カップル

【哲学】好きって何?絶妙に揺れ動く概念を掴みたい!

良いなと思って付き合い始めた大切な彼。ところが、長い恋愛関係の中で好きと言う感情が分からなくなることもあります。これは、多くの人が経験することでもあります。本当に愛情が冷めて好きでなくなった場合もありますが、そうではない場合もあるのです。

付き合い始めたころの新鮮さとドキドキ感が年月と共に失われていくために、このように自分の気持ちが分からなくなってしまうこともあります。情熱的な激しい感情から、ゆっくりと落ち着いた関係にシフトしていくのです……。

好きって何?分からなくなったときの判断基準

カップル
恋人のことが好きなのか、それとも好きではなくなったのか。それが分からなくなった時、多くの女性は不安になります。好きでもない人と、これからも貴重な時間を使って付き合っていくことが怖いと思うからです。また、本当は他に運命の人がいるのに、それに気が付かず好きかどうかわからない人とズルズル付き合うことがもったいないと思うからです。

今までのことと現在の状況を思い出し、ちょっとチェックしてみましょう。あなたは、恋人を愛しているのでしょうか?

デートのときにドキドキするか

好きな人と一緒にいられる際にドキドキするのは、自分が好きな人の目にどのように映っているのか気になっているからです。綺麗に見えているだろうか。可愛いと思ってもらえているだろうか。他の女性よりも魅力的な人だと感じてもらえているだろうか……。だからこそ、恋人と会える日は一生懸命勉強して少しでも綺麗に見えるようにお洒落を研究したり、少しでも可愛らしく見えるようにと、しぐさや言葉遣いなどを工夫するのです。

デートの時にドキドキ感がなくなってくることがあります。つまり、恋人の目に自分がどのように映っていようとも、どうでも良いと思っていると言うことです。もし仮に、今の状態の延長線上に別れがあったとしても、それはそれで仕方がない。それでもいいと思っている証拠でもあります。もしかしたら、恋人のことをあまり好きではないのかもしれません。

しかしながら、ドキドキ感がなくなっていても、二人の関係が良い状態になっていることもあります。これは、お互いを信じている証拠。だから、そう簡単に関係が壊れたりしないと信じているのです。或いは、もし仮に二人が別れることになったとしても、相手を愛しているので幸せになる為ならと背中を押すことができます。

でも、後者ではないと思います。なぜなら、後者であればドキドキ感がないからといって好きかどうか不安になることがないからです。不安になっているということは、前者である可能性が高いです。

▼ 関連記事

好き避けをする男性の心理!本当は好きなのにとってしまう行動とは

一緒にいて楽しいか

好きな人と一緒なら、それが質素なデートであっても幸せに感じられるものです。高級レストランでフルコースを食べなくても、家で二人でカップ麺を食べていても楽しく感じます。恋人と一緒にいて楽しく思えるなら、それは好きだと思って良いでしょう。

特に、一度好きになった人を嫌いになった場合、物凄く嫌悪することが少なくありません。「可愛さ余って憎さ百倍」ではありませんが、何も思っていない人に嫌な面を見つけた時と比べて、好きだった人のそれを見た時はより嫌だと感じるものなのです。ですから、一緒にいて楽しいかなんとも思わないかというよりも、一緒にいて楽しいか、それとも嫌かといった質問の方がしっくりくるかもしれません。

答えは分かりやすいのではないでしょうか?

ケンカした後に仲直りできるか

距離が近くなると、どうしてもぶつかりやすくなります。それは、友人関係であっても家族であっても恋人関係でも同じです。ですから、恋愛していてもケンカすることはもちろんあります。しかしながら、本当に相手のことを大切に思っているのなら、きちんと話し合って解決しよう、仲直りしようと考えます。

話し合いは労力を使いますし面倒くさいものですが、恋人を失いたくないと思えば、努力してそれをしようと思うでしょう。ところが、好きでないと面倒くさくてそれをしようとは思えません。話し合いは疲れることを分かっているので、避けたいと思うのです。

もしケンカした時に話し合いをして誤解を解き仲直りしたいと思えるなら、あなたは恋人のことを好きだと思って良いでしょう。そう思えないのなら、好きではないかもしれません。

一緒にいて落ち着くか

好きな人といると、ほっとするものです。自分を分かってくれる人だと知っているので、安心して甘えることができるのです。しかしながら、一緒にいる時に緊張していたりイライラしたりするのであれば、ちょっと考えた方が良いかもしれません。あなたは、彼の前無理をしているのかもしれません。或いは、彼の方があなたの前で無理していることも考えられます。

好きかどうかわからなくなる理由


どうして、確かにお付き合いしているはずのに、恋人のことが好きかどうか分からなくなるのでしょうか。それは、付き合いはじめの頃のワクワク感やドキドキ感が減っているから。お互いあれほど気を使いながら接していたのに、現在はそうでなくなっているからです。

また、何か大きなトラブルが二人の間に発生し、それがいつまでも解決できずにいる為に好きかどうか分からなくなっていることもあります。

恋愛に対する熱が冷めた

情熱的な恋愛は気持ち良いものです。気持ち良い言葉を言い合い、時に激しく互いを求め合います。しかし、こういったことがいつまでも続くわけではありません。それは、相手を嫌いになったからとか飽きたからとか、そういう意味ではありません。恋の始まりに必要だった着火剤が切れ、ゆっくりと小さな灯が付き続ける場面に入ったのです。

しかし、これに物足りないと感じて不安になり、好きかどうか分からないと思っているのです。

気持ちのすれ違いが起きた

行き違いが起こることもあります。それは、本当に些細なこともあります。しかし、誤解を解こうとしているのに、それを拒否されることもあります。何度もそういったことが続くと、もしかした二人は合わないのではないかと不安に思うこともあります。こういった時は、無理して会わずに少し距離を取ってみるのも良いかもしれません。

こうすることで、一旦リセットすることができます。そして、またお互い相手を多いやりながらお付き合いができるようになります。どんなに好きでも、あまり近すぎるとかえって傷つけ合ってしまうこともありますので、二人の程よい距離を見つけてみるのも良いかもしれません。

▼ 関連記事

男性・女性別!好き避けする人の特徴や心理とは

他の人が気になるようになった

嫉妬

人にはそれぞれ、良いところや良くないところがあるものです。恋愛初めの頃は、良いところばかりが目に付くのですが、次第に良くない部分が気になってきます。そうすると、その部分が得意な人や、自分が求めるやり方をしてくれる人を言いなと思うことがあります。

他の人が気になる場合、2つのことが考えられます。一つは、ただ現実逃避したいだけ。不満のある恋人ではなく、もっと理想の人がどこかにいるのではないかと夢を見たくなっているのです。もう一つは、恋人よりも好きな人が現れている場合です。どちらなのかすぐには分かりませんので、ゆっくりと考えてみてください。

LIKEとLOVEの違い

LIKEとLOVEの違いくらい分かるでしょう……。そう思う人も多いかもしれません。しかし、それが分からなくなることもあります。どちらもポジティブな意味を持っていますが、既に付き合っている人がいる状態にこういった状態になると、悩むことも少なくありません。

異性として意識できるか

LIKEでも、一緒にいて心地よいのであれば、友人としては最高です。しかし、LOVEでない以上どこかでモヤモヤが残ります。それに、深い関係になることに抵抗も出てきます。嫌いではないけれど、異性としては見られない。それは、LIKEである可能性が高いと言えます。

やきもちを妬くか

嫉妬する女は嫌われると言われますが、全くやきもちを妬かないというのもちょっと気になります。例えば、恋人が他の女性と仲良く話しをしていたり二人で飲みに行ったなどの話しを聞けば、多少は妬いてしまうものです。それは、健康的な気持ちだと言っても良いでしょう。しかし、全く何も思わないなら、LIKEであることも考えられます。

ボディタッチをしたいかされたいか

好きな人に、触れたり触れられたいと思うものです。これは、男女とも同じです。しかし、LIKEの人にはそう思いません。触れたいと思わいのはもちろんですが、LOVEではない人から触れられると、激しく嫌悪することもあります。

嫌いな人ではなくLIKEの人から触れられるのであれば、そこまで不快には思わないかもしれません。しかし、何度も触れられるとイライラしてくるものです。ボディタッチをしたいかどうかというよりも、ボディタッチされた時にどう思うかについてイメージしてみると、恋人への自分の気持ちがはっきりしてくるかもしれません。

▼ 関連記事

好きだけど嫌いに思ってしまう複雑な思いをしてしまう理由とは?

好きだけど嫌い・・・そんな感情が生まれるのはなぜ?


本当は好きなのに、それゆえに嫌いだと思ってしまう。これは、恋愛関係にある二人によく見られる感情です。どうして、こんな矛盾した感情がでてくるのでしょうか?

思い通りにならないから

好きな人が自分のことを好きだと分かると、最初は嬉しくて仕方がないのですが、次第に相手のことをコントロールしたいと思ってしまう人もいます。或いは、好きなのであれば、その人の思うとおりに行動するべきだと考えているような人もいます。

しかしながら、他人はそう自分の思い通りに動くものではありません。考え方も違いますし価値観も習慣も何も可も違うからです。そこをお互い折り合いを付けて、一番良い方法を見出しお付き合いをする必要があるのですが、そうは思えない人も中にはいるようです。

好きだけど嫌いだと思うのは、恋人に過度の期待と甘えがあるからです。また、自分の希望を恋人がどこまで叶えてくれるかによって、自分に対する愛情を測ろうとしているのかもしれません。

相手に対して怒りを出しやすいから

恋人同士であれば、相手に我儘を言っても良いと思っている人もいます。また、いくら恋人同士であっても我儘はダメだと考えている人もいます。しかし、我儘とは分かりやすいものばかりではありません。何かを要求といったことは無くても、自分の気持ちをすぐにぶつけてしまうのもある種の我儘。

彼氏に要求しない人でも、感情を自分でコントロールせずいつも恋人にぶつけることで解消している人もいます。彼氏を嫌いだと思うのは、そんな恋人に対するちょっとしたネガティブな感情を爆発させているだけかもしれません。甘えて我儘を言っているだけに過ぎないのかもしれません。

まとめ


好きかどうか分からなくなったら、ちょっと恋人から離れて一人になってみるのも良いでしょう。また、付き合いたての頃の刺激やワクワク感がなくなったからと言って、好きじゃなくなったと言うわけではありません。長く付き合ううちに、好きや愛も形が穏やかな方へシフトしていくものなのです。