抱かれたいと思われる男性の特徴!女性がアレを触るのはあのサイン!

女性が抱かれたいと思う男性にしか見せない仕草や行動について詳しく紹介しています。抱かれたい男性と抱かれたくない男性のボーダーラインがあるので、その点を知りたいのであればポイントを紹介しています。

彼氏をその気にさせるには

女性が男性に対して抱かれたいと思うような場合と男性として見られないような場合で、どのようなところで切り分けしているのでしょうか。女性が抱かれたいと思った時にその男性に対してアピールする時にどんな行動をするのか見ていきましょう。

抱かれたい男性にその気にさせるための女性ならではのテクニックがあります。男性はそんな女性の行動の術中にはまって、つい抱いてしまうことがあります。女性が抱かれたいと思った男性をその気にさせる行動や態度を紹介していきます。

スキンシップを大切に

女性の一番の武器であるスキンシップは男性がすぐにめろめろになってしまう行動です。女性が好きでもない男性に対してスキンシップを取ることはありません。女性がスキンシップを取ってくる場合は相手の男性に好意を持っていて抱かれてもいいと思っている場合がほとんどです。

まずは、男性の腕を摑んできて腕を組んできたり、手を繫ごうとしてきたりと普通にしてきます。女性の究極のスキンシップは自慢の胸を体に押し付けてきたりもしてきます。男性からしたら女性が胸を自分の腕などに押し付けてこられたら溜まりません、ついその気になってしまいます。

服装は露出度を高める

好きな彼氏で何とか抱いてもらいたいと思っている時に取る行動で一番わかりやすいのが服装です。派手で露出が多い服装でデートに来たり、胸元を強調した服装にしたりと女性をいかにアピールできる服装にするかを考えてチョイスします。女性が露出が多い服を着てくる時は、男性に見てもらってその気になってほしいと思っている時です。男性は単純で色っぽい服装の彼女を見てついその気になってしまいます。

積極性を大切に

女性が抱かれたいと思った男性の前では積極的になります。普段おとなしそうな女性でも、フェロモンたっぷりで男性に迫ってくることがあります。女性の行動は大胆になり、後ろから抱き着いてきたり突然ハグをしてきたりと、普段は考えられないような大胆な行動を取ります。女性が積極的な行動を取ってきた時は間違いなく抱かれたいと思って準備をしてきている時です。

抱かれたいと思う男性の特徴とは

女性が抱かれたいと思う男性には特長があり、誰でもOKというわけではありません。女性の性格によっても若干変わりますが男性に求めるものはある程度似ています。女性が抱かれたいと思う男性の特長をいくつか見ていきましょう。

清潔感のある男性

女性が最初にチェックするのは清潔感のある男性かどうかです。抱かれたいという前に近くに寄りたくない男性というのが不潔な男性で、清潔感がなければ近くに寄りたくないと思います。清潔感は最初にチェックするところで、見た目で清潔感がなければ近寄りたくもなくなります。あとは匂いでも清潔感がないような匂いを発している男性に抱かれたいと女性は思います。見た目の清潔感とうちから漂う清潔感がOKであれば次のステップに入ります。

ギャップがあるかどうか

女性が男性に求めるのは見た目とは違うギャップです。ギャップと言うとどんなことなのか気になるところですが、普段目つきがきつくて近寄りがたい男性のように見えていていざ話をすると優しいオーラが出ているような男性や、見た目は優しそうな感じがするのだが、話をすると俺俺タイプだったりと見た目と実際に接した時にギャップがあるような男性に女性は惹かれます。

非常に重要で、見た目通りだと、やっぱりと思って変化を感じさせない男性にはあまり興味を持てないようです。普段冷たく接してくる男性でも、いざというときには優しくなり、守ってくれるような男性だと胸がキュンとして抱かれたいと思ってしまいます。

見た目の印象

最後になりましたが女性が男性を好きになるのは見た目も大切です。見た目で仲良くなりたい男性と、仲良くならなくても良い男性に分かれます。女性は本能で自分が抱かれたい男性を自然に見た目で見分けています。女性には好みの顔と体系というものがあり、やはり見た目で好きな顔の男性には興味を持ってから次の段階へと進もうとします。もっと近づきたいと思ってボディタッチして、常にその男性の側にいようとします。

女性が抱かれたい時のアピールについて

女性が抱かれたい男性を目の前にした時に取る態度とはどんな態度を取るのでしょうか。好みの抱かれたい男性を目の前にすると、猛烈にアピールしてきます。そのアピールポイントとしては女性特有の仕草や行動をしてきます。

髪の毛に触れる仕草をしてきたら間違いなく目の前の男性のことを好きになっていて抱かれたいと思っています。パーソナルスペースに入ってくるときというのは、間違いなくその男性のことを気に入っていて抱かれたいと思っています。好きな男性と2人きりになると普段見せないような甘えた態度を取るときも、抱かれたいと思っていてアピールしてきます。

髪に触れる仕草

気に入った男性の前に行くと自然に髪の毛に触れる仕草が増えてきて、本人も無意識のうちに髪の毛に触れています。男性も、女性が髪の毛に触れる仕草はかわいいと思ってつい心を許してしまいます。

女性が好きな人の前で髪の毛を触るときは、もっと私を見てほしいとアピールしている仕草です。もっと言えば私を抱いてほしいと思っています。髪を撫でる仕草も同じ意味があり、相手の男性に甘えたいと思っている仕草で、女性が好きな男性の前で髪を触るのは相手のことを好きで相手にしてほしいと心の中で願っています。

パーソナルスペースを越える

女性は好きな男性にしか見せないのがお互いのパーソナルスペースを越えることです。何とも思っていない男性に対しては絶対にパーソナルスペースを越えてくることはありません。好きな男性だからこそパーソナルスペースを越えてまで接近してきます。女性がパーソナルスペースを越えてくるときは男性に抱かれたいと思っているときです。

二人でいる時に甘える

好きな男性と2人きりになったときに、女性の本当の心がわかります。好きな男性と一緒のときは何かにつけて甘えてきます。男性の肩に寄りかかってきたり、男性の背後から抱きついてきたりするときというのは最高の誘いの行動です。

好きでもない相手に触ることは絶対にありませんし、自分の体を密着して来るのはもっとかまってほしくてする仕草で抱かれてもいいと思っているときです。少しでも好きな男性に寄り添っていたいという考えが働いていて、そんな女性を男性はかわいいと思います。

抱かれても良いと思える男性のボーダーラインについて

女性が男性を好きになってから抱かれたいと思える場合と抱かれたくないと思える場合との線引きはどこでしているのでしょうか。実際に男性に抱かれたいと思っている場合、愛情があるのかと言えばそうでもありません。好きな男性に抱かれたいと思うのは普通ですが、それ以外で、好きでもない男性でも抱かれたいと思うときが女性にはあります。この抱かれたい男性と抱かれたくない男性の違いを詳しく見ていきましょう。

秘密を守れるかどうか

女性が抱かれたいと思うときに一番気にするのがエッチした事をあとで周りの友人や知人に言われてしまったらたまりません。相手になる男性が口が堅い人かどうかは重要な抱かれたい男性の条件です。男性が何でも人に話すようなスピーカーだと絶対に抱かれたいとは思いません。

清潔感

女性が見た目で求めるのが清潔感です。いつも髪がぼさぼさで見るからにだらしなさそうな格好をしている男性には抱かれたいという気持ちにはなりません。風呂に入っていないとか体臭がひどくて近くにいるのもいやという男性には女性は抱かれたいとは思いません。普通に風呂に入ってから爪はきれいに切っていて清潔感がある男性でないと抱かれたいとは思わないのが女性の心理です。逆に言うと、見た目の清潔感がある男性には一晩だけのエッチぐらいであれば許すということになります。

ギャップ

女性があるとき急に気にもしていなかった男性のことが気になりだすことがあります。それは、見た目の男性の印象と実際に話すと違うときにあります。見た目では冷たそうな人だと勝手に見ていたのが、話してみると気配りが出来て非常に頼りになると見た目とのギャップがあったときにその男性のことが気になり始めます。ギャップが大きければ大きいほど男性に対するイメージ変わってきます。

不思議に今まで嫌いだった男性をギャップの大きさで全く変わってきてしまいます。その変わりようは男性では考えられないくらい変わります。一度気になりだしたら女性は猛アピールをしてきて、相手の身体を触ってきたり、デートに誘ってもらえるように空いているということを男性に直接アピールしてきます。ここまで来ると、最初は抱かれたくない男性と思っていたのがいつ抱かれてもいいと思っています。

まとめ

男性が気になる女性がいて気に入ってもらいたいと思ったり、抱きたいと思っているときに気をつけなければいけないのが身だしなみです。清潔感のある格好をしてから女性と接するようにしましょう。その女性と一夜を共にしたいと思っているのであれば、女性の抱かれたいサインを見抜けるようになりましょう。女性が抱かれたいと思う男性にしか見せない行動や仕草が書かれているので参考にしましょう。