離婚手順をシュミレーション!知っておくだけでスムーズさが違う

結婚するときは離婚するなんて夢にも思わなかったでしょう。しかし、結婚した人の3分の1が離婚するともいわれ、決して離婚が他人ごとではないことがわかります。どうしても離婚を決意しなければいけないそのとき、何が必要になるのでしょうか。

今回は、

  • 離婚手順は3段階で進んでいく
  • 協議離婚で離婚できるのが一番スムーズ
  • 協議離婚の離婚手順協議離婚をうまくすすめるためにするべきこと

と、将来の自分を指し示す離婚の手順についてシミュレーションしておきましょう。

離婚手順は3段階で進んでいく

一言で離婚と言っても離婚を手続きするには3つの方法があります。離婚する事情は夫婦によって違います。

日本ではそれぞれの事情や置かれている環境に合わせて3つの手段を選ぶことができるのです。それぞれのメリットや特徴を紹介します。

最も簡単で時間やコストがかからない協議離婚

離婚全体の9割を占めているのが協議離婚。夫婦で離婚について話し合って同意のうえで離婚届を提出します。協議離婚であれば時間もかからず、さらに特別な費用も発生しません

ただし、簡単にできるからと言って養育費や慰謝料について決める前に離婚してしまい、後々トラブルになるケースもあるので注意しましょう。

調停委員が間に入って進める調停離婚

離婚の9パーセントを占める離婚方法が調停離婚です。協議離婚が夫婦同士の話し合いで決着がつくのに対して、調停離婚では調停委員が間に入って話し合います。

中立な意見を持つ調停委員がお互いの意見を聞いて合意できるように調整を行います。調停離婚には半年程度かかるのが普通一般的とも言われますが、1年以上かかるケースもあります

家庭裁判所の判決で決まる裁判離婚

離婚全体の1パーセントほどを占めているのが裁判離婚。調停でも話し合いが進まなかった場合は、それまでの経緯や客観的な証拠によって離婚について取り決められます。

裁判離婚になると弁護士に依頼する費用なども発生します。夫婦のどちらかが離婚に応じないケースでも、裁判で離婚を認める判決が下されると離婚は成立することになります。

協議離婚で離婚できるのが一番スムーズ

離婚は結婚よりも大変という話を聞いたことはないでしょうか。離婚するときには財産分与や慰謝料、親権などさまざまなことが問題となります。

一番スムーズな協議離婚はどのように進めるのでしょうか。

日本で成立した離婚の90%は協議離婚による

協議離婚は夫婦の話し合いだけで決着がつく離婚方法です。すぐに離婚したい、これ以上時間を使いたくないという夫婦には最適の方法です。協議離婚であれば必要なことをさえ決めてしまえば役所に離婚届を提出するだけで成立します。

そのため費用もほとんどかかりません。ただし、公正証書を作成する場合にはその費用がかかります。

協議離婚は夫婦の話し合いで成立するので面倒な手続きがいらない

話し合いによって慰謝料や財産分与、養育費などを決めることができるため相場よりも高い金額で決着することもあります。

しかし離婚したいという気持ちが先走って公正証書などの作成を怠ると後から支払いされないこともあります。支払いが滞ってしまうと回収が困難になるため、お金に関する取り決めは事前にしておくようおすすめします

協議離婚の離婚手順

協議離婚は第3者が介入しないため、離婚するためのシミュレーションなんていらないと考えるならそれは大きな間違いです。

協議離婚は夫婦の話し合いで合意にまでたどり着かなくてはいけません。そのための手順について知っておきましょう。

離婚に向けて話し合うことの同意を得る

離婚に向けて最初にすることは何でしょうか。実は離婚について話し合うことの同意を得ることが最初のステップになります。夫婦によって離婚についての姿勢は違います

夫婦のどちらかは離婚を拒否している場合、話し合いのテーブルにつくこと自体が難しいケースもあるでしょう。

お互いに納得して合意するためには、そもそも離婚するかどうかを話し合う必要があります。時間をかかてもお互いの考えをすり合わせなければいけません。

慰謝料・養育費・財産分与・子どもの親権について話し合う

離婚のときに問題になりやすいのが、慰謝料と養育費、財産分与、そして子どもの親権です。慰謝料は精神的苦痛に対するもの、一方で財産分与は夫婦で築き上げた財産を分けるもので性質が全く違います。

また子どもと別居する側は養育費の支払いがあります。どれも相場こそありますが、金額は自由に取り決めることが認められています。

話し合いで決めたことは口約束で終わらせず離婚協議書にまとめる

協議離婚であれば話し合いで決めるため、他に書類などはいらないと考える人もいるでしょう。しかし、離婚に関する取り決めを口約束だけで終わらせるのは絶対に避けてください。

後になってから言った言わないの争いになるケースがあります。協議離婚の話し合いで決まった内容は、離婚協議者にまとめておきましょう。

離婚協議書だけでは法的な強制力がないので公正証書にする

離婚協議書は当事者への拘束力があります。しかし、相手が慰謝料や養育費の支払いを怠った場合、法的な強制力がありません。

離婚協議書を作成して執行受託文言を入れておけば、裁判をしなくても強制執行によって回収することができます。費用はかかりますが、後からのトラブルを避けるためにも公正証書を作成しておきましょう。

離婚届に記入して提出すれば離婚成立

離婚届を記入して提出すると晴れて離婚成立になります。離婚届は近くの役所の戸籍課で手に入れることもできますが、ダウンロードも可能です。

ただし、A3でプリントしなければならず、自分でプリントしたものを受け付けない役所もあるので注意してください。提出は持参以外に郵送することもできるため、夫婦でどのように提出するか話しましょう。

協議離婚をうまくすすめるために

離婚するときにお互いの意見や言い分にすれ違いがないとは限りません。協議離婚はお互いの言い分や要求の隙間を埋めていく作業です。協議離婚を上手にすすめるためのポイントを紹介します。

話し合いを始める前に弁護士へ相談し準備しておく

離婚をスムーズにすすめるためには、話し合いする前に弁護士に相談して準備しておくようにしましょう。

弁護士に相談することでお互いの主張や離婚に関する責任を客観的にまとめられるうえ、争点となる問題についてもあらかじめピックアップすることができます。

また弁護士は代理人として離婚交渉の代行などもしてくれます。

不倫やDVが原因の場合は証拠を集めておく

離婚の原因が相手の不倫やDV、モラハラにある場合は、離婚の意思を伝える前に十分な証拠を集めておきましょう。浮気の証拠を集めるのが個人で難しい場合は、探偵や調査会社を利用してください。

DVやモラハラの場合は被害状況を示す日記ややり取りの録音、傷の写真や診断書などが証拠となります。時間をかかてもできるだけ多く収集しておきましょう。

話し合うことを整理して養育費の相場データなどを用意しておく

離婚での話し合いは金銭的な問題や子どもが関係するため時間がかかります。話し合う前に何を決めなければいけないか整理しておきましょう。

親権を持とうとしている場合は、子どもの年齢や学校などを踏まえてどの程度の養育費が妥当か説明が必要になります。また相場などのデータも参考になるため、用意しておくといいでしょう。

どちらかが感情的になったら即中断する

離婚するための話し合いを冷静に進めるのは困難です。話し合っているうちに相手がいら立ってくる可能性もあります。そのような場合は、一度話し合いを中断してクールダウンさせましょう

焦ったり感情的になったりすると、ちょっとしたことも相手を責める材料になってしまいます。焦らずに論理的に話をすすめてください。

ファミレスなど人目がある場所を利用するのもおすすめ

離婚について自宅で話し合っても進まない、相手が毎回感情的になるという場合は、人目を利用することもコツです。ファミレスのように人が多い場所は感情的になりにくく、話がスムーズに進むことがあります。

ファミレスでは騒がしすぎるという場合は、ホテルのラウンジなど2人きりにならない場所を利用してください。

どうしても話がまとまらなければ調停離婚に進む

協議離婚を目指したものの、どうしても合意に至らないケースもあるでしょう。そのような場合は、調停離婚に進みましょう。調停では調停委員と裁判官が夫婦の言い分を聞いてから、仲介してくれます。

調停は決してどちらかの言い分だけが通るわけではありません。あくまで第3者が当事者の意見を調整する場所です。

まとめ

離婚は決める内容も多く、エネルギーを消耗します。そこまでして離婚するからこそ、新しい気持ちで将来に踏み出すことができるのです。

離婚をするときには後からトラブルを招くことがないように、事前に準備を怠らないようにしてください。新しい生活に後悔や心残りを残さないためにも面倒でも細かい点まで決めておくことが大切なのです。