敏感肌でも使える化粧下地の選び方、おすすめ化粧下地ベスト3

メイクの際にはいろんなアイテムを使用しますが、その中で比較的重要度が低めになりがちなのが化粧下地です。人によっては使用していない場合もあり、またその目的を知らないという方もいます。

しかし化粧下地はメイクした肌をより一層美しく見せてくれるだけではなく、肌を保護するといった機能を持っており、美肌のためには多く活用する必要があるアイテムなのです。しかし単に使用するだけではなく、自分の肌や目的などに最も合ったものを選ぶことが大切になります。そこで化粧下地の選び方やポイントについてご紹介したいと思います。

敏感肌の化粧下地選び


それぞれの方には違った肌質があります。中でもとてもデリケートで慎重にコスメ選びをしなければならないのが敏感肌です。刺激に弱く、ちょっとしたことでかゆみなどを生じやすい肌質ですが、敏感肌の方は化粧下地を選択する際にはいろんな点を考慮に入れてから慎重に選ぶ必要があります。

自分にとって間違った選択をしてしまうと肌トラブルを引き起こしてしまうようになります。そこで特に注意をしたい点について説明していきたいと思います。

化学物質の少ないものを選ぶ

敏感肌の方は特に刺激を感じやすい成分が含まれている化粧下地は避けなければなりません。刺激を感じるだけではなく、赤くなってしまい、メイクをしても目立ってしまうことが良くあります。

敏感肌の方の場合、刺激を感じやすい化学物質ができる限り配合されていないものを選ぶようにしましょう。化粧下地に入っている化学物質は、例えば界面活性剤や香料、防腐剤などがあります。界面活性剤は低刺激のものを、また無香料で無添加を基本にして、安全性の高い化粧下地を選ぶようにしましょう。

UVカット効果も必要

敏感肌の方にとって紫外線は強烈な刺激になってしまいます。敏感肌ではない方でも紫外線を強く浴びると肌がダメージを受けたり、かゆみなどを生じてしまいます。

それだけ紫外線は肌に強烈な刺激を与えてしまうものなのです。そのため敏感肌の方は化粧下地を選択する際には、UVカット効果を持っている商品を選択するようにしましょう。

紫外線カット効果のある成分は主に2種類あり、紫外線吸収剤と紫外線を物理的にカットする成分に分類されます。この中で紫外線を物理的にカットする成分は肌に対して低刺激なため、敏感肌の方はこちらの成分を配合しているタイプを選択することが大切です。

UVカット万全に。紫外線のダメージを効率的にカットする方法

ニキビのある敏感肌での化粧下地選び


敏感肌の方は刺激を感じない、またアレルギーなどを引き起こさないような化粧下地を選択しなければなりません。ただ敏感肌の方でもニキビができてしまった方もいるものです。こういった場合には今以上に化粧下地の選択でいくつかのポイントを考慮に入れて慎重に選んでいくことが必要です。

今ではニキビができている方でも安心して使用することができる商品も多く販売されています。そのため選択が適切であれば、自分の肌の状態に合ったものを選択することができます。

ノンコメドジェニック処方のものを選ぶ

最近ではスキンケア商品のパッケージなどにノンコメドジェニックという記載がされているものがあります。これはニキビができにくい成分で作られたコスメであることを示しているものです。

化粧下地については油性成分が配合されています。油性成分はニキビに悪影響を与えやすいものですが、ニキビができにくい油性成分をノンコメドジェニック処方のコスメでは使用しています。ですからニキビができている方でも問題なく使用することができます。敏感肌の方はノンコメドジェニック処方の化粧下地の中でも敏感肌向けのものを選ぶと安心です。

保湿成分が高いものを選ぶ


実はニキビは肌の乾燥によって起こることが多いものです。成人になるとホルモンバランスの乱れではなく、乾燥によって毛穴が詰まりやすくなることがニキビの原因になっているのです。そのため保湿効果のあるコスメを使用することが大切です。

化粧下地の中には保湿効果に優れた成分を配合しているものがあります。その中でも敏感肌の方でも安心して肌に乗せることができる化粧下地が販売されています。そういった商品だとニキビができている方でも悪化させることもありませんし、また刺激を感じたりしにくいものです。

保湿力が高いおすすめ化粧下地!

薬用・医薬部外品表示のあるものを選ぶ

化粧下地の中にも薬用や医薬部外品の表示がされたコスメがあります。化粧下地でもこれらの記載がなされているものがあります。

薬用や医薬部外品の表示がある、こういった化粧下地であればニキビができにくいですし、また敏感肌の方が使用しても安心です。ニキビができやすい方であれば、保湿効果に優れた成分を多く含んでいるタイプが特にお勧めになります。

敏感肌でも安心して使える化粧下地

これまで化粧下地を使用したことがないという方も結構いることでしょう。また敏感肌の方はあまりメイクをしたり、化粧下地を使用しない方がいいと思っていた方も多いのではないでしょうか。しかし化粧下地は敏感肌の方こそ肌の保護という観点からも積極的に使用したほうがいいものなのです。

ただどんな化粧下地を購入したらいいのかわからない場合、具体的にお勧めな商品を知りたいことでしょう。そこでおすすめできる商品について説明してみたいと思います。

皮脂テカリ防止下地

セザンヌ 皮脂テカリ防止下地

敏感肌の方の中にはコスメを使用するとテカリが出てしまう方もいます。これは実は乾燥が主な原因であり、乾燥も進行していることでテカってしまうのです。

テカリは過剰な皮脂分泌であり、乾燥で潤いが肌に足りないために体の防御反応で皮脂が出てしまうのです。そのため敏感肌で乾燥肌の方は皮脂テカリ防止効果のある、保湿成分が多く配合されたタイプのアイテムを選択するとテカリも改善されていくことでしょう。

モイスチュアライジング ファンデーション プライマー S

ポール&ジョー モイスチュアライジング ファンデーション プライマー S #01 30ml [並行輸入品]

モイスチュアライジング ファンデーション プライマー Sはヒアルロン酸や自然由来の保湿成分を複数配合しており、高いトリートメント効果を持っている化粧下地です。肌に充分な保湿効果を与えてくれるため、ファンデーションと肌とのなじみも良くなります。

乾燥肌の方でも使用すれば時間が経過しても乾燥が気になりませんし、また敏感肌の方でも刺激を感じることがありません。そのため、毎日使用しても安心ですし、潤いを感じながら乾燥を防止することができます。

MacchiaLabel 薬用モイスト&カバーベース

MacchiaLabel 薬用モイスト&カバーベース

ファンデーションがよれたりメイクが汚くなる原因である皮脂のコントロールを行い、長時間メイクをしている肌のメイクの崩れを防止してくれます。またローズマリーエキスなど植物由来の成分を多く配合しており、潤いや透明感を感じさせ、肌の明度を上げてくれる効果があります。

さらにプラセンタエキスによる美白効果、敏感肌の方の肌を紫外線から保護する効果も持っています。高機能でありながら肌に優しい商品です。

まとめ


敏感肌の方は外部からの刺激に対して非常に敏感になっています。そのため化粧下地はしっかり使用することをお勧めします。肌にとって安心できる成分を含んでいる化粧下地であれば安心して使用していくことができます。

また敏感肌でニキビの悩みを抱えている、乾燥も気になるなど複数の悩みを抱えている方でも気軽に使用することができる化粧下地が販売されています。いろんな商品の中から自分の肌の状態に最も合った化粧下地を選ぶことが大切です。