ニキビに効く塗り薬の選び方、おすすめの塗り薬とは?

肌トラブルは誰もが起こるものですが、中でも特に多いのがニキビです。10代で最も多く生じる肌のトラブルになりますが、実際には10代だけではなく、年齢に関わらず誰もが起こってしまうものなのです。原因はいろんなものがあり、中には複数の原因が重なってより深刻な状態を引き起こしてしまうこともあります。

ニキビができないように気を付けていく生活を送ることが大切ですが、できてしまった場合にはしっかりと対策を行って改善を図っていかなければなりません。そこでニキビができる原因、またそれに対して適切に行うべき方法について説明をしていきたいと思います。

どうしてニキビができてしまうのか


不意にできてしまったりするニキビですが、ニキビは突然出るために原因がはっきりしないと思われがちです。しかし実際には大きな原因があるのです。

ニキビができないようにできる原因をしっかりと理解することが大切です。主な原因は毛穴から出てくる皮脂の過剰分泌とされていますが、そこからニキビへと発展してしまうのです。

毛穴から出る皮脂が原因

毎日の生活の中で毛穴からは皮脂が分泌されます。これは人間の生理的なものであり、健康な肌をしている方も同じく起こります。しかしこの皮脂の分泌が過剰にされてしまうと肌トラブルを引き起こしてしまいます。特に10代では皮脂の分泌が過剰になります。

多くは男性ホルモンの影響によるものと言われています。この皮脂が過剰分泌されると、毛穴の出口の皮膚の部分で不具合が生じてしまいます。

毛穴が詰まりやすくなり、皮脂の分泌がうまく行われない状態になることが多いものです。そのため出ることができなくなった皮脂が毛穴に詰まってしまい、面ぼうと呼ばれるブツブツができます。

頬の角栓を何とかしたい!知っておきたい正しいスキンケアとは?

一般的に角栓は鼻などの皮脂が多い部分にできやすいのですが、頬などにも出来る事があります。頬も目立つ部位ですので頬の角栓はすぐに…

アクネ菌が感染

毛穴から分泌される皮脂が過剰に多くなった場合には、なかなか毛穴から全ての皮脂が出ることができなくなってしまいます。そのため毛穴に皮脂が溜まってしまいます。

毛穴にはアクネ菌と呼ばれるニキビの菌が増殖していきます。このアクネ菌が増殖することで毛穴の周りに炎症を引き起こし、赤く腫れたりかゆみを生じるようになってしまいます。

かゆみができるとつい気が付かないうちに掻き毟ったりしてしまいます。それによってより症状が悪化します。また手で触った際に雑菌が患部に付着し、より一層アクネ菌を繁殖させてしまうことになります。

毛包が壊れる

ニキビ菌であるアクネ菌が繁殖をすると症状が悪化していきます。アクネ菌が繁殖を始めるとニキビができやすくなりますが、この状態が悪化すると炎症がますますひどくなっていき、かゆみや痛みなどが強くなっていきます。またそれによって毛包の組織が破壊されていきます。こうなると皮膚の状態が悪くなり、ニキビが治った際に痕ができてしまうことがあります。

穴ができてしまうと場合によっては目立ってしまうことになり、メイクをする際に困ってしまう方も多いものです。このようにニキビはできる理由があり、その過程は目立ってしまうものです。さらに痕ができてしまうため、早期のうちに改善と予防をしていかなければなりません。

ニキビにも種類がある?


ニキビというとかゆみが出たり赤みが出たりして、毎回同じような症状が起こるものと思われがちです。しかしニキビと一言でいっても実際にはいくつかの種類に分類されるものなのです。

それぞれのニキビの種類にはできる原因があります。そのためそれに対して予防や改善を図っていくことでニキビができないようにしていくこともできるものなのです。ニキビができやすい10代の方だけではなく、不意にできてしまう20代以降の方もニキビの種類をしっかりと理解するようにしてください。

ニキビの種類!ニキビ別おすすめの薬!どんなニキビでも怖くない!

ニキビにはその状態を示す表現として、白ニキビ、赤ニキビ、黒ニキビ、黄ニキビという呼び方があります。それぞれどのような性質のニキ…

白ニキビ

ニキビは進行度によって分類をしていくことができるものです。まずアクネ菌が繁殖してできる最初の段階では白ニキビができます。これは皮脂が過剰分泌をしてしまい、毛穴の外に出ることができなくなった皮脂が詰まってしまうことで起こります。詰まった状態でアクネ菌が繁殖を起こし、白ニキビができます。白ニキビができたらまずニキビの初期段階だと思ってください。

原因は皮脂の過剰分泌ですが、これは単に起こるのではなく、過剰に洗顔をする、ターンオーバーが乱れる、メイクをしっかりと落としきれていないといったことで起こるものです。またストレスやバランスの取れていない食生活といったことも原因として挙げられます。そのため皮脂の過剰分泌を引き起こさないような生活を送っていくようにしなければなりません。

すぐにでも白ニキビを治す方法!即効性のある治し方

十分に気をつけているつもりでもできてしまう白ニキビは、なぜできてしまうかご存知でしょうか。

そもそも白ニキビとは何なのか…

黒ニキビ

白ニキビができる段階は初期であり、この段階からさらに症状は進行していきます。白ニキビの次は黒ニキビになっていきます。毛穴の中に詰まった状態の皮脂は酸素に触れることによって酸化していきます。そうなるとニキビが黒ニキビになっていきます。

この状態では炎症を起こしてはいません。そのためかゆみなどがあまり起こらず、それほど気にならない場合もあります。しかしこの状態を放置していると次の段階へと移行していきますし、そうなると不快な症状を引き起こすため、黒ニキビの状態で対策を講じていく必要があります。黒ニキビの状態で対処すれば比較的早期に改善ができることが多いものです。

黒ニキビができる原因と対策!あのアクネ菌がウジャウジャ!?

肌がきれいになりたいというのはどの女性も長年抱えている悩みです。特にニキビのできる人はニキビがあることで一気に肌が不衛生に見え…

赤ニキビや黄ニキビ

炎症を引き起こしていない黒ニキビの状態からさらに悪化していくと赤ニキビ、黄ニキビへと変化していくようになります。まず赤ニキビですが、炎症を引き起こしてしまいます。それによってニキビが赤くなってしまいます。炎症を起こすとかゆみを引き起こしたりすることが多く、そのため手で触ったり掻いたりしてしまいます。

また赤ニキビが悪化すると黄ニキビになります。これは炎症が悪化し、それによって化膿してしまうというものです。ニキビが黄色になるのは化膿したためです。この状態になるとかゆみなどが強くなるため、速やかに皮膚科に行く必要があります。

黄ニキビを早く治したい!潰れたらどうすればいいの?

ニキビには、白ニキビや赤ニキビなど様々な段階や状態があります。その中でも特に深刻な状態が黄ニキビ。黄ニキビは非常に目立ちますし…

ニキビ対策塗り薬の選ぶポイントとは


皮脂が過剰に分泌される段階から炎症を引き起こす段階まで、ニキビも様々な状態を持つものです。しかしどんな状態であっても早急に対策を行っていかなければなりません。

症状が悪化していく前に対策を行えば改善することができますし、不快なかゆみなどでストレスを感じることもありません。ニキビ対策のために気軽に利用できるのが塗り薬です。簡単に塗布ができますから、ニキビができた時には利用するといいでしょう

。ただどういったものを使用したらいいのかわからない方もいます。そのため、ニキビ予防に役立つ塗り薬を選ぶ時のポイントについて説明したいと思います。

強い殺菌効果のせいでさらにニキビができやすくなる可能性も

ニキビはアクネ菌の増殖によって悪化するものですが、そのため予防のためにアクネ菌の増殖を抑える効果のある薬を使用することが大切です。塗り薬の多くは殺菌効果のある成分を配合しているタイプが多くあります。

しかしあまり強い殺菌効果を持つ商品は使用を控えなければなりません。殺菌効果の強い成分が含まれる塗り薬を長く使用しているとニキビがよりできやすくなってしまうことがあります。そのため、あまり殺菌効果が強くないタイプを選択するといいでしょう。

添加物が多い製品には要注意

塗り薬の中にはいろんな成分が含まれていますが、その中には添加物が入っています。添加物は薬効成分ではなく、薬の品質を安定させるためなどに使用されます。また使い勝手を良くする目的も持っています。

しかし添加物によってはニキビの状態を悪化させてしまうものがあります。そのため塗り薬を選ぶ時には添加物があまり多く配合されていないタイプの製品にすることが大切です。特に使用感が良いタイプの商品で添加物が多く含まれているものは避けるようにしてください。使用感を多少犠牲にしても、確実にニキビの予防に役立つ商品を選ぶことが大切です。

ニキビの種類によって選ぶ塗り薬も変わる

黒ニキビや赤ニキビなど、ニキビもできている時期によって状態が異なっています。そのため適切に塗り薬を選択しなければなりません。例えばニキビ薬の中には抗生剤が配合されているものがあります。こういったタイプは炎症を引き起こしている場合には効果を発揮するものです。

この商品は炎症を起こしていない白ニキビや黒ニキビなどには効果がなく、またニキビの薬の中には硫黄が配合されているものがあります。硫黄は肌を乾燥させる効果がありますから、乾燥肌のニキビでは適していません。こういったように状態などによって合っているタイプが違うので、適切な商品を選択しなければなりません。

ニキビに効くおすすめの塗り薬


ニキビができた際には手軽に使用できる塗り薬を使用するといいでしょう。しかし最も適した薬を選ぶのは結構難しいものです。いろんな商品が販売されていますが、その中でおすすめできる商品についてご紹介したいと思います。

ご紹介している商品は初心者の方でも使いやすく、またそれぞれのニキビの段階に適しています。これまでニキビの薬を購入したことがないという方は特に参考してみてください。

ペアアクネクリームW

【第2類医薬品】ペアアクネクリームW 24g ※セルフメディケーション税制対象商品

ペアアクネクリームWはイブプロフェンピコノールを配合しています。この成分はアクネ菌による面ぼうの生成を抑制する効果に優れており、赤ニキビなどによる炎症には効果的です。炎症によってかゆみなどを感じている場合にも効果を期待することができます。

メイクをする場合には、この商品を塗布した後にファンデーションを使用することができます。肌になじみやすくべたつきが気にならないため、暑い夏の時期でも不快感を感じることなく使いやすい点が魅力となっています。

テラ・コートリル

【指定第2類医薬品】テラ・コートリル軟膏a 6g

テラ・コートリルは抗炎症効果に優れた成分ヒドロコルチゾン、また抗菌効果に優れたオキシテトラサイクリン塩酸塩を配合しています。そのため化膿しているニキビにはとても効果を発揮してくれます。黄ニキビになっている方は特に適しています。

また黄ニキビではかゆみなどを強く感じやすいものですが、そういった不快な症状も効果的にしずめてくれます。症状が悪化してしまっており、抗菌や抗炎症の効果の強い商品でなければ対処できない場合にはこの商品が特に適しています。

ディフェリンゲル

ディフェリンゲルは皮脂の分泌を抑制する原因となる毛穴の詰まりを改善してくれます。そのためニキビ菌の増殖を抑え、炎症をおさえることができます。またニキビ菌の減少にも効果があります。

この商品の優れている点は、ニキビ用の中では炎症の有無に関係なく使用することができます。そのため比較的選びやすい薬となっています。ディフェリンゲルは就寝前に1回だけ塗布するだけでいいため、何度も薬を塗りたくないという方には便利です。

まとめ

単にニキビといっても症状は様々で、ちょっとポツポツができてしまっているがかゆみなどは全くないという場合もあります。しかし一般的には、ニキビになると不快なかゆみなどが起きてしまうことがありますし、掻いたりすることで症状の悪化も考えられます。そのため早期に対策を行い、症状が悪化したり痕ができたりしないようにしていくことが大切です。

ニキビができないようにするために、健康的な食生活を送る、肌を清潔に保つなども重要ですが、万が一ニキビができてしまった場合には、その状態に適した塗り薬を使用するようにしてください。