます。

ですから、注意も必要となってきます。しかしながら、恋愛の勉強も兼ねて、今度のお休みにたくさん恋愛映画を観て勉強してみるのも良いでしょう。何かヒントが得られるかもしれません。

告白セリフを聞きたいシチュエーション


同じ素敵な告白の言葉であっても、その言葉をどこで聞くかによって感じ方や受け取り方が違ってきます。

せっかく素敵な言葉を伝えるのであれば、感動してもらえそうな場所を選び伝える方が良いでしょう。それは、彼女にとってもあなたにとってもプラスになることです。

女性は、感動したシーンを長く覚えているものです。その時の言葉や場所、匂い、気温、風の強さなど全て、まるで瞬間冷凍のようにはっきりと覚えています。もし本当に感動させることができる告白をすることができたら、その後結婚した後も覚えてもらえます。夫婦喧嘩した時も、頭の隅に残っているのです。

反対に、もし付き合った後に別れてしまったとしても、あなたのことを忘れてしまっても、素敵な告白をされたことだけはずっと覚えてもらえます。ですから、どうか素晴らしい告白をして頂きたいと思います。

二人の思い出の場所で

二人が共有する場所や記憶、モノなどは、宝物です。同じ感動を共有できる相手がいあるということは、想像以上にありがたく幸せなことです。もし、これから告白したいと思っている女性と大切にしている思い出の場所があるのなら、そこで告白するのもオススメです。こうすることで、告白された女性は、自分のことを本当に大切に考えているのだなと思います。また、まるで小説やドラマのようでロマンチックです。

もし、告白したい相手が子供時代からの知り合いなのであれば、幼かった頃よく一緒に遊んでいた場所で告白するのも良いでしょう。学生時代の頃からの知り合いであれば、昔よく通っていたお店で気持ちを伝えてみるのもオススメです。他にも、以前一緒に行って楽しかった場所や美味しかった場所などに連れ出し、そこで告白するのも良いでしょう。

夜景がきれいな場所

夜景を観るためだけに、遥々遠方から足を運ぶ人が少なくないことからも分かるように、夜の闇にキラキラと輝くネオンや町並み、イルミネーションはとても素敵です。

夜は、日中と異なり、人の心を正直させやすいですから、告白しやすいですし、告白された方も自分の気持ちに向き合いやすいといったメリットがあります。

夜景が綺麗に見える場所はたくさんあります。いわゆる夜景スポットに足を運ぶ方法もありますし、小高い丘や山から夜景を眺められるような場所も多数あります。また、夜景を楽しみながら食事ができるようなレストランやホテルなどもあります。更に、クリスマスなどイベントが近くなると、イルミネーションが綺麗になる場所もたくさんあります。

こういった綺麗な場所で、告白されて不快に思う女性はまずいません。ロマンチックな雰囲気の中、大人の雰囲気を醸し出しつつ、素敵な言葉を添えて告白してみてください。女性は、嬉しく思うはずです。

「プロポーズの理想と現実」調査レポート やって欲しくない演出第一位は?

レストランでさりげなく

美味しいものは、人の心を開放します。

お洒落な雰囲気のレストランであれば、更にテンションも上がるでしょう。美味しいものを食べながら、様子を見て告白するのも良い方法です。但し、あまり早い内に告白してしまうと、せっかくの美味しい料理が緊張で食べにくくなったり味が分かりにくくなったりしますので、告白をするならタイミングを間違えないようにしたいところ。ある程度食べた後に、さりげなく伝えるようにしましょう。

また、レストランでは座る席にもちょっと気を付けてみてください。向かい合った席に座るのも良いですが、できれば告白したい女性の隣の席に座ったり斜め前の席に着いたりするのがオススメです。こうすることで、程よい距離感が保てますし、話しやすくなります。告白もスムーズに進みやすくなることでしょう。

ドライブの途中で

楽しいドライブの際に告白するのもオススメです。ドライブ中に告白するメリットは、二人だけの空間が保たれること。周りを気にすることなく気持ちを伝えたり話したりすることができます。また、好きな音楽やムードのある音楽などBGM効果も期待できますので、ロマンチックな告白も可能になります。

見晴らしの良い自然がいっぱいの気持ち良い場所までドライブして、そこで告白するのも良いでしょう。気持ちをリラックスさせるために、何か飲みながら会話をしつつリラックス。そこで気持ちを伝えてみてください。

こんな告白セリフはNG?

告白するのは、誰でも勇気が必要になります。上手く行けば最高ですが、上手く行かなかったとたんにかなりカッコ悪い雰囲気になってしまうからです。

それを怖がって、なかなか告白できないような人もいます。また、上手く行かなかった時の為に、保険をかけた告白をする人もいます。でも、これは相手の胸を打つことはできません。

もっと言えば、告白してどんな結果になろうとも、相手の胸を打つことができれば、それはもうカッコ悪いものではなくなります。ですから、本当に好きな人がいて、本気の告白をしたいのなら、どうか逃げ場を作らず真っ直ぐに気持ちを伝えてください。

上から目線

上から目線でモノを言われることに、嬉しく思う人はまずいません。恋愛関係に限ったことではありませんが、やはり人に何かを伝えたい時は謙虚に丁寧にすることが大切です。告白する際に、上から目線でするなんて大間違いです。

あなたがどんなにモテるタイプであっても、いわゆるイケメンであっても、はっきり言ってこういった告白をする人は嫌われます。

仮に、今まで良いなと思っていた人からの告白であっても、上から目線でそれをされたら、その時点で気持ちは冷めるかもしれません。

もし仮に、あなたが今告白しようと思っている女性があまりモテるタイプではなく、恐らく二つ返事でOKを出すであろう人であっても、絶対に謙虚に告白するようにしてください。これは、相手に対するマナーでもあります。

回りくどい言い方

結局、何が言いたいのか分からない話し方をする人は、人をイラつかせてしまいがちです。告白に限らず、ビジネスの場においてもプライベートでも同様。頭の良い人は、回りくどい言い方をせずに、論理的にスマートに話しができます。

告白も回りくどい言い方をしてしまうと、相手をイラつかせてしまいます。結局、何が言いたいの?それって、どういう意味……?ストレートに告白できない人は、弱弱しいイメージや頭が悪いイメージを与えてしまう危険もありますので、是非注意してください。

目を合わせて告白しない

好きな人を目の前にして、緊張しない人はいないでしょう。まして、告白するとなればより緊張を感じるのも当然です。ですから、つい目を伏せて告白してしまうこともあるのかもしれません。しかし、これは止めた方が良さそうです。自信がない、頼りがいのない人だと思われてしまうからです。

好きな人に、大切な話しをする時は、必ず相手の目を見ながら伝えましょう。ゆっくりと丁寧に話すようにしてください。あれこれ考える必要はありません。ただ、真っ直ぐにシンプルに言葉を伝えればいいのです。これで、相手の心にちゃんと気持ちが伝わることでしょう。中途半端な気持ちではなく、本当に好きなのだと伝えることができるはずです。

泥酔した状態での告白

告白するのは勇気がいりますので、多少のアルコールの力を借りてそれをする分には良いでしょう。気持ちを上げるために、きっと程よい量のアルコールが助けてくれます。また、相手もほろ酔い程度であれば、二人とも会話しやすくオープンな気持ちで話しができてスムーズになることもあります。

しかしながら、泥酔した状態での告白はオススメできません。何が何だかわからない状態で大切なことを伝えるという姿勢は、相手の不信感を募らせるだけです。こんなこともお酒の力を借りなければできないのかと、しょぼく見えてしまうこともあります。ですから、酔っぱらった状態で告白するのはやめましょう。

たまに、酔っぱらった勢いで告白したものの、次の日に記憶がなかったといった話しを聞くこともありますが、これは相手の女性に対して失礼な行為です。恋愛云々の話しの前に、全般に対しても信頼しにくいイメージが付いてしまいますので注意してください。

電話での告白はどう?

電話で告白するメリットは、相手の顔を見ずに気持ちを伝えることができること。緊張度合いも低いですから、やりやすい方法だと言えるかもしれません。しかしながら、告白された方から見れば、ここは直接会って言って欲しいところ。もちろん、離れて暮らしていたりなかなか会えないような状態であればまた別ですが、会おうと思えば無理せず会えるのに、それをしないのはあまり良い印象を与えません。

何度も言いますが、告白することがどれだけ勇気がいることなのか、女性だって分かっています。だからこそ、真っ直ぐにそれをされることに感動したり嬉しく思ったりするのです。そこを取っ払って、自分が傷つかない方法を選択し気持ちを伝えられることに、女性は何を思うのでしょうか……?

電話で告白するのはアリ?それともナシ?

映画やドラマのキュンとする告白シーンのセリフ 3選

「僕は、もう逃げません。桜子さん、あなたが好きです。たとえ明日、あなたの気持ちが変わったとしても。」(ドラマ「やまとなでしこ」)

やまとなでしこ DVD-BOX

2000年に放送されたドラマ「やまとなでしこ」の告白のセリフです。

松嶋菜々子演じる主人公・桜子の前に現れた、超大金持ちの医者・中原 欧介(堤真一)。貧しい家庭に育った桜子は、実は玉の輿を狙っていました。

しかし実際の欧介は医者ではなく、恋愛に臆病な魚屋の店主。欧介は自分の本当の身分を言い出せないまま、桜子と仲を深めていってしまいます。

欧介は自分の本当の身の上を打ち明け、桜子に愛を伝えることができるのか。欧介が貧しい一庶民だとわかっても、桜子は関係を続けることができるのか。

そんなドキドキの中、欧介が口にした告白のセリフは多くの視聴者の心を打ちました。

「亜紀、なんて言っていいか思いつかず。とにかく、今の気持ちを告白します。亜紀といると楽しいし、亜紀といるとすぐに時間が経ってしまう。今さらですが、僕と付き合ってください。」(映画「世界の中心で、愛を叫ぶ」)

ッレ世界の中心で、愛をさけぶ

日本の恋愛映画のメジャータイトルとして知られる「世界の中心で、愛をさけぶ」。

作品の主な舞台は1986年。森山未來演じるサクと、長澤まさみ演じる亜紀は高校生です。二人はある日、カセットテープによる交換日記を始めます。

放課後、亜紀はサクのいる前でカセットテープを再生します。そこに吹き込まれていたのは、サクの告白の言葉でした。亜紀は告白を受け入れ、二人の恋がスタートします。しかし、間もなくして亜紀の体は病魔に蝕まれていることがわかるのでした。

高校生らしく不器用な、カセットテープを介しての告白。サクは亜紀を目の前に、これほどストレートな愛の言葉を告げるのはちょっと恥ずかしかったのでしょう。たどたどしくも、しっかりと愛が伝わるフレーズではないでしょうか。

「俺があんたのバリアフリーになってやるよ。」(ドラマ「ビューティフルライフ」)

ビューティフルライフ~ふたりでいた日々~ DVD-BOX

2000年に放映されたドラマ「ビューティフルライフ」。主演は木村拓哉と常盤貴子。

常盤貴子演じるヒロインの町田杏子は、難病に犯された車椅子の図書館司書。10年以上も車椅子で生活を送っています。そんな彼女への告白の言葉です。

2000年当時はまだ「バリアフリー」という言葉は十分に浸透しておらず、公共施設などのユニバーサルデザインも徹底されていませんでした。「この建物は、車椅子の方にとって使いやすい建築か?」「この手すりの位置は、車椅子の人にとって最適な高さか」というような発想があまりなかったのです。

そうした時代に、放たれた「俺があんたのバリアフリーになってやるよ。」という言葉。どんな困難があっても、あなたへの愛を貫くという気持ちが伝わるフレーズではないでしょうか。

まとめ


好きな人に告白する時は、誰でも緊張しますし怖いと思います。しかし、それを乗り越えて真っ直ぐにするからこそ相手に気持ちが伝わるのですし、胸に響くのです。カッコつける必要はありません。保険をかけずに逃げを作らずに気持ちを伝えてみてください。

また、同じセリフであっても、どこで伝えるかによって相手の受け取り方が変ってきます。ロマンチックで感動できる場所を選び、心を込めて伝えてみましょう。